ケロロ軍曹 (TV)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
  • 放送局:テレビ東京系列ほか
    • 2004年4月3日~2011年4月2日(全357話)
    • 2010年4月4日~2011年4月3日:『ケロロ軍曹乙』(全51話)
  • 初参戦スパロボ:スーパーロボット大戦Operation Extend(2013年)

概要[編集]

吉崎観音氏の人気SFギャグ漫画をアニメ化した作品。ケロン星からペコポン地球)を侵略するべくやってきた、カエルに似た宇宙人ケロロ軍曹とその仲間達、周囲の人々の織り成す日常と巻き起こる騒動や冒険を描いたドタバタSFコメディ。幅広い層からの支持を受け、放送時間の変更を数回挟みながらも丸7年のロングラン放送となった。1999年から『月刊少年エース』(角川書店・刊)で連載している原作は現在も連載中。

登場人物やメカニックのプラモデル、外伝コミック、単独ゲーム化など各メディアのタイアップも多く行われ、劇場用長編作品も5本作られた。海外でも19か国で放映されている。2014年にはアニマックスにてFLASHショートアニメ『ケロロ』が放送された(キャストはテレ東版に準ずるものの、キャラクターの設定などは原作漫画版に準じている)。

作中では様々な作品のパロディが豊富に盛り込まれているが、アニメ版では特にガンダムシリーズ宇宙世紀作品)関連のネタが顕著。これはアニメ版の製作がガンダムシリーズでお馴染みのサンライズであり、番組スポンサーもバンダイが務めていたことが大きい。また、ガンダムシリーズにおける主要キャストのほとんどが本作でも様々な役どころで参加している。

スーパーロボット大戦への参戦[編集]

他の参戦作品では『フルメタル・パニック?ふもっふ』と同系統の、「ギャグアニメ」「日常系アニメ」にあたる作品。

作品の性格上、ロボットアニメとはみなされていない作品であるため、本作のスパロボ参戦発表は驚きを持って迎えられた。「ロボットアニメとはみなされていない」とはいうものの、ロボットの数や活躍は本作の一般的な印象に反して多彩である。また、ロボットの立体物が数個だけ、最悪一つも発売されないことが珍しくなくなった昨今において、本作のロボットやメカのプラモデルは非常に充実しており、その点でロボットアニメの成分も色濃い。当然スパロボ参戦には「全話数に対してロボットの戦闘シーンが少ない」といった反発もあったものの、いざ参戦が決まってしまえば何でも有りの作風もあって「まあ、ケロロだし」と納得されてしまう(ファンの)懐が深い作品であった。

なお、バンダイナムコゲームスのクロスオーバー作品としては『ヒーローズファンタジア』にも参戦している。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ケロロ小隊[編集]

ケロン軍によって地球に送り込まれた侵略軍の先遣部隊。正式名は「ガマ星雲第58番惑星 宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊」。

ケロロ軍曹
主人公。隊長。隊長の素質があるとケロン軍から認められており、時折その片鱗を見せるが、普段は適当な性格。ガンプラを心から偏愛する。冬樹の「友達」という言葉に弱い。
ギロロ伍長
機動歩兵。地球人とは馴れ合えないと、日向家の庭でテントを張って暮らしている。任務遂行を重視するストイックな軍人だが、頭に血が上りやすい。夏美に惚れている。小隊の貧乏くじ役。
タママ二等兵
突撃兵。普段はかわいげのある素振りを見せるが、実は二面性のある性格。ケロロを慕っており、彼と親しいモアに嫉妬をむき出しにすることも多い。ちなみに性別は男。
クルル曹長
作戦通信参謀。様々なメカやロボを一人で発明している天才的技術者だが、トラブルや嫌がらせを愛する陰険でシニカルな性格。ケロロより階級は上だが、資質無しとして隊長にはなっていない。
ドロロ兵長
暗殺兵。常識人だが影が薄い。個体としての戦闘力では小隊一。ロボットに乗ると人が変わったように「モーレツに熱血」気味になる。

日向家[編集]

ケロロが居候をしている一家。地下にケロロ小隊の秘密基地が建設されている。

日向冬樹
ケロロが居候している日向家の長男(夏美の弟)。温厚な性格で、ケロロのことを心から友達だと思っている。オカルトマニアの一面があるせいか、他の宇宙人や未確認生物に対してもうろたえず、総じて友好的。
日向夏美
日向家の長女。ケロロ小隊を侵略者として認識してはいるものの、必ずしも仲は悪くない。身体能力が高く、パワードスーツを着込んで戦闘したこともあり、ケロン軍からは地球側の最終防衛ラインと見なされている。
日向秋
夏美・冬樹の母。漫画の編集者。職業柄か好奇心が強く、ケロロの居候を許可した。

その他[編集]

アンゴル=モア
惑星の断罪者として知られる「アンゴル族」の一人。天真爛漫な性格で、過去の経緯からケロロと親しく、彼を「おじさま」と呼ぶ。主にオペレーターとして小隊の手伝いをしている。
西澤桃華
タママが居候をしている大富豪・西澤家の令嬢。二重人格の持ち主。冬樹にべた惚れで、彼とお近づきになりたいと思っており、そのためだけに大金を費やして様々な作戦を敢行する。
サブロー
「623」の名でラジオパーソナリティをしている芸能人の中学生(原作漫画では設定がやや異なり、高校生で名前も北城睦実という別の名前)。飄々として常に鷹揚だが、洞察力や判断力は高く、アンチバリアを看破した。クルルが居候をしている。
東谷小雪
忍野村から東京に出てきてドロロと暮らしているくノ一。彼が侵略に反対するきっかけとなった存在。夏美に対しては友情を越えて恋愛感情を持っていると思しき面がある。
アリサ=サザンクロス
「闇に潜むもの」(宇宙人や未確認生物)を狩る「闇の狩人」。ある事情から冬樹に執着している。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ゴッドケロン
下記Mk-IIシリーズが合体した姿。
  • ケロロロボMk-II
  • ギロロロボMk-II
  • タママロボMk-II
  • クルルロボMk-II
  • ドロロロボMk-II

SRWオリジナル[編集]

リアルPGガンダム
バンダイのプラモデル「パーフェクトグレード RX-78-2 ガンダム」を戦闘用に改造したもの。

用語[編集]

ケロン人
ケロロ軍曹らの種族。「ケロン星」を母星とする。
ペコポン
ケロン人の言葉で地球を指す。ケロロ小隊をはじめケロン人が地球を呼ぶ際は、一貫してこの単語を使う。
ケロプラ
本作に登場するメカやケロン人のプラモデルのシリーズ名で、『ガンダムシリーズ』の「ガンプラ」に相当する。アニメとも連動した「武者ケロ」、漫画とプラモデルのみの「ケロロパイレーツ」というシリーズまで続いた。

楽曲[編集]

7年という放送期間のため、オープニングやエンディングのみでも各10曲以上存在する。またお笑い芸人などとのタイアップ曲が多いのも特徴。

オープニングテーマ
「ケロッ!とマーチ」(1stシーズン)
作詞:もりちよこ 作曲・編曲:沢田完 歌:角田信朗&いはたじゅり
『ケロロ』を代表する曲で財津一郎&小倉優子の歌う「帰ってきたケロッ!とマーチ」、超劇場版で使用された「KERO`T MARCH〜ソラミミングリッシュであります!〜(歌:角田信朗)」「ケロッ!とマーチ 2008(歌:土田晃之&柳原可奈子)」、ケロロ小隊全員の歌う「ケロッ!とマーチ <小隊Ver.>」など多くのバージョンが存在する。
『OE』では「ケロッ!とマーチ」および、ケロロの声が入った「ケロッ!とマーチ(ver.B)」を採用。
「ハローダーウィン! ~好奇心オンデマンド~」(5thシーズン)
作詞・作曲:影山ヒロノブ 編曲:渡部チェル 歌:JAM Project
『OE』でゴッドケロンの戦闘BGMに採用。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初参戦作品。ゴッドケロンケロロロボMk-IIがケロロの乗機として登場する。またケロロ以外の小隊メンバーも第6章から本格的に参戦し、パワード夏美アンゴル=モアサポートキャラとして出演している。
更に劇場版からリアルPGガンダムも登場しており、全8章パック&ダウンロードカード版購入特典によりケロロの参戦とともに使用可能になる(この特典が無くても第2章のイベントで入手可能)。
ゴッドケロンは機体の能力に加え、ケロロの特殊スキル「ケロン人」とケロロ小隊各員の精神コマンドが相まって、毎ターン精神コマンド全開で戦えるという恐るべき戦闘力を発揮する。

主要スタッフ[編集]

制作
サンライズ(第6スタジオ)
総監督
佐藤順一
シリーズ構成
池田眞美子(1~103話)
横谷昌宏(104~358話)
キャラクターデザイン
迫崎史敏
音楽
鈴木さえ子

余談[編集]

  • 藤子・F・不二雄が開拓した「不思議な同居人もの」へのストレートなリスペクトとして作られた作品。アニメ版はガンダムや特撮のパロディが多いことで知られているが、原作版ではむしろ国民的漫画作品『ドラえもん』のパロディの方が顕著である(ただし、不思議な同居人が複数の家庭にいる構造と、彼らの少しマヌケな性格づけは『オバケのQ太郎』の影響の方が大きいようだ)。
  • アニメ版では原作にあったお色気や暴力シーンが大幅にカットされ、低年齢層に配慮された内容となっている。ストーリーも第2期からはアニメ独自のものが多くを占めている。また、アニメと原作ではパロディの元ネタも異なる傾向があり、これは版権の使用権の影響とみられている。
  • 7thシーズンではそれまで30分放送だったのが15分に短縮され(残りの15分は『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』が放送された)、深夜に30分の完全版『ケロロ軍曹乙』を放送するという珍しい手法が使われた。
  • 作者の吉崎観音氏は、『NG騎士ラムネ&40』の続編である『VS騎士ラムネ&40炎』(スパロボ未参戦)の漫画連載を担当していた。掲載誌は本作と同じ『月刊少年エース』。
    • ちなみに勇者ラムネス(馬場ラムネ)役の草尾毅氏は本作でドロロ役を担当している。

商品情報[編集]

DVD[編集]

  • DVD-BOX

  • TVシリーズ

※巻数が膨大なので第1巻のみ記載。

  • 超劇場版ケロロ軍曹シリーズ

書籍[編集]