2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

イスカンダル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

イスカンダル(Iscandar)とは、『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する惑星。

概要[編集]

地球から16万8千光年離れた大マゼラン銀河・サレザー恒星系に位置する第4惑星で、非常に美しい外観を有する。大ガミラス帝星とは双子星。

惑星の80%がで覆われており、僅かな陸地がある。動植物をはじめとする生態系は地球とよく似ており、そこに住むイスカンダル人も地球人と遜色無い。

「イスク・サン・アリア」という王都があり、その中心に「クリスタルパレス」という巨大な宮殿が存在する。クリスタルパレスには、女王スターシャが住んでいる。

波動エネルギーを用いた兵器によって、大マゼラン銀河に一大帝国を築き上げた歴史を持つが、その過程を恥じて支配権を完全に放棄しており、「宇宙に住む人々の救済」と目して全宇宙に向けて特使を派遣していた。しかし提供した波動エネルギーの技術を兵器に転用した地球に対し、過去の過ちを繰り返すことを危惧し不快感を表した事も有る[1]

ガミラスに汚染された惑星を浄化して再生させる「コスモリバースシステム」を保有しており、このシステムを受け取るべく沖田十三率いるヤマトは、イスカンダルのある大マゼラン銀河へ向けて出発することになる。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。第1話からヤマトの目的地として目指すことになるが、道中の次元断層を脱出した直後にヤマトが西暦世界に転移してしまう。その為、実際に訪れるのは物語が終盤に差し掛かった辺りである。
作中の3つの並行世界の地球を全て救うにはコスモリバースシステムが必要ということが判明し、終盤ではイスカンダルへ向かう為に地球艦隊・天駆が結成される。
「かつてのイスカンダルは、大マゼラン銀河に戦争と破壊を巻き起こした軍事帝国だった」という恥ずべき過去が原作よりも強調されており、本編から3000年前に超文明ガーディムと大マゼラン銀河の覇権を賭けて戦争していたという設定になっている。

人物[編集]

スターシャ・イスカンダル
イスカンダルの女王。
サーシャ・イスカンダル
スターシャの妹。
ユリーシャ・イスカンダル
スターシャとサーシャの妹。

関連用語[編集]

コスモリバースシステム
イスカンダルが保有する汚染浄化システム。
イスカンドロイド
ガミロイドと同型のロボット。主にスターシャの身の回りの世話などを行う。

余談[編集]

  • 名前の由来は、若くして大帝国を築いた古代ギリシア(マケドニア王国)の英雄・アレクサンドロス大王のアラビア語およびペルシア語読みである「イスカンダル」から。アラビア語では定冠詞として「アル」を用いるため、綴りから「AL」を除いたものが名前だと勘違いされたのである。
  • ではヤマトが波動砲を始めとした各種武装が無かったとして果たしてイスカンダルに辿り着けたかは、作中のガミラス側の猛攻から怪しく、スターシャがどのようにして地球がイスカンダルまで辿り着く事が正解と思っていたか不明である。その為セレスレラのようにイスカンダル側の救済を「動かずに試すだけ」と証した者もいる