科学者・技術者

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

スーパーロボット大戦シリーズ』においては必ず登場するキャラクター。

ロボットアニメにおける科学者は往々にして「正義の天才科学者」「世界征服を企む悪のマッドサイエンティスト」といった肩書きが付いて回る(無論、それらに当てはまらない者も存在する)。 また、敵味方を問わず半ばお約束のように「変わり者」という設定を付与されることが多く、性格や人格がブッ飛んで(あるいはブッ壊れて)いたり、大人しい部類であっても性格や言動に一般人とは明らかに異質な一面を持つ者が少なくない。主人公の敵サイドには「科学者(ロボット開発者)兼パイロット」というキャラクターも多く、Dr.ヘルビアン・ゾルダークのようにラスボスポジションを務めるケースもままある。

技術者は主にメカニックとしてロボット操縦者たちの戦いを支える存在である。彼らは修理補給、整備などでロボット操縦者と同等、あるいはそれ以上にロボットと関わる時間が長く、それ故にロボットのことを熟知していることが多いため、操縦者以上にロボットに対するこだわりや愛着を持つ者も少なくない。

科学者・技術者一覧(版権作品)[編集]

ダイナミック系作品[編集]

Dr.ヘル
”世界征服を企む悪の天才科学者”の筆頭。
ガレリィ長官ガリレイ長官
”世界征服をもくろむ悪の手先にして首領の片腕”というポジションの始祖である。
グラー博士
百鬼帝国の科学・兵器開発部門における最高責任者。百鬼メカの開発を行い、侵略作戦の立案も行う。敵ながら人格者であり、彼を慕う者達もいた。
鉄甲鬼
百鬼帝国の科学者。メカ鉄甲鬼の開発者であるが、それに自ら搭乗してゲッターロボGに正々堂々と戦いを挑む戦士でもある。
弓弦之助
光子力研究所」の所長。
せわし博士 / のっそり博士 / もりもり博士
光子力研究所の名物三博士。弓教授とともにマジンガーの強化に尽力。
兜十蔵
マジンガーZマジンカイザーの開発者。
兜剣造
グレートマジンガーの開発者。兜十蔵の息子。
兜甲児
マジンガーZのパイロットにして、本編主人公であり、技術者。後に「TFO」を開発。兜十蔵の孫にして兜剣造の息子。
宇門源蔵
宇宙科学研究所」の所長で、宇門大介ことデューク・フリードの養父。グレンダイザーのサポートメカ・地球製スペイザーを開発。
TV版では常識ある科学者であるが、桜多吾作氏の漫画版では勝手な行動を取ったデュークを催眠学習装置で洗脳しようとする等、マッドサイエンティストの一面を見せている。
ズリル長官
ベガ星連合軍の科学長官で、数多くの円盤獣を設計している。
早乙女博士OVA
ゲッターロボの開発者。TVアニメ版では”正義の科学者”だが、それ以外の作品では「マッドサイエンティスト」としての顔をもつ。
早乙女ミチル (OVA)
新ゲッターロボ』における彼女は生物学者かつ考古学者であり、の研究をしている。
敷島博士
味方側の科学者でありながら、その開発思想によって危険視されているマッドサイエンティスト。そんな彼の夢は「自分の武器で醜く死ぬこと」である。
司馬遷次郎
考古学者。息子の勝手にサイボーグへと改造した張本人。宙に対して「戦闘中に精神論を語る」という父親としても理不尽な一面を持つ。
ドル・ガイスト
ドラゴ帝国(四天王ドル・サタン配下)の科学者。当初は「Dr.ガイスト」と呼ばれた。かなりの野心家で、他の将軍や上司を追い落とすことすら辞さない。

スーパー系[編集]

南原猛
コン・バトラーVの開発者。
四ッ谷博士
南原博士の遺志を継ぎ、コン・バトラーの強化とチームの指揮に尽力。
剛健太郎(ラ・ゴール)
ボルテスVの開発者で、剛の父。
浜口博士
ビッグファルコンの初代責任者である科学者。教え子に剛光代左近寺公三がいる。
ド・ズール
ボアザン帝国の科学者。獣士の製造を担当。
竜崎勇
ダイモスの開発者で、竜崎一矢の父。
アール博士
ダルタニアスの開発者で、楯剣人の後見人。
敷島正造
メカンダーロボとキング・ダイヤモンドの開発者。
風見博士
ゴッドシグマの開発者。元は人格者だったが、様々な事件の影響で正義の心を失ってしまう。そして、味方から敵に寝返ってしまった
梅本(ナバロン)
トライダーG7の開発者。
厚井鉄男
竹尾ゼネラルカンパニーの常務兼メカニック。社長ワッ太からは「鉄っつぁん」と呼ばれている。
イラ・ジョリバ
ソロシップの機関担当。
フォルモッサ・シェリル
言語学者。学者らしく冷静で理知的な一面もあるが、自己中心的で身勝手等の負の部分も目立つ。
獅子王麗雄 / 獅子王雷牙
それぞれガオガイガーマイク・サウンダースシリーズを開発した科学者達。両名共に「世界十大頭脳」の一人に数えられる天才科学者である。
小島勉
地球防衛組の参謀格。作戦担当として役割が多い。純粋なメカニックとしての役割は少ないが、バクリュウオーを発見したり、ドラマCDでは「都合のいい発明ばっかり出てくる」と突っ込まれたことも。
小島尊子
ザウラーズのメカニック及び作戦立案担当。あだ名は「教授」。突飛な発明が多く、失敗も多いが、キングゴウザウラーの合体プログラムを完成させた。長田秀三によく設計を手伝ってもらっている。
ドクター井上
GEARのメカニック。玩具が好きで、その趣味を実益に生かしている。
クルル曹長
ケロロ小隊の技術者。発明家で、ハッキング能力にも優れている。特に、後者は地球上の全ネットワークを支配できてしまうほど。なお、性格は自他共に認める「嫌な奴」である。
敷島大次郎
鉄人28号の開発者。正太郎の保護者でもある。
不乱拳博士
ブラックオックスの開発者。『太陽の使者 鉄人28号』では善人だが、原作や他のアニメ版『鉄人28号』ではマッドサイエンティストである。
エラ・クインシュタイン
バルディオスの開発者。ブルーフィクサーの司令長官・月影剛士を補佐する。教え子のデビットから密かに慕われている。
葉月考太郎
獣戦機の開発者。イゴール長官の死後は獣戦機隊指揮官となり、ガンドールの艦長を務めている。
セイミー
ドラゴンズハイヴのメカニック。加門朔哉の依頼でダンクーガノヴァに「ブーストノヴァナックル」を実装している。
アララ・ココア
スタン帆船ウェスタンラリアット号、ハルク砲艦アックスボンバー号の開発者。実は、彼女はアララ王国第二王女なのだが、メカには強い。
ターサン博士
ダンガイオーの開発者。ダンガイオーのパイロットのロールミアを記憶操作によって実の親だと信じ込ませる事までしている。
木原マサキ
天のゼオライマーを初めとする八卦ロボ(他に月のローズセラヴィー山のバーストン雷のオムザックが該当)の開発者。
ルラーン
風のランスター水のガロウィン火のブライスト地のディノディロスの開発者。鉄甲龍を裏切ったマサキとは、かつては同志の関係だった。
ジョシュア・ラングレン
ヴァン一行のメカニック。掃除を得意としている。また、本人曰く「機械工作は掃除よりも簡単」とのこと。
ブッチ
グローリアの街のマッドサイエンティスト。カギ爪の男の集団の支援で、G-ER流体の研究を行っていた。
如月樹
TERRAの科学調査部分析局主任。ラーゼフォン及びネリヤ神殿のオーパーツの分析を担当している。
ハインリッヒ・フォン・フリーマン
外宇宙開発機構創始者兼スペースナイツのチーフ。自らもラダムの生態やテッカマンの機能を研究する科学者であり、対ラダムの戦いに役立てている。
本田
スペースナイツの整備班主任。天下一品の腕を持つメカニックで、皆からは「おやっさん」と呼ばれている。
レビン
スペースナイツのエンジニア。本田の片腕である。本人曰くテッカマンとしての姿(のDボゥイ)が好き」
葵霧子
ダンナーベースの所長を務めるロボットの開発者。ダンナーベースのクルー達には自分のことを「博士」と呼ばせている。
赤木リツコ
ネルフのスーパーコンピューター・MAGIのシステムバックアップに携わる。自立自壊プログラムを製作して、第11使徒イロウル(SRW未登場)を撃破したことがある。
リーロン・リットナー
大グレン団のメカニック。ガンメンの改造・メンテナンス等を担当。オカマであるが、切れ者である。
サコン・ゲン
大空魔竜戦隊のメカニックで参謀役も務める。IQ340の超天才であり、緊急時には自分の頭脳と直結させてコンピューター代わりとしたこともある。
サコン・シロウ
上記のサコンのリメイクキャラクター。大空魔竜隊の科学者で、不精で引きこもり気味な性格だが天才的な頭脳を持つ。
城崎天児
ラインバレルアマガツ)の開発者。ナノマシンマキナを生みだした人物でもある。
加藤久嵩
天児の助手であり、彼自身もアルマシリーズを開発している。
レイチェル・キャルヴィン
JUDAに招かれ、マキナの解析や整備を行う。マサチューセッツ工科大学を飛び級で卒業している天才少女なのだが、精神的にはまだ子供。
百目鬼里香
株式会社21世紀警備保障の技術部主任を務める天才少女。ダイ・ガードの武装の開発を行っている。
ドクター・ウェスト
思考と行動と言動がブッ飛んでいるが、(自称ではあるものの)「一億年に一人の大天才」の名に恥じず、破壊ロボの開発者であり、デモンベインのコピーエルザを作り上げている。
マシュー・デントン
ジョーイが通う学校の科学教師。地球外生命体とのコンタクトを夢見て宇宙に電波を送信したが、そのせいでスクラッグ地球に襲来してしまう
ドクターミナミ
利己的な性格で、自身の天才的な頭脳を世に知らしめるためならば手段を選ばない典型的なマッドサイエンティスト。なお、『UX』では原作と比べて悪役ぶりが強調されている。
ウォルフガング
ウォルフガング一味のリーダーで、マイトガインを超えるロボットを造ることを目指している。目的のためなら手段を選ばないが、根っからの悪人ではない。
李紅蘭
帝国華撃団・花組隊員。光武二式などの霊子甲冑に搭乗し前線で戦いながら、機械の整備・設計も担当する。ただし、帝撃の装備の殆どは山崎真之介の設計であり、紅蘭オリジナルの設計のものは少ない。
キラリ博士
きらりんロボを開発しコスメティア帝国に対抗した正義の科学者、を偽り帝国と共謀して地球征服を企んだ、絵に描いたようなマッドサイエンティスト。
アルバート・W・ワイリー
自らが開発したロボット軍団を率いて、世界征服と打倒ロックマンを幾度となく目論む悪の天才科学者。

ガンダムシリーズ[編集]

テム・レイ
地球連邦軍の技術士官で、V作戦の中心人物。アムロ・レイの父親。
テム・レイ本人はスパロボには出演していないが、彼が酸素欠乏症に罹った後に作った「テム=レイの回路」が強化パーツとして『α』『α外伝』『OE』に登場している。
また、『X』のボーナスシナリオ 「アムロ・レイの夢」にて名前のみで登場。ヘルメスの薔薇の設計図のうち、最初の機体の設計者として名前が記されていた事が語られる。
ギニアス・サハリン
アプサラス計画の責任者。計画遂行のためならば、同胞の死をもいとわない。ガンダムシリーズにおいて数少ない「機体の開発と操縦をこなすマッドサイエンティスト」である。
ニナ・パープルトン
アナハイム・エレクトロニクスのシステムエンジニアで、ガンダム試作1号機ガンダム試作2号機を担当。これらの機体を「私のガンダム」と呼ぶ程に偏愛している。
ルセット・オデビー
アナハイム・エレクトロニクスのシステムエンジニアで、ガンダム試作3号機を担当。自分の命を引きかえにして、コウにガンダム試作3号機を託した。
アストナージ・メドッソ
スパロボシリーズにおけるメカニックの代表格。は彼を「伝説のメカニック」と呼ぶ。
タクヤ・イレイ
ロメロ・マラベル
リガ・ミリティアに所属するメカニック。ちなみに、年齢は85歳。ロボットアニメにおける現役のメカニックとしては、おそらく最高齢の部類に入るだろう。
ライゾウ・カッシュ
アルティメットガンダムの開発者。なお、当の機体はデビルガンダムと化して暴走してしまった(もっとも、これはウルベに原因があるのだが)。
ミカムラ博士
シャイニングガンダムライジングガンダム、そしてゴッドガンダムの開発者。ウルベと共謀して友人のカッシュ博士を陥れたが、死の間際に改心している。
ドクターJ / プロフェッサーG / ドクトルS / H教授 / 老師O / ハワード
それぞれウイングガンダムガンダムデスサイズガンダムヘビーアームズガンダムサンドロックシェンロンガンダムトールギスを開発した科学者達。
キッド・サルサミル
12歳という年少者ながらも、腕は確か。ジャンクパーツからガンダムエックスの新兵器ディバイダーを作り上げている。
ノモア・ロング
フォートセバーンの市長であるが、その正体は元宇宙革命軍人工ニュータイプ研究家ドーラット博士である。
人工ニュータイプの少年カリス・ノーティラスを「最高傑作」と称してパーツ扱いにしているあたり、典型的なマッドサイエンティストであると言える。
ロウ・ギュール
ジャンク屋を営むナチュラルの青年。自分でモビルスーツおよび武装の改良や開発ができる程、メカニックとしても優秀である。
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の主人公らしく、王道ではない=型破りな発想を持ち、実際に形にしている。
プロフェッサー
ジャンク屋連合に属する謎の美女。伝説のコーディネイタージョージ・グレン」の脳髄ユニットを艦制御システムにしてしまった。システムにされた本人は不満が無いようだが、やったことは非常にマッド。
セレーネ・マクグリフ
D.S.S.Dに所属する女性科学者。宇宙探査用のMSスターゲイザーの開発に携わっている。なお、ガンダムシリーズにおける数少ない女性主人公でもある。
イオリア・シュヘンベルグ
科学者にして、ソレスタルビーイングの創設者。生前は軌道エレベーター宇宙太陽光発電システムの基礎理論を提唱し、何よりも人類の変革を夢見ていた。
イアン・ヴァスティ
ソレスタルビーイングの機動兵器ガンダムの開発者。「カッコよくないメカは勝てない」が彼の持論。同じくメカニックである25歳も年の離れたがいる。もメカには詳しい。
レイフ・エイフマン
ユニオンの科学者。ユニオンフラッグを開発している。また、生前にGNドライヴに隠されていた機能トランザムの存在に気付いている。
ビリー・カタギリ
ユニオンの技術士官で、エイフマン教授の弟子。親友であるグラハムのためにマスラオスサノオブレイヴ等を開発している。
フリット・アスノ
「モビルスーツ鍛冶」として有名なアスノ家の出身である『機動戦士ガンダムAGE』の主人公の一人。若年でありながらガンダムAGE-1の開発・設計を手掛けている。
ロディ・マッドーナ
ウットビット・ガンヘイル

リアル系[編集]

コトセット・メムマ
アイアン・ギアーの操舵手兼メカニック。機体の操縦および修理の双方をこなす。
ショット・ウェポン
オーラマシンの開発者(ロボット工学担当)。ドレイク・ルフトによって初めてバイストン・ウェルに召喚された地上人である。
また、後述のゼットと比較して世渡りや策謀にも長けており、主君ドレイク・ルフトを焚き付けて世界に未曾有の大戦乱を招いた大罪人でもある。
ゼット・ライト
オーラマシンの開発者(インターフェイス担当)。ショットと同じくドレイク・ルフトによってバイストン・ウェルに召喚された地上人の一人。
実は、オーラマシンのシステム系統の全てはゼットが開発したものであったのだが、その業績はショットによって掠め取られてしまったため、不遇の日々を過ごしている。
ミラウー・キャオ
ダバ一行のメカニック。エルガイム量産機ディザードエルガイムMk-IIを開発している。
ダレ・コチャック
バーコフ分隊隊員。元来はAT技術者であり、その経験を活かして部隊を救う一幕も。
ラング・プラート
Dの開発者。ギルトールとは理念の違いで決別し、D兵器と共にギガノス帝国から地球連合軍に亡命した。その後、量産機ドラグーンを開発する。
ガジェット・M・千葉
歌エネルギーを発見した科学者(本業は医師)。歌エネルギーの単位を「チバソング」と命名している。リン・ミンメイの熱烈なファンである。
イネス・フレサンジュ
ネルガル重工の科学者で、後にナデシコの船医も務める。『なぜなにナデシコ』の解説者。
ウリバタケ・セイヤ
確かな技術を持つが、オタク気質の技術者。
テレサ・テスタロッサ
ウィスパードと言われる特別な天才であり、ミスリル指揮官としての能力と共に超高度の技術者としての側面も持ち合わせる。
レナード・テスタロッサ
妹のテッサと同じウィスパードであり、その知識を以ってアマルガムに技術を供与している。
ドクター・ディ
元ヘリック共和国の科学者。ゾイドに関する知識は豊富だが、変人。
小楯保
アルヴィスのメカニック。彼のもう一つの顔が、漫画機動侍ゴウバイン』の作者・大粒あんこである。
日野洋治
ファフナー・ザルヴァートルモデルの開発者で、「一人でも多くの兵士を生き延びさせる」という設計思想の持ち主で、フェストゥムとの共存の道も模索している。
ミツヒロ・バートランド
ファフナー・ザルヴァートルモデルの開発者だが、洋治とは違いファフナーの設計思想は「より多くの敵(フェストゥム)を倒す」と正反対である。
ロイド・アスプルンド
ランスロットの開発者。変人でいわゆるマッドサイエンティストであるが、時には真理を突いた発言をすることもある。
ラクシャータ・チャウラー
紅蓮弐式の開発者。黒の騎士団にスカウトされて、そこで多くのナイトメアフレームを開発している。ちなみに、ロイドとはライバルの関係である。
ニーナ・アインシュタイン
アッシュフォード学園の生徒であったが、その頭脳をロイドに買われスカウトされる。彼女の提唱した理論が大量破壊兵器・フレイヤを産む事となる。
しかし、後にフレイヤを産み出した自身へのけじめとしてフレイヤへの対抗兵器「フレイヤ・エリミネーター」を製作した。
榊清太郎
警視庁警備部特科車両二課整備班長。「レイバー隊の闇将軍」あるいは「整備の神様」と呼ばれる重鎮。
斯波繁男
警視庁警備部特科車両二課整備班員。整備の腕は一級品で、班長の榊を崇拝と言っていいほど尊敬している。
アイシャ・ブランシェット
S.M.Sウロボロス支社長。戦艦と自分が遺跡から発掘したシステムを融合させた母艦「ゲフィオン」を駆使し、設計図さえあればジャンク部品から新品同然の機体を創り出す。流石、天才『美』少女」の自称は伊達ではない。
真田志郎
宇宙戦艦ヤマトの建造に携わり、その艦における技術長および副長を務める。
なお、旧作版における真田志郎といえば、「不測の事態に備えて、事前に必要な機器の開発・準備を済ませている用意周到ぶり」が有名で、メカニックキャラクター=「こんなこともあろうかと」のイメージを作り上げたキャラクターである。

科学者・技術者一覧(バンプレストオリジナル[編集]

旧シリーズ[編集]

ビアン・ゾルダーク
スーパーロボット大戦シリーズにおける正真正銘、最初のラスボス。『世界征服を企む天才科学者』という肩書き。「ヴァルシオン」を筆頭に数多くのロボットを開発。

αシリーズ[編集]

ユーゼス・ゴッツォ
出演全作品にてラスボスとして立ち塞がる。『第2次OG』においては「悪の科学者が率いる軍団」というべき「ガイアセイバーズ」を結成している。
カーク・ハミル
マオ・インダストリーパーソナルトルーパーの生みの親で、「SRX計画」の主任技術者。
ロバート・H・オオミヤ
「SRX計画」に参加したマオ・インダストリーの技術者。パイロットの安全を常に案じており、良識的な人物。
ケンゾウ・コバヤシ
「SRX計画」の中心人物の一人で、計画に必須の念動力を研究しT-LINKシステムを開発した脳科学者。
イングラム・プリスケン
「SRX計画」の起源となった人物。また、αでは「アストラナガン」も開発。
ソフィア・ネート
人工冬眠施設「アースクレイドル」建造の中心者。自律金属細胞「マシンセル」をそのために開発するが…
安西エリ
考古学者で、超機人の研究を行っている。ソフィア・ネートとは親友。初出は新スーパーロボット大戦
イーグレット・フェフ
ソフィアとともにアースクレイドルの建造とマシンセルの開発を行うが、実は独自の魂胆があり、後にマシンセルを利用して新人類「マシンナリー・チルドレン」を創造する。
フィリオ・プレスティ
恒星間航行機開発計画「プロジェクトTD」の責任者。
ツグミ・タカクラ
プロジェクトTD」の開発者で、フィリオ亡き後のプロジェクトの中心人物。
ミナキ・トオミネ
父カオルが所有していたダイナミック・ゼネラル・ガーディアンの3号機「雷鳳」をメンテナンス、後に「大雷鳳」を生み出す。
シヴァー・ゴッツォ
ゴッツォ家の長であり、「ゼ・バルマリィ帝国」の兵器をことごとく開発。ビアン・ゾルダークのスケールをさらに広げたような人物。

Zシリーズ[編集]

ジ・エーデル・ベルナルジエー・ベイベル
Z』のラスボス。その行動原理は「自己の快楽のみを追求し、他者を嘲笑し見下す」という常軌を逸したもので、「悪のマッドサイエンティスト」と呼ぶに相応しい。
彼が上述の行動を取るようになった理由は黒の英知で垣間見た「根源的災厄」からの逃避であると推測されていたが……?
トライア・スコート
ブラスタブラスタEs、リブラスタ(RB)の開発者。クロウ借金を肩代わりしているため、クロウはトライアに頭が上がらない。
アンブローン・ジウス
聖インサラウム王国の宰相で次元科学の権威。
当初は自身の研究の妨げとなるユーサーの排除を目論んでいたが、ジェラウドの死後に奮起したユーサーの愛に触れて改心し、最期は祖国と主君への忠誠に殉じた。
クラヴィア・アーゴ
サイデリアルの科学者。

携帯機シリーズ[編集]

レモン・ブロウニング
シャドウミラーに協力する地球連邦軍・特殊技術兵装研究所の科学者。どこか気怠く退廃的な雰囲気を放っている一方で慈愛に満ちた面も持っている。
ミズホ・サイキ
エクサランスと各種フレームの開発者。
ラージ・モントーヤ
エクサランスの動力となる時流エンジンの開発者。
フェリオ・ラドクリフ
古代の遺跡から発見された超技術を研究するリ・テクノロジストの一人。
クリフォード・ガイギャクス
リ・テクノロジストの一人。
フランツ・ツェッペリン
アシュアリー・クロイツェル社の機動兵器開発者。Jではすでに故人であるが、OGでは存命。
イスペイル
ル=コボルの下僕で、科学者の悪意が集まった存在。
クラール・グライフ
飛び抜けた発想と技術力を有し、ほぼ有機体で構成された2体のアンドロイドや、次元エネルギーで稼働する機動兵器を独力で開発したが、その頭脳に目をつけたルド・グロリアによって誘拐されてしまう。
ノーヴル・ディラン
表面的には地球連邦軍の新型機動兵器ライオットシリーズの開発責任者だが、その本性は人々と宇宙の破滅を回避するため永遠と思えるほど長く孤独な戦いを繰り返してきた人物。
ディボーティー
バルギアスを崇拝するデストルークの指導者。自らの専用機を開発し、力の至宝からブルーヴィクターを生み出すほどの優れた頭脳を持つ。

単独作品[編集]

ミタール・ザパト
ツェントル・プロジェクトの総責任者。自律金属細胞「ラズムナニウム」や数々の機動兵器を開発。
エルデ・ミッテ
MX』のラスボス。ツェントル・プロジェクトに参加し人工知能AI1」を開発していた。AI1を息子のように溺愛していたが、それもあくまでも「己の意思に沿った結果」を導く為の道具でしかなかった。
川西陣風
最上重工の年配エンジニア。
フェアリ・ファイアフライ
最上重工の社長秘書だが、技術者としての隠された姿も持つ。OGでは設定が変更され、技術者ではなくなった。
セイジュウロウ・ソガ
「セレスチアル・リアクター」とそれを搭載した機体・ネメシスシリーズを開発。その開発過程で息子のシュウイチロウに狂気を植え付けてしまう。
シュウイチロウ・ユキムラ
SC2』のラスボス。
「この世の破滅」を望む「悪の天才科学者」と呼ぶに相応しく、自らが開発したアゾエーブによって全ての平行世界を破壊するというスパロボ史上類を見ない大破局を引き起こしている。
キャオス・レール
エルンスト機関の創設者。
ブラス・ルノイエ / シャーリィ・ルノイエ
考古学者の兄妹。共にエルンスト機関に所属していたが、キャオスの強引なやり方に反発し袂を分かつ。
クサナギ博士
エグザートの開発者で、草薙征士郎の母。
シャッテ・ジュードヴェステン
弱冠18歳にして天才的なロボット工学の才能と知識を持つ。
クン・インユェ
シャッテの母である考古学者。…という肩書は表向きであり、その正体は……
グーニラ・グレーナー
ソリスに所属する科学者。天才を自称しており、同組織の機動兵器・ハインヘルムシリーズの設計・開発をほぼ一人で担っている。

魔装機神シリーズ[編集]

シュウ・シラカワ
ビアン・ゾルダークの片腕を務めた天才科学者。
ヴォルクルスの支配を受けていたが、その呪縛から逃れた後は独自の行動をとっている。乗機である「グランゾン」を開発した他、パイロットとしても有能で、博識で推理力に長けた人物。
セニア・グラニア・ビルセイア
ラングラン王国の王女だが技術者・ハッカーとして高い才能を有し、「デュラクシール」を設計。
ウェンディ・ラスム・イクナート
高名な錬金学者で、「魔装機神サイバスター」などを設計。
テューディ・ラスム・イクナート
ウェンディの双子の姉。出産前にすでに死亡していたが思念体として妹の中で生き続けたという特異な人物。後に「イスマイル」を開発し、魔装機神LOEでは魔装機神隊(アンティラス隊)と敵対したが、IIで和解。
シエーナ・ルドランティス
ギルドーラ」シリーズの開発やサンドリーブ姉妹の「キョウメイ」をカスタマイズした。
ゼツ・ラアス・ブラギオ
非道な技術に手を染めアカデミーを追放されたことで、ラングラン魔装機神に憎悪を燃やす狂気の練金学士。
人間の頭脳を組み込んだ禁忌の魔装機「ガッツォー」を開発した。
セウラント・ペイ・ボラキス
ゼツの元弟子で、ラーダット王国の技術顧問。自己肥大が極まった誇大妄想的な人物で、師に劣らぬ悪人。
グレプス・ボーバード
ヴォルクルス教団の司教。
ワッシャー・ニールカン
ヴォルクルス教団の司教で、創造神グラギオスの研究者。
ボーロ・フェイブル
ヴォルクルス教団の大司教にして「レイブレード」の動力源である「リチュオルコンバーター」の開発者。
フィリス・ジャラヴ
イルゼノン社に所属する「ヴァルシオーガ」の開発者。
ゴルド・バゴルド
シュテドニアス軍を追われて山賊稼業に身をやつすも、春秋戦争中にマサキ・アンドーら魔装機神操者達と縁を持ち、足を洗う。後には魔装機神を中核とするアンティラス隊のメカニックを一時務めた。

OGシリーズ[編集]

ジョナサン・カザハラ
テスラ・ライヒ研究所の所長で、グルンガストの開発者。
マリオン・ラドム
ATX計画」の主任技術者。「アルトアイゼンリーゼ)」「ヴァイスリッター」などを設計。どちらかと言えば(コンセプトが極端な)改造(マ改造)機が多い。
アードラー・コッホ
連邦軍のパイロット養成機関「スクール」を非道な人体実験の場とした科学者。のちにDCの副総裁となりゲイム・システムを開発。
アギラ・セトメ
脳や記憶に関する研究を長年続けており、アードラーとともにスクールの被験者たちに非道な人体実験を行ってきた。
クエルボ・セロ
マン・マシン・インターフェイスの研究者だったが、後にアギラの研究に従事する。番号で呼ばれていたブーステッド・チルドレンたちに名前をつけた人物。
リシュウ・トウゴウ
テスラ・ライヒ研究所の技術顧問で、「斬艦刀」の開発者。示現流の達人でもありパイロットとして前線に立つ。
ヴィルヘルム・V・ユルゲン
元DCの科学者であり、自らが構想したODEシステムを開発するが、システムが暴走しバルトール事件を起こしてしまう。
エリック・ワン
飄々とした高齢の科学者で、かつてシュウとともにグランゾンを開発。OGでは様々な組織を渡り歩くが、最終的に鋼龍戦隊に協力する。初出は第2次スーパーロボット大戦の説明書の記述であるが、実際にゲームに登場するのは16年後のOG外伝
カオル・トオミネ
雷鳳ジンライ)の開発者でミナキの父。ビアン・ゾルダークに逆恨み的な敵愾心をいだき、またパイロットを使い捨てにするシステムLIOHを平然と搭載するなど、人格面にはかなり問題がある。
キサブロー・アズマ
浅草で「アズマ研究所」を構えるロボット工学の老研究者。コンパチカイザーを修復しコンパチブルカイザーを生み出す。最上重工の顧問でもある。
澄井鞠音
ツァイト・クロコディール所属の科学者。
ドロシー・ミストラル
盗賊団のリーダーだが、本業は発明家。