鉄人28号

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
鉄人28号
外国語表記 Tetsujin No.28
登場作品 太陽の使者 鉄人28号
デザイン 村上克司
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
全高 20 m
重量 25.8 t
動力 太陽エネルギー転換システム
速度 マッハ4.02
パワー 6200 t
開発者 金田賢太郎
敷島大次郎
所属 ICPO
遠隔操縦者 金田正太郎
テンプレートを表示

鉄人28号は『太陽の使者 鉄人28号』の主役メカ。

概要[編集]

通称「鉄人」。金田正太郎の父親である金田賢太郎博士が開発していたが、金田博士は開発途中の最中、動力である太陽エネルギー転換システムを狙ったブランチに殺されてしまう。その後は敷島大次郎博士が受け継ぎ、完成させた。

鉄人はロボットに直接搭乗する方式ではなく「Vコン(正式名称・ビジョンコントローラー)」と称されるリモコンによる遠隔操縦で動く事が特徴。[1]しかし、初代アニメ版『鉄人28号』の主題歌の歌詞の一節「良いも悪いもリモコン次第」が示すように、悪人にリモコンを奪われて悪用されてしまう事がある。さらに、電波障害により操縦のコントロールが効かなくなったり目視できる範囲でしか操縦出来ない等、リモコン操縦という方式が最大の弱点ともなっている。

普段は敷島邸のテニスコート下の格納庫に収納されている。独立連動システムにより、機体の一部が破壊されても持続的な可動が可能。また、起動する際などに「ガオー」と吠えているかのような音が出る。劇中では身長・体重・パワー・スピードの4部門において、世界一のロボットとしてギネスブックにも認定されている。

原作や初代アニメ版、『FX』、2004年版の『鉄人28号』とは違い、全体的にスマートなフォルムをしており黒目も見られず、両腕部に「28」のマーキングが施されているのが特徴。劇中の活躍もよりスーパーロボットらしいものとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。キャラクターとしては「鉄人28号」名義で登録されている。装甲が高く、運動性もスーパー系にしては高い方だが、その分正太郎の能力もあいまってあまり火力は高くない。
しかし、Vコンシステムのおかげで常に状態異常を無効化し、正太郎がエースボーナスを獲得するとスーパー系にあるまじき脅威の移動・命中・回避能力を得ることになる。挙句の果てに修理装置もあるので、持久力がある上に正太郎のレベルがすぐに上がりやすい。
さらに凄いことに、主題歌の歌詞「だ 地の果てだ」を拾ったのか、地形適応はオールAになっている(実際、原作でも地形を選ばずに戦っていた)。
また、ブランチにリモコンを奪われ悪用されてしまう場面も再現されており、戦闘グラフィックも敵対時専用のものが用意されている(両腕の「28」のマーキングから味方時の単純な反転ではない事がわかる)。
OPムービーでは横山作品つながりでゴッドマーズとの2ショットや、同じく「太陽」が枕詞のソルグラヴィオンソーラーアクエリオンとの3ショットがある。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
今回はキャラクターとしては「鉄人」名義。前作と同じ運用法がだいたい通用する。カスタムボーナスを取得した後は敵の近くにおいて援護攻撃役にするのも1つの手である。
原作通り太陽エネルギーを解放して特攻するが明神タケルマーグによって救出される。
顔グラフィックが5枚あるが、2枚は没データ。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今回も「鉄人」名義。ハンマーパンチのカットインが変更されているが性能自体に大きな変化は無い。
終盤で必殺技として太陽エネルギー解放が武装に追加されると、ボス戦への決定力も大幅に上昇する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

鉄人は内蔵武器や固定兵装を持たないため、基本的な攻撃はその怪力を活かした格闘戦である。操縦者の格闘センスが良いのか、パンチやキックなどの基本技はもちろん、鋭いチョップで敵の腕や翼を切断したり、体当たりで相手を吹っ飛ばしたりといった攻撃も繰り出していた。武器は前述の通り携行したり内蔵しておらず、相手から奪ったり、岩を投げつけるなどを何度かした程度。

格闘
基本的にはこれで戦う。相手に接近し、掴んで投げ飛ばす。
ハンマーパンチ
主題歌にも歌われている鉄人の必殺技の一つ。初期には決め技になる事もあった。
フライングキック
武器を持たない鉄人の必殺技にして、最大の決め技。
初期はジャンプしてポーズを取りそのままキックを決めていたが、中期からはより必殺技としての性格を強めるためか、正太郎のカットイン演出が入るようになった。また、中期以降も「カットインの入らないフライングキックは痛め技」「カットインが入った場合は決め技」という使い分けが見られた。
ローリングアタック
腕を伸ばしてきりもみ状に回転しながら相手に体当たりする技。名前の付いている技の少ない鉄人の中では貴重な名前付きの技だが、本編での使用回数は少ない。
SRWの戦闘アニメでは技を食らった敵機のグラフィックが痛々しいものに変わる(形容するならば「ドリルで大穴をあけられた鉄の塊」といった様相になる)。特にATや生物系ユニット等に使うと悲惨な光景を連想させてしまう。鉄人の武装では唯一射程が5を超えるため反撃でよく使われる。
第3次Z』では全体攻撃属性だが、消費ENが倍以上に増加している
鉄人フルパワー
第2次Z再世篇』の中盤の追加武装。連続攻撃から投げに繋ぎ、フライングキックを繰り出す。トドメ演出はOPの最後のシーンを意識した物となっている。
太陽エネルギー解放
原作最終話で使用。太陽エネルギーを収束させて敵に特攻する、鉄人最後の手段。これで宇宙魔王を葬った。
第3次Z時獄篇』のイベントで使用。『第3次Z天獄篇』では必殺武器となる。トドメ演出は地平線の向こうから現れる鉄人と正太郎たちのカットインで締めくくられる。
ちなみに消費ENは驚愕の110である。カスタムボーナスである程度フォローできるものの無駄撃ちは厳禁。

特筆機能[編集]

太陽エネルギー転換装置
「太陽の使者」の2つ名の通り、太陽光をエネルギーとする鉄人の動力装置。太陽光だけで鉄人の巨体を長時間動かすことが出来るほどのエネルギー効率を誇るシステムで、この装置のある施設を奪おうとする敵との戦いが初期のメインテーマとなっていた。
第3次Z時獄篇』ではカスタムボーナスの効果でこのシステムが再現されており、昼間および宇宙のマップ限定で「EN回復(中)」を得ることができる。

特殊能力[編集]

Vコンシステム
遠隔操縦である鉄人を表現した能力。パイロットに効果がある特殊効果連続ターゲット補正プレースメント補正を常時無効化する。
これのおかげで、鉄人の操縦者である正太郎精神耐性を習得せずに済む。また、システム上は「脱力」の制限も含まれているが、これは実質的に飾り。
修理装置
Zシリーズではサポートロボ「08」が同伴している。つまり、鉄人自体に修理装置があるわけではない

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。でも特に問題無く戦う場面もある。ちなみに宇宙で戦うようになるのは終盤になってから。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

全ての武器に「バリア貫通」が付加される
第2次Z再世篇』。斬月と同じボーナス。本作では敵が使う殆どのバリアが無効効果なので、実質効果があるのはバリア・フィールド持ちのボスユニットか、全機エネルギーフィールド持ちのアンチスパイラル勢となる。
特に後者との戦闘においてはサイズ差補正無視もあれば、常に最大級の攻撃効果を発揮出来るのは大きい。さらに真価を発揮するのならば援護攻撃も欲しい。
昼間及び宇宙のマップでは、EN回復(中)を得る
第3次Z』。太陽エネルギー転換装置の再現で夜間以外の戦場でENが回復する。
夜間のマップはさほど多くはない(だいたい全シナリオの1/4程度)ため、メインで使うならば早めに取得しておいて損は無いだろう。
なお、このボーナスの存在により、同作ではガンダムXザンボット3が参戦していないにも関わらず、昼夜の区別がシステム上存在していたことになる。さらに、この2作品は『第3次Z天獄篇』にて復帰している。

機体BGM[編集]

「太陽の使者 鉄人28号」
OPテーマ。

名台詞(?)[編集]

「ガオー」
有名な鉄人28号の機動音。同じ「ガオー」でもイントネーション等が微妙に違っており、感情表現をしているようにも見える。SRWでは「!」と表記。

関連機体[編集]

偽鉄人28号
敵が開発した鉄人そっくりの偽物ロボット。
見た目は完全に鉄人そのもの(Vコンも似せている)であり、正太郎でさえも見分けがつかなくなる程だった。しかし、性能面では本物の鉄人よりも大きく劣っている。
ブラックオックス
不乱拳博士が製造したロボット。鉄人との息の合った攻撃は強敵メカを木端微塵にする。
Vコンにより動く鉄人とは違い、自分で物事を判断して動く「心を持ったロボット」。鉄人にとって最大の敵であり、最高の戦友。
08(ゼロハチ)
鉄人の修理、研究所の警備などで敷島博士のサポートをする人間サイズのロボット。ある意味アナライザーロペットの枠だが特に心のある描写はない。動けなくなった鉄人を救う回もあり、鉄人の後方支援役として活躍した。逆に研究所の警備で侵入者に出し抜かれたこともある。
JINTETSU
ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』の外伝OVA『鉄腕Gin Rei』に登場。ネーミングや咆哮からして明らかに鉄人のパロディ(ただし遠隔操作型ではなく搭乗型)。デザインは漫画版ゲッターロボでお馴染みの石川賢氏。
凄まじいパワーを誇るが、その重量を支えるため背中のロケットを常に噴射していなければならない欠点もある。BF団に寝返った草間大作が乗り込み銀鈴ロボと戦った。
その他、角川スニーカー文庫の小説版では「日本支部の28号」なる国際警察機構所属の機体が存在するとされる。

余談[編集]

  • オンエア時に発売された「超金属 鉄人28号」は全高41cm、重量1.4kg、パーツの厚さ1.2mmと従来の超合金フィギュアを遥かに凌駕するスペックを誇る。
    • 変形合体などのギミックを持たない鉄人のロボットらしさを「重量感や金属感で徹底的に表現する」というコンセプトの下に開発された本商品は、フランスのルーブル美術館にも展示されていたという(出典:講談社『THE超合金』)。
    • 一方で「背面のロケットエンジンが戦闘機に変形する」というバンダイらしい発想の初期デザインも存在する。
  • 鉄人28号は、マジンガーZの生みの親である漫画家・永井豪氏に多大な影響を与えたロボットとしても知られる。
    • 永井氏はインタビュー記事にて「小学生時代に手塚治虫先生の鉄腕アトムや横山光輝先生の鉄人28号に出会わなかったら、『マジンガーZ』を描くことは無かったに違いない」と深い思い入れを語っている。
      • 特に「良いも悪いもリモコン次第」という操縦する人間次第で善にも悪にもなり得る兵器である鉄人28号の設定は、永井氏が生み出した「にも悪魔にもなれる」マジンガーZにも大きな影響を与えている。
    • なお、鉄人28号は『第2次スーパーロボット大戦Z再世篇』において(真マジンガー版準拠の)マジンガーZと夢の共演を果たしている。
  • 鉄人28号は、『機動戦士ガンダム』TV版最終話および劇場版第3部におけるア・バオア・クー攻防戦の場面(より詳しく言うと、ガンダムリック・ドムとの交戦シーン)にて(一瞬ではあるものの)登場している。
    • これは当時、『機動戦士ガンダム』の原画スタッフの一人だった板野一郎氏によるお遊びである。なお、上記の鉄人28号が登場する場面は流石に版権上マズかったのか、後年発売されたDVD版等では修正されている。
  • 兵庫県神戸市長田区に所在する若松公園に鉄人28号の実物大のモニュメントが建てられている(2009年9月29日に完成)。
  • 『太陽の使者』版の鉄人28号は他の作品と異なり設計段階から飛行可能という設定が存在する(他の作品では後付)。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. 操縦には7つの電波を一つにまとめた「レインボーウェーブ」と呼ばれるものが使用されている。これにより多少の妨害電波では操縦を妨害することは不可能。