Gビット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gビット
外国語表記 G-bit
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α外伝
テンプレートを表示
スペック
分類 ビットモビルスーツ
生産形態 量産機
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
テンプレートを表示

Gビットは『機動新世紀ガンダムX』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍が開発したフラッシュシステム用の無人MS型端末。正確にはガンダムタイプ用フォーマットで造られた物が該当する[1]

バリエーションがいくつか存在し、ガンダムエックスガンダムエアマスターガンダムレオパルドを初めとした、旧地球連邦軍ガンダムタイプを親機として対応した、GXビットGWビットGTビットと呼称するものが存在する。ただし、ビットMS側の型式番号は先頭の「G」を「F」にしたものや、末尾に「GB」を加えたものなど表記にはブレがあり統一されてはいない。

フラッシュシステムとニュータイプがシンクロすることで、無人のビットMSが起動して、親機の操縦者が最大12機をコントロールする。ニュータイプ一人で一個中隊規模のビットMSを操り、戦略兵器として運用可能。頭部がフラッシュシステム用受信機を兼ねたセンサーブロックヘッド化されているなど細部に違いはあるが、基本的にパイロットが搭乗する母機と同じ武装を備えている。 劇中で「全ての機体に自分が乗っているようだ」と評された通り、強力なニュータイプが一人いればそれを瞬時にコピー、増殖させる事が可能で、有人機では不可能な挙動や動きも行える等、有人機と無人機双方のメリットを併せ持つ良いとこ取りの仕様となっている。実際Gビットを使用した各ガンダムは第7次宇宙戦争時に無敵を誇ったと記されている。

この他、月面施設の防衛戦力として配備されいてるD.O.M.E.専用のビットモビルスーツや戦後に開発されたラスヴェート用のビットモビルスーツ等が存在する。

第7時宇宙戦争時にほぼ全機が失われている。ローレライの海に沈んでいた未配備のGXビットが10機回収された際には、ジャミル・ニートが使用後に全機を容易に再利用出来ないように破壊した。これは心情的な要素に限らず、フラッシュシステムやサテライトキャノンの危険性を暗に示している。

なお、外伝『機動新世紀ガンダムX ~UNDER THE MOONLIGHT~』によると、別の位置に沈んでいた黒いガンダムエックス用のGXビットである事が示唆されている。

バリエーション[編集]

GXビット
ガンダムエックス系列でサテライトキャノンを装備。ガンダムエックス・ディバイダーや、ゲームではガンダムダブルエックスも使用。
GWビット
ガンダムエアマスター系列でトランスシステムを搭載。
GTビット
ガンダムレオパルド系列でインナーアームガトリングを装備。
ビット・ラスヴェート
ラスヴェート本体と全く同じ外見の物を使用。敵を撹乱する目的もある。
D.O.M.E. Gビット
D.O.M.E.が操作するビットMS[2]。サテライトキャノンを装備するが、外見はGXビットとは異なる。

登場作品と操縦者[編集]

SRWでは隠し武装での登場となっており、主に条件を満たすとガンダムエックスおよびガンダムダブルエックスの武器に追加される。また、本来NTではないガロードや他の乗り換え可能なパイロットには使えないが、作中ではティファが操作することで使用しているとされる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初登場作品。戦闘演出は複数のGXビットによる連携攻撃になっている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
隠し武装として登場し、条件を満たすとガンダムエックス及びガンダムダブルエックスに追加される。戦闘演出は原作を再現した母機を含む一斉射撃。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
武装としても未登場だが、DLC内で[分身多元戦争]]後に全機解体されたことが言及される。前作に当たる第2次Zで登場しなかった理由が補足された。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
恐らく最もGビットが登場する作品。今作のみ通常のGビットによる攻撃の他、サテライトキャノンを一斉に発射するGビットサテライトキャノン、合体攻撃のツインGビットで登場する。

余談[編集]

  • サイコミュインターフェースで操られる無人MSというコンセプト自体はゲームブック『機動戦士ガンダム 最期の赤い彗星』に「ニュータイプ能力によってコントロールされる無人MS(ガッシャ、ペズン・ドワッジ、アクト・ザク)」が有ったり、『機動戦士ガンダムΖΖ』において遠隔操作されるキュベレイMk-IIといった先例が有るが、ビットMS最大の特徴はニュータイプ一人を分身の様に増殖させ完全な管制と統率を両立させた状態で運用出来る事であり、それらとは異なる独自の特徴を持つ。

脚注[編集]

  1. ガンダムタイプではないラスヴェートの物やD.O.M.E.用の機体はビットモビルスーツかモビルビット呼称・表記が正しい
  2. 先述の通り親機であるガンダムタイプが存在しない為Gビット表記は本来不適切でありビットモビルスーツかモビルビット表記が正しい