撃ち落とし

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

パイロットの特殊技能、あるいは機体の特殊能力(その場合は、『銃装備』と表記される)。敵のミサイルやバズーカなどの実弾兵器(一部除く)やオールレンジ攻撃を、特定の確率で銃(一部機体はバルカン等)で撃墜して無効化する。撃ち落としが発生しても、銃器系武器の弾数やENが勝手に消費されることはない。

基本的に技能や銃単体だけでは意味がなく、両方が揃って初めて使用可能。

精神コマンド必中直撃を使われると、例え発動条件を満たしていても発動しない。

スーパーロボット大戦D』等、一部作品では『撃ち落し』と表記される場合があるが効果は同じ。

採用作品と実装形態[編集]

比較的歴史の新しい防御系能力で、今の所『R』以後の任天堂携帯機作品で実装されている。

『R』ではニュータイプX含む)・強化人間系技能の付加能力で、それらと防御技能を持っていないと発動しなかった。『D』以後は制限はなくなったが、『D』では技能による発生率にプラス補正という形で名残がある。

『J』以降の携帯機シリーズ(『K』除く)では、内部データでパイロットごとに発動率の補正値が決められている。基本的に射撃が得意な設定のパイロットは補正値が高い。

『UX』では撃ち落としの発生確率を100%に出来る「銃の名手」という技能が登場。先天で取得している者はおらず、同名のスキルパーツでのみ取得が可能となっているが、効果が強力ゆえにスキルパーツ自体がかなりの貴重品である。また、ELSの攻撃は全部撃ち落としの対象となるので、銃の名手はELS相手には最大の効果を発揮する(DLCで手に入れないと入手はELSとの決戦後になるが)。

基本的に味方と敵で発生確率に違いがあり、おおむね味方の方が有利に判定される。

シリーズ 実装形態 Lv 発生確率
R 防御(特殊技能)
+NT系、又は強化人間系技能
9 ニュータイプNT(X):防御技能Lv/12
強化人間人工NTカテゴリーF:防御技能Lv/14

それ以外:発動しない
敵:上記の計算結果から更に1/2
D 撃ち落し なし 味方:(味方の技量-敵の技量)/2+α
敵:(敵の技量-味方の技量)/4+α
α値:ニュータイプ10・強化人間8・その他0
J 撃ち落し(アイコンで表現) なし 味方:(味方の技量-敵の技量)/2+α
敵:(敵の技量-味方の技量)/4+α
α値:個別に0~10の間。発生確率の上限50%
W 撃ち落とし
K 撃ち落とし 1~3 味方(味方の技量-敵の技量)/2+(スキルLv)%
敵(敵の技量-味方の技量)/4+(スキルLv)%
(Lv1:0%、Lv2:5%、Lv3:10%)
最大発動確率50%
L 撃ち落とし なし 味方(味方の技量-敵の技量)/2+(スキル補正値)%
敵(敵の技量-味方の技量)/4+(スキル補正値)%
最大発動確率50%
UX 銃装備(特殊能力 なし 味方(味方の技量-敵の技量)/2+(パイロット防御補正+戦術指揮/応援補正)%
敵(敵の技量-味方の技量)/4+(パイロット防御補正)%
最大発動確率50%・「銃の名手」スキル取得者に限り100%
BX 銃装備(特殊能力 なし 味方(味方の技量-敵の技量)/2+(パイロット防御補正+戦術指揮/応援補正)%
敵(敵の技量-味方の技量)/4+(パイロット防御補正)%
最大発動確率50%・「銃の名手」スキル取得者に限り100%

シリーズ別撃ち落とし系技能の取得方法[編集]

現在の採用作品では先天能力となっており、後からの取得は不可能。「銃の名手」スキルも銃を持っていないユニットのパイロットは取得不可能となっている。

主なパイロット[編集]

アムロ・レイ相良宗介ボン太くん時も含む)、クルツ・ウェーバーなど多数が持つ。

主な銃装備機体[編集]

モビルスーツ系、アーム・スレイブ系、SPT系、エステバリス系、ブレンパワード系、ボン太くんなど多数に渡る。モビルスーツ以外は切り払い用の武器を持たない、Sサイズ以下の機体が多い。「銃装備」という名称だが、内蔵式のバルカン等で撃ち落としを行う機体もある。

狙って撃ち落とすという意味合いなのか、戦艦や戦闘機タイプの機体は持っていないことが多い(戦艦の「弾幕」はちょうどこの能力で表現できそうなのだが)。機体側の発動率補正はない。