2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

地球

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
地球
英語表記 Earth
分類 太陽系第3惑星(地球型惑星)
軌道長半径 1 AU
離心率 0.016 710 22
衛星の数 1(
直径 12,756.273 km
半径 6,356.752 km(極半径)
表面積 5.100 656 × 108 km2
体積 1.083 207 × 1012 km3
質量 5.9736 × 1024 kg
平均密度 5.515 g cm−3
重力 1 G(地球での平均基準)
公転周期
  • 365.256 363 004 日(恒星年)
  • 365.242 190 402 日(太陽年)
自転周期
  • 23 時間 56 分 4.0905 秒(恒星日)
  • 24 時間(平均太陽日)
  • テンプレートを表示

    地球(Earth)とは太陽系の第3惑星。

    概要[編集]

    我々人間の棲む青き惑星。衛星は。豊富な水と大気、適度な温度環境により太陽系で唯一、豊かな生態系と高度な知的文明を得るに至った。

    SRWでは、地球内の空洞にあるとされる「ラ・ギアス」を舞台とするEXを除き、全ての作品の舞台となっている。また、前述の環境故、異星人による侵略に遭う事が多い。

    ロボット物だけでなくあらゆるアニメの舞台になるがSF、特にスペースオペラ系の作品では地球そのものが出て来ない作品も少なくない。また、ファンタジーものの作品では地球(のある世界)と存在を異にする異世界が舞台となることが殆どである。

    地形としての「地球」[編集]

    宇宙マップの背景としても登場するが、地形効果は無い。ただし、『第4次』『』ではアイテムが配置されている場合がある。

    登場しない作品[編集]

    最強ロボ ダイオージャ
    太陽系外(イプロン星系)が舞台である為、登場しない。
    重戦機エルガイム
    ペンタゴナワールドと呼ばれる外宇宙の恒星系が舞台であるため、登場しない。
    New Story of Aura Battler DUNBINE
    前作と異なり、異世界バイストン・ウェルのみが舞台となっている。
    ボトムズシリーズ
    アストラギウス銀河が舞台。
    マシンロボ クロノスの大逆襲
    クロノス星が舞台である為、登場しない(ただし、続編のOVA『レイナ剣狼伝説』(SRW未参戦)には登場)。
    マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ
    電子惑星B-1が舞台。メインキャラクターには地球人がおり地球について語られ、最終的に戦乱の発端・黒幕も地球にいる事が発覚するが、実際の舞台にはならない。
    機甲界ガリアン
    イラスタント太陽系第5惑星アーストが舞台である為、登場しない。
    覇王大系リューナイト
    異世界アースティアが舞台である為、登場しない。
    マクロス7 / マクロスF / マクロス30 / マクロスΔ
    全銀河に移民しているので、地球を舞台にしていない。
    ガン×ソード
    エンドレスイリュージョンという別惑星が舞台で、地球人の犯罪者を集める惑星刑務所だった。
    ゾイドシリーズ
    惑星Ziという全くの別惑星。一応、地球からやってきた人も住んでいるという設定はあるが、映像作品で語られる事はない。
    SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors
    三璃紗(ミリシャ)が舞台となっているため、登場しない。
    SDガンダム外伝
    スダ=ドアカ・ワールドが舞台となっているため、登場しない。

    登場するが殆ど舞台にならない作品[編集]

    メガゾーン23
    舞台となる東京は宇宙船MZ23内部に存在する街で、地球はPART II終盤まで登場しない。
    銀河烈風バクシンガー
    前作での大アトゥーム計画の実行により太陽系に生まれた新たな惑星に人々が移住しているため、地球が舞台になる頻度は低い。とはいえ、ドメスチック・バクーフの将軍アーウィン家のお膝元であるので重要度は低くなく、第13話ではディーゴが招待され赴いたりなどしている。
    銀河疾風サスライガー
    ビッグゲームのゴールとして第1話から会話には時々登場するが、ゴールであるため地球そのものが舞台になるのは最終回だけである。
    破邪大星ダンガイオー
    地球が舞台となっているのは第1話のみ。第2話以降は登場しない。
    天空のエスカフローネ
    第1話で地球から異世界ガイアに舞台が移り、終盤になるまで登場しない。「幻の月」として姿そのものは頻繁に登場する。
    NG騎士ラムネ&40
    地球人のラムネ異世界に召喚されて冒険する物語なので、ほとんど舞台にはならない。
    機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
    回想シーンや通信先として度々登場はするが、メインキャラはほとんど宇宙で活躍している。
    宇宙戦艦ヤマト2199
    ほとんどがイスカンダルへの遠大な旅路のため、序盤とラストにしか登場しない。ガミラスの遊星爆弾により海は干上がり、大気は汚染され、もはや人が住める星ではなくなっており、人類は地下都市を築いて生活している。
    クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
    この作品は一応「地球」が舞台ということになってはいるが、マナの存在など明らかに現実の地球とは異なる歴史を歩んだ世界である。
    …それもそのはず、実は創造主がかつて自身がいた世界を滅ぼした後並行世界にて思うがままに作り上げたのがこの「地球」であり、その創造主が滅ぼした世界の成れの果てこそドラゴン達が来る元の世界であったのである。そしてその世界にあった廃墟は現実の地球にもある建物[1]と酷似しており、そうであったのではないかと視聴者に匂わせている。
    無限のリヴァイアス
    ストーリーの大部分が黒のリヴァイアスの艦内で構成される関係上、メインキャラクターたちが登場する舞台として地球が扱われるのは第1話冒頭と最終話のみで、それ以外では回想シーンや軌道保安庁サイドといった断片的な描写に留まっている。
    魔神英雄伝ワタル
    異世界・神部界にある創界山が主要な舞台となるので、ほとんど登場しない。
    太陽の牙ダグラム
    地球の存在が強く描かれているが、舞台の中心はスタフェラス星系の惑星デロイアである。
    魔法騎士レイアース
    異世界・セフィーロが主要な舞台となるので、ほとんど登場しない。
    ヴァンドレッド
    人類が宇宙に散らばった時代が舞台のため基本的に登場しないのだが、ある重要な役割を与えられている。

    関連用語[編集]

    地球の衛星。
    地球 (スパロボK)
    スーパーロボット大戦K』の舞台である地球と同じ環境の惑星。またの名を「もうひとつの地球」。
    ペコポン
    テロン
    宇宙人が使う地球の呼称。上から順に『ケロロ軍曹』、『宇宙戦艦ヤマト2199』でのもの。
    なお『伝説巨神イデオン』ではバッフ・クランが地球人を「ロゴ・ダウの異星人」と呼ぶので勘違いされがちだが、この「ロゴ・ダウ」とはイデオンソロシップが埋もれていた「ソロ星」のことを指すので「ロゴ・ダウ=地球」は間違いである。
    S-1星
    宇宙戦士バルディオス』に登場する惑星。物語終盤(正確には劇場版)で「未来における地球の姿」であることが判明する。
    惑星ゾラ
    戦闘メカ ザブングル』の舞台である惑星。物語後半で「天変地異によって荒廃した未来の地球」であることが暗示される。
    蒼の地球
    第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇』および『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』の舞台。
    第2次スーパーロボット大戦』における地球の世界観を中心に『スーパーロボット大戦Z』における地球の世界観等が融合している。
    翠の地球
    第3次スーパーロボット大戦Z連獄篇』および『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』の舞台の一つ。新世時空震動によって発生したもう一つの地球。
    なお、この翠の地球の海水は、『翠星のガルガンティア』の世界にあった残されの海ナノマシン「ヒカリムシ」の影響で翠色に見える点が特徴。
    惑星エス・テラン
    御使い達の本拠地にして、カオス・コスモスにおける地球。
    始まりの地
    複数の作品にて呼称される地球の呼び名。アインストガンエデン等、古代の地球に関わる者達が呼ぶことが多い。
    スパロボ世界では地球は生命誕生の地であったり、多元世界誕生の地となったりと特異な星とされていることも影響しているものと思われる。

    メモ[編集]

    • 実は宇宙全体で見た場合、極めて稀有で希少な惑星。
      • いわゆる太陽系外惑星は多数発見されているが、地球のような惑星は未だに発見されていない。

    脚注[編集]

    1. 現実における東京の街並みやホテル『夢有羅布楽雅など