2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
劇場版 機動戦士ガンダム00
-A wakening of the Trailblazer-
監督 水島精二
シリーズ構成 黒田洋介
脚本 黒田洋介
キャラクターデザイン 高河ゆん(原案)
千葉道徳
メカニックデザイン 海老川兼武
柳瀬敬之
福地仁
寺岡賢司
鷲尾直広
大河原邦男
音楽 川井憲次
制作 サンライズ
公開日 2010年9月18日
シリーズ ガンダムシリーズ
前作 機動戦士ガンダム00
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムシリーズでは『F91』以来実に19年ぶりとなる完全新作の劇場版作品。TV放送された『機動戦士ガンダム00』の続編および完結編にあたる作品で、ガンダムシリーズでは初となる異種生命体が登場する事で話題を呼んだ。

ストーリー[編集]

西暦2314年。ソレスタルビーイングとリボンズ・アルマークを首魁とするイノベイターイノベイド)の戦いから2年の月日が流れた。しかし、廃船となったはずの木星探査船「エウロパ」の地球圏への帰還を発端に、新たな戦いの火種が降り注ぐ。

登場人物[編集]

ソレスタルビーイング[編集]

ガンダムマイスター[編集]

刹那・F・セイエイ
主人公。ガンダムマイスターの一人。TV版2ndシーズンでの戦いによって、人類初のイノベイターへと覚醒した。ELSの存在を感じ、対話を試みる。
ロックオン・ストラトス
ガンダムマイスターの一人。狙撃や早撃ちを得意とする。ミッション時には刹那と行動を共にする。
アレルヤ・ハプティズム
ガンダムマイスターの一人。当初はピーリス(マリー)と共に旅を続けていたが、旅の途中で異変に巻き込まれたのを機にソレスタルビーイングに戻る。
ティエリア・アーデ
ガンダムマイスターの一人。TV版2ndシーズン終盤で肉体を失うものの地球での異変を知り、新たな肉体を手に入れ復活する。

プトレマイオスのクルー[編集]

スメラギ・李・ノリエガ
プトレマイオス2改の指揮を執る戦術予報士。
フェルト・グレイス
プトレマイオス2改の戦況オペレーター。イノベイターに覚醒した刹那のことを案じる。
ラッセ・アイオン
プトレマイオス2改の砲撃士兼操舵士。
ミレイナ・ヴァスティ
プトレマイオス2改の戦況オペレーター。ティエリアを気に掛ける。
イアン・ヴァスティ
プトレマイオス2改の整備士。ダブルオークアンタの開発に尽力する。
リンダ・ヴァスティ
イアンの妻でミレイナの母。夫の仕事を手伝っている。
ソーマ・ピーリス(マリー・パーファシー)
人革連出身の超兵。アレルヤと共にガンダムハルートに乗る。
ハロ
ロックオンのハロ。色はオレンジと青。

ソレスタルビーイングの創設に関わった人物[編集]

イオリア・シュヘンベルグ
ソレスタルビーイングの創設者。故人。物語が開始される223年前の西暦2091年の時点において、人類と地球外生命体との「来るべき対話」を予見していた。
E・A・レイ
イオリアの協力者。故人。彼の遺伝子を基にしてリボンズ・アルマークが造られた。声優は古谷徹氏。

地球連邦政府[編集]

クラウス・グラード
地球連邦の議員。TV版2ndシーズンでは反政府勢力「カタロン」の一員だった。
シーリン・バフティヤール
クラウスと同じく地球連邦の議員として彼をサポートする。
ビリー・カタギリ
地球連邦の技術顧問。ミーナから熱烈なアプローチを受ける。
ミーナ・カーマイン
ネーナ・トリニティに瓜二つの容姿を持つ女性科学者。彼女の祖先がコーナー家に提供した遺伝子を基にしてネーナが造られた。
第二代地球連邦大統領
劇場版における連邦大統領。白人の壮年女性。前政権では野党だった。AEU出身。前政権とは異なり、宥和政策を取る。冷静沈着な態度で、未知なる脅威に臨んだ。

地球連邦軍[編集]

デカルト・シャーマン
TV版2ndシーズン終盤の戦いでイノベイターへと覚醒した軍人。階級は大尉。
なお、刹那の存在が隠匿されている為、公式的にはデカルトが「人類初のイノベイター」として扱われている。
カティ・マネキン
地球連邦軍宇宙軍司令で階級は准将。対ELS戦の総指揮を執る。
パトリック・コーラサワー(結婚後はパトリック・マネキン)
カティの夫で、連邦軍のMSパイロット。階級は准尉。
アンドレイ・スミルノフ
連邦軍のMSパイロット。「ロシアの荒熊」セルゲイ・スミルノフの息子。階級は大尉。
グラハム・エーカー
連邦軍のMSパイロット。階級は少佐。特殊部隊「ソルブレイヴス」の隊長。
キム
連邦軍の中将。旧人革連軍出身で、セルゲイのかつての上司。
連邦兵
連邦軍の一般兵。

アザディスタン王国[編集]

マリナ・イスマイール
アザディスタン王国の第1皇女。

民間人[編集]

沙慈・クロスロード
かつてソレスタルビーイングと行動を共にした青年。現在は軌道エレベーター関連の仕事に就きながら、ルイスを介護している。
ルイス・ハレヴィ
沙慈の恋人。現在はTV版2ndシーズンでの後遺症から病院に入院し、治療を続けている。
アーミア・リー
旧人革連領に住む普通の女子高生、だったのだが…。なお、公開当初は名前が不明だったため、「玄関子」と呼ばれていた。

映画『ソレスタルビーイング』の登場人物[編集]

マイケル・チャン
映画『ソレスタルビーイング』の主人公ダブルオーガンダムのマイスター。
ウォーレン
眼鏡をかけた青年。ケルディムガンダムのマイスター。
ジェニファー
マイケルの恋人である少女。アリオスガンダムのマイスター。
オルソン
語尾に「バイ」を付けて話す黒人男性。セラヴィーガンダムのマイスター。
アレハンドロ
アロウズの首魁で、映画『ソレスタルビーイング』における悪の親玉。金色のたてがみのMSに搭乗している。

登場メカ[編集]

ソレスタルビーイング[編集]

ダブルオーライザー 粒子貯蔵タンク装備型
刹那の序盤から中盤における乗機。
ダブルオークアンタ
刹那の終盤の乗機。「来るべき対話」を目的として作られたガンダム。
ガンダムデュナメスリペア
ガンダムデュナメスの改修機。
ガンダムサバーニャ
ロックオンの乗機。狙撃戦ではなく乱戦用に作られている。
ガンダムハルート
アレルヤとピーリスの乗機。複座型になっている。
ラファエルガンダム
ティエリアの乗機。本体とセラヴィーガンダムIIに分離可能。
ユニオンフラッグ ソレスタルビーイング仕様
刹那が乗るユニオンフラッグの改修機で、抑止力たるガンダムを容易に動かせない状況でのミッションにおいて運用される。
プトレマイオス2改
長距離ブースターを装着したプトレマイオス2の改修艦。

地球連邦軍[編集]

GN-X III
連邦軍の前期主力機。民間に払い下げられるなどしている。
GN-X IV / 指揮官用GN-X IV
GN-X IIIの後継機である量産機。一般機はグリーンで、グレーの指揮官機も存在する。量産機でありながら、トランザムが可能という高性能な機体である。
GN-X IV (パトリック機)
パトリックが搭乗する防御力重視の装備をした指揮官機。
GN-X IV (アンドレイ機)
アンドレイが搭乗する攻撃力重視の装備をした指揮官機。
ブレイヴ一般用試験機
ソルブレイヴス隊が試験運用する新型可変型MS。
ブレイヴ指揮官用試験機
擬似太陽炉を2基搭載した熟練パイロット用の試験機。ソルブレイヴス隊の隊長を務めるグラハムが搭乗する。
ガデラーザ
(公式的な)人類初のイノベイターであるデカルト・シャーマンが運用する全長300mを超える超大型モビルアーマー
ガガキャノン
TV版2ndシーズンで使われたガガを改修した機体。
バイカル級航宙巡洋艦
連邦軍の主力艦。他の艦と共に地球防衛艦隊を構成する。
ヴォルガ級航宙巡洋艦
バイカル級にMS格納庫などを増設した改修艦。
ナイル級大型航宙戦艦
新造された大型戦艦。3隻が就役している。
アルトリウス
輸送艦を改造したソルブレイヴス隊の母艦。
ソレスタルビーイング号
TV版2ndシーズンの最終決戦の舞台となった外宇宙航行艦。現在は地球連邦政府が管理している。地球防衛艦隊に戦力および前線司令部として組み込まれる。

その他[編集]

エウロパ
木星付近を漂流していた有人探査船(船籍番号9374)だが、その正体はソレスタルビーイングがGNドライヴ開発のために送った船。無人で既に朽ち果てていた状態であったが、それにELSが侵食・擬態し、地球へと向かうところから物語が始まる。
サキブレ
本作の50年後を描いたエピローグにて開発された作業用MS。人類とELSの共同操縦型となっている。
ELSクアンタ
ELSとの対話が成功後、ダブルオークアンタがELSや他の外宇宙生命体と融合して変化した姿。

ELS[編集]

ELS
地球に襲来した金属生命体。
ELS GN-X IV
GN-X IVに擬態したELS。
ELSダブルオー
漫画版に登場。ダブルオーライザーに擬態したELS。
ELSガデラーザ
漫画版と外伝に登場。ガデラーザに擬態したELS。

楽曲[編集]

イメージソング
「警鐘」
作詞 - 菅波栄純 / 作曲・編曲・歌 - THE BACK HORN
劇場版キャンペーン「Supporter's meeting 2010」テーマソング。本曲を歌うTHE BACK HORNは、TV版1stシーズン第1クールのエンディングテーマを担当していた。
「CHANGE」
作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld&平出悟 / 歌:UVERworld
劇場版公開前のCMで流れていた。本曲を歌うUVERworldは、TV版2ndシーズン第1クールのオープニングテーマを担当していた。
オープニングテーマ
「閉ざされた世界」
作詞:菅波栄純 / 作曲・編曲:THE BACK HORN / 歌:THE BACK HORN
本曲を歌うTHE BACK HORNは、TV版1stシーズン第1クールのエンディングテーマを担当していた。
V』限定版では原曲を収録。
エンディングテーマ
「クオリア」
作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld&平出悟 / 歌:UVERworld
本曲を歌うUVERworldは、TV版2ndシーズン第1クールのオープニングテーマを担当していた。
挿入歌
「もう何も怖くない、怖くはない」
作詞・作曲:石川智晶 / 編曲:西田マサラ / 歌:石川智晶
本曲を歌う石川智晶氏は、TV版2ndシーズン第1クールのエンディングテーマを担当していた。
劇中BGM
「ENVOY FROM JUPITER」
後半2分はTV版でのBGM「FIGHT」のアレンジ。『UX』『第3次Z』『BX』『X-Ω』『V』で後半部分が採用。
「FINAL MISSION~QUANTUM BURST」
TV版におけるBGM「TRANS-AM RAISER」のアレンジ。およそ8分に及ぶ曲であり、劇場版本編ではノーカットで刹那の戦場乱入から始まるクライマックスを彩る。前半と後半でかなり曲調が変わる点が特徴。
スパロボでは、前半部分と後半部分の二つに分けて採用されている。
「FINAL MISSION~QUANTUM BURST 1」
前半部分。『UX』『第3次Z』『BX』『V』で採用。『第3次Z時獄篇』では、「1」の表記が無い。
「FINAL MISSION~QUANTUM BURST 2」
後半部分。本曲には、TV版におけるBGM「MASURAO」のアレンジが入っている。『UX』『第3次Z天獄篇』『BX』『V』で採用。

登場作品と扱われ方[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
前作にてTV版のストーリーが終了した為、入れ替わる形での参戦となった。ELSは未登場だが、ユニオンフラッグ ソレスタルビーイング仕様スポット参戦デュナメスリペア以外のガンダムとグラハムとパトリック(ただし、条件付き)も自軍に参加する。
本編開始頃には既に映画『ソレスタルビーイング』が巷で好評を博しており、序盤のルート次第では映画『ソレスタルビーイング』そのものをイベントで再現する。前作では最終決戦地が宇宙の彼方に等しい場所だったので、今作でELS来訪の切っ掛けを図らずも作り出す。
前述の通り、ELSが登場せず原作再現は殆どされていない。そのためか今作の時点ではガンダムやブレイヴGN-X IV等はまだ未完成の状態らしく、本領を発揮していない。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
引き続き参戦。ついにELSが襲来し、本格的な原作再現となる。『第2次Z』にて『ガンダムW』とクロスオーバーした影響か、本作でもクロスオーバーが活きておりELSとの対話がアレンジされている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初参戦作品。ストーリーがほぼ再現されている。条件を満たせば、終盤でグラハムアンドレイが生存、パトリック自軍に参戦する。なお、デカルトは声無しのNPC扱い。
スーパーロボット大戦BX
今回はグラハムとコーラサワーは無条件で生き残る。また、ティエリアのサブパイロット化が初めて実装された。
劇中、「第2次ネオ・ジオン抗争の際にサイコフレームの光をネオ・ジオン所属のゼントラーディに伝えるためにトランザムバーストを行っている」事を語られるが、作品別の時間軸ではダブルオーライザー粒子貯蔵タンク装備型の可能性もある)の登場より『逆襲のシャア』の方が先に終わっているため、シナリオ上不都合がある。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
スーパーロボット大戦X-Ω
第2期参戦作品第12弾として2017年2月に追加参戦。
スーパーロボット大戦V
顔グラフィックが刷新された。また時系列が同じ世界に属する『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に合わせられているため1st シーズンから3年しか経っていない
ELSは終盤の僅か2ステージしか登場せず、原作再現という意味では非常に簡略化されている。とはいえ、ヴェーダの開発目的にもう一つの意味があったこと等、クロスオーバーはきちんと行われているため、存在感は十分。

用語[編集]

ガンダムマイスター
機動戦士ガンダム00』におけるガンダムのパイロット地球各地で見られた怪異事件を機に再び集結する。
GNドライヴ
私設武装組織ソレスタルビーイングが保有する機動兵器「ガンダム」の動力源。別名「太陽炉」。木星にてツインドライヴシステム専用のGNドライヴ2基が新造された。
GN粒子
GNドライヴから放出される光の粒子。人間をイノベイターへと変革させる作用を持つ。
トランザム
GNドライヴに備わっている一種のオーバーブースト機構。地球連邦軍のさらなる研究によって、一般の擬似太陽炉搭載型MSでもトランザムが可能になった。
脳量子波
ELSを引き寄せる特殊な脳波。特に、イノベイターの因子を持つ者は脳量子波を強く発する。
ヴェーダ
私設武装組織ソレスタルビーイングの活動の根幹を成す量子型演算処理システム。外宇宙航行艦ソレスタルビーイング号の内部に所在している。
軌道エレベーター
『機動戦士ガンダム00』の世界観で重要な超巨大建築物。合計で3基存在している。軌道エレベーター内部の低軌道ステーションには、脳量子波遮断施設がある。
イノベイター
GN粒子を浴びることに変革した人類。後者と区別する意味で「純粋種のイノベイター」とも言う。刹那・F・セイエイおよびデカルト・シャーマンの両名が、それに該当する。
イノベイド
イノベイターを模して作られた人造人間。イノベイターを自称するリボンズ一派との戦いの後は、人類とは共存できている。
ソレスタルビーイング (劇中劇)
TVシリーズにおけるガンダムマイスター達の活躍を描いた劇中劇だが大幅な脚色が施されており、友人たちと鑑賞しに来た沙慈を唖然とさせた。

余談[編集]

  • 実は「地球外生命体と戦うガンダム」とは『機動戦士ガンダム00』の初期案である。
    • なお、このアイディアを出した水島精二監督によると「『00』の初期案を聞いた当時の制作関係者の反応はかなり鈍かった」との事であるが、「『00』2ndシーズンの放送が始まった頃に劇場版の制作が決定した事を受けて、改めて『00』の初期案が実現された」という経緯がある。
  • 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の公開日である9月18日は、宇宙世紀の設定ではMS同士が初めて戦闘が行われた日である。
  • 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』に連動して設けられた公式twitter「量子型演算処理システム ヴェーダ」に蓄積された交信記録では、劇場版本編以前および劇場版本編(ただし、本編の46分25秒の箇所まで)におけるキャラクターの台詞や心情、その時の状況が詳細に描写(かつ補足)されている。

商品情報[編集]

BD&DVD[編集]

書籍[編集]

資料リンク[編集]