スタッフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

スーパーロボット大戦シリーズ』においてスタッフとして参加している人物、および団体をリストします。

  • 原則として名前と共に参加作品における担当役職も記載します。
  • 過去に参加した人物も記載します。
  • この項はあくまでデータベースです。解説はスーパーロボット大戦シリーズについてのものを中心とし、過度な情報の書き込みは控えてください。また、主観の強く入った批評的な書き込みはお控えください。
  • スタッフ (登場作品)著作者との重複がある場合はその旨も表記してください。

英数字

B.B.スタジオ
2011年3月よりバンプレソフトとベックが合併した会社。現在のスパロボはこの会社がプロデュース・開発している。
Chiyoko(ちよこ)
フリーのイラストレーター。SECRET HANGAR 2nd Tergetの挿絵を隔月で担当していた。
シリーズにおいては『スーパーロボット大戦L』以降の携帯機シリーズ、『第2次スーパーロボット大戦Z』においてオリジナルキャラクターデザインを担当。
GRANRODEO(ぐらんろでお)
音楽ユニット。『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』の主題歌を歌う。メンバーはKISHOW(声優の谷山紀章氏)とe-ZUKA(飯塚昌明氏)。
JAM Project(じゃむ・ぷろじぇくと)
音楽ユニット。『スーパーロボット大戦α外伝』以降よりスーパーロボット大戦シリーズの主題歌を歌う。海外でも活動している。「アニメソング」の項目も参照。
2010年現在のメンバーは影山ヒロノブ遠藤正明福山芳樹きただにひろし奥井雅美の計5名。
過去に所属していたメンバーは水木一郎(非常勤)、さかもとえいぞう(卒業)、松本梨香(一時休止)、ヒカルド・クルーズ(不定期参加)。
MIQ(みく)
歌手。旧名はMIO(みお)。『聖戦士ダンバイン』『重戦機エルガイム』『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』などの主題歌を歌っている。
スパロボでは『第4次スーパーロボット大戦』のサントラで「TIME TO COME」「疾風!烈風!サイバスター」を、『64』では未音源化のテーマ曲「熱き魂」を歌っている。
Mがんぢー(えむ・-)
バンプレスト初期のオリジナルキャラ「ファイター・ロア」の生みの親。『スーパーロボット大戦Z』以降、スーパーロボット大戦シリーズのバンプレストオリジナル機体のデザインにも参加している。
NAOKI(なおき)
OLM(おー・える・えむ)
アニメ制作会社。OGシリーズのTVアニメ化作品である『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』のアニメーション制作を担当。
制作システムにチーフプロデューサーごとのチーム制を導入しているのが特徴で『DW』の制作は「TEAM IWASA」が担当した。
参戦作品では『神魂合体ゴーダンナー!!』など。
PLEX(ぷれっくす)
バンダイグループの一社で『ウルトラシリーズ』や『スーパー戦隊シリーズ』等といったバンダイスポンサー作品の玩具デザインを担当。
スパロボ関係者では吉野修広が所属。旧所属は田野邊尚伯など。

あ行

相沢舞(あいざわ・まい)
青二プロダクション所属の女性声優。スパログ執筆者の1人で、ラジオ『スパロボOGネットラジオ うますぎWAVE』のパーソナリティも担当。
スーパーロボット大戦Z』でメール・ビーター役を演じている。弟がスパロボファンであるらしい。
青木健太(あおき・けんた)
メカデザイナー。『第2次スーパーロボット大戦』のグランゾン、『スーパーロボット大戦MX』主人公機、『第2次スーパーロボット大戦OG』ガルベルス、等のデザインを担当。
現在は玩具デザイナーとして主にタカラトミー系の玩具デザインを担当している。
秋田れい(あきた・れい)
第2次スーパーロボット大戦OG』よりグラフィッカーとして参加。『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』で『スーパーロボット大戦GCXO)』のオリジナルキャラクターのリデザインを担当した。
明貴美加(あきたか・みか)
メカデザイナー。『機動戦士ガンダムΖΖ』や『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のガンダムシリーズ、『機動戦艦ナデシコ』『サクラ大戦』でメカニカルデザインを担当。また『MS少女』と呼ばれる擬人キャラクターを生み出した人物でもある。
『ゲーマガ』誌で連載されていたスパロボ企画「SECRET HANGAR」でメカイラストを担当しており、この連載がきっかけで、『スーパーロボット大戦Z』ではオリジナルメカ「バルゴラ」のデザインを担当した。単行本『スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR-』では、上記の経緯から「ヴァルシオーネ」のリファインデザインと、バルゴラを擬人化した「バルゴラ少女」を書き下ろしている。
スタッフ (登場作品)」の項目も参照。
浅川圭司(あさかわ・けいじ)
無限のフロンティア』シリーズにおいてサブキャラクターデザイン(ドロシー・ミストラルカッツェ・コトルノスなど)を担当。
漫画家としても活動しており、『創聖のアクエリオン』のコミカライズも行っていた。
旭プロダクション(あさひ -)
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』のアニメーション制作を担当。
アトリエ彩(- さい)
ガレージキット開発及び3DCG制作会社。エーアイとの共同で『GC』を制作。2013年に破産手続きを行い倒産。
安藤弘(あんどう・ひろし)
B.B.スタジオ所属のグラフィッカー・メカデザイナー。
戦闘アニメーションの制作や、ダブルGシリーズ(ダイゼンガーアウセンザイター)・ベミドバンのデザインを担当している。
ダイゼンガーは自身が大ファンであるという大張正己氏の画風を意識してデザインしている。バンダイから発売されたダイゼンガーの超合金魂では、パッケージイラストを担当している。

射尾卓也(いお・たくや)
アークシステムワークス所属を経て現在はフリーのイラストレーター。旧名は森藤卓弥(もりふじ・たくや)。
スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS』において、ゲシュペンスト・タイプRVのメカニックデザインを担当。
美少女キャラの作画にも定評がある。
石垣純哉(いしがき・じゅんや)
メカデザイナー。携わった参戦作品はスタッフ (登場作品)参照。
バンプレストオリジナルでは『バトルロボット烈伝』の戦艦類、『リアルロボッツファイナルアタック』のゲトゥビューム、Another Century's Episodeシリーズのアークシリーズなど。
石川賢(いしかわ・けん)
故人。永井豪のアシスタント…というよりもパートナー的な存在として活躍した漫画家。ワイルドな世界観と個性的なキャラクター造形には定評があった。
ゲッターロボシリーズの全てを手がけており、それまで描かれていなかった真・ゲッター2の下半身や真・ゲッター3をSRWの為に描き下ろしたほか、新スーパーロボット大戦ではオリジナルのゲッターチームのデザインを担当している。
石谷浩二(いしたに・こうじ)
元モノリスソフトのプロデューサー。『無限のフロンティア』の開発プロデュースを担当。元バンプレスト社員で寺田Pにとっては1年先輩に当たる人物。過去には『ザ・グレイトバトルIV』の開発にも携わっており、コンパチカイザーの生みの親でもある。
2017年に後述の森住氏と共にモノリスソフトを退社している。
糸井美帆(いとい・みほ)
COMPACT3』『J』『W』『K』のスパロボオリジナルキャラのデザイン担当(『J』以降は味方サイドのみデザイン)。近年は河野さち子氏以外で初めてOGシリーズのオリジナルキャラのデザインも担当し、『R』や『D』のキャラクターのリファインも行った。
一時期ブログで『J』のキャラのイラストを公開していたが、公開数日で一気にファンが詰め掛けたため、僅か数日で閉鎖してしまった。
河野氏のデザイナー休業に伴い、以降のOGシリーズにおける実質的な後任キャラクターデザイナーとなっている。
稲田徹(いなだ・てつ)
青二プロダクション所属の男性声優。緑川光氏に次ぐスパロボのヘビーなファンで、スパロボのデバッグに緑川氏と共に参加した事がある。また、自身の演じたキャラクターが登場しないスパロボであっても、一般兵役として出演しているケースが度々見られる。
なお自身が演じたエルザム・V・ブランシュタインのテーマ曲「Trombe!」が大のお気に入りで、携帯電話の着信メロディーにしている。エルザム自体にも、『特捜戦隊デカレンジャー』で演じたドギー・クルーガーに匹敵するほどの強い愛着をもっており、稲田氏のTwitterアカウント「trombe_boss」は両者の通称から取られたものである。

ウィンキーソフト
コンプリートボックス』までのスパロボ作品、『魔装機神シリーズ』、『ヒーロー戦記』等を開発したゲームソフト開発会社。
2015年11月に事業停止および自己破産を申請、事実上の倒産となった。
宇田歩(うた・あゆみ)
スパロボシリーズのプロデューサーの一人。B.B.スタジオ所属。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』で初参加して以降任天堂携帯機作品のプロデュースを一貫して手掛けている。
内山紳介(うちやま・しんすけ)
スーパーロボット大戦NEO』のオリジナルキャラのデザインを担当した。普段はさまざまなゲームの原画マンとして活動。
歌津義明(うたつ・よしあき)
COMPACT3』で初参加、『W』以降は任天堂携帯機作品のオリジナルキャラクターデザインを行っている。糸井美帆氏と共に制作に参加することが多く、その場合は糸井氏が味方側を、歌津氏が敵側を担当する。

エーアイ
主に任天堂携帯機作品群を手掛けるスパロボの開発会社の一つ。
90年代より様々なゲームの下請け開発を手掛けるデベロッパー。スパロボシリーズには『64』より参加。
エヌケーシステム
ベック(後述)と共同で『Scramble Commander』シリーズの開発を担当したゲームソフト制作会社。2008年解散。
江端理沙(えばた・りさ)
アニメーター。旧名は愛媛みかん。アニメ作品『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』にてキャラクターデザインの一人として参加。
参戦作品の詳細は「スタッフ (登場作品)」参照。
遠藤正明(えんどう・まさあき)
歌手でJAM Projectのメンバー。
ラジオ『スパロボOGネットラジオ うますぎWAVE』のパーソナリティ。『うますぎWAVE』の「うま」。

大河原邦男(おおかわら・くにお)
アニメ業界初の専業メカデザイナー。設定画の独特のパースは「ガワラ立ち」とも言われる。
スパロボにおける代表デザインはゲシュペンスト、マルチウォーカーなど。ガンダム以外にも数多くのサンライズアニメにおいて、メカニックデザインを手掛けている。詳細は「スタッフ (登場作品)」参照。
大籠之仁(おおごもり・ゆきひと)
『第3次Z』より参加し、主人公をはじめとしたオリジナルキャラクターデザインを担当。
本職はアニメーターで、後述の大張氏が主宰する「スタジオG-1NEO」に所属。
太田大河(おおた・たいが)
オオチヒロアキ
バンダイナムコエンターテインメントのプロデューサー。『スーパーロボット大戦X-Ω』のプロデュースを担当。
大張正己(おおばり・まさみ)
アニメーター。アニメ作画スタジオ「スタジオG-1NEO」の代表取締役社長。
大輪充(おおわ・みつる)
メカデザイナー。
担当作品は携帯機シリーズが中心で『R』のエクサランスシリーズ・『D』のエール・シュヴァリアー他、主人公メカ全機、敵雑魚機体6種類とファービュラリスストゥディウム・『J』グランティード(後継機を含む)・『W』のヴァルアルム・他、メギロートジュデッカのデザインを手がける。
岡本光晴(おかもと・みつはる)
B.B.スタジオ所属のグラフィッカー・メカデザイナー。
担当作品はZシリーズが中心でアリエティスエメラルダンサフィアーダディアムドジェニオン・ジェミニス全般(第3次Z)のデザインを手がけた。
置鮎龍太郎(おきあゆ・りょうたろう)
青二プロダクション所属の男性声優。スパロボのプレイヤーでもある。
スパログ執筆者の1人で、自身が演じた作品がスパロボに参戦する際には、その思いを熱く語ってくれる。
また、多くのシリーズ作品に出演しており、オリジナルキャラだけでなんと10人ものキャラクターを演じている。
奥田誠治(おくだ・せいじ)
アニメーション演出家。東京都出身で、業界歴40年超のベテラン。『超獣機神ダンクーガ』では監督。
アニメ『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』では各話演出として参加。ゲームでは『超獣機神ダンクーガ』の機体の名付けを行っており、『GC』にて「シャピロ戦闘メカ」をデザイア、『第3次α』にて「ムゲ小型空戦メカ」をドル・ファーと命名している。
小椋亙(おぐら・わたる)
スパロボシリーズのプロデューサーの一人。B.B.スタジオ所属。
スーパーロボット大戦NEO』『スパロボ学園』『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』のプロデュースを担当。『学園』では一部サブシナリオも担当。
小野聖二(おの・せいじ)
B.B.スタジオ所属のメカデザイナー。
リオンシリーズ全般・ジガンスクードジガンスクード・ドゥロジガンスパーダ含む)・ヒリュウ改トライロバイトブラスタのデザインを担当。

か行

鏡俊也(かがみ・しゅんや)
シナリオライター。『64』『D』『J』のシナリオを担当(『J』は初期プロットのみ)。ハードな展開とシナリオでのクロスオーバーには定評がある。
『J』以降はスパロボシリーズから離れていたが、『OGMD』にてシナリオ監修として久々に参加。
角銅博之(かくどう・ひろゆき)
アニメーション演出家。東映アニメーション所属を経て現在はフリーランス。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』の監督を務めた。
かげやまいちこ
レイ・アップ所属のイラストレーター。かつてのコンパチヒーローシリーズと現在のスパロボシリーズにおけるSD化デザインワークの統括。パッケージデザインも担当。
SDガンダムシリーズの生みの親である横井孝二氏のアシスタントとして業界入りし、同シリーズを支えた一人。
がっつきたいか
お笑いコンビ。スパロボファンを自称している。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇』のプロモーション企画である「聖夜のスパロボ生配信」にて司会に起用された事を機に、以降もスパロボシリーズの公式ウェブ配信放送「スパロボチャンネル」にて司会を一貫して務めている。
加藤夏希(かとう・なつき)
秋田県出身のタレント、モデル。
自らオタクであることを公言しており、『スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2』発売時にはラミア・ラヴレスのコスプレをしてCMに出演したほか、『第3次スーパーロボット大戦α』ではオリジナルキャラクターであるルリア・カイツの声を当てている。
加藤誠(かとう・まこと)
スーパーロボット大戦Operation Extend』においてオリジナルキャラクターデザインを担当した。
加藤陽一(かとう・よういち)
シナリオライター。『L』にてシナリオ担当の一人として参加。
後述の岸本氏と同様に本業はアニメ脚本家で『宇宙兄弟』『アイカツ!』『妖怪ウォッチ』などでメインライターを務める。
カトキハジメ
メカデザイナー。
代表デザインはヒュッケバインシリーズ、SRXバンプレイオスなど。大河原氏同様設定画には独特のパースがあり「カトキ立ち」という言葉まで作られている。
参戦作品では『ガンダムシリーズ』や『電脳戦機バーチャロンシリーズ』でメカデザインを手がける。『スタッフ (登場作品)』の項目も参照。
金子一馬(かねこ・かずま)
『女神転生シリーズ』や『デビルサマナーシリーズ』『ペルソナシリーズ(『2罰』まで)』『魔剣X』などで知られる通称「悪魔絵師」。アトラス所属。
『第3次α』にてベルグバウとその後継機のディス・アストラナガン、そしてラスボスのケイサル・エフェスのデザインを手がけた。公式HPや雑誌でこれらの機体のリアル頭身設定画が掲載される場合は、コピーライトにアトラスや金子氏の名前が表記されている。
金丸仁(かねまる・ひとし)
B.B.スタジオ所属のグラフィッカー・メカデザイナー。
MAP上のイベントやエフェクト、ビルトファルケンシュッツバルトアルブレードエルアインスのデザインを担当。
カトキハジメ氏がデザインした機体の関連機体のデザインを担当することが多い。
神谷明(かみや・あきら)
声優。1970年代から数々の有名なアニメ作品に出演し、多くのヒーローを演じてきた。スパロボファンであり、『全スーパーロボット大戦電視大百科』とPS版『F』&『F完結編』のCMでは「神谷教官」として出演した。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』では流竜馬竜崎一矢ツワブキ・サンシローひびき洸ロイ・フォッカーの1人5役を演じた。
川島茉樹代(かわしま・まきよ)
日本人と台湾人のハーフタレント。「茉樹代」名義で『スクランブルコマンダー』のCMに出演し、CMソングも担当。

菊池晃(きくち・あきら)
『SC2』にてオリジナルキャラクターデザインを担当。
本職はアニメーターであり、参戦作では『鋼鉄神ジーグ』のキャラクターデザインを手がけた。
スタッフ (登場作品)」の項目も参照。
菊池たけし(きくち・ - )
真・魔装機神 PANZER WARFARE』のメインライター。本職はTRPGデザイナーでリプレイ作家としても知られる。
菊池博(きくち・ひろし)
スパロボシリーズのプロデューサーの一人。
きむら
ファミ通の広告代表者。
岸本みゆき(きしもと・ - )
シナリオライター。女性の様な名前であるが、男性である。
スーパーロボット大戦L』『スーパーロボット大戦UX』にてシナリオを担当した。本職はアニメ脚本家で『結界師』や『テイルズオブジアビス』(TVアニメ版)など。
SDガンダムシリーズの一つ『BB戦士 三国伝』では設定およびシリーズ構成担当としてメインに関わっており、アニメ版である『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』でも総監修の立場であった。
後述の名倉氏同様に元はスパロボシリーズのヘビーユーザーであり、『SRC』などでオリジナルスパロボのシナリオを多数制作・投稿していた。
木村明広(きむら・あきひろ)
イラストレーター・漫画家。漫画版『ディバイン・ウォーズ』の作画を担当。

河野さち子(こうの・-こ)
スパロボオリジナルキャラのデザイン担当として長年に渡りシリーズを支えたデザイナー。レイ・アップ、シー・ビー・トムズ、スタジオG-1NEO所属を経て現在はフリー。
前職はアニメーターであり、2010年代より蒼依ふたば(あおい・ - )の別名義でアニメーター業を再開させている。
ラメが入ったような色の塗り方が特徴。指定しなくても女性キャラの胸が巨乳になっているらしい。一度だけ、発注ミスが原因でメカデザインを担当したが、該当機はそもそもロボットではない(また担当したのは前面部分のみ)。
2011年に当時所属していたスタジオG-1NEOを退社して以降スパロボシリーズにおけるデザイナー活動も休止状態にあったが、『スーパーロボット大戦X-Ω』にて久々に描き下ろしでキャラクターイラストやデザインを提供した。なお、上記別名義によるアニメーター活動は継続している。
広報W(こうほうだぶりゅー)
スパロボシリーズの広報宣伝担当。スパログの執筆者の一人。
湖川友謙(こがわ・とものり)
第4次にてオリジナル主人公のキャラデザインを担当。
本職はアニメーター。参戦作品では『伝説巨神イデオン』『戦闘メカ ザブングル』『聖戦士ダンバイン』『宇宙の騎士テッカマンブレード』のキャラクターデザインを担当している。
スタッフ (登場作品)』の項目も参照。
駒都えーじ(こまつ・-)
イラストレーター、原画家。
スパロボ学園』でスパロボシリーズに初参加し、バンプレストオリジナルキャラクターのデザインを担当。本人も大のスパロボファンを公言しており、同人などでロボットアニメや、バンプレストオリジナル作品のメカ少女イラストを描いている。いわゆる「ぱんつはいてない」絵で有名だが、『スパロボ学園』の瀬戸咲弥のイベントCGでも、はいてないように見える絵が存在する。
小峰徳司(こみね・あつし)
シナリオライター。『K』のシナリオを担当。ゲーム雑誌のライター出身で旧ペンネームはビショップ小峯
代表作は『シャイニング・ティアーズ』(小峯徳司名義)、『聖剣伝説 Children of Mana』『ルミナスアーク』シリーズ(『2』まで)、『レンタル武器屋deオマッセ』など。作風としては「想いの力」を強調したり「味方側に絶望する味方キャラ」を題材にすることが多く、『K』のシナリオにおいてもそれが顕著に見られる。

さ行

斉藤和衛(さいとう・かずえ)
メカデザイナー。女性のような名前であるが男性。
森住惣一郎氏の古くからの友人で、その縁から氏が開発を担当した『COMPACT2』に登場する「アルトアイゼン」や「ヴァイスリッター」、「アインストシリーズ」などATX関連のデザイン全般を担当。『無限のフロンティア』ではキャラクター原案も担当。
斉藤恒芳(さいとう・つねよし)
作曲家。『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION』においてBGMを担当。
スタッフ (登場作品)」も参照。
斉藤梨絵(さいとう・りえ)
オフィスPAC所属の女性声優。スパログ執筆者の1人でラジオ『スパロボOGネットラジオ うますぎWAVE』のパーソナリティも担当。
Z』でツィーネ・エスピオ役を演じている。
阪田雅彦(さかた・まさひこ)
ウィンキーソフトに所属していたディレクター・シナリオライター。
シリーズ第1作『スーパーロボット大戦』開発時に、「説得」の概念を提案したことにより、現在まで続いているスパロボシリーズの基礎を築きあげ、『第2次』から『第4次』までの旧シリーズ作品において、総監督・脚本・演出を務めていた中心人物であった。また『EX』開発時にラ・ギアスの世界観をほぼ一人で作り上げており、後に独立作品として制作される『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』の原作者ともいえる存在である。
さざなみ
スパロボ開発会社の一つ。『XO』『NEO』『OE』を担当。
元サンライズインタラクティブのスタッフが立ち上げた会社。
佐藤洋介(さとう・ようすけ)
さざなみ所属のグラフィッカー・デザイナー。『NEO』や『OE』において、オリジナルメカニックデザインを担当。
佐竹伸也(さたけ・しんや)
バンダイナムコエンターテインメント所属のプロデューサー。「サタケイド」の愛称でも知られる。
V』にてスパロボシリーズのプロデュースに初参加。スパロボ参加以前は『仮面ライダー クライマックスヒーローズ』シリーズなど特撮作品のゲームタイトルを主に手がけた。
佐野浩敏
アニメーター、イラストレーター。参戦作品では『宇宙の騎士テッカマンブレード』などを手がける。サターン版『F』の電撃の攻略本の表紙イラスト。
サラマンダー・ファクトリー
スパロボの音楽を手掛ける音楽制作会社。担当作品はαシリーズZシリーズOGシリーズ無限のフロンティアも含む)など。
公式HPではスパロボシリーズを含め、手がけた曲の一部を視聴することが可能。
サンエル
グレイトバトルシリーズ(IIからVまで)の開発元。コンパチシリーズではその他にGBのバトルドッジボール、鉄球ファイト、バトルクラッシャーなども手掛けた。
サンライズインタラクティブ
『サンライズ英雄譚シリーズ』を展開していたゲーム会社。2008年8月31日解散。
αforDc』に『機甲武装Gブレイカー』が参戦した縁で、『GC』のオリジナルキャラや機体の設定に協力。
上記の「さざなみ」のスタッフは「サンライズインタラクティブ」から独立した人物で構成されている。

じっぱひとからげ
プロデューサー。スパロボシリーズ第1作の『スーパーロボット大戦』から現在までプロデュースを務める、シリーズの真の生みの親と言える人物であるが、インタビューなどの表舞台に登場することは少ない。
嶋崎直登(しまざき・なおと)
故人。フリーの映像企画演出家で、スパロボではPVやCMの演出等を担当していた他、スパログ執筆者の一人でもあった。
2008年12月、ガンとの闘病中で9月から入院中である事をスパログで告白し「必ず戻ってくる」との言葉を記していたが、2009年1月に広報W氏によって訃報が告げられた。
今なおスパロボのメディアミックス展開への影響を残しており、寺田プロデューサーに『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』の制作を決めさせ、寺田氏に竹田裕一郎氏を紹介した事が明かされている。
清水栄一(しみず・えいいち)
漫画家・イラストレーター。『スーパーロボット大戦V』にて主人公機・ヴァングレイのデザインを担当。
鉄のラインバレル』の原作者の一人としても知られる。「スタッフ (登場作品)/その他」の項目も参照。
下山剛史(しもやま・たけし)
元ウィンキーソフト所属のグラフィッカー・デザイナー。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』では、戦闘アニメーション時のキャラクターカットインおよびテキストパートのイベントカットとメッセージウィンドウの顔グラフィックなどを担当。続く『魔装機神II』においては前記の担当分野に加えてキャラクターデザインも行った。河野氏のデザイナー休業にともない以降の魔装シリーズの実質的な後任キャラクターデザイナーとなっている。
他作品では、『Z.O.E 2173 TESTAMENT』、『聖霊機ライブレード』のキャラクターデザインに参加。版権シリーズでは『スーパーロボット大戦F』のグラフィックと『F完結篇』の戦闘グラフィック、そして『コンプリートボックス』で2Dグラフィックスに参加している。
庄真宏(しょう・まさひろ)
ウィンキーソフト所属のプログラマー。
『F』の攻略本ではスパロボシリーズのチーフプログラマーとしてインタビューに参加し、開発時間の都合で実装される予定のなかったカラオケモードを、最後の最後に組み込んだことが紹介されていた。
白川紋子(しらかわ・あやこ)
『R』においてオリジナルキャラクターのデザインを担当。

末村謙之輔(すえむら・けんのすけ)
コンポーザー。スタジオPJ代表。『W』と『K』にてBGM作曲を担当した。
数曲がユーザーから盗作疑惑が上がっていたが、そのうち『K』のマップ曲のひとつが、スクウェア・エニックス(旧:スクウェア)のゲーム『クロノトリガー』の「魔王決戦」、およびタイトーのゲーム『エストポリス伝記II』の「地上を救うもの」からの盗作であったとして、2009年8月19日にバンダイナムコゲームスの公式サイトに謝罪文が掲載され、協議の結果和解が成立した経緯が発表された。
なお、過去にスパロボとは別の作品で楽曲の無断使用が発覚したが、そちらも原曲の著作者と和解が成立している。
杉浦俊朗(すぎうら・としろう)
B.B.スタジオ所属のグラフィッカー・メカデザイナー。
アストラナガンゼカリアハバククエゼキエルヴァイクランディバリウム等多くのバルマーの機動兵器や、ビルトシュバイン、更に次元獣のデザインを担当している。
杉浦幸昌(すぎうら・ゆきまさ)
バンプレストの初代社長。後に経営不振に陥ったバンダイの会長に就任し、現在は定年退職している。
ポピーやバンダイ在籍時代に築いた多数の版権各社との人脈を活かし、当時業界では異例であった版権作品のクロスオーバー作品であるコンパチヒーローシリーズの発売にこぎつけた。ここからスパロボシリーズが誕生していくことになる。
杉田智和(すぎた・ともかず)
アトミックモンキー所属の男性声優。ラジオ『スパロボOGネットラジオ うますぎWAVE』のパーソナリティ。『うますぎWAVE』の「すぎ」。
スパロボシリーズのオリジナルキャラクターではブルックリン・ラックフィールドガヱン等を演じる。
鈴木幸江(すずき・ゆきえ)
アニメーター。第一線で活躍するアニメーターの一人で、主に作画監督を担当。『スーパーロボット大戦D』ではオリジナルキャラクターデザインを担当した。

セイムクリエイティブ
スーパーロボット大戦L』以降より任天堂携帯機シリーズの音楽を手掛ける音楽制作会社。担当作品は『スーパーロボット大戦L』、『スーパーロボット大戦UX』、『スーパーロボット大戦BX』など。
セガゲームス
ゲーム制作会社でセガサミーグループの一社。
2015年4月のグループ再編の際にセガのコンシューマゲーム部門とモバイルゲーム部門の子会社・セガネットワークスを併合する形で設立。
スーパーロボット大戦X-Ω』の開発および運営を担当。
千住京太郎(せんじゅ・きょうたろう)
シナリオライター。『スーパーロボット大戦MX』より参加。
個人名ではなく複数ライターによる共同ペンネームという説あり。

創通(そうつう)
広告代理店。「ヒュッケバイン問題」が発生した2006年秋頃よりOGシリーズの版権管理を行っている。イベントでのガレージキットの当日版権受諾も行っている。
  • 『ディバイン・ウォーズ』では宣伝協力でクレジットされている。
  • 『OGs』以降のゲーム作品では、SRWプロモーションチームに創通と所属する人物がクレジットされている。ただし役回りについては記載されていない。
  • 『ジ・インスペクター』では制作プロデュースを担当。

た行

高梨康治(たかなし・やすはる)
コンポーザー。『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』にてBGM作曲を担当。
ゲーム、アニメ、TVドラマと様々なジャンルで劇判音楽を手掛ける。
高宮成光(たかみや・しげみつ)
ウィンキーソフトの代表取締役。スパロボの戦闘システムを「シミュレーションゲームのプログラム」という名前で特許申請して登録されている。詳しい概要は「サイトJ-tokkyo」を参照。
新スーパーロボット大戦』ではシナリオライターも務めるが、彼の筆によって紡ぎ出されたリュウセイ・ダテの数々の迷言・珍言や、原作から大きく逸脱した東方不敗宇宙人設定は、現在に至るまでネタとして脈々と語り継がれている。2013年に魔装機神シリーズ制作シニアディレクターの座から離れる。後任は親族の高宮輝男氏。
宝木金太郎(たからぎ・きんたろう)
メカデザイナー。『スーパーロボット大戦COMPACT3』でヤルダバオトなど修羅神のデザインを担当した。
田口栄司
スーパーロボット大戦GC』(『XO』)のオリジナルキャラクターデザインを担当。
竹田裕一郎(たけだ・ゆういちろう)
脚本家。TVアニメ『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』のシリーズ構成・脚本を担当。『第2次スーパーロボット大戦OG』ではシナリオライターを担当。
故・嶋崎直登氏とは学生時代の同期で、嶋崎氏にスパロボを薦めた人物でもあった。
かつては高橋良輔氏が主宰するスタジオあかばんてんに所属し、同氏に師事していた。
田中良(たなか・りょう)
アニメーター。OVA『スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION』にてキャラクターデザインを担当。
参戦作品では『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』など。
スタッフ (登場作品)」の項目も参照。
田中伸一(たなか・しんいち)
元ウィンキーソフト所属。『旧シリーズ』及び『ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス』の曲を担当。「熱風!疾風!サイバスター!」を初め、「時をこえて」、「増援」、「ARMAGEDDON」など、今日までスパロボオリジナル楽曲の基礎を築いた人物である。
2011年には動画サイト『ニコニコ動画』にて、SFC音源にコンバートする前の楽曲を動画としてアップロードし、当時の裏話を語っている。
谷口欣孝(たにぐち・よしたか)
メカデザイナー。たにめその名でも知られる。
スーパーロボット大戦J』にて「ベルゼルート」(およびその後継機)、『スーパーロボット大戦K』にて主人公機とそのパートナー機のデザインを担当。現在はOGシリーズを中心に参加。
田野邊尚伯(たのべ・ひさのり)
メカデザイナー。PLEX所属を経て現在はフリーランスとなり、倉持キョーリューの名義で活動中。
スーパーロボット大戦Z』「エリファス」他カイメラ隊関連のメカデザインを担当。
田端紀行(たばた・のりゆき)
プログラマー。アークシステムワークス、港技研にていくつかのコンパチシリーズに関っていた。その関係からか港技研倒産後はバンプレソフト(B.B.スタジオ)に移り主にスパロボシリーズのプログラム監督などを担当している。
玉置成実(たまき・なみ)
歌手。『スーパーロボット大戦J』のイメージソングを歌っている。参戦作品では『機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の一部主題歌を担当。
ちなみに彼女のデビュー曲が『SEED』の第3期OP曲「Believe」である。
環望(たまき・のぞむ)
漫画家。スパロボアンソロジー作家の一人で現在はOG関連のコミカライズでも活躍。イーグレット・イングは氏の漫画が初出。
スーパーロボット大戦α外伝』にて「アウルゲルミル」のデザインも担当した。

千葉れみ(ちば・ - )
女優。『電視大百科』とPS版『F』・『F完結編』のCMに新人パイロット役として出演。

塚中健介(つかなか・けんすけ)
バンダイナムコゲームス所属のプロデューサー。実質的に現在スパロボシリーズの監督責任者である。インターネットラジオ「サンライズラヂオ」の監修も担当。
スパロボ以外でも『ヒーローズファンタジア』や『PROJECT X ZONE』などのクロスオーバーゲームのプロデュースを担当している。
津島直人(つしま・なおと)
漫画家。スパロボアンソロジー作家の一人。
スーパーロボット大戦α外伝』にて「ベルゲルミル」のデザインも担当した。
土屋英寛(つちや・ひでひろ)
B.B.スタジオ所属のグラフィッカー・メカデザイナー。
戦闘アニメーション制作や、「ガンエデン」関連・「雷鳳」のデザインや、ヴァルシオーネのリファイン(オリジナルデザインは故・守谷淳一氏)も担当している。
インタビューによると、守谷氏が作成したヴァルシオーネのオリジナルのドット絵やラフは、SDサイズの非常に小さなもので、情報を集めてリアルサイズに変換するのが大変だったらしい。また、コトブキヤから発売されたプラモデルでは、パッケージイラストを担当している。ちなみに『スーパーロボット大戦α』でヴァルシオーネRの戦闘アニメが凝った作りなのはこの人の仕業である。
露木篤史(つゆき・あつし)
メカデザイナー。『J』『W』『L』にてサブメカデザイナーとして参加。『UX』では主人公機のデザインを担当。
鶴田勇気(つるた・ゆうき)
フェニックスミュージック所属のコンポーザー。スーパーロボット大戦シリーズでは『L』にて作曲・編曲を担当した。

寺田貴信(てらだ・たかのぶ)
ご存知スーパーロボット大戦シリーズを統括するプロデューサー。
第2次スーパーロボット大戦G』より参加。αシリーズOGシリーズではシナリオも手がける。とにかく顔出しが多い人物で、スパロボシリーズの広報担当のような位置づけが現在でも保たれている。なお、誕生日設定がある作品で氏の誕生日である「11/11のB型」に設定すると、非常に強力な精神ばかりを持ったキャラが作れるのは、ファンの間ではあまりにも有名。
寺島慎也(てらしま・しんや)
1991年レイアップに入社。横井孝二・今石進ら両名のアシスタントとして活動した後、『新SD戦国伝 地上最強編』の後半から武者頑駄無のデザインを担当。SDガンダムファンには「てらしまん」のニックネームで広く知られている。アートは横井氏よりも今石氏の影響が色濃い。99年頃に同社を退社するも、SDガンダムやバンダイホビー事業部との縁は切れることなく、いまもなお新たなSDガンダムやキャラクターおよびメカニックのデザインを手がけている。『スーパーロボット大戦』シリーズとの関係も深い(ネオ・グランゾン、ヴァルシオーネR、バラン・シュナイル 、ディアブロなどのデザインを担当)。
氏がメインデザインを担当した『SDガンダム三国伝』が参戦する『スーパーロボット大戦UX』において、久々にオリジナルメカのデザイナーとして参加している。

トーセ
スパロボシリーズの開発担当メーカーのひとつ。『スーパーロボット大戦MX』や『スーパーロボット大戦A PORTABLE』、「COMPACTシリーズ」、「OGシリーズ」を担当。
富野由悠季(とみの・よしゆき)
アニメーション監督。言わずと知れたガンダムシリーズの生みの親で、それ以外にも多くの監督を務めた作品がスパロボに参戦している。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク』にてXAN-斬-の戦闘アニメの絵コンテを切っている。
なお参戦作品における活動については「スタッフ (登場作品)」を参照。
トリスター
スーパーロボット大戦NEO』のシナリオを担当した会社。「田渕亮」、「松田史征」の2名がスタッフロールに表記されている。

な行

中川翔子(なかがわ・しょうこ)
「しょこたん」の愛称で知られるオタクアイドル。
2007年より5ヶ月間スパロボの年間イメージキャラクターを勤め、『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS』のCFではヴァルシオーネのコスプレをした。以降も『スーパーロボット大戦W』や『スーパーロボット大戦NEO』のCFに出演している。なお、彼女にオタク趣味を植えつけた父・中川勝彦氏(故人)は歌手だが、アニメ『超力ロボ・ガラット』の主人公を演じたこともある。
中川直人(なかがわ・なおと)
シナリオライター。『スーパーロボット大戦L』や『スーパーロボット大戦UX』にサブライターとして参加した後に『スーパーロボット大戦BX』のメインライターを務めた。
中島かずき(なかじま・-)
脚本家にして出版社「双葉社」の元編集者。石川賢氏の担当編集者であったり、スパロボ攻略本やコミック、『スーパーロボットマガジン』の編集を担当したりしていた。その縁から寺田Pとは旧知の仲であり、編集者として『超機人 龍虎王伝奇』の制作を提案し、『スーパーロボット大戦A PORTABLE』の予約特典では寺田Pと森住惣一郎氏の対談に参加している。
当初は編集者として活動する傍ら脚本制作を行っていたが、2010年には双葉社を退社し脚本家専業となり、特撮作品や『天元突破グレンラガン』の脚本執筆を担当している。『第2次スーパーロボット大戦Z』では『グレンラガン』関連のシナリオに関する監修を行った。
名倉正博(なぐら・まさひろ)
B.B.スタジオ所属のゲームクリエイター。『第2次スーパーロボット大戦α』にてライターとしてシリーズ参加。代表作は『第3次スーパーロボット大戦α』、『Zシリーズ』など。Zシリーズではディレクターも兼任する。
スタッフに入る前は古参のファンサイト『スーパーロボット大戦ファン倶楽部』の常連であり(HN『ぴーまん太郎』)、そのHPで『新スーパーロボット大戦』を下敷きにしたSS『新スーパーロボット大戦改』を投稿するほどのファンだった。

沼田康博(沼田やすひろ)(ぬまた・やすひろ)
バトルロボット烈伝』の世界観設定や『GRANDREAD<グランドレッド>』の企画を担当。

は行

博多大吉(はかた・だいきち)
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人でお笑いコンビ「博多華丸・大吉」の片割れ。
スパロボシリーズのヘビーユーザーであることを公言しており、『スーパーロボット大戦V』のプロモーションタレントとして起用された。
橋口力也(はしぐち・りきや)
元ウィンキーソフト所属のメカデザイナー。
魔装機神II』以降に登場した魔装機のデザインを担当している。
畑亜貴(はた・あき)
スーパーロボット大戦NEO』など美郷あき氏の作詞を担当。
多くの人気アニメソングの作詞を手掛けてきたヒットメーカー。かつてはゲーム音楽作曲家としても活躍していた。
葉山宏治(はやま・こうじ)
コンポーザー。伝説的バカゲー『超兄貴』の音楽を担当。それ以来愛称は「兄貴」。楽曲の特徴として声も楽器として捉えたサンプリングボイスの多用があり、そのインパクト重視の曲作りからゲームミュージック界屈指の「ネタ師」とも。
スパロボにはαより参加しマップやイベント用の曲を手掛けるが、とりわけ有名なのはお得意のサンプリングボイスを駆使して自らボーカル(?)を担当した『第3次スーパーロボット大戦α』の「バラン・ドバン」のテーマ曲「我こそはバラン・ドバン」、そして『スーパーロボット大戦Z』の「ガンレオン」のテーマ曲「LAND CRASHER」、「負けないぜ!ガンレオン」であろう。
『Z』までのスパロボシリーズにおいて自身が作曲した全曲をオリジナル音源バージョンで収録したCD『負けないぜ!ガンレオン ~葉山宏治 スーパーロボット大戦オリジナル音源集~』がEGG MUSICより発売された。
原道太郎(はら・みちたろう)
声優専門の芸能事務所「青二プロダクション」のマネージャー兼音響監督。
魔装機神シリーズ」の熱心なファンであり、2010年の企画復活に辺っては声優起用に関して若いファンに浸透させるよう、青二プロダクションや他の事務所の人気・有名所の役者起用させるなど広い人脈を持つ人物である。
WEBラジオ「ボイス・スパログ 魔装機神編」の出演、及びデモンゴーレム死霊装兵など吹き替えも担当した。
春山和則(はるやま・かずのり)
イラストレーター・アニメーター。フリーになる前は東映動画やコナミに所属していた。
スパロボ関連では『NAMCO x CAPCOM』の立ち絵の一部、無限のフロンティアシリーズ及び『PROJECT X ZONE』の立ち絵及び戦闘カットインを担当。描いている絵が下着ないしパンツが見える構図であることが多いため、「パンツ先生」の通称が付いている。
バンダイナムコエンターテインメント
2008年4月1日以降のスパロボシリーズの販売元である会社。2015年3月31日までの社名は「バンダイナムコゲームス」
バンプレスト
2008年3月31日までスパロボシリーズの販売元であった会社。バンダイナムコグループが再編された後はゲームセンターのプライズ事業に専念している。
バンプレソフト
元々バンプレストはゲーム制作を外注で行っていたが、『スーパーロボット大戦α』を機に自社制作することとなり立ち上げた子会社。発足当時はバンプレストの子会社だったが、バンダイナムコグループが再編された際にバンダイナムコゲームスの子会社となった。
2011年3月にバンダイ系会社「ベック」と合併し「B.B.スタジオ」として再編された。

一二三四郎(ひふみ・しろう)
スーパーロボット大戦A』のプロットや『スーパーロボット大戦R』のシナリオを担当。

福地仁(ふくち・ひとし)
メカデザイナー。
サイバスター」以外の魔装機神グランヴェールガッデスザムジード)を筆頭に多くの魔装機デザインを手がけた。
参戦作品は『機動戦士ガンダム00』のメカデザインを担当(※同作品のガッデスは福地氏デザインではない)。
藤井大誠(ふじい・だいせい)
メカデザイナー。レイ・アップ所属。
シリーズでは『スーパーロボット大戦F』の「オーグバリュー」等ゲスト軍メカ、『スーパーロボット大戦64』の全主人公機、『スーパーロボット大戦R』の「デュミナス」関連、『スーパーロボット大戦D』のメリオルエッセ機体(ファービュラリス・ストゥディウム、ルイーナ雑魚は除く)とファートゥム第3次スーパーロボット大戦α』のアサルト・スカウターなど多くのデザインを手がける。
富士原昌幸(ふじわら・まさゆき)
スパロボのアンソロジーコミックの第一人者。
スレードゲルミル」や「真・龍王機」のメカデザインも担当。
ブレインズ・ベース
アニメ制作会社。OVA『スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION』のアニメ制作を担当。
参戦作品では『マジンカイザー』シリーズや『新ゲッターロボ』などを制作。

ベック
かつて存在したバンダイグループの開発会社。『機動戦士ガンダム外伝』シリーズなどバンダイ版権のキャラクターゲームを多数制作。スパロボシリーズにおいては『Scramble Commander』シリーズの開発を担当。
2011年3月に先述のバンプレソフトと合併し「B.B.スタジオ」へ再編された。

堀川和良(ほりかわ・かずよし)
元ウィンキーソフト所属のシナリオライター。現在は株式会社オーツー所属。
スーパーロボット大戦F完結編』を阪田雅彦氏から引き継いで担当。スーパー系に疎いのか、はたまた単なる趣味の問題なのかは定かではないが、彼の手によるシナリオはリアル系への比重が非常に大きく、他作品と比較してクロスオーバーの醍醐味に乏しいとの批判も。
また、関連作品の『リアルロボット戦線』や『聖霊機ライブレード』も担当している。

ま行

間垣亮太(まがき・りょうた)
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS』にて「ミロンガ」のメカニックデザインを担当。現ペンネームは間垣リョウタ
まちだよしひこ
サターン版『スーパーロボット大戦F』の電撃の攻略本掲載のロボット紹介イラスト。
招布(MONEGI)(まねぎ)
任天堂とハドソンの共同出資によって設立されたゲーム開発会社。
NINTENDO64のソフト開発や、サードパーティーのサポートなどを行っていた。任天堂のハードがゲームキューブに移行した後に解散している。
スパロボシリーズでは『スーパーロボット大戦64』や『スーパーロボット大戦リンクバトラー』の開発を担当し、版権の一部を有している。このため同作は複雑な版権事情を抱える事となり、リメイクやオリジナルキャラクターのOGシリーズ登場は難しいとされている。

三浦健(みうら・たけし)
サウンドグラフィティースタジオ所属のコンポーザー。スーパーロボット大戦シリーズでは『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END』にてBGMを担当した。
美郷あき(みさと・あき)
歌手。ゲームでは『スパロボ学園』イメージソング、『スーパーロボット大戦NEO』主題歌を、アニメでは『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』後期ED曲、『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』ED曲を歌っている。
水木一郎(みずき・いちろう)
歌手。JAM Projectのメンバーだったが、現在は非常勤。
数え切れないほどの曲を歌い、トレーナーとしても多くの弟子たちを育てているアニソン界の「アニキ」。スパロボのヘビーユーザーとしても知られ、スパロボ及び寺田氏との関わりも深い。『第3次スーパーロボット大戦α』からの作品の枠を越えたBGMセレクトなど、氏の提案から採用されたシステムもある。
『第3次α』では、真の霊帝「ケイサル・エフェス」役を演じた。
求められるままやっていたら口癖として認識されるようになった「ゼーット!」は『スーパーロボット大戦Z』で必然と言うべきか、タイトルコールとして採用された。
溝口綾(みぞぐち・あや)
音響・演出ディレクター。古くから音響監督としてスーパーロボット大戦に携わってきた。
前職は声優であり、『スーパーロボット大戦NEO』ではかつて自ら演じたキャラ(『獣神ライガー』・真一役)のCVとしても参加している。
三鷹重(みたか・しげる)
スーパーロボット大戦NEOのオリジナルメカニックデザイン担当者の一人。
緑川光(みどりかわ・ひかる)
青二プロダクション所属の男性声優。「マサキ・アンドー」や「アサキム・ドーウィン」役を演じている。スパログ執筆者の1人。
オンラインゲームでの廃人ぶりが喧伝されているが、スパロボもヘビーなファンである事は有名で、スパロボの「スーパーバイザー」という肩書きを持つ他、「サイバスターウイングガンダムゼロ(EW版)の戦闘アニメに口を出す」という都市伝説が、2008年に開催されたトークイベント「真夜中の宴」で本人や寺田プロデューサーの口から否定されるまで真実とされていたほど(もっとも、『α外伝』発売時に『声優グランプリ』で組まれたスパロボ特集でのインタビューで、寺田プロデューサーが「ノルス・レイの戦闘デモを見た緑川氏の『自機の戦闘もこれぐらい派手になれば』という発言を受けてゼロカスタムの戦闘シーンが派手になった」と述べていたため、口出しはせずとも少なからず影響を与えたのは確かだろう)。
スーパーロボット大戦Z』では「姫川光」の名で音響監督も担当。他にもスパロボのデバッグに参加した事がある(こちらも自分が出演していない作品にすら参加したという都市伝説がある)。
宮城光太郎(みやぎ・こうたろう)
シナリオライター。前述の阪田氏の代わりに『魔装機神F』のシナリオを担当した。
宮武一貴(みやたけ・かずたか)
メカデザイナー。スタジオぬえ所属。代表デザインは「グルンガストシリーズ」、超機人など。
参戦作では『聖戦士ダンバイン』『超時空要塞マクロス』『超時空世紀オーガス』。
現在はコンセプチュアルデザインを主に担当。河森正治監督作品のほとんどに参加。『トップをねらえ!』や、ガンダムシリーズでは『∀ガンダム』や『機動戦士ガンダムSEED』にも参加。「スタッフ (登場作品)」の項目も参照。
宮豊(みや・ゆたか)

モノリスソフト
無限のフロンティア』シリーズの開発を担当。『ゼノサーガ』シリーズや『NAMCO x CAPCOM』の開発元としても有名。
かつてはバンダイナムコゲームス(旧ナムコ側)の子会社であったが、現在は任天堂傘下にある。2007年に任天堂傘下になった後もNBGIしばらく僅かにモノリスソフト株を保有しており、デベロッパーとして幾つかのソフト開発を担当していたが、2011年12月時点にはバンダイナムコが保有していた株式が任天堂に完全に譲渡された。つまり現在は任天堂の完全子会社である。
以降もバンダイナムコゲームス販売のニンテンドー3DS用ソフトである『PROJECT X ZONE』シリーズの開発を担当している。
森木靖泰(もりき・やすひろ)
メカデザイナー。『新スーパーロボット大戦』にて「ズフィルード」のデザインを担当。参戦作品では『冥王計画ゼオライマー』『忍者戦士飛影』『サクラ大戦』など。
スタッフ (登場作品)』の項目も参照。
森住惣一郎(もりずみ・そういちろう)
元モノリスソフトのシナリオライター・ディレクター。2017年に前述の石谷氏と共にモノリスソフトを退社している。
元バンプレスト社員で、当時はスパロボシリーズのプロデューサーの一人であった。『スーパーロボット大戦A』や『スーパーロボット大戦COMPACT2IMPACT)』のシナリオも担当。軽妙かつ「アツイ」テキスト回しに定評あり。『OG』を最後にバンプレストを退社し、モノリスソフトに移籍。『OGS』で再びスタッフとして参加しているが、その空白期間の間に『OG2』の製作にも協力していた事が後に明らかになった。『無限のフロンティア』では、ディレクター・脚本・設定を手がける。『無限のフロンティア』のキャッチコピーは「ここが、無限のフロンティア。」だが、寺田氏に言わせれば真のキャッチコピーは「これが、森住惣一郎。」らしい。
やたらと拘りの強い人物で、特に作品での固有用語にドイツ語を多用する傾向にあるのが代表的。『無限のフロンティア』攻略本インタビューでは、本人も「前世がドイツ人だったんじゃないですかね」と笑って話していた。『新』に登場するパーソナルトルーパーが「R-1」と簡単な表記になっているのは「プレイヤーが覚えやすいものに」という配慮からなのだが、森住氏が『COMPACT2』でドイツ語表記を復活させてしまったため、以後の作品でも「パーソナルトルーパーはドイツ語表記」というルールが誕生することとなった。またキャラクターのビジュアルにも拘り、寺田氏に「何やねんあのヒロインは」とか「何言ってるんだてめぇ」と困った様子。
スパロボのオリジナルメカでは、一ユーザーとして遊んでいた頃からゲシュペンストが好きであると公言しており、実際に彼が設定した「アルトアイゼン」や「ヴァイスリッター」もゲシュペンストの派生機。ゲシュペンストがドイツ語なのでその派生機もドイツ語名にすると当初から決めていたという。
寺田氏からはドイツ語は程々にして欲しい」。「ネーミング方法がドイツ語か、元の読みに別の漢字を当てるか(例:月下美人⇒月架美刃)の2パターンしかない」・「脳ミソが80年代で止まっている」などと言われている。
守谷淳一(もりや・じゅんいち)
故人。元バンプレスト社員で、寺田Pの先輩にあたる人物。
社内コンペで自身がデザインした「サイバスター」や「ヴァルシオン」のデザインが採用されており、生みの親とも言うべき人物。なお、ヴァルシオーネのオリジナルとなるドット絵やラフも彼が作成したもの。

や行

八房龍之助(やつふさ・たつのすけ)
漫画家。
元々スパロボのアンソロジーに多く参加していたが、電撃スパロボ!の漫画を担当した事を契機にOGシリーズのコミカライズ(OGクロニクル)を多く担当し、公式設定として採用される。
現在はOGクロニクルの他、ディバイン・ウォーズのキョウスケ編に当たるコミカライズ『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ Record of ATX』も担当。
柳瀬敬之(やなせ・たかゆき)
メカデザイナー。
かつてはフロム・ソフトウェアに所属し『アーマードコアシリーズ』『叢 -MURAKUMO-』等のメカデザインを手がけていた。
退社後フリーランスとなり『スーパーロボット大戦J』にて初参加、ラフトクランズ(J)、「ヴァルホーク」や「ヴァルストーク」(W)などを手がける。
参戦作品では『機動戦士ガンダム00』のメカデザインを担当。
山田耕治(やまだ・こうじ)
B.B.スタジオ所属のコンポーザー。スーパーロボット大戦シリーズでは『スーパーロボット大戦OG ダークプリズン』、『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END』にてBGMを担当した。
山田理一郎(やまだ・りいちろう)
セガゲームスのプロデューサー。『スーパーロボット大戦X-Ω』のプロデュースを担当。
山野辺一記(やまのべ・かずき)
株式会社エッジワークス代表取締役。『スーパーヒーロー作戦』『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』で脚本を担当した。
スパロボ登場作品では『蒼穹のファフナー』の前半の脚本、シリーズ構成を担当している。
山根理宏(やまね・まさひろ)
スーパーロボット大戦L』においてオリジナルメカニックデザインを担当した他、TVアニメ『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』にキャラデザ・メカデザの一人としても参加している。
参戦作品における活動は「スタッフ (登場作品)」を参照。

横井孝二(よこい・こうじ)
SDガンダムシリーズのメインデザイナー。同作の生みの親として紹介されることが多い。
かつてはレイ・アップに所属し、スパロボシリーズのSD監修やパッケージデザインを努めていた。ウィンキー時代のパッケージのパロディ要素は全てこの人の仕業。
吉野修広(よしの・のぶひろ)
メカデザイナー。PLEX所属。
『第3次スーパーロボット大戦α』にて各ヴァルク・シリーズのデザインを担当。

ら行

レイ・アップ
スーパーロボット大戦シリーズのデザインワークを担当している会社。
「デザインワークス」というと様々なことが含まれるが、「原作アニメのロボットたちをスーパーデフォルメしたデザインを作っている」が一番大きいだろう。本家本元の「SDガンダムシリーズ」のデザインもここが担当している。
かげやまいちこ、藤井大誠などが所属。旧所属は横井孝二、河野さち子など。
レッド
スパロボシリーズの広報スタッフの一人で、『第3次Z』より参加。主に公式twitterにおける制作報告などで活動。

わ行

渡辺宙明(わたなべ・みちあき)
作曲家。70年代より現在まで膨大な量の楽曲を輩出したアニメ・特撮音楽の第一人者にして重鎮。
スパロボ関連限定では『マジンガーZ』『グレートマジンガー』『鋼鉄ジーグ』『合身戦隊メカンダーロボ』『最強ロボ ダイオージャ』『光速電神アルベガス』『戦え!! イクサー1』『マシンロボ クロノスの大逆襲(後期のみ)』『破邪大星ダンガイオー』『神魂合体ゴーダンナー!!』と、計10作品もの主題歌・挿入歌・劇伴(BGM)を担当し、圧倒的な存在感を発揮。
更に『スーパーロボット大戦F』『スーパーロボット大戦α』『第3次スーパーロボット大戦α』ではイメージソングやスーパー系主人公用のBGMを新たに提供するなど、1925年生まれという年齢を感じさせないパワフルさを見せつけている。スパロボではEDのスペシャルサンクスに名を連ねている常連でもある。
ちなみに息子の渡辺俊幸氏もさだまさしのプロデューサーを務めるほか、ドラマ、アニメ(スパロボ参戦作品では『機甲戦記ドラグナー』など)などで活躍する作曲家である。
スタッフ (登場作品)」も参照。
渡邉亘(わたなべ・わたる)
B.B.スタジオ所属のグラフィッカー・デザイナー。
元はウィンキーソフト所属であり、魔装機神シリーズのキャラクターデザイナーとして、『III』以降の新規キャラクターのデザインを担当。
ウィンキー解散後はB.B.スタジオへ移籍し『スーパーロボット大戦X-Ω』のオリジナルキャラクターデザインや、『スーパーロボット大戦V』のオリジナル主人公のキャラクターデザインを担当。
亙重郎(わたり・じゅうろう)
SEGA所属のゲームクリエーター。
電脳戦機バーチャロンシリーズ』のプロデュースを一貫して手がけた、同シリーズの生みの親とも言える人物。
スパロボに同シリーズが参戦するときは監修を一手に引き受けることで知られる。プロットや戦闘台詞まで書き下ろすなど、版権提供元の枠をこえてスパロボ製作スタッフとして大きく関わっている。