タママ二等兵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
タママ
外国語表記 TAMAMA
登場作品 ケロロ軍曹
声優 小桜エツコ
デザイン 吉崎観音(原作・原案)
追崎史敏
初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ケロン人
性別
年齢 推定3000歳以上
出身 ガマ星雲第58番惑星ケロン星
所属組織 ケロン軍
所属部隊 ケロロ小隊
軍階級 二等兵(OR-1)
テンプレートを表示

タママ二等兵は『ケロロ軍曹』の登場人物。

概要[編集]

ケロロ小隊の一員にて、小隊で一番若い。ケロン人には幼体と成体で大きく見た目が異なる(幼体は白い部分が多く黒目が小さい、尻尾があるなど)のだがタママはその幼体の姿である。しかし後輩であるタルルが彼より先に成体になっている。これは前線のケロン人は年齢が固定されているためであり、ケロン星と地球では時間の流れが違うことも影響している。

普段は新人らしく素直で可愛いが、その実、二重人格(もっと正確に言えば、二面性が強い)であるため一度キレると、怒りと嫉妬の感情をむき出しにする。他にも、クルルほどではないものの腹黒い面があり、その点に関しては本人も自覚している。またケロロと一緒に悪乗りすることが多いものの、一方で全く進展のない侵略会議を外から呆れ気味に傍観することもある。

お菓子や甘いものが大好物で目がない。蛇口から出る水をコーラにしたりとその嗜好は侵略作戦に現れている。

地球に来た時には留守番を命じられていたがいてもたってもいられず宇宙船から飛び出す。そこを敵性宇宙人に襲撃され、西澤家のパーティに墜落。居合わせた桃華に助けられて意気投合し、西澤家に居候するようになった。金持ちの家に居候しているため普段はお菓子をむさぼったり専用の施設でトレーニングしたりと快適な生活を送っている。また、タママの存在は西澤家に勤務する人間には知れ渡っており、概ね好意的に受け止められ「お坊ちゃん」のような扱いを受けている。

ケロロに対しての好意は同性にも関わらず尊敬の域を超えて愛情に至っている。自らアピールすることはそれほど多くはないが、モアが絡むとあの手この手で排除しようとする。どうやら「あの頃」のケロロに憧れているようだが今の自堕落な有り様を見て疑問に思う事も多い。

戦闘の際は武器をほとんど使わず、徒手空拳や口から吐く怪光線「タママインパクト」を主に使う。また、空間転移能力を持つが自分を含めて同時に3人程度を転移させるのが限界らしい。さらに嫉妬の感情をエネルギーにして扱う事が出来る。そのせいかネブラには「闇属性」(原作第99話)、アリサには「闇が根深い」と言われた(アニメ第133話)。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
ゴッドケロンのサブパイロット。担当声優の小桜エツコ氏は以前参加した『第3次α』では代役としての参加であったため、今作は初の自身の正規担当キャラでの参加となった。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

OE
集中祝福

人間関係[編集]

ケロロ小隊[編集]

ケロロ軍曹
敬愛し、偏愛する隊長。何か侵略作戦を行う時にはタママを連れて騒ぎを起こすことが多く、一緒に行動する機会が多い。たまに貞操を狙っている。
ギロロ伍長
先輩。直接の絡みは少ないが、侵略作戦の時にはやはりよく一緒に行動している。
クルル曹長
先輩。直接の絡みは少ない。どうやら「ガキ」だと思われている模様。
ドロロ兵長
先輩。年長者として若手のタママを優しく見守ることが多く、純粋な心から行動している時には陰ながら手を貸したことも。
アンゴル=モア
同じくケロロに好意を抱く彼女に対して常に嫉妬の炎を燃やしているが、逆に彼女の天然さに自分の惨めさを自覚することも。

ケロン人[編集]

タルル
後輩(タママ曰く「弟子」)。タママを「師匠」と呼び尊敬している。
後に成長期に入り、上等兵としてガルル小隊に入った際に敵対。一時、圧倒されるものの、直後に挽回した。この際、呼び名が「先輩」に降格していた辺り(敬意は残っているものの)性格面は似た者同士の様子。
ちなみに、タルルが最初に地球に来訪した際に周囲の人物たちのある事ない事を大量に吹き込んでいたため、後に彼らから(直接描写はされていないが)叩きのめされた事もあった。
カララとチロロ
原作では幼年訓練所所属の子供、アニメでは一般人の女の子。原作とアニメで大きく設定が異なるキャラだが、どちらでも地球に来た時にタママの世話になっている。

地球人[編集]

西澤桃華
「宇宙を超えた似たもの同士」。敵性宇宙人に襲われた所を西澤桃華に助けてもらい、そのまま西澤家に厄介になっている。二重人格同士でもある(ただし、タママは二面性が強いだけだが、彼女は本物の二重人格である)。
裏人格からはぞんざいに扱われることが多いが、優しい表人格からは弟のように接されている。タママも彼女を巻き込む作戦には乗り気でなく、こっそり作戦を妨害したこともある。
それぞれ表人格が「タマちゃん」、裏人格が「タマ公」と呼ぶ。
ポール森山
西澤家の執事。タママも彼の実力には一目置いている。「男の友情」を結ぶほど親しいが、一方で侵略が絡むとあくまで地球人の立場上協力は拒む。
日向夏美
よく日向家に遊びに来ているので接する機会も多い。登場当初こそ二面性で威圧していたものの、すぐに力関係は夏美の方が圧倒的に上になり、ケロロと一緒にお仕置きされることも多い。タママは「ナッチー」と呼んでいる。
サッカー少年
梅雨の日に公園で出会った少年。ふとした気まぐれから彼の練習を手伝い、小さな友情が生まれた。タママは「神さま」のフリをしたが実はタママの姿は見えていた。

名台詞[編集]

冬樹「それ…友達って言えるのかなぁ」
タママ「言えないと思うなぁ」
ドロロ兵長について、想い出話に浸るケロロだが、その内容はとても友達とは呼べそうにないエピソードの連続だったため、冬樹と共に率直な感想を述べた。

迷台詞[編集]

「夕べ、僕なりに分析して気づいたんですぅ。ペコポン侵略がちーっとも進まなかった理由は……コレです!!」
「だから~、徹底的に排除しちゃうです!」
アニメ第22話にて、一時的に隊長となった際ガンプラがペコポン地球)侵略の妨げになるとして(実際その通りなのだが)ケロロのガンプラを次々と破壊していった。
ちなみにこのシーンだけでなく、アニメでガンプラが破壊されるシーンが出る際は必ずといって言い程「プラモの神様ごめんなさい」のテロップが流れる。
「隊長に逆らうですか?」
「我が小隊に下品な男は不要だ」
直後、ガンプラの仇討ちをしようとしたケロロに対して何の躊躇もなく返り討ちにし、独房送りにした。増長している時のタママがよくわかる一幕。
ちなみに2行目のセリフ及び場面はアニメ『宇宙戦艦ヤマト』とそのリメイク版『宇宙戦艦ヤマト2199』のデスラー総統のパロディ。
「これで軍曹さんの唇は僕のものですぅぅ…!」
アニメ第266話Aパートにて、ケロロに鉄拳一発かまし、その後ルージュを塗ったくり、邪気の満ちたオーラを放ったタママは強引に唇を奪うべく、怪物の如き姿で暴走と追跡を開始した…。
ちなみにナレーターからも「うわ、気持ち悪ぃ!」とドン引きされた。怪演極まっているので、機会があれば聞いてみよう。本当に気味が悪いので…
さらに、この暴走のさなかに繰り出した嫉妬の念(モア曰く「被害妄想」)のエネルギーボールは手加減なしの黙示録撃(ハルマゲドン)に打ち勝つというとんでもない威力を発揮していた。

搭乗機体[編集]

タママロボMk-II
ゴッドケロンになるときは、左半身となる。
ゴッドケロン
「OE」ではサブパイロット。
タママロボUC
Mk-IIの後継機で、バンシィがモチーフとなっている。

余談[編集]

  • 『ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊』ではイベントで『テイルズ オブ デスティニー』のマイティ・コングマンの技を習得する。ケロロ小隊の他のメンバーは、同作品を含む「テイルズ オブ シリーズ」で中の人が演じたキャラの技を習得するが、小桜氏が『テイルズ オブ イノセンス』で演じたコーダは非戦闘キャラクターの為、このような措置が取られている。