地中

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

地形の内、地面の中のこと。

スパロボシリーズのシステム概念として地中の要素が登場したのは『第3次スーパーロボット大戦』から。

システム上での扱い[編集]

地中へ潜行することで「敵ユニットの攻撃対象とならない」という特性を得られるが、その替わりに地中にいる時は攻撃を行えない。合体や援護などといった特殊行動の可否は作品ごとに異なる。基本的に潜行している限り無敵状態だが、スーパーロボット大戦Dコンボなど一部の特殊な攻撃は攻撃対象となる場合もある。また、地中移動は移動力コストを無視できる利点を持ち、敵ユニットをすり抜けることが可能。作品によっては侵入不可地形をすり抜けることもできる。

採用作品[編集]

ゲッター2系機体の登場する作品では基本的に地中移動が採用されている(小隊制作品など、一部例外あり)。

特殊な採用例として『スーパーロボット大戦Operation Extend』における地中移動は移動時のみで、地中での待機は不可能という扱いとなっている。また、地形適応ではなく機体の特殊能力として設定されており、作品によるが移動時には空中宇宙と同様のENを消費する場合が多い。

地中移動が可能な機体[編集]

概ねドリルを装備している機体が多い

ゲッター2系機体
地中移動の代名詞的ユニット。
ドリルスペイザー
グレンダイザーとの合体形態も同様。
バトルクラフト
コン・バトラーVを構成する5体メカの一つ。
ボルト・ランダー
ボルテスVを構成する5体メカの一つ。
ザムジード
第4次スーパーロボット大戦』ではゲッター2、ドリルスペイザー、バトルクラフト、ザムジード4体で敵を囲んで動けなくすることも可能。ただし、近年では地中移動がオミットされている事が多い。
電童・ユニコーンドリル凰牙・ユニコーンドリル
共に『R』のみ。
グレンラガン
ただし、合体形態である超銀河グレンラガン(および天元突破グレンラガン)には、地中移動能力が無い。
クロガネ
地中に潜れる「戦艦」。
アクエリオンゲパルト
アンディ・W・ホールがメインパイロット時。
デススティンガー
敵専用。イベント扱いで能力としては所持してない。

メモ[編集]

余談[編集]