スーパーロボット大戦X

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
  • 読み:スーパーロボットたいせんエックス
  • 発売日:2018年3月29日
  • 機種:プレイステーション4 / プレイステーション・ヴィータ
  • 開発:B.B.スタジオ
  • 発売:バンダイナムコエンターテインメント
  • 定価
    • PS4 通常版 パッケージ・ダウンロード 8600円+税
    • PSV 通常版 パッケージ・ダウンロード 7600円+税
      • PS4 期間限定生産版 パッケージ・ダウンロード 12600円+税(5月31日まで生産・配信)
      • PSV 期間限定生産版 パッケージ・ダウンロード 11600円+税(5月31日まで生産・配信)
  • 前:スーパーロボット大戦V(PS4/PSV)
  • 次:

概要[編集]

2017年12月11日に配信された「鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会」にて正式発表された。

B.B.スタジオの前作『V』に引き続き、PS4/PSVのマルチプラットフォームとなっている。また『V』に引き続き、限定版「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」が発売される。継続して参戦している作品の楽曲は、『V』と異なる選曲もある。

制作チーム及び一部参戦作品は『V』と共通するものの、続編というわけではなく、本作単独でストーリーが完結することが事前アナウンスされている。

『V』同様に初回生産分には「初回4大特典」を入手できるプロダクトコードが封入されており、更にダウンロード版のみ「ダウンロード版購入プレゼントX」が追加される。

システム[編集]

エクストラアクションやスキルルートによるパイロット養成など、基本システムは『V』のものを概ね踏襲したものとなっている。

参戦作品[編集]

★は新規参戦。

聖戦士ダンバイン New Story of Aura Battler Dunbine』・『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』・『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』・『マジンカイザー(オリジナル版)』・『真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』は機体のみの参戦と発表されているが、『鋼鉄の7人』はキャラクターも登場する。

据置機種向けの版権作品登場系スパロボでゲッターロボシリーズが欠席となったのは初。

『ベルトーチカ・チルドレン』・『マジンカイザー(オリジナル版)』は参戦作品一覧に記載されるのは初だが、新規参戦作品には入っていない。

また、『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』よりマサキ・アンドーサイバスターがゲストとして登場する。早期購入特典を適用している場合は、序盤から使用可能となる。

「鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会」では、タイトルにXの付く作品がないことを指摘されていた[1]。これも『V』同様、参戦作品が決まってからタイトルが付いたという事情が明かされている。

プレミアムアニメソング&サウンドエディションのみ『新機動戦記ガンダムW』・『コードギアス 反逆のルルーシュ』名義の楽曲が収録される。

カスタムサウンドトラック機能が強化され、収録曲に限りサビなど好きな所から再生する事が可能になった。

世界観[編集]

世界観/Xを参照。

用語[編集]

アル・ワース
本作に登場する、智の神が守護する異世界。寺田氏曰く、各作品の面々がアル・ワースに召喚される展開になるとの事。

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

分類 記事
全話一覧 全話一覧/X
隠し要素 隠し要素/X
精神コマンド 精神コマンド/X
強化パーツ 強化パーツ/X
特殊能力特殊技能 特殊能力/X
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/X

資料リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 厳密には、「クロスボーン・ガンダム」シリーズのタイトルロゴには大きく「X」が用られている。