2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

VS騎士ラムネ&40炎

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
VS騎士ラムネ&40炎
読み バーサスナイト ラムネアンドフォーティー ファイアー
総監督 ねぎしひろし
監督 藤本義孝
シリーズ構成 あかほりさとる
キャラクターデザイン ことぶきつかさ(原案)
黒田和也(アニメ用デザイン)
メカニックデザイン 佐山善則
音楽 オダワラアキラ
西沢明
光宗信吉
制作 葦プロダクション
放送局 テレビ東京系
放送期間 1996年4月3日 -
1996年9月25日
話数 全26話
前作 NG騎士ラムネ&40
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

VS騎士ラムネ&40炎』は葦プロダクション制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

NG騎士ラムネ&40』の続編。巫女のパフェとカカオにより3代目勇者ラムネスに選ばれた主人公・馬場ラムネードがパートナーのダ・サイダーをはじめとした勇者ラムネスゆかりの仲間たちと共にアブラーム軍に立ち向かうという内容。世界観やストーリーにはタイムパラドックスの要素が盛り込まれている他、『KO世紀ビースト三獣士』『セイバーマリオネット』シリーズをモチーフとしたキャラクターも登場している。

スタッフィングは総監督のねぎしひろし氏やメインライターのあかほりさとる氏ら前作から続投するメンバーに加え、新たにキャラクターデザインにことぶきつかさ氏、メカニックデザインに佐山善則氏がそれぞれ起用されている。

所謂キッズアニメであった前作と異なり中高生アニメファンをターゲットとしており、リアル等身となったメカニックや次第にシリアスの度合いを深めていくストーリーなどにより前作との差別化が図られている。

アニメ放送と同時に『月刊少年エース』誌にて吉崎観音氏によるコミカライズ版が1996年から1998年まで連載された。序盤こそアニメ版に沿った内容であるが中盤以降は独自の展開を見せていく。

1997年にはパフェとカカオを主役に据えた続編OVA『VS騎士ラムネ&40FRESH』がリリースされた。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

馬場ラムネード / 3代目勇者ラムネス
主人公2代目勇者ラムネスこと馬場ラムネとミルクの息子。
ダ・サイダー
前作からの続投。
パフェ
ヒロイン。巫女コンビの片割れ。
カカオ
巫女コンビの片割れでパフェの同僚。
PQ
ラムネスの相棒。タマQとウレPの子供。
ヘビメタコ
ダ・サイダーの相棒。

運命の仲間達[編集]

ドラム
ウォーターバロンのメインパイロットである乙女回路搭載型の機械人形(マリオネット)の少女。
チェロ
ウォーターバロンのサブパイロットである乙女回路搭載型の機械人形(マリオネット)の少女。
トランペット
ウォーターバロンのサブパイロットである乙女回路搭載型の機械人形(マリオネット)の少女。
ミト・ナット
グラフサンダーのメインパイロットであるガオガオゾーンの王子。
スケ・バーン
グラフサンダーのサブパイロットであるミト・ナットの従者。
カク・レンボ
グラフサンダーのサブパイロットであるミト・ナットの従者。

先代勇者関係[編集]

仮面の勇者 赤風(馬場ラムネ / 2代目勇者ラムネス
仮面の勇者 桃風(アララ・ミルク
アララ・カフェオレ
アララ・ココア

初代勇者と仲間達[編集]

初代勇者ラムネス
オルガン・シンフォニー
ボルト・ナット
初代勇者サイダー

アブラーム軍[編集]

ドン・ジェノサイ
ナルシスト・ダンディ
フェロモン・リップ
BQ

封印された悪[編集]

大邪神アブラーム
ブラック・ラムネス
初代ラムネスの身体を乗っ取ったアブラーム。

登場メカ[編集]

神霊騎士[編集]

カイゼルファイヤー
グラフサンダー
ウォーターバロン

邪霊騎士[編集]

ティーガーFZ
ビスマルクGT

極霊騎士[編集]

ゴッドブラーム

用語 [編集]

マジマジワールド
ドキドキスペース側から見た地球の事。
ドキドキスペース
物語前半の舞台である異世界。本作ではアブラームが引き起こした大時空震により、いくつかの「ワールド」が再編成され「ゾーン」となり、各ゾーン間を「おったまゲート」で移動する。
地球とは時間の流れが異なっており、地球の20年がドキドキスペースでは5年ほどしか経過しない。
キラキラ神霊界
ドキドキスペースの上位世界であり、パフェやカカオなど巫女や神官の出身世界。
アララ王国から行くことが出来る。
VS(バーサス)フィールド
物語後半の舞台。ブラックラムネスとなったアブラームが作り出した仮想空間。
勇者ラムネス
かつてドキドキスペースを救った伝説の勇者。初代が5000年前に究極の二大邪神である妖神ゴブーリキ、大邪神アブラームを封印し、数年前には2代目が復活したゴブーリキを倒した。
本作において、17歳の年齢制限(初代ラムネスの享年)を過ぎてしまうと、ラムネスになる事が出来ないという設定が明かされ、3代目ラムネスが選ばれることになる。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「未来形アイドル」
作詞:原山佳奈子 / 作曲:名古屋司 / 編曲:かつと&ぺーすと / 歌:宮村優子・氷上恭子
OP映像では冒頭と最後に宮村・氷上が演じるパフェとカカオの掛け合いが挿入される。
エンディングテーマ
「勇気の引力」
作詞:松浦有希 / 作曲・作曲:松浦有希・吉田潔 / 歌:Liaison

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初参戦作品。第4期参戦作品の第10弾として2020年2月に追加参戦。

関連作品[編集]

Another Century's Episode Portable
SRWに先駆けての参戦。

商品情報 [編集]