アクシズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

アクシズ(Axis)とは、『機動戦士ガンダムシリーズ』に登場する基地。

概要と経緯[編集]

ジオン軍の小惑星基地。核パルスエンジンが付いているので、移動させることも可能。内部が繰り抜かれた球型小惑星「モウサ」が鉄鋼材で接続されており、居住ブロックとされていた。

一年戦争前からアステロイド・ベルトに建設された資源採掘用基地で、木星船団の停泊地も兼ねていた。戦争終結後にジオン残党の艦隊がこの基地に逃れた。最初はマハラジャ・カーンがアクシズを治めていたが、彼の死後は娘のハマーン・カーンがその跡を継ぐ。ハマーンはミネバ・ラオ・ザビを擁してアクシズを地球圏に帰還させ、後にネオ・ジオンを名乗る。ちなみに、ハマーン率いるネオ・ジオン軍をシャアのネオ・ジオンと区別するために、ハマーン率いる方をアクシズ軍あるいはハマーン・ジオンと称し、シャア率いる方を新生ネオ・ジオンと称することもある。

機動戦士Ζガンダム』においては、グリプス戦役の混乱に乗じる形でアステロイド・ベルトを離れて地球圏に飛来、当初はエゥーゴと同盟を結び、ティターンズの宇宙拠点ゼダンの門に巨大質量弾としてぶつけられ、これを壊滅させている。

機動戦士ガンダムΖΖ』(第1次ネオ・ジオン抗争)においては、ハマーン率いるネオ・ジオンの本拠地として機能したが、同組織の主力部隊壊滅とハマーンの戦死により、戦後は地球連邦によって接収されてしまう。また、モウサはグレミー・トトの反乱の際にコア3に衝突させられ、失われた。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(第2次ネオ・ジオン抗争)においては、当初は地球連邦政府の管轄であったが、後に地球連邦の参謀次官であるアデナウアー・パラヤによってネオ・ジオンに譲渡される。そして、シャア・アズナブルが「アースノイドの粛正」を建前にアクシズを地球に落とす事を謀ったが、ロンド・ベル隊とその他の連邦軍に阻止された。

機動戦士ガンダムUC』(第3次ネオ・ジオン抗争、あるいはラプラス紛争)から数ヶ月後を舞台とした『機動戦士ガンダム トワイライトアクシズ』(SRW未参戦)では二つに割れたアクシズの半分に連邦軍内の元ジオン軍人によって調査が入るものの、ブッホ・コンツェルンの私設部隊「バーナム」と衝突する。

漫画『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』では、シャアのアクシズ落下作戦の失敗後はU.C.0099年まで当時の艦艇や武装、生産システム等の解体もままならない状態で地球外軌道上を周回していた。

登場作品[編集]

基本的に『逆襲のシャア』の再現が行われる時は「各スーパーロボット達も協力して押し返す」という展開になる事が多いが、そもそもこいつらがいて破壊できないわけないだろうというロボット達の参戦によって、普通に破壊されてしまうケースも存在する。ちなみに、アクシズを破壊する作品では、シャアが自軍側に回っている

また、原作ではブライト等が直接アクシズに乗り込み内部工作によって爆破することで半分に割った内の後部部分が爆破の勢いと地球の引力に引かれ落下する危機に陥ることになるが、スパロボではこの内部工作自体無かったことになるケースが多く、その場合はアクシズがそのまま落下する事になる

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
インスペクターの秘密基地として使用された。
第4次スーパーロボット大戦
ハマーン・カーン率いるノイエDCの拠点となったが、いつの間にかゲストに占領されている。
第4次スーパーロボット大戦S
条件を満たしてゲスト三将軍を撤退させると、資金200万を入手できる。
スーパーロボット大戦F完結編
DCルートではパプテマス・シロッコが地球に落とそうとする。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作通りネオ・ジオンの拠点。
第2次スーパーロボット大戦α
ハマーンと敵対するルートを通れば、原作通りシャアによるアクシズ落下作戦が始まる。今回は内部工作ではなく、集中攻撃によって分割させることになる。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
ネオ・ジオンの拠点扱いは今作でも同じだが、今回はそれと同時に大特異点という扱い。「どこかの世界でアクシズが落下し、それをきっかけとして新世時空震動が起きた」という設定。終盤、シャアが落下直前の状況を垣間見た黒の英知を元に時空修復のために再現しようとするが、フロンタルによってアースノイドの粛清のために落とされることとなる。
Z-BLUEにはこの程度の小惑星は設定上簡単に砕けるロボットが多数存在しているが、今作のアクシズは大特異点故に破壊すると次元修復が不可能になる為破壊できず(「壊す方が楽だ」と言われる始末)、加えてガドライトの手によってアクシズの落下スピードが上がってしまっている為、原作以上に対処が厳しくなっている。
最終的にはZ-BLUEの総力をもって押し止められている間にアースノイドスペースノイドといった垣根を越えた人々の協力と想いにより時空修復は成功し、役目を終えたアクシズも崩壊している。下手をすれば原作以上に重要な存在となっており、オープニングムービーで描かれるのもここを舞台とした防衛戦である。
なお事実上、原作におけるシャアの役回りをフロンタルが担った形になるが、原作終盤のアムロシャアの言い争いは別のステージで再現されている。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第43話シャアルート「BEYOND THE DIMENSION」では黒歴史へと至る世界でのアクシズ落下の現場へとZ-BLUEが転移し、根源的災厄との戦いになる。根源的災厄がアクシズを加速させており、黒歴史の発生に関与していた事が示唆されている。
また、DLC「ボス・イン・ザ・スペース」でもステージに設定されており、ハマーンやシャアからは張本人であるAGを悪趣味と評した。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シーン5「宇宙決着編」のシナリオ「サイレント・ヴォイス」の舞台となっている。また、終盤でドン・ザウサーコロスがアクシズを地球に落下させようとする。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
フラグによりラストが『逆襲のシャア』の再現となる。
スーパーロボット大戦IMPACT
『COMPACT2』同様。EDで落下阻止に向かう一連の流れがムービーになっている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
外と内部の決着となるが、命中回避が高いモビルスーツモビルアーマー、さらにシャドウミラーとの連戦なので苦戦必死。メンバーは厳選したい。
第39話(最終話)「極めて近く、限りなく遠い世界に」ではヴィンデルの手で地球に落とされそうになるが、アクセル(またはラミア)の命を懸けた行動によってツヴァイザーゲイン諸共消滅した。
スーパーロボット大戦R
序盤、アクシズ落下作戦が行われ、ラウルフィオナ)とロンド・ベル隊が阻止しようとしたものの、潜伏していたデュミナスの妨害により失敗に終わる。そして時流エンジンの暴走でラウル(フィオナ)は5年前にタイムスリップしてしまう。
5年前の世界では原作通りハマーン率いるネオ・ジオンの拠点だが、リリーナとの会談の場所として登場するだけで戦闘はない。歴史が改変されたエンディングでは、平和的なコロニー連合国家となったネオ・ジオンの初代大統領の就任式典のパレードが行われることになった。
スーパーロボット大戦D
プロローグであっさり地球に落下する…が、落着前に「地球消滅」の余波で崩壊した
スーパーロボット大戦BX
今作では『UC』のみの参戦なので、話題に挙がるのみ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
当初は原作通りハマーン率いるアクシズ軍の拠点として登場。独立軍ルートだとアクシズ軍との決着は外と内部そしてまた外の、前中後編となる。
その後シャア率いるネオ・ジオンがアクシズ落下作戦を実行する際に、デビルガンダム合体してデビルアクシズというオリジナルの敵となる。
デビルアクシズ内部に突入しコアを撃破して元のアクシズに戻っても依然として落下コースを取っており、再び突入して原作通りに内部工作で爆破することになる。条件を満たすと原作通り後部部分が落下しそうになり、それをνガンダム一機で押し返したあと、スーパーロボット達がνガンダムを救出するという展開になる。条件を満たせない場合は爆破だけで落下コースから外れる。
スーパーロボット大戦Operation Extend
ハマーン率いるネオ・ジオンの拠点として登場するがネオ・ジオンとの決着後、ゼロによるアクシズ落下阻止の切り札としてアンゴル=モアの「ハルマゲドン1分の1」で破壊されるという驚愕の展開に。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
ネオ・ジオンの拠点として登場するが、アクシズ落下作戦を行っているのはシャア…ではなくハマーンである(というより、シャア一派はカイルスに協力するために離反した)。後にハマーンが投降するや否やグレミー一派が台頭し、地球に落とそうとする。
その後、落下を阻止するためにアクシズそのものと戦闘するコトとなる。最終的にはカイルスの総攻撃によって完全に破壊された。
スーパーロボット大戦V
第2次ネオ・ジオン抗争が終了済の設定であり、既に破片となっていたが、その破片はラプラスの本拠地として利用されている。また、アクシズ・ショックの際に演算ユニットが転移している。

関連作品[編集]

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
アムロの台詞の中にのみ登場。かつてアムロが「なんとかした」らしい。
スーパーヒーロージェネレーション
敵組織「ムサボルデス」が偶然アクシズ落としの現場に現れたため、それを追っていた自軍がなりゆきでνガンダムと共闘。が、戦闘中にムサボルデスがワープしてしまうため、降下中のアクシズを放置してνガンダムも一緒にムサボルデスを追ってワープしてステージが終了する。おそらく数ある逆襲のシャアを題材にした舞台でもっとも雑に扱われたアクシズ。場合によってはアクシズに点火すらされずに終わってしまう。

関連用語[編集]

ネオ・ジオン
アクシズを本拠地としたハマーン・カーン率いるジオン系の軍事組織。ただし、他に「ネオ・ジオン」と称した軍事組織もあるので、こちらを参照されたし。
デビルアクシズ
デビルガンダムのDG細胞と融合した小惑星アクシズの姿。スパロボシリーズにおける驚愕のクロスオーバーの一つ。
ソレスタルビーイング (劇中劇)
パロディの一環としてアクシズを左右反転させた小惑星が背景に登場している。ちなみに、BX』では実際にアクシズ落下作戦の顛末が映画内で再現されたらしい

余談[編集]

  • ロンド・ベル隊が行った「地球への落下コースをたどる小惑星に直接乗り込み、その内部で爆破・破壊させる」手法は、映画『ディープ・インパクト』および映画『アルマゲドン』でも描かれている。
    • しかも、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)の方が、『ディープ・インパクト』(1998年)および『アルマゲドン』(1998年)より10年前も先に行っている。

資料リンク[編集]