ガンダムエックス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムエックス
外国語表記 Gundam X
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦α外伝
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 サテライトシステム搭載型モビルスーツ
生産形態 少数生産機
型式番号 GX-9900
全高 17.1 m
重量 7.5 t
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
開発 地球連邦軍
所属 地球連邦軍フリーデン
乗員人数 1名
主なパイロット ガロード・ラン
ジャミル・ニート
テンプレートを表示

ガンダムエックスは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカであり、前半の主役機。

概要[編集]

地球連邦軍が切り札として開発した決戦用モビルスーツ。略称は「GX」で、劇中でもそう呼ばれることがほとんどだった。

本機の最大の特徴はサテライトシステムを搭載している事で、それを用いて背部に装備されている戦略級兵器サテライトキャノンを発射する。そのためセキュリティ目的で、Gコンと呼ばれる脱着可能な操縦桿を採用。操縦桿を外している時は機体の操縦とサテライトシステム・キャノン使用をロックする。

MS単体としての基本性能も高く、マシンガンやバズーカ等を受け付けない堅牢な装甲と地形を問わない高い汎用性を持つ。サテライトキャノン以外にも、武装として攻防一体型のシールドバスターライフルや白兵戦用の大型ビームソード、胸部のブレストバルカンを備える。特に大型ビームソードとシールドバスターライフルはサテライトシステムに対応しており、月面の送電施設からエネルギーを受信できる仕組みになっていることから通常兵器より高い出力を持つ。文字設定ではフルスペック状態の本機は、汎用性と併せて陸・海・空のあらゆる領域でトップクラスの戦闘力を発揮するとされる。

リフレクターと機体各所に装備された「エネルギーコンダクター」と呼ばれるパーツ(マイクロウェーブ受信の際に機体各所で青く光っているパーツ)の併用によって、サテライトキャノンを使わなければ一週間無補給で継戦出来るレベルのエネルギーを保持出来る[1]。X状に展開したリフレクターを後ろ向きに使用することで、長距離飛行移動に適したホバリングモードになる。

他のガンダムタイム同様にニュータイプ専用のフラッシュシステムも搭載しており、それによって、ビットモビルスーツを操る事が可能。

コミックボンボンで描かれた外伝作では、サテライトキャノンの代わりに高機動スラスターパックを装備した形態が描かれ、ビームサーベルもサテライトシステム対応のビームソードではなく、通常のビームサーベルを装備していた。

劇中での活躍[編集]

第7次宇宙戦争時にNT-001からNT-003の3機が開発され、2号機はジャミル・ニートが、1号機は保管されていた物を戦後にガロード・ランが使用している。残る3号機は詳細不明(設定の出元である1/100HGダブルエックス説明書には”破壊された”としか記されていない)。

2号機(NT-002)であるジャミル機は最終決戦の際に12機のGビットと共に出撃。サテライトキャノンで宇宙革命軍コロニーを多数破壊する戦果をあげるが、その事が宇宙革命軍に作戦を強行させる結果となり、地球に深刻なダメージを与える結果となった。

その後、ランスロー・ダーウェルフェブラルと交戦し、大破して放棄されている。しかし、実は極秘裏に新地球連邦に回収されており、ガンダムダブルエックスの開発のベースとなった。

それから15年後、ティファ・アディールの導きでガロードが放棄された基地の中から未配備の1号機(NT-001)を発見しており、彼の乗機となっている。当初はサテライトキャノンが使用できなかったが、ティファがフラッシュシステムを起動させて月面マイクロウェーブ送信施設に機体認証を行ったため、以後は使用可能となっている。

ガロードがフリーデンのクルーになったことで、本機もフリーデン所属機になったが、ガロードがジャミル負傷の件で責任を感じて、フリーデンを飛び出した際、ガロードの手で本機は競売に懸けられた。

フリーデンに復帰した後、フォートセバーンにてカリス・ノーティラスの駆るベルティゴと交戦して敗北。中破、取り分け外装パーツであるリフレクターとシールドバスターライフルを喪失した本機はガンダムエックス・ディバイダーに改修される事となった。

尚、Gコンは、ジャミルが連邦時代のものを持ち続け、フリーデンの艦長室の金庫に保管していたが、ティファ奪還の為、艦に忍び込んだガロードが金目の物目当てで盗み出す。Gコンの使い方を知らずにいたガロードは「手ぶらよりはマシ」と考えていたが、Gコンを盗み出していたおかげで1号機を起動することが出来た。後にジャミルから正式に譲渡され、ガロードの所有物になり、ガロードがチームを脱退して、Xを競売に懸けた際には、1億を出すと宣言した男に対し、Gコンを取り出して、それも競売に懸けるという強かな商売ぶりを見せた(結局、フリーデンに帰還したが)

登場作品と操縦者[編集]

原作とは異なり、ガンダムエックス・ディバイダーとの換装が自在に行える。比較的序盤で仲間になる割には飛行可能で機体性能も高い。但し武装の充実しているディバイダー形態の方が総合的には使い易いため、そちらで運用されることが多い。条件を満たすと武装にGビットが追加される。また、設定上はリフレクターを開いたホバーリングモードは巡航飛行用であって、これに準じるならば、飛行能力や空中適正が変化(バックパックスラスターのみでも戦闘機動レベルまで含めた「飛行」は十分可能なためあくまで”変化”である)した形態を用意するべきなのだが、現状は戦闘ムービーの演出としてしか採用されていない。

実はアニメ本編に於いて、ガンダムダブルエックス開発の為にフリーデン側の1号機とは別個体の2号機がゾンダーエプタに現存しており(半壊しているが)、SRWユーザーの中には隠し条件でガンダムエックスとガンダムエックス・ディバイダーが同時使用出来ないかと期待している者も居る様だが(ディバイダーはバックパックとの接続機能はあるが、基本的には携行の武装である)、残念ながら未だ実現には至っていない。漫画版ではダブルエックスは完全にジャミル機そのものを改造したかの様に描写されているがこれは設定の刷り合わせ等制作サイドとの連絡が上手く行っていなかった事情による可能性が高い。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初登場。中盤に発掘されて登場。サテライトキャノンはターンチャージ制のオリジナル仕様になっている。サテライトキャノンは無消費・高威力と非常に強力だが制限が多く、加入してしばらくの強制出撃では使えない状況も多い。難易度が「難」の場合は月の出ているマップが減る点にも注意。
通常戦闘ではザブングルのように遠距離戦は最大射程4弾数10の武器しか無い点がネック。サテライトキャノンこそ無いが、ガンダムエックス・ディバイダーの方が強力なので、可能になればそちらに換装した方が良い。しかしマップ兵器版サテライトキャノンは攻撃力が高い上に幅3マスの射程無限という凄まじい性能なので敵の援護防御が厄介な今作では条件さえ整えば非常に有用で、DXとの同時運用でDXの射程の穴を埋める事もでき、このためだけに出す価値がある。その際は気力激励で、移動力強化パーツ加速で補いたい。
後半に隠し要素の条件を満たせばEN消費式で長射程のGビットが追加され、機体性能自体は変わらないがシールドバスターライフルの攻撃力も上がるため通常戦闘もこなせるようになる。
なお今回、過去にジャミルが本機でサテライトキャノンを使用した対象は「エイジア大陸のイノセントの首都」とされており、その報復手段も∀ガンダムの戦線投入となっている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
最初はディバイダーで登場するが、途中でこちらへ換装可能に。月が出ていないとサテライトキャノンが撃てない為、月の有無の確認をし忘れてそのまま出撃なんてうっかりミスに注意。ただしα外伝と違って月が出ているマップはかなり多い。改造段階をガンダムダブルエックスGファルコンの二機に引き継いだうえでこの機体も残るため、実質的に一機分の改造費用で三機を改造出来る事になり、非常にお得。ランスロー・ダーウェルが搭乗していると、かつての仇敵・ジャミル・ニートの愛機に乗るという因果を自嘲気味に語る戦闘セリフがある。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
前作『破界篇』では不参加だったが、ゲーム後半にてジャミルが搭乗するディバイダーの換装版として自軍と合流。その際バズーカが使用可能になるというオリジナル改変が為されている。火力は高いが総合的にはディバイダー形態の方が使いやすいだろう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
序盤から使用できダブルエックスとの合体攻撃やジャミル自身の能力もあって、頑張れば最後まで一線を張れる機体。α外伝とは違い、一定のターン数が経過すれば昼夜関係なくサテライトキャノンが使える。もちろんディバイダーに換装できる為、必殺武器の使用に時間がかかる本形態と使い勝手のいいディバイダーを使い分ける事も出来る。飛行可能だが、空Bとなっている点に注意(ディバイダーはA)。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年11月のイベント「交錯 アナザーステージ」より実装。SSRシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ブレストバルカン
胸部左右に二門・計四門内蔵されているバルカン砲。優れた連射性能を活かしての牽制を主としている。
サテライトキャノン
背部に装備された戦略級兵器。まず背中のサテライトキャノン砲身とリフレクターを発光受信部を前に向けて展開し砲撃体勢を取り月面のマイクロウェーブ送信基地からSMWを受信、変換し(この際リフレクターとエネルギーコンダクター部が発光しエネルギーを変換蓄積している事を表現している)砲身にエネルギーを収束変換させてビームにして発射する。その威力は一撃で相対したスペースコロニーを正面から破壊し、相手にコロニー落としは有効では無いと威嚇した。しかし、皮肉にもそのサテライトキャノンの威力を恐れた革命軍により作戦は強行され、地球に大量(40基以上との説もあるが詳しい数は不明)のコロニーが落下、ガンダムXもビットMS12機との一斉砲撃により迎撃し多数のコロニーを破壊したが全てを防ぐ事はできず、地球荒廃(100億人居た人口が1億人以下になる)原因の一端となった。その破壊力故にガロード自身も初使用の際に意図せずバルチャーのMSや戦艦を大量に消滅させ大勢の死人の念を受けたティファが発狂しかけてしまい、以後使用にはかなり慎重になった。
元々は旧革命軍のコロニー落としに対抗するために開発されたコロニー殲滅用の衛星砲台砲(名称はこの衛星砲台砲時代の「サテライト(衛星)キャノン(砲)に由来する」)であり、開発中途でMS搭載武装用に規模縮小した物であったりする。小型化した事で単発威力そのものは下がったが同じ装備をしたビットMS12機を含んだ連携での運用は総合的に衛星砲台時代より能力が上がっている。サテライトシステムの超高出力下での運用を前提としており、それ抜きでの運用はGファルコンの増設エネルギーパックも用いた出力補佐など他に十分なエネルギーを供給できる手段を用いなければ運用不可である。
その超遠距離アウトレンジ兵器としての特性上SMW受信の為に一定時間静止しなければならない(初使用の2話では誘導レーザーが機体に到着後、マイクロウェーブ発射から到達まで4.03秒かかった)などの弱点が有るが、本来ならば戦略レンジの超遠距離で用いる物であるため、一般的なビームキャノンの様な近距離射撃用途においての取り回しは考慮されていないのだろう。
原作でも実際に撃ったのは3発のみと非常に少ないが、これは交易メインの穏健バルチャー稼業主体のフリーデンでは過剰火力でしかないのも理由の一つである。初使用時はフラッシュシステムによる機体認証登録が必要だが、一度認証してしまえば、それ以後はフラッシュシステム無しで使用可能。また、第7次宇宙戦争時は中継衛星を経由する事で無条件で使用可能だったが、中継衛星の存在しない現在では月が出ている時間帯にしか使用できなくなっている(月さえ出ていれば昼間でも使用可能)。
SRWではターン制のチャージ式。
サテライトキャノン(マップ兵器
攻撃範囲は一直線型。通常兵器版同様ターン制のチャージ式。チャージ時間は通常兵器版よりも長い(Zでは同じ)。
大型ビームソード
サテライトキャノンの砲尾にマウントされている白兵戦用の武装。サテライトシステム(正確には腕部エネルギーコンダクター)からのエネルギー供給により高い出力を持つ。護拳付の特徴的なグリップから発振するそのビーム刃の大きな形状から、サーベルではなくソードと呼ばれる。抜刀の動作が、機体のモチーフとなっている佐々木小次郎を想起させる。
シールドバスターライフル
実体盾兼用のビームライフル。武器の性質上装甲部は通常の3倍の強度を持たされている。銃形態と盾形態を切り替える構造上、どう足掻いても防御しながら撃つ事は不可能で、やや取り回しが悪い。不使用時はバックパックの下部ハードポイント(サテライトキャノンの反対を向く)に銃身を縮めスコープとグリップを収納した状態でマウント(同時にサテライトシステムからエネルギーの補給を受ける)されており、シールド形態時には各部を収納し装甲を展開し、ライフル形態時は銃身が延伸し銃口が露出、照準用スコープがポップアップしグリップも射撃形態位置に展開する。

オプション装備[編集]

ショルダーバルカン
キッドが自作した本機のオプション装備で、バックパック左上部ハードポイントに装着する。陸戦用MSのバルカン砲を改造した物だが、ガンダムヴァサーゴによって速攻で破壊された。SRW未実装。
ハイパーバズーカ
元々はガンダムXディバイダーが水中戦時に改造品を用いた物。SRWでは再世篇の時ディバイダーの状態で来る為か改装前のこちらの状態でも使用が可能になっている。
X-グレネーダー
戦艦用ミサイル弾頭を改造した柄付き手榴弾型の投擲武装。左腰部に2個専用ラッチを付けてマウント可能。SRW未実装。
元はGXDVの1/100HGモデルに付属している武装。

召喚攻撃[編集]

Gビット
ガンダムエックスと同性能の無人モビルスーツ。形式番号はメディアによるブレが激しく統一されたものは無い。フラッシュシステムにニュータイプがアクセスすることで起動し、遠隔操作を行う。
アニメ本編では15年前の回想シーンも含めてライフルを使用したのみだが漫画版では全ての装備武装を使用し、SRWではα外伝でソードとライフルを使用した高機動アクションを見せるがZでは一列に並んでライフルを一斉射する原作準拠の描写に止まっている。
Gビットサテライトキャノン
Gビットと同時に行う、サテライトキャノンの一斉射撃。原作では第7次宇宙戦争の最終決戦でジャミルが使用し、地球へ壊滅的被害を与えるきっかけとなり、ジャミル自身にも強いトラウマを与える事になった。Rのみ実装。

合体攻撃[編集]

全てガンダムダブルエックスとの隣接で、Rのみ。

ツインGビット
本機とダブルエックスそれぞれのGビットと共に連続攻撃を仕掛ける。
ダブルサテライトキャノン
ダブルエックスとサテライトキャノンを同時に放つ。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
換装
ガンダムエックス・ディバイダーへと換装する…が、原作ではサテライトシステムを壊された事に伴う強化であり、換装は不可能である。
サテライトシステム
SRWでは基本的にサテライトキャノンを使用可能な機体の称号としか使われていない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

マップ兵器及び射程1以外の全ての武器の射程+1
第2次Z再世篇

機体BGM[編集]

「DREAMS」
前期OPテーマ。
「サテライト・キャノン」
サテライトキャノン使用時のBGM

対決・名場面[編集]

13のサテライトキャノン
15年前の第七次宇宙戦争最終盤、宇宙革命軍のコロニー落とし作戦に対し、地球連邦軍は、サテライトキャノンを持つガンダムXとGXビット12機を軸に徹底抗戦の構えを取る。サテライトキャノンにより、コロニーを破壊された革命軍は恐怖し、焦った結果、脅しのつもりだったコロニー落としを強行。数十基以上のおびただしい数のコロニーを地球めがけて落とす。Xも13機によるサテライトキャノンで応戦するが、13基どころではない異常な数のコロニーを落とされた為m全てを防ぐ事が出来ず、結果的に地球は人口の99%が死滅。100億いた人類が1億人以下に減り、数年間地上に太陽の光さえ届かない死の星となる等、壊滅的な被害を受けることに…13という数字からして、既に不吉の予兆であったのかもしれない。
フェブラル
コロニー落としが決行されてもなお、ジャミルのXはライバルのランスロー・ダーウェル駆るフェブラルと戦い続けていた。左腕を失ったGXのシールドバスターライフルがフェブラルの胴体を捉えるのと同時にフェブラルのビームキャノンもまたGX頭部に直撃、相打ちとなる。
この最終決戦は『機動戦士ガンダム』のガンダムジオングのオマージュでもある。
ドートレス(アルタネイティヴ社仕様)
ガロードはティファに導かれ、GXを保管している倉庫へ辿り着く。一か八か、盗んできたGコンをセットすると奇跡的にGXが起動した。追っ手のライク・アント率いるドートレス隊のマシンガンにびくともせず、瞬く間に全機撃破した。
ガンダムレオパルドガンダムエアマスター
フリーデン所属のガンダムと対峙するGX。ハッタリをかますもGXの素性を知らない二人には通用せず(当時唯一Xの素性を知っているジャミルのみ多少意識していた)高い技量を持つ二人に苦戦するが、ティファをマニピュレーターで掴み人質扱いにする事(ティファ本人は特に嫌がる様子も無かった)で逃走に成功。
対バルチャー
情報屋の暗躍によりガンダムの情報を得たバルチャー達が大挙してGXの元に集まってくる。圧倒的な数を前にしてティファはサテライトシステムの認証を行い、ガロードに託す。そしてガロードは圧倒的な攻撃力を有するサテライトキャノンで周囲のバルチャー達を「消滅」させる。難を逃れた二人だが、程無くしてティファはバルチャーたちの断末魔の残留思念に耐え切れずに気絶してしまった。
対アルタネイティブ社
アルタネイティブ社に雇われたフロスト兄弟ガンダムヴァサーゴガンダムアシュタロンに翻弄されながらもフリーデンへのアフターサービスとして戻ってきたエアマスターとレオパルドに助けられる。フロスト兄弟を見限ったアルタネイティブ社のグランディーネの長距離攻撃に苦戦するもサテライトキャノンでグランディーネを破壊。事前にティファとジャミルが交信で連絡を取り合っていた為、アルタネイティブ社にいるティファも巻き込まずにすんだ。
対ザゴット一味
ファイヤーワラビーによる炎の時計部隊の前に窮地に陥るが、ジャミルの作戦で月面からのマイクロウェーブで水蒸気爆発を起こし、ザゴット一味を一掃する。
ベルティゴ
サテライトキャノンと仲間がいることの過信とニュータイプの存在を意識しすぎた為、空回り、翻弄され続けた上、ビット攻撃の前に完敗。サテライトキャノンも破壊されてしまう。

関連機体[編集]

ガンダムエックス・ディバイダー
現地改修型。当初は換装装備として考案されていた為、SRWでは換装が行える。
ガンダムダブルエックス
回収した2号機のデータ等を元に新造した後継機。フラッシュシステム等中枢部はGX2号機の物が移植されている。
ガンダムエアマスターガンダムレオパルド
地球連邦時代からの僚機。
ガンダムエックス 3号機[2]
アニメ本編のその後を描いた漫画『機動新世紀ガンダムX NEXT PROLOGUE -あなたと、一緒なら-』に登場する機体。カラーリングはガロードの機体と似ているが、両肩が青く塗装されている。ティファと共に隠棲していたガロードの前に突如姿を現す。
この機体は当記事の「劇中での活躍」で言及されていた詳細不明の3号機(NT-003)とは別の機体で、かつてのガロードの乗機だった1号機(NT-001)ことガンダムエックス・ディバイダーを、新型のジェネレーターや旧連邦軍研究所から回収された修理用のパーツ等で原型に復元したものである。ただし新たに搭載されたジェネレーターは出力が原型より向上し、運用効率は30%上昇しているため「1号機の3回目の改修」「NT-001のVer.3」という意味合いで3号機という名が与えられている。型番は『GX-9900-3-Re』。
新連邦防衛省がガロード・ランを連邦に引き入れる為に用意したが断られ、後にガロードが知人からの預かり子カジャルや町の住民を救うために強奪した。
元ネタは「大破したガンダムを量産機体や修理パーツなどを集め再構築し、ジェネレーターも新型に変わる」点などがほぼ同一に描かれている、小説G-3ガンダムと思われる。
ガンダムエックス(UNDER THE MOONLIGHT版)
アニメ本編より9年後を描いた外伝漫画『機動新世紀ガンダムX ~UNDER THE MOONLIGHT~』に登場するガンダムエックスの同型機。ローレライの海で発見された当初は黒くカラーリングされていた。また、本機にも本来はGビットが存在していたが、アニメ本編の時点でジャミルが破壊したらしい描写がされている。数度の改修を経て、白いガンダムエックスとして戦いに決着を付けている。
3機しか製造されていないとされるガンダムエックスだが、この機体がいつ何処で開発されたか、NT-003なのか、などの詳細は劇中では明らかにされていない。

玩具作品での関連機[編集]

ガンダムX魔王
ヤサカ・マオが本機をベースに改造したガンプラ。

余談[編集]

  • デザインを担当した大河原邦男氏は本機のデザインについて「長刀を背負った佐々木小次郎がモチーフです」と語っている。背中に背負ったサテライトキャノンと、その付け根部分からビームソードを抜刀する様が、小次郎の背負っている太刀「物干竿」を模している……という事なのだろう。

脚注[編集]

商品情報[編集]

資料リンク[編集]