カイゼルファイヤー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイゼルファイヤー
登場作品 VS騎士ラムネ&40炎
デザイン 佐山善則
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
異名
  • 炎霊皇帝
  • 炎の王[1]
分類 神霊騎士
開発者 オルガン・シンフォニー
所属 勇者ラムネス一行
主なパイロット
【メインパイロット】
3代目勇者ラムネス
【火器管制】
ダ・サイダー
テンプレートを表示

カイゼルファイヤーは『VS騎士ラムネ&40炎』の主役メカ

概要[編集]

3代目勇者ラムネスダ・サイダーが操縦する複座式の近距離専用神霊騎士。PQの口に起動用のCD-ROMをセットする事で時空神殿に繋がるゲートから召喚される。

召喚自体はラムネスとPQだけでも可能だが、操縦者として勇者が二人揃わないと動かすことすらできない。まともに戦うには、その上で二人が息を合わせる必要がある。

近距離用という事もあり、戦闘では専ら格闘戦を行っており飛び道具はほとんど持っていない。また、メインパイロットはラムネスで火器管制をダ・サイダーが行うが、劇中では席の入れ替わりが多く見られている

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2020年2月のイベント「今ふたたびの猛烈に熱血!」の報酬ユニット。大器型SSRアタッカー。

関連作品[編集]

Another Century's Episode Portable
スパロボに先駆けて参戦。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

格闘
徒手空拳による殴り合い。オープニング映像ではゲタゲッターロボに対してアッパーカットからの蹴り攻撃を浴びせていた。
『X-Ω』では「アッパー」名義で通常攻撃に採用。OPの再現が行われている。
カイゼルブレード
左肩の鞘に収納された剣。伸縮自在でありナイフのような短身から一気に長身へと伸びる。
ダイヤモンドアロー
第15話にて登場。左腕に内蔵されている弓から放つ。

必殺技[編集]

カイゼルファイブレード
長剣状態のカイゼルブレードに炎の神霊の力を集めて一気にぶつける。連続使用も可能。
『X-Ω』では必殺スキルに採用。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体 [編集]

カイゼルファイヤーNEO
漫画版に登場する強化形態。白一色かつ羽の生えたボディが特徴。2代目勇者ラムネスとダ・サイダーが操縦する。

商品情報 [編集]

脚注 [編集]

  1. 『X-Ω』図鑑説明文より。