ギラ・ドーガ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ギラ・ドーガ
外国語表記 Geara Doga
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 AMS-119
頭頂高 20.0 m
本体重量 23.0 t
全備重量 50.8 t
動力 熱核反応炉
ジェネレーター出力 2,160 kW
スラスター推力 14,000 kg×2(バックパック)
13,000 kg×2(脚部)
アポジモーター 15
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
センサー有効半径 16,400 m
設計 ネオ・ジオン
製造 アナハイム・エレクトロニクス
所属 ネオ・ジオン軍
主なパイロット レズン・シュナイダー
ネオ・ジオン兵
テンプレートを表示

ギラ・ドーガは『ガンダムシリーズ』の登場メカ。

概要[編集]

シャア・アズナブル率いるネオ・ジオンの主力となった量産型モビルスーツ

アナハイム・エレクトロニクス社が製造を請け負っている。第1次ネオ・ジオン抗争時には既に開発が開始されており、ザクの基本設計にマラサイのムーバブルフレームを採用したような構造である。そのため、外見はザクに似ており、その汎用性とフォルムを受け継いだモビルスーツとして完成している。

そのポテンシャルはグリプス戦役時に投入された機体よりも上だが、同時期に量産型として採用された地球連邦軍のジェガンとはほとんど変わらず、第1次ネオ・ジオン抗争時に生産されたバウドライセンといった高級機にも一部劣る性能となっている。

その代わり、骨組みとなるムーバブルフレームに最新部品を付け替えることで時代に合わせた高性能化を施し、拡張性の高い汎用機として完成している。これはアクシズを失い生産能力・資金能力ともに減退したジオン勢力の台所事情が関係しており、戦争の長期化を想定して他勢力からの部品を共有することで、ジオンの独自規格からの脱却を目指している。

ジオン軍の伝統にのっとり、指揮官機は頭部にブレードアンテナが装備される。また、一部パイロットに対しては塗装変更も許可されている。

劇中での様相[編集]

劇中ではネオ・ジオン軍の主力モビルスーツとして多数が投入されている。また、アクシズ落下を阻止するために集まった多数のモビルスーツの中に本機の姿が確認できる。

レズン・シュナイダーの乗機はブレードアンテナ付きの隊長機で青色に塗られているが、性能は通常のギラ・ドーガと変わらない。彼女の技量の高さもあり、地球連邦軍ジェガンを多数撃墜し、ケーラ・スゥを圧倒していた。しかし、ラー・カイラムとの戦闘でサイコフレームの力を借りたチェーン・アギによって対空機銃の攻撃に撃墜、同時にレズンも戦死した。またムサカ所属のレズン機以外に、レウルーラの格納庫に一機、青色塗装のギラ・ドーガが存在する。

機動戦士ガンダムUC』では、ネオ・ジオン残党軍の「袖付き」にて後継機のギラ・ズールと共に未だ第一線で運用され、腕部に装飾が追加されている他、原作小説版ではバナージとタクヤが資源再利用業者が回収してきたコックピットをビームで貫かれた残骸を見ている(OVAではアナハイム工専に保存されているザクに変更されている)。

30年後の『機動戦士ガンダムF90』と『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』ではそれぞれ一機だけ登場。前者はジェガンのパーツを使用して改修された連邦仕様で、2号機のガンダムF90を奪われたシド・アンバーの代替機に充てられた。後者はネオ・ジオン残党の少女レイラ・ラギオールがトキオ・ランドール達をガレムソンの再来と勘違いして残党村の本機を持ち出して襲いかかるが、誤解は解けている。このときになんで旧式のMSが出てきたのか疑問に思った人物がいたが、まさかその旧式を連邦も使っているとは思うまい。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

EX以外では基本的にDCの戦力として登場する。

第2次スーパーロボット大戦
後半から登場。射程1のザコ敵なので怖くはないが、間違えてレズン機に攻撃しないように注意。PS版ではグレネードランチャーが移動後攻撃可能武器となっており、ドライセン同様間合いに気をつけるべきユニットになっている。最長射程は4なのでアウトレンジ攻撃は楽。
DC最強部隊ラストバタリオンの一員として、レズンが専用機に乗って登場。通常のギラ・ドーガよりも強い。
第2次スーパーロボット大戦G
後半から登場。リメイクでコンティオゲドラフなどの強力な量産MSが増えたこともあり、やはり影は薄い。
第3次スーパーロボット大戦
中盤に登場するが、同時期に登場するガブスレイやドライセンらのMSと比較すると、登場シナリオが少ない為にいまいち印象が薄い。
原作通りレズン機が登場するも、レズンが乗るのは二度の内一度だけ。
スーパーロボット大戦EX
リューネの章でシュテドニアス軍にいるケーラが乗っていて、隠し要素で説得することで自軍ユニットになる。また、マサキの章でも途中で手に入り、ジオン系統のMSが手に入ったことでバーニィが喜ぶ。他のMSと比べても攻撃力が低く、なぜか武装の空の地形適応がことごとくBなので使い勝手はあまりよくない。
リメイクであるPS版のコンプリートボックスでは、武装の空適応がAになっている。また、SFCでは最弱武器だったグレネードランチャーが有射程P武器になり威力も向上したため、ちょっとした削りやハイエナ役にも使えるようになった。……というか、マサキの章で入手できるMSの中ではこれでもF91ΖΖGP02の次に強い機体である。
第4次スーパーロボット大戦
DCティターンズの戦力として序盤から登場。原作の時代を鑑みるとかなり弱い機体として扱われている。
第4次スーパーロボット大戦S
マップ「グレートマジンガー奪回」に、シーマ配下の敵増援としても登場するようになった。
スーパーロボット大戦F
DCの戦力として登場。F完結編では逆シャアシナリオをやる没構想があったらしく、その名残か登場しなくなる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ナナイギュネイギレン率いるネオ・ジオンの所属の為、ネオ・ジオンのMSの1つとして使われている。登場時期が遅めな割に性能はとくに高くない。
レズン機も一般兵用のギラ・ドーガに毛が生えた程度の性能。敵ではない。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
多少強化されたがやっぱり微妙な性能で旧式のザクIIIバウの方が強い。
レズン機も強化が図られたが倒しやすさはPS版と変わらず。
スーパーロボット大戦α外伝
未来世界にてムーンレィスが使用する。
第2次スーパーロボット大戦α
原作通り、シャア率いるネオ・ジオンの主力MS。主要なパイロットの機体や艦艇の小隊要員としているが、基本的に雑魚。PLAはシュツルムファウストを使ってくるので、対ビームコーティングなどを装備しても効果が薄い点は注意。
レズン機は中ボスクラスの性能。1万を超えるHPにレズンの小隊長能力も相まってそれなりの耐久力を持つ。
第3次スーパーロボット大戦α
ネオ・ジオン兵の他、モビルドールゾンダーメタルとしても登場。一般機と隊長機が性能違いで2種類ずつ登場するが、気づかれないことが多い。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第3次αから約9年ぶりの登場となった。ネオ・ジオン兵が乗る他、AI操縦で別勢力が使用するなど出番は意外と多い。後継機のギラ・ズールが登場する関係上性能は控えめで、獲得資金も少ない。
レズン機は第2次αから11年ぶりの登場。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
引き続きネオ・ジオンの戦力として度々登場するが、シャアがネオ・ジオンを抜けた事もあって時獄篇よりも見る機会は少ない。
なお、DLC「多元戦争追想」では専用機の設定を意識してか、フロンタルが通常カラーの機体に搭乗している(マップアイコンとしてのみの登場で戦闘はしない)。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
隠し面のみ登場。レベルも改造段階も高くおよそ一般機とは思えない。リアル系は一撃で落とされることも。
スーパーロボット大戦IMPACT
隠しストーリーである逆シャア編で登場。もの凄い確率でこちらの攻撃を切り払う。シールド防御もあり一般機とは思えないしぶとさを見せる。
レズン機も隠しシナリオで登場。ボス扱いでHPがやたら高いが、その他能力は通常のギラ・ドーガよりワンランク上ほどに収まっている。登場は1回きり。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
終盤、ジオン残党が使用。一般機と角付きの青い指揮官機が登場するが、どちらも乗っているのはジオン兵。終盤に出てくる敵としては弱い部類に入る。原作通り一般機と指揮官機ではビームマシンガンの形状が異なっており、芸が細かい。
スーパーロボット大戦R
現代編ガンダムルートのみで通常機、レズン機が登場するため、影は薄い。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
登場機会が少ない。
スーパーロボット大戦X
『UC』が参戦していないこともあって、再び出番が増えた。本作では主にトワサンガ兵が乗っている。
スーパーロボット大戦T
一般機とレズン機の両方が登場。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
ネオ・ジオン兵が搭乗。SPTよりも回避率は低いがHPは高い。またギュネイがイベントでシャアを迎えに来た際に、原作でのホビー・ハイザックの代わりに本機に搭乗していた。
レズン機は他のボス級MS同様、量産機よりHPが高く設定されている。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
通常機、レズン機がフリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
ネオ・ジオン兵が搭乗。緑色だが角が付いている。
レズン機はレズンが搭乗。一般機よりHPと装甲は高いが運動性は低いという謎の仕様。実際は改造段階の差で運動性も僅かに優っている。要するに一般機に毛が生えた程度の性能。

関連作品[編集]

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
ザコ敵。青と緑の両方が登場。どちらも角が付いている。レズン自身は登場せず。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

シールド
折りたたみ式で、左腕に固定されている。裏側にはシュツルムファウストやグレネードランチャーを装備。左腕に1基装着。
グレネードランチャー
シールド上部の裏側に装備された武装。
シュツルムファウスト
シールド下部の裏側に4発装備。手に持って発射するだけでなく、シールドから直接撃ち出す事も可能。
ビームソードアックス
近接戦用の武装。ビーム発生口を上部と側面に持ち、サーベル、斧、ピックの3モードに切り替え可能。
ビームサーベル
上部ビーム発生口から剣状にビーム刃を発生させた状態。
ビームアックス
側面ビーム発生口から斧状にビーム刃を発生させた状態。
ビームピック
側面ビーム発生口からつるはし状にビーム刃を発生させた状態。作業用のトーチとしても使える。
ビームマシンガン
ビームを撃ち出すマシンガン。銃口が二種あり、連射の他にも通常のビームライフルの機能もある。
原作ではアムロの駆るνガンダムに奪われて使用されたこともあった。また、『機動戦士ガンダムUC』ではズサゲルググも使用していた。
グレネードランチャー
ビームマシンガンに取り付けるオプション装備。
ショックアンカー
敵機をワイヤーで拘束し、電撃を流す。原作ではνガンダムに使用していた。

オプション装備[編集]

指揮官機用ビームマシンガン
威力と射程が向上したビームマシンガン。銃口は一つだが、内部での切り替えによりマシンガンとライフルを選択可能。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

照準値+15。運動性+10。
T』で採用。
照準値+30。運動性+20。
『T』(レズン機)

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
EX』にて。

主な関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

ギラ・ズール
機動戦士ガンダムUC』に登場。ギラ・ドーガの後継機であるが、デザイン的にはザクIIに近く、オーソドックスなジオン・スタイルにまとめられている。

関連機[編集]

マラサイザクIII
これらの機体を元にギラ・ドーガが開発された。
ザクII
ジオン公国軍の著名な量産型モビルスーツ。ギラ・ドーガの外見(や役割)は、ザクIIを意識している。
ヤクト・ドーガ
ニュータイプ専用機として開発されたギラ・ドーガ。また、ギュネイ・ガス専用機クェス・パラヤ専用機が存在する。

余談[編集]

  • 劇中レズン機の隣に写ったギラ・ドーガが作画ミスで青色になっている場面があり、直後に緑色になっている。
  • レズン機はファミコンソフト『SDガンダム ガチャポン戦士4』では「あおドーガ」という名称で登場しており、現在でも本機の愛称として定着している。

商品情報[編集]

  • プラモデル

  • フィギュア

資料リンク[編集]