登場作品

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

丸数字やローマ数字は数字もしくはアルファベットで代用する。登場作品早見表も参照のこと。

※オリジナルは、バンプレストオリジナルOGシリーズ項目も参照のこと。

シリーズ別一覧[編集]

リスト[編集]

英数字[編集]

GEAR戦士電童
R』にて初参戦。
後に『機動戦士ガンダムSEED』を手がける監督・脚本家コンビによるロボットアニメ。
HEROMAN
UX』にて初参戦。
アメリカンコミック界の巨匠スタン・リーを原作に迎えたヒーローアクション。謎のヒーロー・ヒーローマンとそのパートナー・ジョーイの戦いを描く。
スパロボ参戦作品としては初の日本と海外の合作アニメ。
New Story of Aura Battler DUNBINE
COMPACT3』にて初参戦。
聖戦士ダンバイン』の700年後を描いたOVA作品。
NG騎士ラムネ&40
NEO』にて初参戦。
伊東岳彦・あかほりさとるのコンビによる全編ギャグテイストのロボットアニメ。続編が多数制作され、その内の一つ『VS騎士ラムネ&40炎』は『ACE Portable』に参戦している。
SDガンダム外伝
BX』にて初参戦。
SDガンダムシリーズの一つで、「騎士ガンダム」を主人公とするヒロイックファンタジー。
SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors
UX』にて初参戦。
『三国志演義』を題材とする作品。所謂『SDガンダムシリーズ』としては初のスパロボ参戦でもある。
STAR DRIVER 輝きのタクト
X-Ω』にて初参戦。
離島の学園を舞台に、少年ツナシ・タクトが島に隠された秘密を狙う組織「綺羅星十字団」と戦う青春ストーリー。
THE ビッグオー
D』にて初参戦。
記憶を失った街、パラダイムシティを中心としたネゴシエイターであるロジャー・スミスの活躍を描く。
THE ビッグオー 2nd SEASON
Z』にて初参戦。
『THE ビッグオー』の続編。当初1期のみ・未完で終わるはずだったが海外での放送で人気が高まり2期(2nd SEASON)の制作につながったという経緯を持つ。
2002年10月から2003年3月までの地上波UHFや以降のCS(アニマックス)での再放送時には1期からの全26話をひと纏めとして放映されている。
UFOロボ グレンダイザー
第2次』にて初参戦。
東映マジンガーシリーズ第3作。「異星人との交戦」「主人公が亡国の王子」といった、それまでのロボットアニメでは見られなかったモチーフが盛り込まれた。欧州圏でも放送され国民的人気となっている。
ZOIDS新世紀/ZERO
OE』にて初参戦。
ゾイド -ZOIDS-』に続くシリーズのアニメ第2作。前作から一転しゾイド同士によるバトルスポーツ「ゾイドバトル」を描いている。
∀ガンダム
α外伝』にて初参戦。
20世紀最後のガンダムTVシリーズ。「黒歴史」と称される、過去のほぼ全てのシリーズ作品を内包する世界観等、ガンダムシリーズの総決算的作品となっている。

あ行[編集]

[編集]

アイドルマスター XENOGLOSSIA
X-Ω』にて初参戦。
アイドルプロデュースゲーム『THE IDOLM@STER』を原案としているが、共通しているのはキャラクターの名前とデザインのみで、内容は全く異なる。
蒼き流星SPTレイズナー
』にて初参戦。
高橋良輔監督作品。番組前半と後半との作風の激変ぶりで有名。
アクエリオンEVOL
第3次Z時獄篇』にて初参戦。
創聖のアクエリオン』から一万二千年後を舞台とした続編。

[編集]

宇宙戦艦ヤマト2199
V』にて初参戦。
1970年代にアニメブームを起こしたSF作品のリメイク版。
宇宙戦士バルディオス
Z』にて初参戦。
スーパーロボット物にリアルロボット的世界観を持ち込んだ初期の作品。TV版の最終回が様々な意味で衝撃的な作品。
宇宙大帝ゴッドシグマ
Z』にて初参戦。
東映本社ロボットアニメ第5弾。
宇宙の騎士テッカマンブレード
J』にて初参戦。
スパロボ参戦作品としては初の「ロボット物ですらない」作品。宇宙からの侵略者ラダムの手でテッカマンとされてしまった主人公がラダムを倒す為に文字通り全てを失っていく壮絶な物語。
宇宙の騎士テッカマンブレードII
W』にて初参戦。
『テッカマンブレード』の続編OVA。前半は当時隆盛を誇った所謂「美少女戦士」路線であり前作のファンを唖然とさせた。後半、デッド・エンド登場後はシリアスな前作のムードを取り戻している。

[編集]

エウレカセブンAO
X-Ω』にて初参戦。
交響詩篇エウレカセブン』の続編。

[編集]

オーバーマン キングゲイナー
Z』にて初参戦。
ブレンパワード』『∀ガンダム』に続く「白富野」作品の一つ。通称「ぬいぐるみロボットアニメ」。

か行[編集]

[編集]

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
K』にて初参戦。
大空魔竜ガイキング』のリメイク作。
ガサラキ
X-Ω』にて初参戦。
高橋監督作品。リアルロボットに「和」の要素と濃密な政治ドラマを融合させた異色のロボットアニメ。
合身戦隊メカンダーロボ
COMPACT3』にて初参戦。
タツノコプロから独立したスタッフが中心になって制作されたロボットアニメ。放映途中でスポンサーが倒産し、終盤の作画は全て再編集で乗り切ったという逸話を持つ作品でもある。
完全勝利ダイテイオー
NEO』にて初参戦。
エルドランシリーズ第4作。雑誌展開企画であり、映像作品としてはPVが作られたのみ。
ガン×ソード
K』にて初参戦。
後に『コードギアス 反逆のルルーシュ』を手がける谷口悟朗監督による「痛快娯楽復讐劇」。ロボットを前面には出していないのが本作の特徴で、放送開始まではロボットアニメであるという情報は伏せられていた。

[編集]

機甲界ガリアン
BX』にて初参戦。
高橋監督作品。ファンタジーとSFを融合させた戦記ロマン。
機甲戦記ドラグナー
A』にて初参戦。
1stガンダムへのオマージュをこめて作られた作品。前半はリアルロボット物の魅力を丁寧に描くも地味さは否めず、グン・ジェム隊登場後は作風が激変する。
機甲世紀Gブレイカー
α for DC』にて初参戦。
ゲーム『サンライズ英雄譚』シリーズのオリジナルロボットで、スパロボ参戦作品としては初のゲーム作品。
機甲猟兵メロウリンク
X-Ω』にて初参戦。
ボトムズシリーズの外伝作品の一つで、「生身の人間AT」というシチュエーションを前面に推し出した異色作。主人公が自身を陥れたかつての上官を抹殺するために戦う復讐劇。
機獣創世記ゾイドジェネシス / ゾイドジェネシス
K』にて初参戦。
ゾイドTVシリーズ第4作で、同シリーズとしては集大成の側面が強い。スパロボ参戦作品としては初のゾイドシリーズ。なお放送時の作品名は『ゾイドジェネシス』で、『OE』ではこちらの名義で参戦。
機神咆吼デモンベイン
UX』にて初参戦。
ニトロプラスの代表作であるロボットアドベンチャーゲームのアニメ化作品。
スパロボ参戦作品では初となる、アダルトゲームを原典とする作品。なお、アニメ版はコンシューマ移植版をベースとしている。
機動警察パトレイバー(TVシリーズ)
OE』にて初参戦。
レイバー犯罪に立ち向かうため設立された警察組織・特車二課の活躍を描いた作品。OVA・TV・漫画と多岐に渡るメディア展開を見せた。
機動警察パトレイバー 劇場版
OE』にて初参戦。
パトレイバーシリーズの劇場版第1作。「OS」や「コンピュータウイルス」を扱った、当時としてはかなり時代を先取りした作品。
機動新世紀ガンダムX
α外伝』にて初参戦。
1stの「ニュータイプ論」に真っ向から挑んだ作品。
機動戦艦ナデシコ
A』にて初参戦。
オタク的モチーフの中にシビアかつハードなSF世界観を内包した90年代ロボットアニメの代表作。
機動戦士ガンダム
初代』にて初参戦。
宇宙世紀を舞台にニュータイプの少年アムロ・レイの戦いと成長を描く。
通称ファースト(1st)ガンダム。『ガンダムシリーズ』の原点にして、今日ではいわずと知れたリアルロボットアニメの金字塔とも称される作品。
機動戦士ガンダムAGE
BX』にて初参戦。
ゲームメーカー・レベルファイブとの共同プロジェクトで話題を呼んだ作品。3人の主人公による、三世代に渡る大河的ストーリーが描かれる。
機動戦士ガンダムF91
初代』にて初参戦。
第2次ネオ・ジオン抗争逆襲のシャア)から30年後を舞台とした劇場作品。
新TVシリーズ企画の雛形となるべく制作されたが、TVシリーズ化は結果的に見送られている。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
初代』にて初参戦。
1st、ΖΖΖから続く、アムロとシャアの最後の戦いを描いた劇場用作品。
機動戦士ガンダム00
1stは『第2次Z破界篇』、2stは『第2次Z再世篇』にて初参戦。
私設武装組織「ソレスタルビーイング」に所属するパイロット「ガンダムマイスター」達の戦いを描いた作品。ガンダムシリーズ初の分割放送。
  • 機動戦士ガンダム00 1st Season
  • 機動戦士ガンダム00 2nd Season
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
第3次』にて初参戦。
ガンダムシリーズ初のOVA作品で、一人の少年の視点から戦争を描いた物語。
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
第3次』にて初参戦。
一年戦争から4年後の宇宙世紀0083年に起こった、そして歴史から抹消された「デラーズ紛争」を語った物語。ティターンズ結成が描かれるなど1stからΖを繋ぐ話でもある。後に再編集され『ジオンの残光』のタイトルで劇場公開された。
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
64』にて初参戦。
連邦士官とジオン関係者の愛を描いた物語。ガンダム作品には非常に珍しい恋愛要素を前面に出した作品。『機甲戦記ドラグナー』が参戦するまで唯一の神田武幸監督作品でもあった。
機動戦士ガンダムΖΖ
初代』にて初参戦。
機動戦士Ζガンダム』の続編。エゥーゴネオ・ジオンとの戦いを描いている。
機動戦士ガンダムSEED
第3次α』にて初参戦。
21世紀最初のガンダムTVシリーズ。2012年にHDリマスター版が放送された。
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
W』にて初参戦。
『SEED』の外伝。本編と連動した場面が多く存在し、この作品を見て初めて真相が明かされる箇所も。
漫画作品が2本、小説、模型中心のフォトストーリーと多岐にわたって展開しており、各々がまた連動したストーリーを展開している。
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
W』にて初参戦。
『機動戦士ガンダムSEED』のPHASE-46~47の間にある空白の2ヶ月間に起こった出来事を描いたストーリー。『ASTRAY』の続編(正確にはときた洸一による漫画版の続編)でもあり、そちらのキャラクターも引き続き登場する。
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
K』にて初参戦。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の外伝的作品。スパロボ参戦作品としては初のWeb発アニメ。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
SC2』にて初参戦。
『SEED』の続編。前作の主人公の2人と新主人公であるオーブ出身のザフト兵の少年の苦悩と戦いを描いた物語。2013年にHDリマスター版がBSで放送された。
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
V』にて初参戦。
『逆襲のシャア』の小説版『ベルトーチカ・チルドレン』の続編で、ブライトの息子であるハサウェイを主人公とする小説作品。
機動戦士ガンダムUC
第3次Z時獄篇』にて初参戦。
ガンダムシリーズでは初となる、書籍作品を映像化したOVA作品。『逆襲のシャア』から3年後を舞台に、地球連邦政府の最高機密をめぐる抗争を描く。
機動戦士クロスボーン・ガンダム
第2次α』にて初参戦。
『F91』の続編で、同作の10年後を舞台とした漫画作品。『センチネル』や各MSV等を除けばガンダムシリーズ初の非映像作品からのスパロボ参戦。
声優やBGM、キャラクターのグラフィックなどは先に参戦していた『SDガンダム Gジェネレーション』シリーズのものが採用されている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
V』にて初参戦。
『クロスボーン・ガンダム』から3年後の戦いが描かれる。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
V』にて初参戦。
『クロスボーン・ガンダム』に関連する読切作品集。
機動戦士Ζガンダム
初代』にて初参戦。
『機動戦士ガンダム』の続編。一年戦争終結から7年後、カミーユ・ビダンを新たな主人公として描かれる作品。
2005年には「新訳版」と称する再編集劇場版が制作されており、『SC2』(2007年)以降はそちらの要素が採用されることがある。
機動戦士Vガンダム
第2次G』にて初参戦。
宇宙世紀最後の作品。『F91』のコスモ・バビロニア建国戦争から30年後の話。いわゆる「黒富野」のピークにあった作品で、多くの登場人物が死亡することでも有名。
機動武闘伝Gガンダム
第2次G』にて初参戦。
宇宙世紀を離れた初のガンダム作品。「ガンダムファイト」と称される、ガンダム同士の戦いを描いた異色の作品。リアルロボットとしての袋小路に陥っていたガンダムシリーズの殻を破り、様々な意味でシリーズのターニングポイントとなった。
キャプテン・アース
CC』にて初参戦。
少年少女たちの部隊「ミッドサマーズナイツ」を主軸とした一夏の物語。
恐竜戦隊ジュウレンジャー
X-Ω』にて初参戦。
『スーパー戦隊シリーズ』の第16作。スパロボシリーズ初の純粋な特撮作品の参戦。
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
X-Ω』にて初参戦。
映画会社・東宝の本格的なアニメ製作参入のため立ち上げられたレーベル「TOHO animation」の第1作。
銀河疾風サスライガー
GC』にて初参戦。
J9シリーズ第3作。ロボットアニメ版「80日間世界一周」。
銀河旋風ブライガー
α外伝』にて初参戦。
J9シリーズの第1作。ロボットアニメ版「必殺仕事人」。
銀河烈風バクシンガー
GC』にて初参戦。
J9シリーズ第2作。ロボットアニメ版「新選組」。

[編集]

グレートマジンガー
初代』にて初参戦。
東映マジンガーシリーズ第2作で、『マジンガーZ』の続編。エンターテインメント精神に溢れた前作とは対照的な、シビアな作風が特徴。
クレヨンしんちゃん
X-Ω』にて初参戦。
臼井義人原作の同名漫画のアニメ化作品。ロボットアニメですらなく、また劇中劇からという、スパロボ登場作品の中でも異色中の異色参戦となった。
鉄のラインバレル
アニメ版は『L』、原作漫画版は『UX』にて初参戦。
『チャンピオンRED』連載のロボットアクション漫画。アニメ版は一部の設定や結末などにオリジナル要素が見られる。『UX』に参戦した原作漫画版はカットインや設定面に原作者本人が協力している。キャスティングは大方アニメ版のものに準拠。
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
V』にて初参戦。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』以来目立った活動のなかった福田己津央監督がクリエイティブプロデューサーとして関わったテレビアニメ。
主要人物の9割が女性で占められている特徴を持つ他、地上波の限界に迫った過激な描写も多い。

[編集]

劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
R』にて初参戦。
TVシリーズの後日談であるが、TVシリーズでハッピーエンドを迎えたメインキャラクターを襲う悲惨な運命など、苛烈なストーリー展開で物議を醸す。
劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
UX』にて初参戦。
TVシリーズの続編であり、00シリーズの完結編に位置する。ガンダムシリーズ久々のオリジナル劇場作品にして、初の異星勢力が登場する事で話題を呼んだ。
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
第2次Z破界篇』にて初参戦。
テレビアニメ『天元突破グレンラガン』前半部に新規カットを加えた劇場用作品。
劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇
第2次Z再世篇』にて初参戦。
TVシリーズ後半部に新規カットを加えた劇場用作品。
劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜
第2次Z破界篇』にて初参戦。
テレビアニメ『マクロスF』の劇場版。基本はTVシリーズと同様だが、細部が異なった作りとなっている。
劇場版 マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜
第2次Z再世篇』にて初参戦。
『イツワリノウタヒメ』の続編。結末はTVから大きく変えられており、マクロスシリーズでは珍しい「主人公専用の新機体」が登場したことで話題を集めた。
劇場版マジンガーシリーズ
初代』にて初参戦。
マジンガーシリーズを主軸に、ダイナミックプロ制作のヒーローが共演するスペシャルプログラムで、スパロボにとっても「製作会社の異なるロボットアニメの結集」という基本コンセプトの原点となった作品群。
ゲッターロボ
初代』にて初参戦。
ダイナミックプロが『マジンガーZ』に続いて世に送り出したロボットアニメにして、合体ロボットの開祖。
ゲッターロボ號
X-Ω』にて初参戦。
石川賢が描くゲッターロボサーガの第3作。
ゲッターロボG
初代』にて初参戦。
車弁慶の加入した新たなゲッターチーム百鬼帝国の戦いを描いた、TV版ゲッター第2作。
ケロロ軍曹
OE』にて初参戦。
吉崎観音原作の同名漫画のアニメ化作品。地球人の家に居候している侵略宇宙人が織りなすギャグやパロディが特徴的。
元気爆発ガンバルガー
NEO』にて初参戦。
コメディ要素の強いエルドランシリーズ第2作。

[編集]

交響詩篇エウレカセブン
Z』にて初参戦。
主人公レントンエウレカの成長と恋愛を描いたBONESの代表作。
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
第2次Z破界篇』にて初参戦。
『エウレカセブン』の劇場用作品。原作世界観を再構築し、TVシリーズとは異なるストーリーが描かれる。
光速電神アルベガス
X-Ω‎』にて初参戦。
東映本社ロボットアニメ第8弾。「合体ロボ+学園物」という、『ゲッターロボ』へのオマージュを込めて作られた作品。
鋼鉄ジーグ
第2次α』にて初参戦。
マグネロボシリーズの第1作。
鋼鉄神ジーグ
K』にて初参戦。
『鋼鉄ジーグ』の漫画版をベースとした続編。キャラクターデザインに他の永井豪作品からのスターシステムを多数用いているのも特徴。
コードギアス 双貌のオズ
X-Ω‎』にて初参戦。
コードギアスの外伝作品の一つである雑誌連載企画。
コードギアス 反逆のルルーシュ
第2次Z破界篇』において初参戦。
特殊能力・ギアスを駆使し、超大国・ブリタニアへの復讐を目論む少年ルルーシュの軌跡を描いたピカレスクロマン。
コードギアス 反逆のルルーシュR2
第2次Z再世篇』にて初参戦。
『反逆のルルーシュ』の完結編で、舞台は世界をも巻き込む規模に。
コードギアス 亡国のアキト
『X-Ω』にて初参戦。
『反逆のルルーシュ』と『R2』の間の物語が描かれるOVA作品。
ゴジラ対エヴァンゲリオン
『X-Ω』にて初参戦。
特撮怪獣映画「ゴジラシリーズ」と『新世紀エヴァンゲリオン』のコラボレーション企画。
事実上スパロボ史上初となる実写特撮作品の参戦でもある。

さ行[編集]

[編集]

最強ロボ ダイオージャ
GC』にて初参戦。
ロボットアニメ版「水戸黄門」。
サクラ大戦
X-Ω』にて初参戦。
架空の大正を舞台としたドラマチックアドベンチャーゲーム。

[編集]

疾風!アイアンリーガー
NEO』にて初参戦。
サンライズが制作した異色の熱血スポ根ロボットアニメ。スパロボ参戦作品としては初の「戦闘を目的としないロボットによる」ロボットアニメ。全長3m程度のロボット達がスポーツを通じて友情を築いていく。
巨神ジャイアントゴーグ
BX』にて初参戦。
『ガンダムシリーズ』でも知られるアニメーター・安彦良和が原作・監督を務めたSFジュブナイル。
ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日
64』にて初参戦。
『鉄人28号』等の名作を生み出した横山光輝の作品群を原作としたOVA。スターシステムの採用により随所で歴代横山作品のキャラクターが登場しているのも特徴。
獣神ライガー
NEO』にて初参戦。
ダイナミックプロ×サンライズという、異色のタッグによる作品。プロレスとのタイアップも話題に。
重戦機エルガイム
第4次』にて初参戦。
富野監督作品。デザイナー・永野護の出世作。
獣装機攻ダンクーガノヴァ
L』にて初参戦。
超獣機神ダンクーガ』から200年後の世界を描く続編。スパロボ参戦作品としては初のCSチャンネル発アニメ。
新機動戦記ガンダムW
』にて初参戦。
『Gガンダム』より続く平成ガンダムの1作。美形ぞろいのキャラクターとケレン味あふれる演出で女性ファンに圧倒的な支持を得た。海外で初めて放送されたガンダムでもある。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
COMPACT』にて初参戦。
TV版の続編となるOVA。後に新作カットを追加した総集編も劇場公開された。
新ゲッターロボ
NEO』にて初参戦。
OVAゲッター第3作。石川賢カラーが強い。
真ゲッターロボ (原作漫画版)
第4次』にて初参戦。
真ゲッターロボにTV版ゲッターチームが乗り込むための名義だけの参戦作品(例外は原作版のゲッターチームが参戦した『』のみ)。後に原作者により改めて漫画版『真ゲッターロボ』が執筆されたが、そちらはスパロボでは再現されていない。
真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ
R』にて初参戦。
OVAゲッター第2作。ゲッター線を使わないゲッター・ネオゲッターロボを操る新生ゲッターチームが、恐竜帝国を迎え撃つ。ストーリーは原作版『ゲッターロボ號』(SRW未参戦)をベースとしているが、終盤の展開は大きく異なっている。
神魂合体ゴーダンナー!!
SC2』にて初参戦。
スーパーロボットのパイロットとして活躍していた英雄とその妻となった女子高生の愛の物語。『超重神グラヴィオン』と同様の、1970年代の「燃え」と2000年代の「萌え」が融合した作品となっている。スパロボ参戦作品としては初のUHFアニメ。
神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
K』にて初参戦。
『ゴーダンナー』の2期であり続編。
新世紀エヴァンゲリオン
F』にて初参戦。
90年代におけるアニメ界最大のムーブメントとなり、社会現象まで巻き起こした作品。
新世紀エヴァンゲリオン 劇場版
α』にて初参戦。
劇場版作品。TV版本編の終局を、同じ設定でありながら別視点で描いた作品。ラストに何が起きたのか、恐らくこちらの方が大方の視聴者には判り易い。A.T.フィールドをぶつけるアスカやEVA量産機が出るのはこちら。
  • THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に
真マジンガー 衝撃! Z編
第2次Z破界篇』にて初参戦。
より漫画版『マジンガーZ』に近づきつつも、オリジナル要素が多数加えられている。物語は未完に終わっているが、現時点において続編は作られていない。
真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍
V』にて初参戦。
『衝撃! Z編』と同時期に連載開始された漫画作品『真マジンガーZERO』の続編。

[編集]

翠星のガルガンティア
第3次Z天獄篇』にて初参戦。
地球に迷い込んだ一人の兵士が船団「ガルガンティア」の面々と触れ合い成長していく海洋ロマン。ロボットは登場するものの、戦闘シーンがほとんど存在しない原作からの参戦で驚かれた。
スタードライバー THE MOVIE
X-Ω』にて初参戦。
STAR DRIVER 輝きのタクト』の再編集、新規シーンを追加した劇場作品。

[編集]

ゼーガペイン
X-Ω』にて初参戦。
多角メディアで展開され、アニメでは物語が進むに連れて世界の真実が徐々に明かされていく構成が話題となった。
聖戦士ダンバイン
EX』にて初参戦。
異世界ファンタジー系ロボットアニメの草分け的存在で、『バイストン・ウェルサーガ』の始まりとなる作品。
絶対無敵ライジンオー
GC』にて初参戦。
エルドランシリーズの第1作。
戦国魔神ゴーショーグン
EX』にて初参戦。
作品の顔であるロボットよりもキャラクター陣に人気が集中。後に制作された小説作品や劇場版ではゴーショーグンが殆ど登場しないという事態に。
戦闘メカ ザブングル
α外伝』にて初参戦。
富野監督作品。第1話から主役ロボの同型機登場、番組途中での主役ロボ交代などロボットアニメにおける「パターン破り」(後者のように中には新たな「お約束」となったものも)を意欲的に盛り込んだ娯楽作品。

[編集]

ゾイド -ZOIDS-
OE』にて初参戦。
ゾイドシリーズのTVアニメ第1作。
蒼穹のファフナー
K』にて初参戦。
機動戦士ガンダムSEED』のキャラクターデザイナー・平井久司とSFライトノベル作家・冲方丁という異色のコラボレーションで話題となったジーベック制作のロボットアニメ。後述の『アクエリオン』同様パチンコ化で知名度を上げた。
蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
UX』にて初参戦。
TVシリーズの3年後を描いた劇場用作品。
装甲騎兵ボトムズ
第2次Z破界篇』にて初参戦。
4mにまで縮小されたロボット兵器・アーマード・トルーパーや主人公キリコが乗機を次々と乗り捨てていくさまなど、ロボットアニメにおけるロボットからキャラクター性を廃し徹底的に「道具」として扱った、リアルロボットアニメのひとつの到達点とも言うべき作品。
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端
第3次Z時獄篇』にて初参戦。
TVシリーズの続編であるOVA作品。TV最終回から32年後の物語を描く。
装甲騎兵ボトムズ 幻影篇
第3次Z天獄篇』にて初参戦。
キリコに纏わる物語の終着点。
装甲騎兵ボトムズ 孤影再び
第3次Z天獄篇』にて初参戦。
『赫奕たる異端』の後日談。雑誌連載小説として展開された作品で、『幻影編』の後にOVA化された。
装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー
第2次Z破界篇』にて初参戦。
TVシリーズの空白期間の出来事を描くOVA作品。
装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル
第3次Z時獄篇』にて初参戦。
『ザ・ラストレッドショルダー』同様にTVシリーズの空白部分を補完するOVA作品の一つ。他の『ボトムズ』シリーズ作品と比較して活劇的要素が強い内容となっている。
装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ
第2次Z破界篇』にて初参戦。
『レッドショルダードキュメント』とTVシリーズを繋ぐエピソードを描いたOVA作品。後に再編集した劇場版が公開。
装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ
第2次Z破界篇』にて初参戦。
TVシリーズの前日談に当たるOVA作品。
創聖のアクエリオン
Z』にて初参戦。
マクロスシリーズでお馴染み河森監督の作品。印象に残る必殺技・台詞回し・合体シーンなどとにかく奇抜。放送終了後にパチンコ化され人気が再燃、劇場版や続編製作の原動力となった。
宇宙そらをかける少女
X-Ω』にて初参戦。
人工知能搭載型戦闘用コロニーと一人の少女の出会いから始まる物語。

た行[編集]

[編集]

大空魔竜ガイキング
』にて初参戦。
東映動画(現:東映アニメーション)初のオリジナルロボットアニメ。
太陽の使者 鉄人28号
第2次Z再世篇』にて初参戦。
『鉄人28号』の80年代リメイク作品。
戦え!! イクサー1
L』にて初参戦。
80年代のOVA黎明期に作られた作品で、全3話にエログロ・ロボット・パロディとさまざまな要素が込められている。一応巨大ロボットは登場するものの、等身大美少女のバトルがメインという、歴代参戦作品中においても異色の作品。なお原作となった漫画も存在するが、アニメ版とは殆ど共通点を持たない内容。

[編集]

チェンジゲッターロボ 世界最後の日
D』にて初参戦。
OVAゲッター第1作にして、石川賢による漫画版のキャラ・設定が形を変えて新たな物語を構築している。
地球防衛企業ダイ・ガード
第2次Z破界篇』にて初参戦。
ロボットアニメ版『踊る大捜査線』をコンセプトに、ロボットアニメに企業ドラマの要素を加味した作品。
超時空世紀オーガス
Z』にて初参戦。
超時空シリーズ第2作。平行世界(パラレルワールド)をテーマにした非常にSF色の強い作品。
超時空要塞マクロス
α』にて初参戦。
超時空シリーズおよびマクロスシリーズ第1作。「可変ロボ(バルキリー)」と「歌」と「三角関係」をキーにした恋愛ドラマ主体のストーリーがティーンズ層に人気を博す。
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
α』にて初参戦。
TVシリーズの好評を受けて制作された劇場版。TVシリーズを再構成しつつも、設定は大きく変更されている。スパロボでは劇場版の設定が強く扱われる事が多い。
超獣機神ダンクーガ
第4次』にて初参戦。
スパロボ参戦によってその知名度が上がった作品の代表格。
超重神グラヴィオン
Z』にて初参戦。
大張正己が従来のスーパーロボットアニメに萌え要素を加えて描いたGONZO製作のロボットアニメ。
超重神グラヴィオンZwei
Z』にて初参戦。
『グラヴィオン』の続編にして完結編。
超電磁マシーン ボルテスV
』にて初参戦。
東映本社ロボットアニメ第2弾にして長浜忠夫ロマンロボシリーズ第2作。フィリピンでも放映され、絶大な人気を博した。
超電磁ロボ コン・バトラーV
第3次』にて初参戦。
東映本社初のロボットアニメにして、長浜忠夫ロマンロボシリーズ第1作。アニメ設定通りに合体出来るロボット玩具が大ヒット。

[編集]

デトネイター・オーガン
W』にて初参戦。
『宇宙の騎士テッカマン』へのリスペクトを込めて作られた作品で、タツノコプロのスタッフが本作にインスパイアされ『宇宙の騎士テッカマンブレード』の企画に繋がったという逸話も持つ。監督は大張正己。
天空のエスカフローネ
COMPACT3』にて初参戦。
マクロスシリーズ』の河森正治監督によるファンタジーアニメ。占いや運命をキーとした少女漫画的エッセンスに後の『創聖のアクエリオン』などにも通じる河森監督の独特のセンスが散見している。
天元突破グレンラガン
第2次Z破界篇』にて初参戦。
ドリルを主題とした豪快で熱く燃える作風が特徴のGAINAX製ロボットアニメ。監督は今石洋之、脚本に中島かずきを迎えた。
伝説巨神イデオン
F』にて初参戦。
富野監督が『機動戦士ガンダム』に続いて放ったロボットアニメ。その名の通りの神のごとき能力はスパロボでも存分に再現されている。
電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム
第3次α』にて初参戦。
原作はセガの3Dロボット対戦格闘ゲームで、アーケードゲームからの初参戦作品。
電脳戦機バーチャロン マーズ
第3次α』にて初参戦。
『オラトリオ・タングラム』の続編で、こちらは家庭用専用ソフト。
「電脳戦機バーチャロン」シリーズ フェイ・イェンHD
UX』にて初参戦。
セガとクリプトン・フューチャー・メディア社とのコラボレーションにより生まれた機体で、スパロボ初の機体単位での登場作品扱いとなった。
フェイ・イェンHDのモチーフとなったボーカロイド「初音ミク」も戦闘演出において姿を見せている。

[編集]

闘将ダイモス
第4次』にて初参戦。
東映本社ロボットアニメ第3弾にして長浜忠夫ロマンロボシリーズ第3作。ロボットアニメ版「ロミオとジュリエット」。
特装機兵ドルバック
X-Ω‎』にて初参戦。
葦プロダクション(現:プロダクション・リード)初のリアルロボットアニメ。
トップをねらえ!
F』にて初参戦。
ガイナックスの出世作。スパロボ参戦作品としては初の単独OVA作品。
トップをねらえ2!
第3次Z天獄篇』にて初参戦。
ガイナックス創立20周年記念作品。『トップをねらえ!』の続編。

な行[編集]

[編集]

忍者戦士飛影
COMPACT2』にて初参戦。
SF世界観に忍者という「和」のエッセンスを盛り込んだロボットアニメ。

[編集]

熱血最強ゴウザウラー
NEO』にて初参戦。
エルドランシリーズ第3作。作風は前2作よりシリアスに。

は行[編集]

[編集]

覇王大系リューナイト
NEO』にて初参戦。
TVアニメ・OVA・コミックとクロスメディア展開が行われた非常にファンタジー要素の強い作品であり、いわゆる剣と魔法の物語。
破邪大星ダンガイオー
COMPACT2』にて初参戦。
70年代ロボットアニメへのリスペクトを込めて作られたOVA作品。

[編集]

百獣王ゴライオン
W』にて初参戦。
東映本社ロボットアニメ第6弾。アメリカでは『機甲艦隊ダイラガーXV』(SRW未参戦)と合わせて『ボルトロン』のタイトルで放映され人気を博し、独自の続編やリメイク作品も制作されている。

[編集]

フルメタル・パニック!
J』にて初参戦。
賀東招二原作の同名ライトノベルシリーズのアニメ化作品。
フルメタル・パニック?ふもっふ
J』にて初参戦。
『フルメタ』TVシリーズ第2作。短編ギャグシリーズのアニメ化作品。
フルメタル・パニック! The Second Raid
W』にて初参戦。
『フルメタ』TVシリーズ第3作。TV第1作の続編。
フルメタル・パニック! (原作小説版)
第3次Z天獄篇』において初参戦。
『TSR』以降の原作未映像化エピソードからの参戦。
ブレンパワード
第2次α』にて初参戦。
機動戦士Vガンダム』でアニメ監督業を離れていた富野氏がリハビリと称して制作したTVシリーズ作品。これ以降の富野作品は人が死ぬ事が非常に少なくなった。
スパロボ参戦作品としては初のBSチャンネル発アニメ。
冥王計画プロジェクトゼオライマー
MX』にて初参戦。
80年代を代表するOVA作品。ちみもりを(現:高屋良樹)作の成人コミックを原典に持つが、内容は大幅にアレンジされている。

[編集]

ベターマン
COMPACT3』にて初参戦。
勇者王ガオガイガー』と世界観を共有しているが、ホラー要素が強くダークヒーロー系の作品。スパロボ参戦作品としては初の深夜枠アニメ。

[編集]

ボーダーブレイク
X-Ω』にて初参戦。
未知のエネルギー物質「ニュード」を巡る戦いを描くロボットアクションTPS(サードパーソン・シューティングゲーム)。
冒険! イクサー3
L』にて初参戦。
戦え!! イクサー1』の続編となるOVA作品。

ま行[編集]

[編集]

魔境伝説アクロバンチ
COMPACT3』にて初参戦。
J9シリーズと同時期に製作された国際映画社のロボットアニメ。
マクロス30 銀河を繋ぐ歌声
BX』にて初参戦。
マクロスシリーズ30周年記念作。ほぼ全てのシリーズタイトルを内包した世界観によるクロスオーバーゲーム。
マクロス7
D』にて初参戦。
超時空要塞マクロス』の正統続編でマックスやミリアといった前作のキャラクターも登場する。主人公が戦闘せずひたすら歌う、ロボットアニメの歴史でも異色の作品。
マクロスゼロ
SC2』にて初参戦。
超時空要塞マクロス』の前日談にあたるOVA作品で、マクロスシリーズの原点である統合戦争が描かれる。
マクロスダイナマイト7
第2次Z再世篇』にて初参戦。
『マクロス7』の後日談作品。
マクロスプラス
α』にて初参戦。
『超時空要塞マクロス』の30年後が舞台のOVA作品。
マクロスF
L』にて初参戦。
マクロスシリーズ生誕25周年記念作品。
マジンガーZ
初代』にて初参戦。
永井豪が生みだしたスーパーロボットの元祖。
マジンカイザー
GC』にて初参戦。
スパロボにてデビューしたマジンカイザーの単独OVA作品。原作漫画版をベースにしたリメイク版『マジンガーZ』の側面も持つ。
マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍
J』にて初参戦。
OVA版『マジンカイザー』の続編。
マジンカイザーSKL
UX』にて初参戦。
複座型のマジンカイザーによるスタイリッシュな剣さばきとガンアクションが見所。
マシンロボ クロノスの大逆襲
COMPACT2』にて初参戦。
スパロボ参戦作品としては初の「ロボット生命体」系作品。

[編集]

未来ロボ ダルタニアス
D』にて初参戦。
東映本社ロボットアニメ第4弾。ロマンロボシリーズと同様に長浜監督作品ではあるが前3作とは放映局が異なる上、長浜氏が途中降板した為かシリーズにはカウントされない場合も少なくない。

[編集]

無限のリヴァイアス
X-Ω』にて初参戦。
谷口悟朗氏の初監督作品で、極限状態に置かれた少年・少女たちの心の動きを描いたSFサバイバルアニメ。
無尽合体キサラギ
X-Ω』にて初参戦。
テレビアニメ『THE IDOLM@STER』の劇中劇で、芸能事務所「765プロダクション」に所属するアイドルが総出演する映画作品。
無敵鋼人ダイターン3
第3次』にて初参戦。
無敵シリーズ第2弾。前番組の『無敵超人ザンボット3』からうって変わって明るい作風が前面に推し出された娯楽作品となっている。
無敵超人ザンボット3
第4次』にて初参戦。
無敵シリーズ第1弾。数々のロボットアニメの名作を生み出したサンライズの最初の作品でもある。
無敵ロボ トライダーG7
』にて初参戦。
無敵シリーズ第3弾。後の『勇者シリーズ』『エルドランシリーズ』にも受け継がれる、生活感溢れる日常描写を重視した作風が特徴。

[編集]

メガゾーン23
D』にて初参戦。
OVA黎明期を代表する作品。シリーズが進むごとにキャラデザイナーが交代し、作品全体の雰囲気も大きく変容していく。

や行[編集]

[編集]

勇者王ガオガイガー
第2次α』にて初参戦。
「勇者シリーズ」のTVシリーズ最終作。緻密に練られた多くの設定が特徴。
勇者王ガオガイガーFINAL
第3次α』にて初参戦。
『勇者王ガオガイガー』の続編となるOVA作品。
勇者特急マイトガイン
V』にて初参戦。
「勇者シリーズ」のTVシリーズ第4作。シリーズ初となる高校生が主人公の作品。
勇者ライディーン
第3次』にて初参戦。
東北新社の委託により創映社(後のサンライズ)が制作したロボットアニメ。ロボットデザインが玩具メーカー主導で行われた最初期の作品。

ら行[編集]

[編集]

ラーゼフォン
MX』にて初参戦。
原作・監督の出渕裕が『勇者ライディーン』へのリスペクトを込めて作った作品。後にTVシリーズとは結末の異なる劇場作品も制作された。

[編集]

リーンの翼
UX』にて初参戦。
富野由悠季原作によるバイストン・ウェルサーガの一作。

[編集]

六神合体ゴッドマーズ
64』にて初参戦。
横山光輝による漫画作品『マーズ』を原典に持つが、殆ど別物といって良いほど大幅なアレンジが施されている。ライバルキャラ・マーグが当時の女性ファンの心を大いに掴んだ。

わ行[編集]

[編集]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版
『序』、『破』は『L』、『Q』は『第3次Z天獄篇』にて初参戦。
新世紀エヴァンゲリオン』TV版・旧劇場版のストーリーを再構築した作品。

参戦表記のない作品[編集]

作品の要素は登場するが、公式サイトなどにおいて作品タイトルが参戦作品としてクレジット表記がされていない作品はここに置く。

MSV
ガンダムシリーズ』における、モビルスーツの派生企画。
NAMCO x CAPCOM
その名前の通り、ナムコ・カプコン双方の歴代キャラが総登場するアクションシミュレーションゲーム。主人公の二人が『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』にゲスト参戦している。
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟
宇宙戦艦ヤマト2199』のサイドストーリーを描く劇場アニメ。『V』限定版でBGMが採用されている。
ガンダム・センチネル
小説作品。『機動戦士Ζガンダム』と『機動戦士ガンダムΖΖ』の間のストーリー。『第4次』に一部モビルスーツのみ参戦するが、ある理由から今後の参戦もといシナリオを含めた本格参戦は厳しいとの見方がある。(⇒未参戦作品/一覧
機動戦士ガンダムF90
漫画、ゲーム、模型と多角的に展開された『機動戦士ガンダムF91』の番外編的作品。『α』『α for DC』にF90Vのみ参戦している。
機動戦士Ζガンダム A New Translation(劇場版 機動戦士Ζガンダム)
通称・新約Ζ。テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』を再編集や新規カット追加により新たに描き直した劇場アニメ。『SC2』以降に『Ζ』が参戦する際、声優が劇場版のものになっている他、グラフィックやBGMも劇場版のものが採用されることがある。
グレートマジンガー (桜多吾作版)
桜多吾作による『グレートマジンガー』の漫画化作品。一部の機体が参戦している。
サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~
サクラ大戦』のナンバリングゲーム4作目。『X-Ω』に光武二式が参戦。また、キャラクターの立ち絵と背景及び光武二式の3Dモデルも、この作品で使われた素材をほぼそのまま採用している。
新世紀エヴァンゲリオン2
新世紀エヴァンゲリオン』のゲーム作品。『第3次α』にEVA初号機 (F型装備)が参戦。
絶対無敵ライジンオー 陽昇城からくり夢日記
絶対無敵ライジンオー』のOVA作品。『GC』に機体のみ参戦。移植作品の『XO』では登場しないが、これはテレビ版とOVA版で版権が異なるのに参戦させたためではないかと推測されている。
ゼノサーガ
ナムコ発売のゲーム作品。現時点では『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』およびその続編に数名のキャラが参戦しているに留まっている。
超獣機神ダンクーガOVA
超獣機神ダンクーガ』のOVA作品。スパロボシリーズではお馴染みの武装である「断空光牙剣」はこちらが初出。
勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING
勇者王ガオガイガーFINAL』を再編集したテレビアニメ。『W』で主題歌が採用されている。
勇者王ガオガイガー BLOCKADED NUMBERS
勇者王ガオガイガー』のサイドストーリーを描くゲーム。『BX』で本作品の武装「シルバリオンハンマー」が登場。
六神合体ゴッドマーズ 十七歳の伝説
六神合体ゴッドマーズ』のOVA作品。『D』でOVA版デザインのゴッドマーズガイヤーが登場。

関連項目[編集]

登場作品早見表
登場作品の早見表。どの作品がどのSRWに参戦したかも分かる。
アニメ放映年表
映像化された作品の放映順年表。
未参戦作品
未だ参戦していない、及び参戦が困難であると推測されている作品。あくまで推測である。
未参戦作品/一覧
数限りない未参戦作品の内、特に話題に上りやすいものをまとめた記事。参戦済み作品の参戦前の情報も掲載。