アラスカ基地

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

機動戦士ガンダムSEED』における地球連合軍の統合最高司令部が存在する基地[1]地球連合加盟国の一つである大西洋連邦の領内にある。

アラスカのユーコン・デルタに建設された施設の多くは地下に存在し、内部には「グランド・ホロー」と呼ばれる広大な地下都市までも建設されている。地上部は全体が対空砲や対空ミサイルで武装され、単体でも強固な防衛力を持ち、核兵器直撃にも耐えるとも言われている。

経緯[編集]

原作ではC.E.71年5月8日、アラスカ基地はザフトのアラスカ基地攻略戦「オペレーション・スピットブレイク」によって大規模部隊の侵攻を受けるが、事前にこれを察していた主に大西洋連邦に所属する軍上層部は、ユーラシア連邦を中心とする友軍および目障りな存在となっていたアークエンジェル隊など一部の不要とされた大西洋連邦所属兵を囮にして基地を事前に脱出。ザフト主力部隊が基地深くまで侵攻した時点で地下に設置した大量破壊兵器「サイクロプス」を起動させ、設備や敵味方もろともにこれを消滅させたことによって崩壊した。

大量破壊兵器「サイクロプス」の発動によって、ザフトは参加したモビルスーツ部隊の八割を失う大損害を被ったことで各方面の地上戦線の縮小を余儀無くされた。また、アラスカ守備軍の主力であったユーラシア連邦軍もまた戦力を大きく失い、疲弊。その結果、大西洋連邦とその背後にいるブルーコスモスが地球連合軍内部での主導権を握ることとなった。

一方、そんな状況の中で、アークエンジェル隊および双方の一部の兵は、フリーダムガンダムに乗ったキラ・ヤマトが戦場に介入したことによって、辛くも脱出に成功している。マリュー・ラミアス率いるアークエンジェル隊は、上記の地球連合軍上層部の所業に愛想を尽かして地球連合軍を離脱。以降、独自の行動を取るようになる。

なお、大量破壊兵器「サイクロプス」の発動によるアラスカ基地の崩壊事件は、「敵軍であるザフトが新型大量破壊兵器を使用したため」と上記の事実を隠蔽された状態で発表された(公式年表ではプラント理事国であり、地球連合主要国のユーラシア連邦と東アジア共和国はアラスカ作戦に不快感を表明しており、政府・軍上層部では大西洋連邦の作戦が露見していた可能性がある)。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
宇宙世紀ガンダムシリーズ世界観をベースとしているため地球連邦軍の基地という設定になっているが、展開自体は原作と同じ。
なお、ここで『ボルテスV』の岡長官が戦死する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
シモーヌがサイクロプスの状況を彼女の父親経由で入手するというクロスオーバーはあるが、ほぼ原作準拠。
スーパーロボット大戦W
Nエリアの防衛にモーガンエドジャンが回っている他、ザフト側にもミハイルシホ、原作ではそれ以前に戦死しているミゲルまでも含めて、『SEED-MSV』のキャラクターが大集合する豪華な戦いとなっている。
また、『テッカマンブレードII』における、Dボゥイデッドの再戦もここで行われる。

関連用語[編集]

地球連合軍
機動戦士ガンダムSEED』において地球連合加盟国で構成された軍隊。
敵軍であるザフトの侵攻に備えてアラスカ基地を守備していたのだが、地球連合軍の大半が敵軍もろとも大量破壊兵器「サイクロプス」の犠牲になってしまう。
ブルーコスモス
地球連合内部に大きな影響を及ぼしている反コーディネイター団体。
ちなみにサイクロプスを起動させたのは、ブルーコスモスシンパの地球連合軍(大西洋連邦所属)大佐ウィリアム・サザーランド(SRW未登場)であった。
ジャブロー
機動戦士ガンダム』および『機動戦士Ζガンダム』に登場する地球連邦軍の本部。北米に所在するアラスカ基地と異なって、南米に所在している。
ちなみに、「主人公が所属する部隊が目指す自軍の本拠地である」点は『機動戦士ガンダム』の、「侵入してきた敵軍に対して大打撃を与える目的で、基地内部に仕掛けてあった大量破壊兵器を(味方の巻き添えを省みずに)発動させた」点は『機動戦士Ζガンダム』におけるジャブローのオマージュになっている。
ジョシュア・エドワーズ
機動戦士ガンダム00』の登場人物。異名が「アラスカのジョシュア」。

脚注[編集]

  1. ちなみに、アラスカ基地の英語名は「JOint Supreme Headquarters-Alaska」であり、劇中では「JOSH-A(ジョシュア)」と略称されている。

資料リンク[編集]