アララ・ミルク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アララ・ミルク
外国語表記 Arara Milk
登場作品 NG騎士ラムネ&40
声優 横山智佐
デザイン 伊東岳彦(原案)
斉藤卓也
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間
性別
誕生日 7月7日
星座 ヤク座
年齢 10歳
出身 ハラハラワールド
瞳の色 桃色
血液型 B型
所属 アララ王国
称号 第三王女
趣味 食事、大食い、即効消化
テンプレートを表示

アララ・ミルクは『NG騎士ラムネ&40』のヒロイン

概要[編集]

異世界ハラハラワールドの住人で、ファミコンソフト『キングスカッシャー』をクリアしたゲーム好きの小学生馬場ラムネ勇者ラムネスとしてハラハラワールドへと連れ出した。ゲームでは割愛されたが、マッチ売りの少女のような姿で通行人に声をかけ、1個10円でゲームを売っていた。「消費税はいりません!」の台詞が消費税が導入されたばかりの時代を感じさせる。

かなりの大食いで、食べ物がないと怖い形相になり、周囲の物を破壊。これによりアララ城も3回全壊した。本編で一度凄まじく太った姿を見せるも、一瞬で胃袋の中身を消化してもとのスタイルに戻っている。食べるときの口癖は「グラッチェグラッチェ」。また、一行が立ち寄った国や街では未曾有の大飢饉となったと言う。

明るく勝気な性格で、ラムネスを身を挺してかばおうとする勇気を見せるなどヒロインらしい行動もあるが、父親をお父様、姉をお姉様と呼ぶ以外は、良くも悪くもお姫様らしくない。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初登場作品。ハルク砲艦アックスボンバー号のサブパイロット。大食いエピソードもしっかり再現されている。また原作ではかなり暴力的な発言も多かったのだが、今作では大人しめ。ラムネス同様、衣装が始めからドキドキスペース編のものとなっている。
複数人乗りユニットのサブパイロットの中で唯一、Lvアップ時の台詞を担当している(他のユニットは全てメインパイロットが担当)。
スーパーロボット大戦Operation Extend
本作でもハルク砲艦のサブパイロット(なお、エレドアもLvアップ時に喋るようになったたため、唯一そこで喋るサブパイロットではなくなった)。ラムネスが女の子に弱い部分が再現されたため、デレデレする彼に怒る場面も。
SPの余りがちなレスカが追風持ちのため、ミルクの加速はほぼ死んでいるに等しい。加速に消費するSPも応援に回したい所だろう。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

NEOOE
加速 応援

人間関係[編集]

勇者ラムネス
ゲーム売りの少女として出会い、ハラハラワールドへの冒険にいざなう。三年後を描いた続編OVA『EX』で再会した際には、「ずっと好きだった」と告げており、そのさらに続編のTVシリーズ『VS騎士ラムネ&40炎』(SRW未参戦だが、『A.C.E.P』に参戦)では結婚し、彼との間に同作の主人公である「馬場ラムネード(三代目勇者ラムネス)」を授かっている。
アララ・ココア
下の姉。姉妹そろって勇者ラムネスの冒険に同行する。
アララ・カフェオレ
生き別れになっていた上の姉。姉妹と発覚した当初は反発しあうが、続編ではOVA、ノベライズ、ドラマCD版共々、仲のよさそうなやりとりが多い。
アララ・コリャリャ・ヨッコーラ三世
アララ王国国王で、父親。
アララ・エスプレッソ・カプチーノ
アララ王国王妃であり、母親。TVシリーズ本編には未登場であり、関連書籍掲載の短編ノベライズ、コミカライズでのみ見ることができる。一度眠ると三年間は起きない体質により、彼女の記憶が薄いミルクからは、すでに亡くなっているものと思われていた。SRW未登場。
馬場ラムネード
続編作品『VS騎士ラムネ&40炎』の主人公にして「三代目勇者ラムネス」。
ラムネスとミルクの息子。SRWではなく『A.C.E.P』に参戦。

他作品との人間関係[編集]

武蔵坊弁慶
NEO』にて、パフリシア城の門番のバイトをしていた彼にパフリシア城の城下町では一番美味い大衆食堂金鹿亭を教えて貰った。
日向仁
『NEO』にて、大食いするミルクにドン引きした。
白鳥マリア
『NEO』にて、大食いを彼女に咎められそうになった。
マグナムエースマッハウインディ
『NEO』ではシルバーキャッスルのファンという設定。
シルバーキャッスルのオーナーであるルリー銀城も演じているのは横山氏なので、所謂中の人繋がり
パッフィー・パフリシア
『NEO』にてラムネスに彼女とのお姫様としての器量を比較されてしまう。

名台詞[編集]

NG騎士[編集]

「グラッチェグラッチェ」
食事の際の口癖。
「お腹すいたお腹すいたお腹すいたー!」
お腹がすいた時などの口癖。この台詞を無視したら最期と思うべし!
ラムネス「夢かなぁ? (自分の頬をつねる)いててっ」
「夢なんかじゃないです、あなたこそ私が捜し求めていた選ばれし勇者の血を引く者…ラムネス! さぁ、私と一緒に来てください!」
ラムネス「選ばれし勇者の血を引く者ラムネス? オ、オレは馬場ラムネだよ」
「このゲームをゲームオーバーできたのがその証なのですぅ! さぁ、来てください!」
ラムネス「信じられないよなぁ…」
「来てちょうだいってばぁ!」
ラムネス「でもぉ…」
「さっさと来いっつ~んだよっ!」
第1話。ラムネスがゲームをクリアした後、テレビの中から登場。一緒に来るように言うが、ラムネスは困惑。業を煮やして本性を剥き出しに、彼の胸ぐらをつかみ、首を絞め強引に連れて行く。お転婆どころではない行動。
なおこの時のゲームオーバーとは「敗北して終了」ではなく、あくまで「ゲームをクリア」の意味である(実際、クリア時に「ゲームオーバー」と表示されるゲームは存在する)。『NEO』では後者に置き換えられている。
「馬鹿…クイーンサイダロンの馬鹿…あんたなんか…あんたなんか…だいっ嫌いよー!」
第18話。キングスカッシャーに止めを刺そうとするヤリパンサーに向けてのセリフ。この直後、コクピットで気絶しているラムネスの熱血メーターがレッドゾーンに到達し、セイントボムが…。
「ラムネス、あなたのことが…好き…!」
『EX』にてゴブーリキにトドメを刺されそうになったキングスカッシャーのコックピットにて、絶体絶命のラムネスに対しての愛の告白。この後二人は熱いキスを交わし、その愛に反応しキングスカッシャーは究極の姿へと進化する!

VS騎士[編集]

「望むところよ!受けて立つわ!」
中学生時代、ラムネに断崖絶壁の上でプロポーズされた際の返事。とても勇ましい。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「オーナーのルリィ・銀城ちゃんも可愛いのよね~」
NEO』第10話「猛攻!ゴールド三兄弟!」より。シルバーキャッスルについて熱く語った時の台詞。先述の通り声優ネタ

搭乗機体[編集]

スタン帆船ウェスタンラリアット号
SRW未登場。
ハルク砲艦アックスボンバー号