2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

コアブロックシステム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

コアブロックシステム(Core Block System)とは、ガンダムシリーズに登場する技術。

概要[編集]

地球連邦軍V作戦で開発したモビルスーツに採用されている統一規格。コアファイターと呼ばれる戦闘機を核とし、上下半身のパーツを交換可能にしたシステム。コアファイターが変形してそのままコックピットになるため、緊急時には機体を廃棄して脱出可能。

MS運用ノウハウの無い連邦軍が、試作機であるガンダムの戦闘データを確実に回収するためや戦闘中の換装を素早く行う為の窮余の策でもあったと思われる。

コアファイターに対して上半身をAパーツ、下半身をBパーツと言う。Gメカと呼ばれるパーツも存在し、RX-78-2ガンダムはこれらパーツの換装により各種状況に対応可能。

コアファイターそのものに、粒子砲を積んだ補助ブースターを組み合わせるコアブースターという機体も存在する。

RX-78ファーストガンダム以降にも戦闘データ回収、パイロットの安全確保のためにこのシステムを採用した機体はいくつか存在しており、そのほとんど全てがガンダムである。ただし、これらの機体においてはファーストガンダム程コアブロックシステムを利用した多様性は無い。

宇宙世紀以外でも似たような機能を持ったMSが作られている。 『機動武闘伝Gガンダム』では、MFにも「コアランダー」と呼ばれるバックパックとコクピットが一体化した脱出装置が実装されている。コアファイターのような戦闘機ではなくホバリング車である。劇中コアランダーが見られなかったMFもいたが設定だけは存在し、プラモデル等で再現されているものもある。 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では、Vガンダムに極似したシルエットシステムが登場する。 『機動戦士ガンダム00』では、貴重な動力源であるGNドライヴとパイロットを喪失を防ぐ為搭載するが、戦闘力がない為戦闘力を考慮したMSに改良された。

SRWでは純粋に撃破後、または分離コマンドで別ユニットとなる機能としての登場は『α』、『α外伝』のみで、 他にコアファイターが登場するのは、『』、『D』でVガンダムのボトム、トップ各アタック後、Zシリーズ∀ガンダム及び『V』のX1改・改の被撃墜演出くらいで、滅多にお目にかからない機能である。

装備・機能[編集]

各形態には各々コックピットであるコアファイターを含む。

Gアーマー
GメカA+ガンダム+GメカB。Gメカでガンダムの機体を覆い、さらに左右側面にはガンダムの盾を装備し、機体の安全な輸送を行う。
GファイターやGスカイの飛行形態とは、尾部の翼が天地逆になっている。
Gブル
GメカA+ガンダムAパーツ。重戦車形態。
Gスカイ
ガンダムBパーツ+GメカB。戦闘機形態。機首はコアファイター。ガンダムBパーツを除いてコアファイターとGメカBを直結した形態は、「Gスカイイージー」と呼ばれる。
Gファイター
GメカA+GメカB。コアファイターを含まない、Gパーツのみの戦闘機形態。ドダイのようにガンダムが上に乗ることもできた。
ガンダムMAモード
ガンダム+GパーツB。ザクレロと交戦した際に機動性確保の為に急遽行われた合体形態。コアブロックシステムの応用性の高さを示している。
なお、正式名は無いようだが、Gスカイの亜種と思われる。
ガンダムタンク(仮称)
PSソフト『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』に登場する、損傷したガンダムのBパーツをガンタンクのものに応急処置的に換装した形態。
余談だが、『ガンダムビルドファイターズ』第2話「紅の彗星」において、上記の(改造?)ガンプラが登場する場面が有る。

機能搭載機[編集]

太字はユニットとしてコアファイターが登場したもの

コアランダー搭載機[編集]

余談[編集]

  • リアルロボット戦線』ではガンダム、ガンキャノン、ガンタンクが持つ特殊能力として登場。この3機は撃墜されるとコアファイターとなって復活でき、もう一度撃墜されない限りは修理費を取られない。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]