クィーンサイダロン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
クィーンサイダロン
外国語表記 Queen Sideron
登場作品 NG騎士ラムネ&40
声優 松本保典
デザイン 中原れい
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 守護騎士
所属 ドン・ハルマゲ配下 → アララ王国
パイロット ダ・サイダー
テンプレートを表示

クィーンサイダロンは『NG騎士ラムネ&40』の登場メカ

概要[編集]

ダ・サイダーの乗る黒色の守護騎士。ダ・サイダーに召喚され、「ジュワー!!」のかけ声で登場する。

他の守護騎士と違い明確な意識を持たず、その力を発揮するには「勇者」の搭乗が必要である。

物語前半は、「勇者」であるダ・サイダーがドン・ハルマゲに洗脳されていたため、ラムネス一行の前に何度も立ち塞がった。ダ・サイダーが抜けているので、何かと失敗する事も多いが、ダ・サイダーは一応「勇者」であり、何より機体自体が守護騎士の中で最強であるため、ダ・サイダーが本気を出した時の戦闘力はキングスカッシャーと互角以上である。

ダ・サイダーの「血圧」が無限をぶっちぎると、「やってやるぜ!ヤリパンーーーッサー!」の掛け声で獣形態であるヤリパンサーへと変形する事が可能になる。サムライオンと同じ様に必殺形態ではあるが、途中からの参戦なので、出番はちょっと少なめ。しかし、血圧を上げる為に毎回あの手この手を用意してくるので、インパクトはでかい。冷静に考えると、生命に関わるほど血圧を上げているのだが、あまり深く考えるのは無粋である。

ネーミングの元ネタはチェスの駒の「クィーン」と飲料の「サイダー」から。チェスではクィーンが一番強い駒なので、それを元ネタにした以上キングスカッシャー以上の戦闘力は当然なのかもしれない。クイーンと表記される事もあるが、正式にはクィーン

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初登場作品。原作通りダ・サイダー(2代目戦士サイダー)が搭乗し、何度か敵対した後、自軍へ加入する。各守護騎士のおかげでオールラウンドに戦えるキングスカッシャーと比べると見劣りしてしまうが、合体攻撃の存在に加え、ダ・サイダー脱力を覚えるために対ボス戦に役立つので、改造しておいて損はない。一応、クィーンサイダロンフルパワーがあるため、単体での攻撃力はキングスカッシャーより上。
スーパーロボット大戦Operation Extend
1章5話サブミッション「勇者ラムネス、新たなる旅立ち」でスポット参戦後、何度か敵対した後に5章20話サブミッション「閃光のダ・サイダー」で自軍へ加入。
地中移動できない限り遠回りしないといけなかったり、目的地に辿り着かれるとゲームオーバーだったり、出撃できるメンバーが少なかったりと敵での登場ミッションのいずれもが癖のあるマップ。特に後者2つは雑魚の対処も大変なので、優先的に倒したいところ。
今作では「クィーンサイダロン・フルパワー」がない。終盤は雑魚が多いので射程が短いのもマイナス。ダ・サイダーの「脱力」に置いても強力なライバルが増えており、向かい風は強い。武器の特性の組み合わせが他にないものが多いので、エースボーナスも合わせ他と差を付けたい。

装備・機能[編集]

召喚
普段はダ・サイダーの肩のヘビメタコに収納されており、戦闘時に呼び出す事ができる。
「イェーイ!ダーリン、サイコーじゃん!」

武装・必殺武器[編集]

携行武器を含む全ての武器が内蔵式になっており、変形の際には収納されるので武器を回収する必要が無い。また、これらの武器は主力武装ではあるが、決め手に欠ける。とどめはヤリパンサー形態で放つ突撃である(アニメでキングスカッシャーとの合体攻撃『ロイヤルスカッシュ』の初使用の際、『クィーンサイダロントルネード』と呼称しておりSRWでもその名前が採用されている)。また、『NEO』では主人公サイドへの合流時に『クィーンサイダロンフルパワー』という必殺技が追加される。

武装[編集]

パンサークロー
ヤリパンサー形態の爪。『キューティーハニー』の敵組織と同名だが無関係である。
NEO』・『OE』では「クロー」の名称で採用されており、突破攻撃となっている。
ムチ
その名前の通り鞭。胸に折り畳まれて収納されている。
『NEO』では「スタン」特性付き。『OE』では更に「エスケープ」特性も付く。
クィーンシューター
胸から発射するクナイ。
『NEO』では「ヒット&アウェイ」特性付き。『OE』では「対空」特性も追加。
ハルバード
主力武器。ハルバードとは、竿状武器のひとつで、柄の長い斧(ポールアックス)の穂先に槍の刃を取り付けたもので、「戦斧」とも呼ばれる。普段は胸に折り畳まれて収納されている。
『NEO』では「押出」特性付き。
ビームキャノン
ヤリパンサー時の背中に付いている4門の小型のビーム砲。恐らく劇中使用されたのは1回だけ。そのためかSRW未実装。

必殺技[編集]

クィーンサイダロントルネード
血圧を上げ腰のメーターを∞にする事でヤリパンサーに変形し敵に突撃する。キングスカッシャーの対となる機体としての技ではあるが、変形のかけ声やオーラの色と合わせて明らかに野生の本能全開である。
『OE』では「貫通」「ガードアーム」特性付き。
クィーンサイダロンフルパワー
クィーンサイダロンの全エネルギーをハルバードに込めそれを投げ敵を貫く。原作ではゴブーリキが張ったバリアを破壊する為に使用された。
『NEO』では「ロックオン」特性付き。
名前の元ネタは恐らくこれ

合体攻撃[編集]

ロイヤルスカッシュ
勇者ラムネスキングスカッシャーと共に繰り出す合体攻撃。キングスカッシャーハリケーンとクィーンサイダロントルネードを同時に繰り出し突撃する。『OE』では「バリア貫通」特性付き。

特殊能力[編集]

NEOOE
シールド防御

移動タイプ[編集]

宇宙

サイズ[編集]

2またはS
『NEO』、『OE』

機体BGM[編集]

「熱血!!勇者ラムネス」
原作の前期OP曲。基本の戦闘BGM
「クイーンサイダロン」
クィーンサイダロン召喚BGM。必殺技使用時の基本BGM。また、敵対時の戦闘BGMでもある。
「闘え!!キングスカッシャー」
挿入歌。ロイヤルスカッシュ使用時のBGMで、変更不可。

関連機体[編集]

キングスカッシャー
対となる王の守護騎士合体攻撃ロイヤルスカッシュの相方。打ち切りが無ければ、合体(!)するはずだった。この構想は、若干形を変えて後日談のOVAへと引き継がれている。

余談[編集]

  • 続編『VS騎士ラムネ&40炎』(SRW未参戦)においては、なんとダ・サイダーの初登場回で呼び出す前にカプセルごと破壊されるという呆気ない形で失われている。実質名前だけの登場である。世代交代のためとはいえ、仮にも前作のライバル機体の退場シーンとしてはあんまりにもあんまりなものである。
    • ただし同作の漫画版では終盤に再登場。主人公不在時にはダ・サイダーと共に敵に立ち向かっていた。

商品情報[編集]