フルメタル・パニック! (原作小説版)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
フルメタル・パニック!
(原作小説版)
著者 賀東招二
挿絵 四季童子
掲載誌 ドラゴンマガジン
出版社 角川書店(後のKADOKAWA)
レーベル 富士見ファンタジア文庫
刊行期間 1998年9月 - 2011年8月
巻数 長編:全12巻
短編:全9巻
外伝:全2巻
シリーズ フルメタル・パニックシリーズ
アニメ版 フルメタル・パニック!
フルメタル・パニック?ふもっふ
フルメタル・パニック! The Second Raid
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
テンプレートを表示

フルメタル・パニック!』は、賀東招二著の小説作品。

概要[編集]

『月刊ドラゴンマガジン』連載(後に書き下ろしのみにシフト)のライトノベル。幼少期から戦場に身を置き、生き抜いてきた兵士・相良宗介を主人公にしたSFミリタリーアクション作品。また、学園コメディの短編シリーズも執筆された。単行本は富士見ファンタジア文庫より発売され、それぞれ長編全12巻、短編全9巻、外伝全2巻。

小説媒体の例に漏れず表現規制が緩いため、陰惨な描写や不謹慎な描写が多い。また、倫理観に反する内容も含むため、スパロボで扱われるフルメタとは雰囲気が大きく異なり、漫画やアニメでも作風が異なっている場合も多い。

フルメタル・パニック!』並びにその続編『ふもっふ』『The Second Raid』『フルメタル・パニック! Invisible Victory』(SRW未参戦)の原作に当たる。

スパロボ参戦作品としての『原作小説版』は、参戦作品である『第3次Z天獄篇』『V』の制作段階での未映像化作品(長編では6巻目にあたる『踊るベリー・メリー・クリスマス』以降が該当)を指す意味合いが強く、その後『つづくオン・マイ・オウン』~『つどうメイク・マイ・デイ』までを描いた『Invisible Victory』が制作されたため、そこまでの話が再現される作品が発表された場合は『原作小説版』ではなく『Invisible Victory』として参戦する可能性がある。『せまるニック・オブ・タイム』以降が映像化される前にそれ以降の話が再現される場合は、引き続き『原作小説版』として参戦する事になる。

原作小説以外についてはフルメタル・パニックシリーズの項目も参照。当項ではスパロボ参戦段階での未映像化のストーリーのみの登場となっている人物とメカのみを挙げる。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ナミ
東南アジアの都市「ナムサク」の弱小AS闘技場(アレーヌ)チーム「クロスボウ」のオーナー兼整備士を務める少女。
ミシェル・レモン
ナムサクに取材旅行と称して赴いたルポライター。ASにはあまり詳しくない。
クラマ
アマルガム実行部隊の一人。宗介とは深い因縁がある。
外見は俳優ジャン・レノをイメージしている。
リー・ファウラー
レナードの部下の一人。黒のエリゴールに搭乗。
サビーナ・レフニオ
レナードの部下の一人で、忠誠心以上の感情も抱いている。白のエリゴールに搭乗。
ヴィルヘルム・カスパー
レナードの部下の一人で、クルツの狙撃の師匠。赤いエリゴールに搭乗。
クダン・ミラ
長編1巻冒頭で宗介が助けたウィスパードの少女。漢字表記で「久壇未良」となる。
厳密にはアニメ第1期にも登場しているが、スパロボでの出典はこちらの表記となっている。
ソフィア
ナムサク11にて行われた実験の被験者となった少女で「原初のウィスパード」と呼べる存在。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ARX-8 レーバテイン
『つどうメイク・マイ・デイ』から登場。ARX-7 アーバレストの後継機。
ARX-8 レーバテイン 緊急展開ブースターXL-3装備
『ずっとスタンド・バイ・ミー』に登場。レーバテインに専用ブースター『XL-3』を装備させたもの。
プラン1055 ベリアル
『つづくオン・マイ・オウン』から登場。ラムダ・ドライバを搭載したレナード・テスタロッサ専用アーム・スレイブ
プラン1065 エリゴール
『つどうメイク・マイ・デイ』から登場。コダールの発展型ASで、デザインはアニメ版コダールiの流用。
サベージ (クロスボウ)
『燃える・ワン・マン・フォース』に登場。アーバレストと同じカラーリングと特殊な調整を施された初期型サベージ

登場作品と扱われ方[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
初参戦作品にして、アニメ版を含めたシリーズフル参戦。ただし、時系列の都合などもあってか『踊るベリー・メリー・クリスマス』のシナリオは展開されず(漫画『フルメタル・パニック!∑』に倣ったとも見れる。メインシーンにおける敵機がアラストル中心なのでそもそも再現が難しかったとも見れる)。
原作にてイラストが描かれなかったキャラクターに関しては、原作の挿絵とキャラクターデザインを担当した四季童子氏が新たにデザインを行っている。アニメ未登場で声がついていないキャラクターへの新規キャスティングなどはされていないため、一部ASで戦闘する機会のあるキャラはイベントでの登場のみとなっている。これは『鉄のラインバレル (原作漫画版)』とほぼ同じ扱い。
また、シナリオ再現は無いものの宗介とカリーニンの出会いやクルツの過去など短編シリーズ初出の設定も幾つか拾われており、用語にて解説されているものも多い。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
今回は既に『TSR』終了後の時系列なので『天獄篇』と同様、小説版のシナリオが展開される。概ね原作通りの展開で進んでいた天獄篇と異なり、本作独自のアレンジが多く見られる。
アニメ未登場の一部のキャラに声優が独自にキャスティングされており、そのキャストは2018年に放送されたアニメシリーズ『IV』にも引き続き採用された。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
第2期参戦作品第3弾として2016年5月に追加参戦。
2018年5月にはゲーム『戦うフー・デアーズ・ウィンズ』発売記念として、期間限定イベント「孤独なラン・アンド・バトル」が開催。イベント報酬としてクロスボウが実装されたほか、SSRレーバテインがログイン報酬として配布された。

タイトルリスト[編集]

  • 長編

2008年10月に新装版が発売され、カバーイラストが一新された。

タイトル 初版発売年月
戦うボーイ・ミーツ・ガール 1998年9月
疾るワン・ナイト・スタンド 1999年3月
揺れるイントゥ・ザ・ブルー 2000年2月
終わるデイ・バイ・デイ (上) 2000年11月
終わるデイ・バイ・デイ (下) 2001年4月
踊るベリー・メリー・クリスマス 2003年3月
つづくオン・マイ・オウン 2004年10月
燃えるワン・マン・フォース 2006年1月
つどうメイク・マイ・デイ 2007年3月
せまるニック・オブ・タイム 2008年2月
ずっと、スタンド・バイ・ミー (上) 2010年7月
ずっと、スタンド・バイ・ミー (下) 2010年8月
  • 短編
タイトル 初版発売年月
放っておけない一匹狼? 1998年12月
本気になれない二死満塁? 1999年5月
自慢にならない三冠王? 1999年10月
同情できない四面楚歌? 2000年6月
どうにもならない五里霧中? 2001年10月
あてにならない六法全書? 2002年6月
安心できない七つ道具? 2003年7月
悩んでられない八方塞がり? 2005年7月
マジで危ない九死に一生? 2011年8月12日
  • 外伝
タイトル 初版発売年月
音程は哀しく、射程は遠く ―サイドアームズ― 2004年4月
極北からの声 ―サイドアームズ2― 2006年7月

余談[編集]

  • 当初は短編が「ドラゴンマガジン」に連載され、長編は書き下ろしという形を取っていた(ドラゴンマガジンの基本パターン)。短編を終わらせ、一時期長編が連載に移行したが、程なく書き下ろしに戻った。
    • 初掲載作品は短編「南から来た男」であり、この時点では「紛争地帯での常識を平和な日本に持ち込む勘違い男」というコメディでしかなかった。そして長編一巻の発売で初めて「ミスリル」やアーム・スレイブ関連のネタが登場、この作品の根幹がロボット(SF)・ミリタリー物だと明かされたという経緯がある。
  • クライマックス直前の場面で終わった巻から2年以上続刊が出ず、ファンをやきもきさせていたが、2010年7月・8月に最終話上下巻が刊行され約12年の連載を経て完結を迎えた。
    • 短編シリーズは2004年に連載終了。2011年8月に既存の文庫に未収録だった数本のエピソードに長編の後日談(書き下ろし)を収録した9冊目が発売された。
      • 同日には実質続編ともいえる別作者の外伝『フルメタル・パニック! アナザー』の刊行もスタートした。
  • 小説シリーズの次巻予告は『装甲騎兵ボトムズ』の次回予告のオマージュである。
  • 非アニメ化シナリオの一つ『磯の香りのクック・ロビン』というシナリオに「ダイクウマリュウキングガイ」なる架空の貝が登場する。この名前は申し訳程度だがアナグラムになっている。
  • 原作のイラストレーターである四季童子氏がTwitterで「第3次スーパーロボット大戦Zで原作フル参戦」と、天獄篇の公式発表前に口を滑らせてしまった(該当のツイートは削除済み)。
    • 時獄篇のシナリオ中には、天獄篇での原作版参戦の伏線が随所に散りばめられていたので、黙っていても容易に予測されたと思われる。
      • 原作小説の舞台である東南アジアの一国「ナムサク」が言及される。
      • カリーニンやレナードが「歪んだ世界」というキーワードに対し意味深な反応を見せる。
      • かなめが特異点であることに触れられている。
      • 天獄篇の予告にて「つづくオン・マイ・オウン」の1シーンらしきものが映る。

商品情報[編集]

  • 長編

  • 短編

  • 外伝

リンク[編集]