機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
ベルトーチカ・チルドレン
著者 富野由悠季
出版社 角川書店(後のKADOKAWA)
レーベル 角川文庫
発売日 1988年2月20日
巻数 全1巻
シリーズ

ガンダムシリーズ

次作 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
初クレジットSRW スーパーロボット大戦X
テンプレートを表示

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』は富野由悠季氏が執筆した小説

概要[編集]

富野由悠季氏による『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の初期案をベースにした小説。大筋は劇場版に沿いながら、登場人物やモビルスーツなど一部に変更が加えられているのが特徴。小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は劇場版からの続編ではなく、本作の結末から続くストーリーとなっている。

『月刊ガンダムエース』において2014年から2018年まで「さびしうろあき」と柳瀬敬之のタッグによって漫画化された。

登場人物[編集]

劇場版と共通の登場人物については『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の記事を参照。

ベルトーチカ・イルマ
本作のヒロイン。アムロ・レイの恋人で、彼の子供を妊娠している。なお、劇場版の恋人であるチェーン・アギは登場しない。
メスタ・メスア
劇場版のナナイ・ミゲルにあたる人物。
グラーブ・ガス
劇場版のギュネイ・ガスにあたる人物。

登場メカ[編集]

劇場版と共通の機体については『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の記事を参照。また、スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

Hi-νガンダム
劇場版のνガンダムの代替機。小説版では「Hi-νガンダム」ではなく「νガンダム」という名義で登場している。
MSVではνガンダムの発展機として設定された。
ナイチンゲール
劇場版のサザビーの代替機。MSVではサザビーの発展機として設定された。
サイコ・ギラ・ドーガ / サイコ・ドーガ
劇場版のヤクト・ドーガの代替機。2機登場するが、両機ともにグラーブが搭乗している。
作中では「サイコ・ドーガ」という名前で登場するが『CCA-MSV』に同名の別機体が存在する為、差別化のために本機を「サイコ・ギラ・ドーガ」としている資料が多い。

登場作と扱われ方[編集]

スパロボでは『逆襲のシャア』のキャラクターを本作の機体に搭乗させるためだけに参戦している。『X』以前の作品では劇場版名義でのMSV設定になっており、『ベルトーチカ・チルドレン』として参戦を果たしたのは『X』が初となる。だが『X』以降も機体のみの参戦で、ストーリー再現が行われたことはない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
隠し機体としてHi-νガンダムが初登場。
第2次スーパーロボット大戦α
引き続きHi-νガンダムが隠し機体となっている他、条件を満たすことで最終決戦におけるシャアの乗機がナイチンゲールに変化する。
第3次スーパーロボット大戦α
終盤にHi-νガンダムが隠し機体として入手できる。また、ナイチンゲールも没データとして残っている。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
ゲーム中には登場しないが、没データが存在している。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
中盤の終わり頃になってHi-νガンダムとナイチンゲールが入手できる。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
機体のみ参戦。初めて参戦作品として正式にクレジットされた。今までのゲスト出演もカウントされているのか、新規参戦作品とは扱われていない。
スーパーロボット大戦T
機体のみ参戦だが、ベルトーチカが子を宿すなど一部の原作設定が採用されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
機体は登場していないが、逆襲のシャアシナリオを通ると、アムロがベルトーチカを「ベル」と呼んだり、アクシズ落とし阻止の為に三段構えの攻撃をしたりするなど、『ベルトーチカ・チルドレン』由来の要素が出ている。
スーパーロボット大戦X-Ω
『X』発売記念としてHi-νガンダムとナイチンゲールが参戦。
公式サイトの参戦作品一覧には名前がないが、公式攻略wikiでは『逆襲のシャア』と同じ第1期参戦作品に分類されている。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
スパロボに先駆けてHi-νガンダムとナイチンゲールが登場した。

商品情報[編集]

小説版[編集]

漫画版[編集]