ARX-7 アーバレスト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ARX-7 アーバレスト
外国語表記 ARX-7 Arbarest
登場作品

フルメタル・パニックシリーズ

分類 アーム・スレイブ
生産形態 ラムダ・ドライバ実験機
全高 8.5 m
重量 9.8 t
動力 パラジウムリアクター
ロス&ハンブルトンAPR2500a
最大作戦行動時間 100時間
AI アル
設計 バニ・モラウタ
乗員人数 1名
パイロット 相良宗介
デザイン 高野眞之
海老川兼武(アニメ版リファイン)
テンプレートを表示

概要[編集]

世界の10年先を行くと言われる超高性能第三世代アーム・スレイブM9 ガーンズバックの試作型をベースに、ラムダ・ドライバを搭載した機体。

生産性を全く考えずただひたすらブラック・テクノロジーの導入を追求したASであり、開発者であるバニ・モラウタが既に死去しているため、機体の再生産はおろか部品の増産もできない。機体の骨格には人の神経構造を模す物が存在し、最初に搭乗したオペレーターに最適化されてしまう。この設定はAIアル」を初期化してさえ変更できないため、相良宗介以外の人間ではラムダ・ドライバの駆動は不可能である。

ベースがM9なので、世界屈指の運動性を持ち、武装や通常の部品であればM9のものを流用できるなど基本性能も高水準でまとまっている。しかしラムダ・ドライバという”余分”を搭載している為、M9よりも重量は0.3t増加し、最大作戦行動時間は50時間短いという弱点がある。逆に言えば、ラムダ・ドライバにはそうまでしてでも搭載する価値があるという事である。

なお、TRPGリプレイ作品『アンダカヴァ』にてブラックボックス化した部分を除いて仕様を変える事で複数機生産されている事が明かされている。

本機のメインカラーは白だが、原作小説では1度M9と同じダーク・グレーに塗装されている。ただし、ラムダ・ドライバ発動時に何らかの作用で塗装が剥げてしまい元の白色に戻ってしまった。

順安の事件に置いて窮地に陥った宗介達を助けるため射出され宗介が乗り込み、この際にラムダ・ドライバが宗介にあわせて初期化されたためかテレサ・テスタロッサより宗介の専用機として預けられる事となった。ラムダ・ドライバ起動の呼吸がつかめない宗介はラムダ・ドライバとそれを搭載したアーバレストに苛立ちと嫌悪を抱くこととなる。長編第五巻の香港にて、ようやくラムダ・ドライバを安定して発動させることに成功し、これまでと打って変わって愛着を抱くようになった。

長編第七巻にて、レナードが搭乗するベリアルにアーバレストは敗北、破壊されてしまった。しかしラムダ・ドライバ系の中枢と支援AIの「アル」は回収されており、「ARX-8 レーバテイン」に移植され復活を遂げる。

なお、回収仕切れなかった残骸は日本政府が回収していたことが外伝となる『フルメタル・パニック!アナザー』にて判明している(漫画作品の『Σ』では上述の部分を除いたほぼ全ての残骸になっている)。

登場作品と操縦者[編集]

相良宗介専用機で、他のパイロットは乗り換え不可。同じく宗介専用のボン太くんとは、改造段階を共有する。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
携帯機シリーズより最長射程が僅かに伸びたが、弾数に難がある為基本的には大きく変化していない。ラムダ・ドライバが発動した時が真骨頂という点も変わらないが、エースボーナスで更に補正がかかるため、強化パーツで補強すれば4万強のダメージを叩き出す事も不可能では無い。
AS系は原作で宇宙に行ったことがないので当然ではあるが、リアル系では珍しく宇Bであることに注意したい。
長所がはっきりしている分、伸びたとは言え不安な射程・地上以外の地形適応・弾数・移動力など欠点もはっきりしている為、この点はしっかり補強していきたいところ。
なお、『W』と異なりラムダ・ドライバが発動しても戦闘アニメが変化しない。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今回はラムダ・ドライバが発動すると専用のグラフィックに変化し、戦闘デモ自体も変化するようになった。
原作小説においてクルツやマオと行った連携が合体攻撃「ウルズストライク」として採用されている。
中盤レナードのベリアルとの交戦により大破してしまうが、原作と違い失われることはなく修理され引き続き使用できる。但しラムダ・ドライバ及びアルがいない状態になる(クルツ曰く「弱バージョン」)為レーバテインを入手するまでは決め手に欠く状態が続いてしまう。カスタムボーナスがお飾りとなってしまうのも痛い。
なお地上・宇宙適応が1段階上昇した為、『時獄篇』での問題の一つは解決されている。最も、Prologueが宇宙での戦闘ということも関わっている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
初登場作品。リアル系ながらラムダ・ドライバの恩恵+宗介が「」持ちのために凄まじい攻撃力を見せる。
問題は射程の短さと、全体的に少なめな武器の弾数、そして宗介がデフォルトで所持している援護防御
スーパーロボット大戦W
序盤から参戦するが、原作での不安定さを再現している為かイベントでラムダ・ドライバを解禁されたり封印されたりするのでプレイヤーを困らせる。
ラムダ・ドライバ解禁前は流石に火力が低いが、一応合体攻撃で補うことが可能。それ以外では相変わらず射程と弾数が弱点。またサイズ差無視武器が無く、宗介が「直撃」を習得しないのでスキルパーツ「サイズ差無視」を付けたくなるが、バグのせいで逆効果にしかならないので要注意。
援護防御は宗介がデフォルトで覚えなくなったので、勝手に気力を下げには行かないようにはなっているが、油断は禁物。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
レアリティSSRのアタッカー。アビリティは射撃がすり抜ける「ECS」など若干癖があるものの、基本能力は上位に食い込む。精神スキルも閃き、直感、魂を覚え、必殺スキルに乱舞型の「単分子カッター」&自機強化型の「ラムダ・ドライバ」と全方位でバランスが良い優等生。その代わり一撃必殺の火力がないため、どちらかと言えば雑魚戦に強い。後に揃った3属性すべて、コンテナのドロップ率を上げる「強運」を持つ数少ないユニットという事が最大の特徴で、ドロップコンプ報酬狙いでマラソンするときのお供に最適。
強敵イベント「素直になれないビタースイート」ではSSRのシューターが登場。こちらも強運を持つが、必殺スキルに一撃必殺の「ラムダ・ストライク」を持ち、ボス戦に強い機体となっている。2016年4月にピックアップガチャよりSSRのディフェンダーが登場し3属性すべてが登場した。ディフェンダーの長所を活かせない「ECS」の替わりに軽減バリアの「ラムダ・ドライバ」を持つ。
Ver2.0にてシューター版がレアリティ覚醒で入手可能となった。現状では唯一の確実に入手が可能な「強運」持ちユニットである。覚醒のチョイスに迷ったらまずこれを選ぶと良いだろう。
スーパーロボット大戦V
第13話で加入。立ち絵がボクサーを持ったものとなっている。
射程が軒並み短くなるなど、より近射程寄りの機体となっている。今作では大破後、短期間でレーバテインに乗り換えるためカスタムボーナスが飾りになるようなことはない。

装備・機能[編集]

一応、基本性能からの分類としては近~中距離向きのリアルロボットサイズはS。HPや装甲は低い上、宗介は性格が『冷静』なので攻撃を食らうと気力が下がる(『J』・『W』では、例えバリアでダメージ0にしても下がる)ため、敵の攻撃は回避が前提。『J』では宗介が援護防御を持っているので気を付けないと勝手に気力を下げに行ってしまう。

武装・必殺武器[編集]

基本的にM9 ガーンズバックと同じものを使用する。

ラムダ・ドライバの活用が前提となっているため、サイズ差の影響もあって数値上の基本攻撃力は抑え目である。しかし、一旦ラムダ・ドライバが発動してしまえばどんどん攻撃力補正が上昇し、スーパー系も真っ青の爆発的な火力を発揮する。

『J』・『W』で各武器の戦闘アニメが違い、更にラムダ・ドライバを発動しているか否かでも異なる。『W』では単分子カッターとボクサーにトドメ演出がある。

武装[編集]

AM11 12.7mmチェーンガン
頭部こめかみ部分に内蔵。発射速度は1800発/分、装弾数1500発。主に装甲車両や歩兵に使う事が多く、アーム・スレイブには使われる事はほぼない。原作にてアルの操縦でアラストルの群れをこれで一掃したこともある。
XM18 ワイヤーガン
両腕部に装備している。壁面に打ち込んで移動を補助するのが主な役目だが、瞬間的には100t以上の負荷に耐えられるため、使い方によってはASを破壊する事も可能。スパロボ未採用。
ロイヤル・オードナンスM1108 対戦車ダガー
脇下の武装ラックに内蔵されており、M9が装備しているものと同型。文字通り対戦車用に作られたダガー。炸薬が仕込まれており、目標に刺さると爆発し、内部から破壊する。対戦車用と名前が付いているが、ASは戦車より装甲が薄いため、十分すぎる威力を与えられる。
なおロイヤル・オードナンスはかつて現実に存在した会社だが1987年に買収され名前だけは残ったが2004年には使用されなくなった。
『J』や『W』では未実装。アーバレストの武装の中では一番射程が長いのだが、弾数が僅か2しか無いのが難点。また戦車はおろかASよりも頑丈なマシンが多数揃うスパロボにあっては、威力も控えめなので流石に物足りなく感じる。
ジオトロン・エレクトロニクスGRAW-2 単分子カッター
刃がチェーンソー状になっているAS用ナイフ。厚い装甲もダンボールを切るように切り裂ける。左腿または腰のハードポイントに鞘ごと懸架される。
J』・『W』共にコンボ(マルチコンボ)対応武器。『J』のラムダ・ドライバ発動時は通常用カッターの他、小型カッターを口部のハードポイントに装備して突撃、二刀流で攻撃する。『W』では更にトドメ演出で、下記の「ラムダ・ストライク」と同じすり抜けパンチを放つ。
エリコン・コントラヴェスGDC-B 40mmライフル
携行可能なアサルトライフル。ただ宗介は下記の散弾砲を愛用しているため、ほぼ使われない。腰のハードポイントに懸架可能。
『J』と『W』でのみ実装されており、『W』ではマルチコンボ対応武器に。
なおエリコン社は現実に存在する企業で、主に機関砲等を作っていたが1999年に兵器部門は他社に売却され現在は光ディスク製造装置、半導体・ソーラーパネル製造装置を製造・販売している。
OTOメララ 『ボクサー』 57mm散弾砲
宗介が前線で戦う時に愛用している近距離用の滑空砲。相手に接近し確実に当たる距離から確実に当てる。威力は高いが反動も強い。腰のハードポイントに懸架可能。
ラムダ・ドライバ発動時は、演出が強化される。また単分子カッター同様、こちらにも『W』でトドメ演出が追加。崖の上から3連射する通常演出から、崖の上から飛び降り姿が見えなくなるほどの猛ダッシュ。敵機の目の前に止まると宗介のカットインが入り、超近距離からの射撃で敵を粉々にする。
『J』『W』『ACER』では散弾を発射している。主な弾種はOO-HESH(粘着榴弾)、OO-HEAT(対戦車榴弾)、APFSDS(装弾筒付翼安定徹甲弾)などを多用しており、『第3次Z』からはAPFSDSが使われている。
また『第3次Z』ではサブ時に使えるアシスト武器になり、有用度が高い。『V』ではカウンター武器になった。
なお、OTOメララ(オートメラーラ)とは現実に存在する会社で、主に自衛隊のイージス艦などに搭載している主砲の「127mm砲」などを作っている。

特殊機能[編集]

ECS
電磁迷彩システム。不可視の状態になるものの制限が多く、基本的に戦闘中には使用しない。

必殺技[編集]

強襲
『第3次Z時獄篇』から追加されたパターンアタック(『第3次Z』では全体攻撃)。敵2機の時はジャンプして敵の至近距離に着地、ボクサーを撃ち込んで左側に跳んで二機に交互に撃ちこみ破壊する。単機の場合はジャンプして空から一発撃ち、至近距離に着地、連射する。
空中では敵の至近距離に飛び込んで、その姿勢のままボクサーを連射する。その為地上二機と空中では導入されるカットインが逆となっている。
ボクサーを連射する攻撃なのだが、実は格闘属性なので注意。
『V』ではボクサーを2発撃った後、相手の頭上に飛び乗り、至近距離でボクサーを撃ち込む。射撃しかしていないのだが、相変わらず格闘属性である。
ラムダ・ストライク
『時獄篇』中盤で追加される最強攻撃。『V』では最初から実装。『TSR』最終話のゲイツやアマルガム実行部隊のコダール5機を撃破した一連の戦闘を5連続攻撃として纏められている。
具体的にはまず背面宙返り一回ひねりで上空から逆さ状態でラムダ・ドライバによる強化ボクサーの射撃、接近して単分子カッターで二度切りつけ、振り向きざまボクサーを連射。そして例のすり抜けパンチ。トドメ演出として敵が崩壊していく。
ドライバ発動時に肩が展開しないのは、第2期仕様であるため。

合体攻撃[編集]

ウルズ・ストライク
ARX-7 アーバレスト・M9 ガーンズバック (マオ機)M9 ガーンズバック (クルツ機)でコンビネーション攻撃を行う。なお、ラムダ・ドライバ発動の有無でモーションが違う。
『J』ではマオ機とクルツ機の支援射撃後、アーバレストの単分子カッター攻撃。『W』ではマオ機とアーバレストの射撃→クルツ機の狙撃→アーバレストの二刀流攻撃→トドメ演出では崖の上から敵を見下ろす3機…となっている。『天獄篇』では原作9巻『つどうメイク・マイ・デイ』で宗介がM6でクルツやマオと行った連携攻撃を元にしたアニメーションとなっている。『V』ではクルツ機のライフル援護射撃→マオ機のカッター攻撃→アーバレストのボクサー射撃→マオ機とアーバレストで敵を挟撃し、クルツが滑腔砲で狙撃→3人のカットイン後ラムダ・ドライバ版ボクサーでトドメ。

特殊能力[編集]

ECS
『J』と『W』では分身系能力の一種。
『第3次Z』からは「閃き闘志突撃の効果を得た状態で出撃」へと変更(『V』では「闘志」は廃された関係上「加速」に差し替え)されており、より原作の設定を意識したものとなっている。ただしアーバレストの場合、武器が追加分含めて全てP兵器なので、「突撃」が完全に死んでいる
ラムダ・ドライバ
最終ダメージアップ効果と、全属性のダメージを一定値まで無効化するバリアを兼ね備え、気力アップで効果が上昇する特性を持つ。詳細はリンク先参照。
剣装備、銃装備
斬り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

カスタムボーナス[編集]

特殊能力「ラムダ・ドライバ」の強化
『第3次Z』『V』で実装。同名のユニット能力の各補正値が強化される。
『天獄篇』では上記の通りベリアル戦で大破してからはお飾りになってしまうのが痛い。

機体BGM[編集]

「戦うM9」
劇中BGM。『J』『W』『第3次Z』で採用。
「疾走」
劇中BGM。『W』『第3次Z』『V』で採用。『V』以外ではシナリオ後半にデフォルトBGMに変更。

対決・名場面[編集]

つづく日々
『TSR』最終話より。5機ものヴェノムを相手に苦戦するクルーゾー達だったが、そこへ本機と宗介が駆けつける。戦う意味を見失い一度は戦線から離れていた宗介だったが、かなめの叱咤激励により立ち直る。迷いを吹っ切った宗介はラムダ・ドライバの力を使いこなしヴェノム4機を瞬殺。追い詰められたゲイツファルケを人質に取るが、宗介の啖呵と共に拳を握りしめ走り寄るアーバレスト。放たれた鉄拳はファルケの寸前で停止、ラムダ・ドライバの力は背後のヴェノムだけを粉砕するのだった。
オン・マイ・オウン
小説七巻より。本気になったアマルガムの攻撃により戦場となる陣代高校。アーバレストで孤軍奮闘する宗介だったが、彼の前にベリアルを駆るレナードが現れる。圧倒的なまでの戦闘力に叩きのめされ、破壊されてしまうアーバレスト。かなめの救命で宗介は見逃されるが、彼女はレナードに連れ去られてしまう。それでも宗介は諦めておらず、かなめを「日常」に連れ帰ると誓う。

関連機体[編集]

M9 ガーンズバック
原型機。
ARX-8 レーバテイン
アーバレストの後継機。
ARX-6 ハルバード
アーバレストの前のラムダ・ドライバ搭載試験機。ARXシリーズでは初めてアーム・スレイブに同システムを搭載した機体で、M6 ブッシュネルをベースにしている。しかし、旧式の第二世代機をベースにした弊害からか、パワー不足で想定されていたほどの性能や安定性を発揮できなかった。このため、新型機である第三世代機をベースにしたアーバレストに全ての役目を引き継ぐこととなった。
AS-1 ブレイズ・レイヴン
外伝『アナザー』(SRW未参戦)にて登場。日本初の純国産「第三世代型AS」として開発されていた。そのメインシステムはアーバレストの残骸から回収されたシステム「TAROS」を独自に解析・模倣した物が搭載されている。…『天獄篇』ではアーバレストはきちんと修理されているので、『天獄篇』後の世界にこれが登場するフラグをぶった切ってる気がしないでもない(SRWではよくあることではあるが)。
なお、「ブレイズ・レイヴン」の名前は一般公募によって決定された。
アーバレスト・二号機セカンド
スパロボ未登場。TRPGリプレイ『アンダカヴァ』にて登場(原作者の賀東氏から登場の許可は取っている)。1号機とは違い「TAROS」の製造が不可能となったことからウィスパードとの連携を前提としており、パイロットとウィスパードとの同時搭乗ができるよう複座型となっている。
なお、リプレイ巻末の説明では三号機以降も(二号機と同仕様の四号機を除いて)一号機及び二号機とは別の仕様で開発されている事が示唆されている。また四号機については二号機と同仕様として開発されているがTRPGのPC用として扱うために公式設定として含めないと明記されている。

余談[編集]

  • 本機のメカデザインは3度変更されている(原作初期版→アニメ一作目→アニメ三作目→アニメ四作目)。
    • 商品展開などではアニメ三作目のデザインで発売される事がほとんどだが、スパロボでは『J』『W』とアニメ一作目のメカデザインで参戦していた。『第3次Z』からはアニメ三作目のデザインで参戦している。
    • アニメ版デザイン三種の違いは細部と色程度で大きくシルエットに変遷は無い(最も形状が違うのはリアスカート部辺りであろうか)が原作初期版は大きくデザインが異なり、パワードスーツ的なボディラインをしている他、肩に左右二枚づつ着脱式コンデンサが搭載されているなどもはや別物である。
  • 主役機だったのにも関わらず、四作目放映までアニメ未登場だった「ARX-8 レーバテイン」と比べ商品展開が小規模だった為、作者やファンにネタにされる事が多々あった。もっともこれには、三作目放映時まではキャラグッズ以外の展開自体が小規模であり、二期放映終了後(正確には地上波での放送中)に海洋堂から発売されたリボルテック「レーバテイン」の売れ行きが非常に良かった為にようやくロボ関連の商品展開に熱が入ったという背景がある。そのため火付け役であるレーバテインの方に力が入るのは致し方ないといえるかもしれない。なお四作目放映開始直前からプラモデルや完成品フィギュアプロジェクトが始動している。

商品情報[編集]

  • プラモデル

  • 完成品