2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

機動戦士ガンダムF90

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
  • 漫画作品。以下の雑誌にて掲載
    • 1990年9月 第23号~1991年4月 第30号まで『サイバーコミックス』で連載。全8話、コミックス全1巻
    • 1990年8月 第15号、第17号~第20号まで『SDクラブ』で連載。雑誌休刊により未完。未単行本化
  • 初参戦スパロボ:スーパーロボット大戦α(2000年・機体のみ)

概要[編集]

機動戦士ガンダムF91』の外伝作品[1]の1つであり、『F91』の前史に当たる作品である。狭義と広義の2種類の意味がある。

狭義の『F90』は『機動戦士ガンダムF90』というタイトルの漫画作品のみを表す。『F91』の公開に先駆けて発表されたもので、舞台は『F91』の3年前・宇宙世紀0120年に起こった第1次オールズモビル戦役での出来事を描いている。

広義の『F90』はそこから2年後の宇宙世紀0122年に起こった第2次オールズモビル戦役での出来事を描いたスーパーファミコンソフト『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』までを含めた、『F90』シリーズともいうべき作品群を表す[2]

SRWでは広義の意味で使われている[3]ので、本ページでも広義の意味で扱う。

ガンダム・センチネル』『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズと同様、ゲームでのみ映像化されている。

ストーリー[編集]

宇宙世紀0120年。一年戦争第2次ネオ・ジオン抗争などといったかつての戦争は過去の歴史となり、人々は平和を享受していた。

地球連邦軍第13実験戦団は、次期主力MSとして開発されたサナリィ製MSで、新たなるガンダムガンダムF90」2機のテストを行っていた。そのテストの最中に、オールズモビル(火星独立ジオン軍)と呼ばれる組織の、旧ジオンそのままの形をしたMS集団が現れ、F90の2号機を強奪。第13実験戦団は本来の第13独立機動艦隊として、F90の2号機を強奪した組織の本拠とされる火星へと赴く。

最終的にオールズモビルは、自らが使用した秘密兵器の反動に自らの基地が耐えられなかった為に撤収という、自滅に近い形で幕を閉じ、第13独立機動艦隊は大損害を被るもF90は2機とも帰還する。(以上、『F90』)

それから2年後の宇宙世紀0122年。火星で壊滅したはずのオールズモビルが短期間で再編成され、地球圏を脅かし始めた。第13反地球連邦組織討伐部隊はオールズモビル討伐そしてそのスポンサーの調査を行う。謎のスポンサーの正体はクロスボーン・バンガードであった。(以上、『フォーミュラー戦記0122』)

登場人物・登場メカ[編集]

スパロボには本作からの人物は現在登場していない。

スパロボごとの登場メカ一覧については以下を参照。狭義の意味ではメカも登場していないことになる(後述)。

ガンダムF90
「フォーミュラー計画」の最初のMS。2機存在し、2号機はオールズモビルに強奪されるが、後に奪還する。
ジェガン
90年代で活躍したMSだが、この時代では旧式と化している。本作の漫画作中では2機登場。
ガンダムF91
F90のデータを基に作られたMS。当時はまだサナリィでの調整が行われていない未完成機。

用語[編集]

第1次オールズモビル戦役
宇宙世紀0120年に起こった戦争。
第2次オールズモビル戦役
宇宙世紀0122年に起こった戦争。
オールズモビル
火星へと逃げ延びたジオン公国軍の残党が結成した組織で、彼らが使用するMSがジオンのものを模していたことからこう呼ばれるようになった。彼ら自身は自分たちを「火星独立ジオン軍」と呼んでいる。メンバーのほとんどはかなりの高齢である。

登場作と扱われ方[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ヴェスバー形態の1号機(ガンダムF90V)が隠しユニットとして参戦するのみ。原作再現は全くされていない。
なおF90Vは狭義の『機動戦士ガンダムF90』ではなく『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』に登場する機体である。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
F90Vに合体攻撃が追加された。

脚注[編集]

  1. 『F91』の外伝作品とは別に『F91』のMSVも存在する
  2. 『F90』シリーズが『F91』の前史に対して、『F91』の直前直後を描いた『シルエットフォーミュラ』シリーズが存在する。
  3. SRWの他にも『SDガンダム Gジェネレーション』シリーズやプラモデルなどでも広義の意味で使われている

商品情報[編集]

資料リンク[編集]