ニュータイプ (X)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

機動新世紀ガンダムX』に登場する概念で、基本的には宇宙世紀ガンダムシリーズ作品におけるニュータイプと同様の能力。

概要[編集]

宇宙世紀のそれよりも未来を予知する等、よりエスパー色の強いものとして描かれている。「人類の進化ならば一世代で終わらずに地球に帰ったその後の世代にも受け継がれる」という考え方から、ティファ・アディールジャミル・ニート等、地球で生まれ育ったニュータイプも存在する。

劇中では勢力毎にニュータイプの定義は異なっており、新地球連邦およびニュータイプ研究所等の場合は「フラッシュシステムが起動できる者」、宇宙革命軍ならば「コロニーなど宇宙に出て生活する者」等様々である(この辺りは、宇宙世紀ガンダムシリーズ作品と共通している)。

『ガンダムX』という作品は「ニュータイプという概念から決別する事」が主題の一つに設定されており、作中のとある人物によって「(『X』における)ニュータイプの持つ能力は、人の革新とは全く無関係」ということが明かされている。

該当人物はティファとジャミルの他、ランスロー・ダーウェルアベル・バウアーD.O.M.E.の3名。

スパロボシリーズでの扱い[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズと関わる場合には、宇宙世紀のニュータイプとはまた異なった存在であるとされる事が多い。

SRWでは特殊技能として表現されており、技能欄には「ニュータイプ(X)」と宇宙世紀ニュータイプとは別の技能として設定されている。サイコミュ兵器やGビットをはじめとするニュータイプ専用の武器が使用可能になる他、命中回避率にプラス補正がかかり、高レベルになるとGビット射程が伸びる。

スーパーロボット大戦α外伝[編集]

命中回避の補正値はニュータイプと同値。実際の回避補正は各種媒体での表記の2倍となっている。

ティファの本技能によるガロード側への影響は、ビット使用可能、ビットの射程補正のみに留まる(命中回避補正は無し)。

レベル 命中・回避補正 実質回避補正 ビット射程
1 0 0 0
2 +5% +10% 0
3 +10% +20% 0
4 +15% +30% 0
5 +20% +40% 0
6 +25% +50% 0
7 +30% +60% 0
8 +32% +64% +1
9 +35% +70% +1

スーパーロボット大戦R[編集]

命中回避の補正値はニュータイプと同値。技能所持者は撃ち落としが「技能Lv/12」の確率で発生するようになり、シールド防御の発生率が「技能Lv/16」になる。切り払いの発生率は変化しない。敵の場合は、発生確率が計算値から更に半減する。

技能Lv 命中・回避 ビット射程
1 +0 0
2 +5 0
3 +10 0
4 +15 0
5 +20 0
6 +25 0
7 +30 0
8 +33 +1
9 +35 +1

スーパーロボット大戦Z[編集]

事実上キャラ付けのための技能。命中・回避の補正値はUC系のニュータイプと同値だが武器の射程に補正が付かない為、Lv6とLv7、Lv8とLv9は表記が違うだけで同じ効果となってしまった。さらにいえば味方でこの能力を持つパイロットは三人いるが、ジャミルとランスローはLv1止まりで補正がかからず、Lv9まで成長するティファはガロードのサブパイロット扱いなので実質的に意味が無く、この効果を実際に受けられるのは敵パイロットのアベル・バウアー一人となっている。

レベル 命中・回避補正
1 +0
2 +5
3 +10
4 +15
5 +20
6 +25
7 +25
8 +30
9 +30

第2次スーパーロボット大戦Z[編集]

『第2次Z』においては、『破界篇』では唯一登場するティファがNPC扱いなので技能としては登場しない。『再世篇』でもティファはNPCだが、中盤でジャミルが合流することから実質彼専用の技能となっており、エースボーナスによりLvが1から9にまで跳ね上がる…が、同作にはGビットが無いため実質命中・回避補正しか受けられない

レベル 命中・回避補正 武器射程
1 +0 +0
2 +5 +0
3 +10 +0
4 +15 +0
5 +20 +0
6 +25 +0
7 +25 +1
8 +30 +1
9 +30 +2

関連用語[編集]

人工ニュータイプ
宇宙世紀ガンダムシリーズ]作品で言う強化人間的存在。劇中ではカリス・ノーティラス一人のみ登場。
カテゴリーF
フラッシュシステムに対応していない”非適合者”。フロスト兄弟の原動力。
ニュータイプ(宇宙世紀)
類似する概念(というより元ネタ)。黒歴史の存在を考えると、元々同じだったのかもしれない。