ガンダムエクシアリペアIV

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムエクシアリペアIV
外国語表記 Gundam Exia Repair IV
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 海老川兼武
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
別名 グラハム・ガンダム
分類 第3世代ガンダムモビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 GN-001REIV
全高 18.3 m
動力・推進機関 GNドライヴ[Τ]
エネルギー GN粒子
装甲材質 Eカーボン
原型機 ガンダムエクシアリペアIII(SRW未登場)
所属 ソレスタルビーイング
パイロット グラハム・エーカー
テンプレートを表示

ガンダムエクシアリペアIVは『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の登場メカ

概要[編集]

ソレスタルビーイングに加入したグラハムのために用意されたガンダムで、ガンダムエクシア4度目の改修機。刹那の導きを受けたグラハムは本機を受領することに運命を感じており、勝手に「グラハム・ガンダム」と呼称している。

バランス型であったリペアIIIから再び近接特化タイプへと変更されており、従来通り7本の剣を装備したセブンソード仕様に戻った。左利きのグラハムに合わせて武装は右側に寄せられ、左腕が自由になる武装配置がなされている。このためダブルオークアンタと左右対称なデザインになった。

特徴的なのは左腕が別系統の機体(詳細不明)のものに変更されている点で、装甲がなくフレームが剥き出しになっている。動力は粒子貯蔵タンクではなく疑似太陽炉の使用が検討されている。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2019年10月のイベント「僕らが出逢った理由」にて実装。大器型SSRファイター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武器[編集]

GNバルカン
右腕に内蔵している小型ビームバルカン。やや非力であるが、戦闘機や旧世代MSであれば十分に破壊できる。
GNタチ
背中に背負う長刀型GNソード。本機の主武装。
X-Ω』では通常武器。
GNベイオネット
左腰後ろに2本装備する小型剣。ライフルモードとソードモードに変形可能。
GNシールド
右肩に装備するクアンタのものに似たシールド。
GNバトルブレイド
シールド上部に懸架されているショートソード。2本ずつ装備。
GNバトルソード
シールド下部に懸架されているロングソード。2本ずつ装備。

必殺技[編集]

GNタチ(乱舞)
『X-Ω』での必殺スキル。トランザムを発動して切り刻む。

特殊能力[編集]

ガンダムマイスター(グラハム)、世界の歪みを破壊する者、ELSとの同化、グラハムガンダム
『X-Ω』のアビリティ

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ガンダムエクシア
大本となった機体。

資料リンク[編集]