α・アジール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
α・アジール
読み アルパ・アジール
外国語表記 Alpha Azieru
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 NZ-333
頭頂高 58.4 m
全高 108.26 m
本体重量 128.6 t
全備重量 267.4 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 19,830 kW
推力

933,500 kg×1
468,000 kg×2
87,000 kg×4

総推力
2,217,500 kg
アポジモーター 31
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 23,800 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
乗員人数 1人
パイロット クェス・パラヤ
テンプレートを表示

α・アジール」とは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場メカ

概要[編集]

ネオ・ジオン軍のサイコミュ対応機動兵器を参考にして開発された、ニュータイプ専用巨大モビルアーマーサイコフレーム開発前の総帥専用MS(サザビー)開発プランの一つを流用したという設定がある。

分類は強襲型であり、下半身には、脚部のような形状の2層式のプロペラントタンクと推進器が一体となったシュツルムスラスターユニットを装備し、驚異的な加速性能で戦場に逸早く辿り着き、燃料を使い切ったらデッドウェイトにならないように破棄する事も出来る。

劇中ではクェス・パラヤの乗機となり、ロンド・ベル隊の多数のジェガンを撃墜し、アムロ・レイνガンダムギュネイ・ガスヤクト・ドーガと二人掛かり追い詰めたがフィン・ファンネルが真の性能を発揮すると敵わず、逆にギュネイは戦死、α・アジールは首元部分を損傷してしまう。その後、クェスはアムロを追ったが、ハサウェイ・ノアのジェガンと接触した直後、チェーン・アギリ・ガズィが放った二回目の腰部グレネード攻撃が首の損傷部位に直撃、ハサウェイを庇う形で撃墜される。

小説版『ベルトーチカ・チルドレン』においては、クェスがネオ・ジオンに参加してすぐにこの機体に搭乗しておりヤクト・ドーガには搭乗しない。初陣では実父アデナウアーの乗った敵艦を乗っているとは知らずにファンネルで沈めている。最期はアムロとシャアの戦いに割って入り、アムロをνガンダムごと機体の重量で押し潰そうとした所をハサウェイのジェガンから放たれたビームライフルがコックピット部分に直撃し撃破されている。

登場作品と操縦者[編集]

原作の設定において特徴付けられている加速性能よりも、ゲーム中のMAらしく高いHPによる耐久力の方が目立つユニットとなっている。

2019年現在、自軍で使用できるのは『初代』・『COMPACT』・『第3次Z天獄篇』・『V』・『X』・『T』の6作品。敵としてはクェスだけでなく、ギュネイや『逆シャア』以外の宇宙世紀作品のニュータイプ強化人間も乗っていることがある。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
FC版のみ登場。ラストバタリオンの一員としてクェスが乗り込む。射程の長さと耐久力はトップクラス。
第3次スーパーロボット大戦
クィン・マンサを一回り強くした中ボスクラスのユニット。『Ζ』のロザミア、『ΖΖ』のイリア、『F91』のザビーネ、オリジナルのDC強化兵が乗る。シナリオ「ゼダンの門」では4機も相手にしなければならない。射程9のファンネルを持つため、リアル系は無理をせずスーパー系で畳みかけるのが吉。耐久力は低い。イリア機は撃墜するとキャラ説得が出来なくなってしまうので撃墜してはいけない。
第4次スーパーロボット大戦S
強化人間用最強の機体。マップ「月の裏側」にてイリアが『第3次』に引き続いて搭乗。さらに『ΖΖ』のギーレン兄弟も乗り込み、イリアと共に登場する。
マップ「ゲストとインスペクター」でも条件次第でゲーツが乗り登場。ロザミアを仲間にする為には予め倒しておく必要がある。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
1stのシャリア、ΖΖのイリア、ジオン強化兵が搭乗。ビグ・ザムの護衛に4機出現するなど量産されている。回避率が高いユニットで対抗すれば恐れるほどではない。クェスはPVでは搭乗していたが、本編では乗らない。
第2次スーパーロボット大戦α
クェスだけじゃなくギュネイも搭乗。命中率と回避率が高く、全体攻撃のファンネルが痛いが、これでも前座。手早く確実に仕留めよう。ハマーンと休戦した場合、ネオ・ジオンとの最終決戦が地球になるので2人ともα・アジールを乗り捨てて(もしくは破壊される)ヤクト・ドーガに乗り換える。ハマーンと休戦を断った場合はネオ・ジオンとの最終決戦が宇宙なので、当然本機体にそのまま搭乗。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
終盤も終盤の57話「シャア・アズナブルの真実」にてクェス機として登場。なお、今作のクェスは一時参戦のほか、条件次第で終盤の戦いで味方になるが、本機は破壊されてしまっておりクェスはヤクト・ドーガに搭乗する。
HPが74000と高く打たれ強い……ように見えるが、実は直前に戦うギュネイのヤクト・ドーガと比較すると、パイロットの防御で劣り、さらに装甲値も劣る(ヤクトは1600+上げ幅60×4段階で1840、アルパは1500+上げ幅70×4段階で1780)。さらにクェスはギュネイと違い「ガード」がある代わり「底力」を持っていないため、いくら殴ってもガードの分しか硬くならない。サイズ差補正無視があれば、避けない分むしろヤクト・ドーガより戦いやすい。
ついでに今回は特殊能力を一つも持っていない。ただ、ファンネルの宇宙適応はSなので、うっかり食らうとマジンガーやゴッドマーズでも痛手を食らいかねない。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
条件を満たせば第33話のトレーダーで販売され購入すれば自軍でも使用可能になる。初代HDリメイク版を除けばCOMPACT以来久々に味方側で使用可能な作品。ただ、プロペラントタンクが付いていない。
低燃費かつ高威力の全体攻撃を二つ所持しているが、敵に隣接されると単体攻撃しか使えないので注意。また、例によって宇宙以外の地形適応が劣悪なので地上で出撃させる際は強化パーツが必須となる。
装甲が厚くサイズも大きい(戦艦なみの2Lを誇る)ため耐久力に優れるのがウリ。ただし、Iフィールドは持っていない。デフォルトの機体がパッとしないカツやハサウェイ辺りを乗せておくのも手。
なお、今回の機体はマウンテンサイクルで発掘された機体で時獄篇で破壊されたものとは別機体である。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
原作と同様でクェスが搭乗。シャア(クワトロ)は中盤味方側にいる為、クェスはグレミーの部下として登場する。耐久力と、ファンネルの威力は健在。さらに移動力が11もある。クェスを説得すると味方ユニットとして運用が可能である。宇宙専用のユニットなので通常は地上では使えないが、ミノフスキークラフトをつければ地上でも活躍できる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
隠しシナリオで原作通りクェスが搭乗。撃墜せず、シャアを倒してもクリアは可能。
スーパーロボット大戦IMPACT
上記と同じくクェスが搭乗。相変わらず強力なユニットで、耐久力とファンネルの威力は健在だが、本作ではヤクト・ドーガの方が強い。COMPACT2同様に撃墜せずにシャアを倒してもクリアは可能なので、無視するのも手。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ハマーンの護衛に2機登場。同作にはクェスは登場しないため、ジオン強化兵が乗る。ファンネルの射程に穴があるので、そこを攻めよう。100m級の同機がアクシズ内部で使えるのかは永遠の疑問だが、もっとデカいのもいるどころか戦艦もいるので気にしたら負け。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
HPは雑魚敵の中でも最高の98000を誇り、出現数も『A』より1機多い3機となっている。一方で屋内マップで戦うにも関わらず地形適正が空B・宇Sという涙目仕様。サイズも手伝って命中・回避とも振るわず、ヤクト・ドーガなどと比べると硬くて面倒なだけに思えるかもしれない。同マップで戦うハマーンのキュベレイ(陸A・宇S)など、本作は折角の地形適正を生かしきれない配置をされる敵ユニットがちらほらいる。
スーパーロボット大戦R
逆シャアルート第4話に登場。原作通りクェスが乗る。ガンダムMk-IIIを入手するためにはチェーンで倒す必要があるが、普通にクリアするだけなら倒さずにパスすることも可能。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
宇宙ルート第38話でロニが乗って登場。なお、条件を満たすと入手できる。
性能的には『第3次Z天獄篇』とほぼ変わらず、2Lサイズも含めた高い耐久力と攻撃力が魅力だが、移動後攻撃が貧弱で、Lサイズゆえに回避も安定しないという欠点がある。ニュータイプかつ底力を持っていて、デフォルトの乗機があまり良くないシャングリラ組か、高HPを根性で活かせて集中を持たないハサウェイに譲るのがベターか。レスキューユニットを装備させて、プルマリーダのような、戦闘能力は高いが精神コマンドがサポート向きのパイロットを乗せて『雑魚を倒しつつ修理・補給・精神コマンドでサポートする機体』にしたり、ファのような完全なサポート向きのパイロットを乗せ、『戦いに巻き込まれてもそれなりに戦える修理・補給機』にするのも面白い。いずれのパイロットを乗せる場合も、ある程度戦うならばヒット&アウェイは習得させておきたい。
スーパーロボット大戦X
クンの乗機として登場。本作ではジット団がヘルメスの薔薇から再現したためか、ファンネルの必要スキルが削除され、ニュータイプ技能無しのクンでも使用できる(プルツー曰く、機械制御のまがいものファンネル)。
条件を満たすとクンが使っていた本機を入手する。味方仕様でもNT技能無しでファンネルを撃てる(『Gレコ』勢もそれぞれ台詞が収録されている)。NT技能による射程延長はできないため、NT技能を持つ『宇宙世紀』勢よりも持たない『Gレコ』勢を乗せた方が性能的に役に立つ。
ジェガンやヤクト・ドーガとは違い、味方α・アジールの基本BGMは「MAIN TITLE」のまま。
スーパーロボット大戦T
各ルートの第45話にてクェスが搭乗して敵として登場。フラグを満たすとクィン・マンサと共に自軍での運用が可能に。ファンネルに関しては、『V』同様の仕様に戻されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
初登場作品。射程6のファンネルと、耐久力の高さから中ボスクラスの能力がある。なお、説得をして成功すると仲間にする事が可能。
HDリメイク版でも移動力と素早さは低いが、スーパーロボットを凌駕したHPと防御、高火力のメガ粒子砲、水中戦に対応したファンネルが魅力。移動力や素早さ、武器の命中率などを補強してやれば十分主力としてやっていける優良機である。
新スーパーロボット大戦
原作と同様でクェスが搭乗。シナリオ「逆襲のシャア」で対峙する。機体能力はサザビーとほぼ互角。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
原作と同様でクェスが搭乗。命中率と威力の高いファンネルで苦しめられる。

関連作品[編集]

SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ステージ2「月面基地」のボス。2機のファンネルを自分の周囲に回転させつつ、ビームを撃ってくる。
シャッフルファイト
ザクバランクロイツ四天王最後の1人にして第5章のステージボス。帝国軍の宇宙要塞ア・バオア・クーを死守するべく反乱軍を迎え撃つ。3桁のHPを誇る上に攻撃力・素早さにも秀でた強敵だが、しっかりと少女の口調で台詞を発する。
バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
かつて機動族が使用した兵器「α・アジールの頭」が登場する。
ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
最終ダンジョンにザコ敵として登場する。単体でしか出現せず見た目もボス敵と同じく大型サイズ。他のザコより豊富なHPを有し、全体攻撃で畳み掛けてくる強敵。
ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
ネオ・ジオン所属の中ボス。偽のコロニーレーザーを守っていた。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

バルカン砲
頭部に4門内蔵。
有線サイコミュ式メガアーム砲
両肩に有線式の5連装ビーム砲を装備しており、オールレンジ攻撃を仕掛ける。
メガ粒子砲 / ハイメガ粒子砲 / 拡散メガ粒子砲
口部に強力なビーム砲を備える。集束と拡散の切り替えが可能。
ファンネル
腰回りに大型ファンネルを9基装備。ジェネレーターを内蔵しているので実質的な分類はビット。

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動。
Iフィールド
対ビームバリア。前述のように、本当に装備しているかは判然としておらず、ゲームでも搭載されていたりされていなかったり。近年の作品では搭載されていないのが通常となっている。[1]

移動タイプ[編集]

第2次』とアクシズ面でのみ飛行可能。本来は運用自体が不可能なのだが…。他の作品では宇宙専用。
他の作品でも、全般的に地形適応の悪さが目立つため、フォローは必須。いっそのこと、ランドモジュールを装備させて地面を歩かせた方が良いかもしれない。

サイズ[編集]

L
2L

カスタムボーナス[編集]

移動力+1、装甲値+500
『第3次Z天獄篇』、『V』、『X』、『T』で採用。

機体BGM[編集]

「翔べ!ガンダム」
初代にて。
「颯爽たるシャア」
第4次』のマップ「月の裏側」にて、第三勢力(黄軍)としてゲストと戦闘した際に流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。
「MAIN TITLE」
第3次Z天獄篇』『X
「SALLY」
V

対決・名場面[編集]

リ・ガズィ
アクシズへ向かったアムロを追うクェスだったが、そこにジェガンに乗るハサウェイが現れる。ハサウェイはクェスを取り戻そうと必死で説得するが、クェスは彼を拒絶。その時、チェーンリ・ガズィが放ったグレネードランチャーに、クェスはハサウェイのジェガンを庇う形で、宇宙に散った。そして、ハサウェイはクェスを亡き者にしたチェーンを衝動的に殺害。結果的に死人に引っ張られる形となり、また同じ過ちを繰り返してしまうのだった。

関連機体[編集]

ノイエ・ジール
本機の基となったとされる機体。デザイン的にはノイエ・ジールの方が後発。
ネオ・ジオング
本機体の発展型。各所に共通するパーツが組み込まれている。
ナイチンゲール
本機と同型のファンネルを搭載している。
サイコ・ドーガ
『CCA-MSV』に登場。本機のプロトタイプであり、全長は29.2mと(他のMSに比べれば大きいが)半分以下のサイズとなっている。SRW未登場。
ベルトーチカ・チルドレン』に登場するヤクト・ドーガの代替機としてのサイコ・ドーガと名称が重複しているため、あちらを『サイコ・ギラ・ドーガ』と呼称する場合もある。
β・アジール
『CCA-MSV』に登場。巨大なブースターを装備した本機の発展型。手足の無いナイチンゲールがそのまま大きくなったような姿。SRW未登場。
ゼロ・ジ・アール
『機動戦士ガンダムC.D.A. 若き彗星の肖像』に登場。本機の源流にあたるとされ、意匠にも一部共通点が見られる。SRW未登場。
エビル・ドーガ
『SDガンダム Gジェネレーションゼロ』に登場。クロスボーン・バンガードが本機のデータを基に開発したニュータイプ専用MA。SRW未登場。
アハヴァ・アジール
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』(未参戦)に登場。サイコフレームの前身技術のテストベッド機として開発されたが、未完成のままアクシズに放棄されていた。

余談[編集]

  • 初期企画の名前は「ネオ・ジオング」。この名前は後にOVA『機動戦士ガンダムUC』で別の機体に使用された
  • ここの説明も含めて、よく「(あんな巨体で)グレネードの一発で沈んだ」とネタにされる事の多い機体だが、作中ではその前にνガンダムとの戦闘で同じ箇所をビームライフルで撃たれ損傷しているシーンがあり、ハサウェイジェガンが取り付く場面でも同箇所が機能不全を起こし火花を散らしているなど、きちんと伏線は張られている。
…もっとも、そんな箇所にピンポイントで直撃するなんてご都合主義すぎると言われればその通りかもしれないが。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 【MS大図鑑 PART.3 アクシズ戦争編】によれば胸部にIフィールド発生装置が搭載されていると説明されており、ロンド・ベル隊のジェガンからの攻撃にはビクともしていなかった。しかし首元をνガンダムにビーム・ライフルに狙撃された際は直撃を受けて損傷しているのが確認できるため、結局真実は謎のままである。