2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

MSV

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ガンダムシリーズ』の劇中に登場しない設定のみのモビルスーツ群。またはそれらモビルスーツ群の模型や設定、資料集を総称した作品群。「モビルスーツバリエーション」(Mobile Suit Variation)の略称。

概要[編集]

始まりは1stガンダム放映終了後にモデラー[1]たちが、「アニメには姿を現さなかったモビルスーツ」を思い描き、ガンプラを改造して自作した事である。これらは今なら非公式となるものだが、当時は設定がほぼ白紙で懐が広く、様々な設定を取り入れていく過程にあった。そのような背景もあって、ガンプラの製造・発売をしているバンダイが中心となり、これらのMSは実際にプラモデルとして発売されるに至った。今では模型誌とのタイアップで、アニメと並行して新機体が出る事が多い。

それぞれのプラモデルのハンドブックには、そのMSの活躍などが書かれており、これがいわゆる「外伝」作品の走りとなった。これらの外伝はガンダムシリーズをより奥深いものにするとして、アニメファンやモデラー、アニメを製作したサンライズ双方から好意的に受け入れられる事となる。結果、その人気から1stガンダムの後番組企画案まで生まれたが、『機動戦士Ζガンダム』の製作が決定されてしまったため、アニメ化は立ち消えてしまった。しかし、一部の案は『Ζガンダム』劇中でも採用されており、アニメでその姿を見る事が出来る。また、OVA版『機動戦士ガンダムUC』にも一部の機体がファンサービス的に登場している。

MSVを設定するにあたって名前のあるパイロットが付加されることがある。表に出なかった機体を駆り活躍するという性質上、エースとして設定されることが多い。作品によっては主人公やライバルを上回る活躍が設定されていることがあり[2]、余計な後付設定などとして批判されることがある。有名なパイロットとしてはジョニー・ライデンやシン・マツナガなどがいる。ガンダムシリーズのゲームで何度も登場するなどして有名になっている人物もおり、世界観を広げるための重要な要素である。

一方でパイロットや機体の明確なストーリーは描かれず、読者に行間を読ませ、想像力に委ねる作風になっている。その結果、膨らませたイメージが人によって異なり、先に挙げたジョニー・ライデンを例にとると、「キシリア・ザビを敬愛していた」作品の他に「ザビ家が嫌いで人前で平然と批判していた」という正反対の人物像が描かれてしまっている。逆に明確なストーリーを描いた作品は『機動戦士ガンダムF90』や『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』のように作品名に「MSV」の名が付かない[3]ので、外伝作品として扱われる。

現在も継続しており、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』や『UC』、『機動戦士ガンダムAGE』のMSVも企画された。

スパロボにおいて[編集]

アニメ劇中に登場するMSの改造・後継機として本来乗らないパイロットに与えられるケースや、名ありのパイロットの専用機として登場するケースが多い。ただし出典作品はMSVでなく、対応するアニメとなっており参戦作品一覧にも掲載されない。逆にこれを出典とする人物はほとんどいない(正史では出会わない事がほとんどなので当然といえば当然か)。

スーパーロボット大戦W』は特殊な事例で、『SEED MSV』のメカが、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』を出典作品としている(『ASTRAY』にも登場している機体が多いため、全くの間違いでもない)。また、MSVが初出、あるいは設定の多くがMSVで作られたキャラクターの、シホ・ハーネンフースモーガン・シュバリエが登場しているのも『SEED MSV』あるいは『W』ならではである。

Zシリーズ』始動前後、アニメ本編に登場した機体を優先しているのか、戦闘アニメの作業量が増えて機体数を増やせなくなったのか、『W』を最後にアニメ未登場・MSV由来の機体が登場せず[4]久しかった。ただし初代スパロボのHDリメイクにフルアーマーガンダムが追加、『スーパーロボット大戦X』にもHi-νガンダムナイチンゲールが大元の小説ベルトーチカ・チルドレン』名義で参戦しており、ペースは落ちているものの採用は続いている。

スパロボに登場したMSVの機体[編集]

括弧内は該当する本編作品であり、SRWでの出典作品である。

MSV(機動戦士ガンダム[編集]

Ζ-MSV(機動戦士Ζガンダム[編集]

CCA-MSV(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集]

下2つは小説機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』でνガンダムサザビーに相当した機体を、発展型としてMSVに組み込んだもの。

M-MSV(複数の時代)[編集]

頭のMは「MISSING(ミッシング)」の略で、当時は秘匿されたが後年になって公開された、失われたMSという設定。雑誌連載時は「大河原邦男コレクション」のタイトルであった。

機動戦士ガンダムSEED MSV(機動戦士ガンダムSEED[編集]

主に『ASTRAY』シリーズで展開されている機体で、いかにも同作の主人公であるロウ・ギュールの好きそうな機体が多く、主役機のバリエーションは大抵彼が絡んでいる。

スパロボに参戦したMSVに準じた作品[編集]

以下の作品もまたMSVの範疇に入るが、独自タイトルを有しているからか自作品名義で参戦している。スパロボに登場した機体については各作品のページを参照。

ガンダム・センチネル
模型とショートストーリーを中心にした、プラモデル展開の空白期間を埋めるために企画がスタートした作品と、MSVとの共通点は多い。
機動戦士ガンダムF90
機動戦士ガンダムF91』のMSVに当たる外伝作品。

脚注[編集]

  1. 模型を製作する人。狭義的にはプラモデル制作を趣味とする人のこと。
  2. 例として、一年戦争時のアムロ・レイの撃墜数は連邦軍中2位、シャア・アズナブルにいたってはジオン軍中9位以下である。
  3. これらにはそれぞれ『F91 MSV』(SRW未参戦)と『SEED MSV』という対応するMSVが存在する。
  4. ジュアッグは『機動戦士ガンダムUC』でアニメ登場を果たしているので除外。