ガンプラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガンプラ(Gunpla)とは、株式会社BANDAI SPIRITSが販売するガンダムシリーズのプラモデルの略称およびブランド名。

概要[編集]

機動戦士ガンダム』の放送終了から半年後に展開が始まった商品で、1980年7月から今日まで途切れることなく販売が続けられているロングセラー商品。2019年4月時点で累計出荷数5億個を突破している。

特に初期はMSVと呼ばれる様々なモビルスーツのバリエーション展開が人気を博し「ガンプラブーム」も発生、発売後たちまち売り切れが続出する事態にもなった。これらの展開が後に作品にも取り入れられ、ガンダムシリーズとガンプラは切っても切れない関係となっていった。

現在では1/144スケールの「HG(ハイグレード)[1]」、1/100スケールの「MG(マスターグレード)」、1/60スケールの「PG(パーフェクトグレード)」、1/144スケールでMG並のギミックを取り入れた「RG(リアルグレード)」といったグレード分けを行って展開中。この他にも様々な商品が展開されており、旧商品も一部絶版品をのぞいて定期的に再販が行われている。

ガンプラ自体を題材とした作品も漫画作品を中心に展開され、『プラモ狂四郎』(SRW未参戦)をはじめとするガンプラバトルを題材とした作品が多数生み出された。あくまで漫画での展開が主であったが、2010年にはガンプラ30周年を記念し『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』(SRW未参戦)で初めてアニメ作品でガンプラが題材とされる。その後、2013年に放送された『ガンダムビルドファイターズ』が人気を博し、ガンプラ自体の売り上げ向上にも繋がり、以降『ガンダムビルドシリーズ』として2019年現在も後継作『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』(SRW未参戦)で展開が続いている。

SRWにおいては『OE』にてリアルPGガンダムが初のガンプラを元にしたユニットとして登場。『X-Ω』にて前述の『ガンダムビルドファイターズ』が正式参戦し、多数のガンプラが登場することとなった。

SRWに登場したガンプラ[編集]

リアルPGガンダム
SRWに初めて登場したガンプラにして唯一『ケロロ軍曹』名義での参戦。
軍曹クルルから預かってきた「道具」で「PG 1/60 ガンダム」を巨大化した機体。劇場版で登場したものが元ネタだが、そちらは1/100だったので実質SRWオリジナル機体。
ビルドストライクガンダム
ガンダムビルドファイターズ』の主役機。ストライクガンダムベース。
スタービルドストライクガンダム
ビルドストライクが強化された姿。
ベアッガイIII
アッガイベース。
チナッガイ
コウサカ・チナがベアッガイIIIのコスプレをしたガンプラ。
キュベレイパピヨン
キュベレイベース。
ケンプファーアメイジング
ケンプファーベース。
ウイングガンダムフェニーチェ
ウイングガンダムベース。
ガンダムX魔王
ガンダムエックスベース。
戦国アストレイ頑駄無
アストレイレッドフレームベース。
グフR35
グフベース。
ガーベラ・テトラ (キララ専用)
ガーベラ・テトラがベース。
すーぱーふみな
『GBF-T』のヒロイン、ホシノ・フミナをモデルにしたガンプラ…というよりもはや可動フィギュア。いわゆる「MS少女」の公式化。後に同系列の商品が多数展開される事になった。
はいぱーギャン子
『GBF-T』の登場人物サザキ・カオルコをモデルにしたガンプラ。

余談[編集]

  • 基本的にほとんどの商品の製造は静岡県静岡市にある「バンダイホビーセンター」にて行われている。工場見学ツアーも開催されている。
  • 劇中における色違いの機体や改修機を再現したバリエーション(俗に言う「カラバリ」「リデコ」商品)が非常に多い事でも有名。リデコに至っては、SDガンダムシリーズや『ガンダムビルドファイターズ』で登場した派生機体のリデコという形で元々の機体の商品を出すという「逆リデコ」とも呼べる展開も見られている。
    • また、ランナー金型流用の都合でリデコ商品では余剰パーツが出る事が多く、中には元となった商品をほぼそのまま組めたり出来るなど、結果的に元々の商品を買うよりも得をするケースも見られている。
  • 実は市販品のプラモデルの中でも高い成形精度を持っており、多色成形やランナー状態である程度組み上がっているフレームパーツなど様々な新技術が投入されており、他の商品にも活かされている。
    • その際たるものが2018年に展開の始まった「Figure-riseLABOシリーズ」。キャラクタープラモデルで層の厚みだけでグラデーションを表現するなど狂気的な手法で話題となった。
  • 実はガンプラ以前に販売されていたプラモデルは、ネジやボルト等金属パーツを使っている物が多く、ドライバー等の工具も必要であった。
    • 当のガンプラも一部の商品では金属パーツを使用したものが見られている。

資料リンク[編集]

リンク[編集]

公式サイト

脚注[編集]

  1. 作品の世界観に応じたタイトルが付けられるのが通例となっており、宇宙世紀系の「HGUC」アフターコロニー系の「HGAC」や『ビルドファイターズ』系列の「HGBF」などが存在する。