カイルス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

カイルス(Caelus)とは、『スーパーロボット大戦Card Chronicle』に登場するプレイヤー部隊

概要[編集]

名前の由来はローマ神話での天空を守護する神からとられている。

兜甲児ゲッターチームなど、版権作品の並行世界(別シリーズ)の同一人物が同時に存在・所属して共闘するなど、SRWシリーズでも屈指の異色なメンバー構成の自軍部隊。メタ的な視点で言えば大規模アップデートによる参戦作品の追加に比例してカイルスの勢力も徐々に拡大している。

結成前の経緯[編集]

当初は地球連合プラントユニオン人類革新連盟AEUによる人類同士の戦争、その中で地球を狙わんとする侵略者に対抗するべく、アークエンジェル隊を中核とした部隊が立ち上がった。

同じ人類や侵略者と戦う中、連合がザフトアラスカ基地に仕掛けられたサイクロプスにおびき寄せるための囮部隊として利用されるが、ティエリアの情報により生還。しかし、それが原因で地球連合軍裏切り者としてマークされ、加えてガンダムマイスター黒の騎士団も同行しているため、彼らと敵対しているユニオン、人類革新連盟、AEU、神聖ブリタニア帝国にも狙われてしまう。さらに自分達を匿ったオーブを戦火に巻き込んでしまったことでトリニティにも武力介入されてしまうが、オーブの指導者であるウズミが自身を犠牲にしてアークエンジェル隊を逃がすことに成功した。

結果、侵略者を打倒し、地球圏を平和に導くことはできたが、謎の敵「クレディオ」を率いるホロルンゴによって次元の狭間に飛ばされて別宇宙に転移されてしまう。その宇宙でも地球連邦軍ジオン公国による人類同士の戦争が行われていることを知り、別の世界で繰り広げている戦争を終結させるべく活動することとなった。天空を守護する神「カイルス」の名を与えられて。

結成後の動向[編集]

別の世界の地球宇宙バイストン・ウェルからの敵対者を撃破し、二つの宇宙を滅ぼそうとしたパランティーゴの撃破、束の間の平和を掴み取ることに成功。それから一年後、ネオ・ジオンが交戦している最中に宇宙集約が発生、それによって地球に新たなる驚異が蔓延ってしまうが、新たな仲間の出会いと、あり得るはずのなかった並行世界の同一人物が一同に会し、様々な戦いを経て「人々の希望」となった彼らは地球を脅かす脅威に立ち向かっていくのであった。

かつてカイルスによって倒された敵や一時は静観していた組織、神々やスパイラルネメシスを阻止する者達も本格的に地球侵略と人類滅亡を開始するが、これを退ける。それらを裏で操り、宇宙をも滅ぼそうとしたフルギーロを撃破。地球は平和になった事でカイルスは役目を終え、メンバーはそれぞれの日常を歩んでいった。

だが、「新章」ではネラヴァーロによって記憶を奪われ、「偽りの世界」に堕ちていったが、様々な戦いの末に記憶を取り戻し、「偽りの世界」から脱出することに成功。 黒幕であるネラヴァーロ、そしてクレディオの首魁であり最大の元凶である「クレディオ」に最後の戦いを挑む。

運用母艦[編集]

アークエンジェル
アークエンジェル隊の母艦。

構成母体[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ターミナル / オーブ連合首長国
アークエンジェル隊エターナルが参加。アークエンジェル隊はカイルス結成前での中核を担っていた。
ソレスタルビーイング
当初はチーム・プトレマイオスが参加し、後にもう一人のロックオンも加わった。
ザフト
敵対しているがオーブ防衛戦アスラン、ヤキン・ドゥーエ攻防戦でニコルが離反、メサイア攻略戦終戦後にシンルナマリアが加入し、イノベイド宇宙海賊バンカーとの戦いにてレイ・ザ・バレルも参戦した。
ガンダムファイター
ドモンが加入。後にデビルガンダムとの戦いの後に東方不敗シュバルツも参入、後にくろがね屋にてシャッフル同盟のメンバーも合流。
一つ目の宇宙出身の地球連邦軍
アロウズ解体後にグラハムが参加し、その後ELSとの対話後にデカルトも合流する。
二つ目の宇宙出身の地球連邦軍
ホワイトベース隊第08MS小隊始めとする関係者が参加。
ジオン公国
アイナバーニィが加入。
エゥーゴ
カミーユが参加。後にジュドーも加入。
ティターンズ
敵対しているがフォウロザミアが離反。
ネオ・ジオン
敵対しているがプルプルツーが離反、後にシャア総帥その部下も合流し、和平後は最終的にハマーンも加わる。
クロスボーン・バンガード
当初は敵対したが、セシリーが参加し、後にコドール・サコミズのやり方に反感を抱いたザビーネドレルアンナマリーもカイルス側につく。
プリベンター
ヒイロを始めとするガンダムパイロット4人とゼクスが参加し、後に五飛も加わった。

リアル系[編集]

地球連合軍
ドラグナー遊撃隊が参加。
ギガノス帝国
マイヨミンが加入。
ネルガル重工
ナデシコとそのクルーが参加。
木連
白鳥九十九月臣元一朗が加入。
黒の騎士団
ゼロ紅月カレンを始めとする団員が参加。
神聖ブリタニア帝国
当初は敵対したが、スザク始めとする関係者が参加。
地球統合軍
マクロスのクルーが参加。
ブリタイ艦隊
カムジンが加入。
ゼラーナ隊
ショウ以下主要なメンバーは参加。
ドレイク軍
バーンが加入。
反乱軍
エイサップ・鈴木を始めとする面々が参加。
ホウジョウ軍
イノベイド宇宙海賊バンカーとの戦いにてサコミズ王、並びに朗利金本も参戦した。
S.M.S
マクロス・クォータースカル小隊ピクシー小隊が参加。
マクロス・ギャラクシー船団
ブレラ・スターンが参加。当初は操り人形に近いスパイだったが、Drヘル一派との決戦の最中で正気を取り戻した。

スーパー系[編集]

光子力研究所
甲児鉄也を始めとする関係者が参加。後に別世界の甲児も参加。
早乙女研究所
竜馬ゲッターチームが参加。後に新ゲッターチームも合流。
GEAR
GEAR戦士電童に関わる日本支部のメンバーが参加。
機械帝国ガルファ
アルテアが離反する形で加わる。
ラスト・ガーディアン
マサト美久が参加。
ダンガイオーチーム
ロール以下の全てのメンバーが参加。
南原コネクション
バトルチームを出向させる。
ビッグファルコン
ボルテス隊を出向させる。
ボアザン帝国
ハイネルが参加。
大グレン団 / カミナシティ新政府
団長のカミナを始めとする主要なメンバーは全員参加。カミナの戦死後はシモンが団長の座を受け継ぐ。
獣人軍
ヴィラルが参加。後にアンチスパイラルとデウスエクスマキナとの戦いでロージェノムも前線に復帰する。
ドラゴンズハイヴ
獣戦機隊チームDが参加。後にアランエイーダも合流。
ネーサー
ゲッターチームが参加。
神ファミリー
勝平をはじめとする関係者が参加。
ガードダイモビック
一矢京四郎が参加。
小バーム
リヒテルエリカが加入。
ビルドベース
ジーグに関わるメンバーが参加。後にも合流。
NERV
シンジ綾波を派遣。後に式波真希波も加入。
JUDA
特務室のマキナ部隊が参加。後にラインバレル早瀬浩一タリスマン中島宗美ペインキラー九条美海アパレシオン矢島英明が参加。ヒトマキナでの戦いにて石神邦生ジュダも前線に立つ。
加藤機関
当初は敵対したが、ヒトマキナとの決戦に際して離反した沢渡を除く全員が参加した。
ヒトマキナ
森次の説得に応じ、大場真来梓が参戦。
WSO
デスカプリース隊の生き残りである海動剣真上遼、グレンファルコンの一員であるスカーレット・ヒビキ由木翼が参加。
Globe
ミッドサマーズナイツが一時的に参加。離脱後の所在は不明。
その他協力者
万丈ローレライ道明寺ゼウス神が協力者として参加。

戦死者[編集]

カミナ
ダイガンザン奪取作戦にて戦死。
エレ・ハンム
ゴラオンゲア・ガリングに特攻して戦死。
キタン・バチカ
デススパイラルマシーンに特攻して戦死。