提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
  • 外国語表記:Moon
  • 分類:衛星
  • 離心率:0.0548799
  • 直径:3,474.3km(平均)
  • 表面積:3.8 × 107km2
  • 質量:7.347673 × 1022kg
  • 平均密度:3.344 g cm−3
  • 重力:0.165G(地球での平均基準)
  • 公転周期:27日 7時間 43.1分
  • 自転周期
    • 27日 7時間 43.2分(恒星月、公転と同期)
    • 29日 12時間 44分(朔望月)

概要[編集]

地球の唯一の衛星。

ガンダムシリーズ』を始め、月に人類が進出している作品が多いため、主要な舞台となっている。また、人類が月面進出していない作品でも、地球上では直接月の裏側を観測できないという立地条件から、太陽系外からの侵略者に前線基地を建造されているケースも見られる。

SRWでは殆どの勢力が味方・敵含めて月に進出している為、色々な組織の建造物が月にある設定だが、それらが一箇所に集合する事は無く、せいぜい3作品程度。お互いに離れた場所に建造しているのだろう。

地球以外の惑星において、その惑星の衛星を指して「月」と呼称することがある。なお我々の住む地球における「月」が一つなのは当然の常識である為、異星や異世界が舞台となる作品ではロケーションが地球ではないことを表すための記号として、複数の「月」が描かれることが非常に多い(『リアルロボット戦線』ではまさに第1話でそういったシーンがある)。

登場作品(スパロボ)[編集]

宇宙マップの背景としても登場するが、地形効果は無い。ただし、『第4次』『新』ではアイテムが配置されている場合がある。 月面マップでの戦闘における地形の扱いは、「着陸すると陸、飛行すると宇宙扱い」「着陸しても飛行しても宇宙扱い」「地球と同様の空陸扱い」と作品によってばらばらである。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
月面で戦闘した後、グラナダに攻め入る。また、シュウ・シラカワと初めて対面する。
第3次スーパーロボット大戦
ルートによっては、序盤にフォン・ブラウンを訪れる。終盤では、シナリオ「ムーンライト」及び「ルナティックドリーム」の舞台になる。
第4次スーパーロボット大戦S
終盤のシナリオ「オルドナ・ポセイダル」の舞台。これまでの選択肢によって難易度が大きく変わってきており、最も難しいルートでは味方のレベルやユニットの改造次第では詰むほどの難しさ。
スーパーロボット大戦F完結編
宇宙編ではギジェ・ザラルが味方に見捨てられ、仲間に入る切っ掛けになる。ポセイダルルートではゲストとの決戦の舞台になる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパーロボット大戦α外伝
イージス計画が実行される地であり、過去・現代併せて今作の重要な舞台となっている。
第2次スーパーロボット大戦α
月面の工場がネオ・ジオン木星帝国の後ろ盾となるのを防ぐために、中盤の分岐でアクシズと選択で向かうことになる。
ネオ・ジオン木星帝国連邦軍との戦闘もあるが、異星人艦隊との戦闘の印象が大きい。
第3次スーパーロボット大戦α
序盤に地球圏絶対防衛線が破られたことで星間連合に前線基地として占拠されてしまうが、後に取り戻す。また、その戦闘の際にムーンクレイドルのコンピュータ・グロリアで、イデの解析を行う。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
スカルムーン基地D.O.M.E.レクイエムがあり、ムーンレィスが住んでいるという設定。また、セツコルートの場合は物語の始まりの地になる。
多元世界誕生後はギンガナム艦隊が異星人部隊との戦闘を繰り返しており、そのためか人間たちが作った施設にはあまり異星人が攻めてくることはなかった。終盤に自由都市コペルニクスにて女王ディアナの呼びかけにより、コペルニクス会談が開かれた。
なお、毎回無限拳で殴られるだけでは飽き足らず、エンディングではなんとでかでかとしたハートマークの中にレントンとエウレカの名前が刻まれた。様々な組織の存在や超技術、更に無限拳の被害、極めつけはあの刻印といった『Z』における月の災難さは今までとは比較にならない。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
「二つの月が存在する」という設定。普通の月と陰月があり、後者は次元が不安定なため手を出すことができないが、新帝国インペリウムとの最終決戦で開放された。だが、最終戦後に再び境界が不安定になり、立ち入りができなくなった。
なお、作中において月は大変重要なキーワードとなっているものの、実際に月面で戦うことは少ない。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
前作と同じく、実際に月面で戦場の舞台になる事は少ない。…などと言うのはもはや些細な事で、今作は巨大な(全長1キロメートル前後など生易しい方で、から小惑星サイズ、更には月サイズ、そしてそれ以上の)敵が無限拳で叩きつけられるため、ユーザーの間で『Z』とは違う意味で「月は大丈夫なのか?」と心配されてしまう事に…。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
戦闘ステージとしては未登場。陰月だったカテドラル・ラゼンガンは終盤、シモンによって次元の狭間から掘り起こされ、超銀河ダイグレンから真ゲッターロボのゲッタービームによる進化を経て超銀河グレンラガンとして運用されることになる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
蒼の地球側の月」と「翠の地球側の月」が登場している。そして、例によってもう一つのバジュラの母星にいようが、カオス・コスモスにいようが、様々なサイズの敵が無限拳で月に叩きつけられていく。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
中立地帯のフォン・ブラウンを除いて、ギガノス帝国の勢力下にある。珍しくケリィ・レズナーとの対決イベントが再現される。
スーパーロボット大戦R
機動新世紀ガンダムX』が参戦しているので、重要な舞台の一つである。また第一話の舞台も月。
スーパーロボット大戦D
ネオジオンルート序盤で戦闘する事に。カミーユ・ビダンファ・ユイリィは月在住。同ルートを選ぶと流竜馬ブラックゲッターを作っていたことが分かる。
スーパーロボット大戦J
女主人公カルヴィナは本編開始前の月面施設の事故で月面都市に入院している。カルヴィナルート第1話は同都市ネルガル重工ドックが舞台。
フューリーの宇宙船『ガウ・ラ=フューリア』が長い年月をかけて衛星化したのが、『月』である」という、凄まじい設定となっている。
スーパーロボット大戦W
ラダムの本拠地であるラダム母艦が存在。
スーパーロボット大戦K
ガン×ソード』の幸せの時のために月を落とそうとしたり、邪魔大王国との最終決戦の場所でもある。
スーパーロボット大戦L
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の世界観に基づいて各種基地が存在する他、『戦え!! イクサー1』のクトゥルフの基地、およびGreATの基地もある。
スーパーロボット大戦UX
内部に過去の宇宙の東京を模したヒトマキナの本拠地がある。ラクスらがレクイエムを秘密裏に修復し、月の表面に発射して穴を開ける事によって月の内部に突入する。
スーパーロボット大戦BX
機動戦士ガンダムAGE』のルナベースが存在する。また、宇宙世紀ガンダムシリーズを世界観に含んでいるため、それらの月面都市も同様に存在すると思われる(ゼハートが「我々はフォン・ブラウンを攻撃する用意がある」と脅しをかける場面がある)。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
宇宙編のマップ「月面降下作戦」の舞台。ここであしゅら男爵率いる機械獣軍団と戦う。
スーパーロボット大戦64
OZルートでは、ムゲ・ゾルバドス帝国の月面基地攻略のアポロ作戦に参加することになり、ロームフェラ派として参加するか否か、そしてロームフェラ派より先に基地を制圧できるかどうかで、その後の展開が若干変わる(勢力図はかなり変わる)。制圧に成功した場合、月基地がトレーズ派の拠点となり、ガトーが加入する。
スーパーロボット大戦MX
ギガノス帝国ベガ星連合軍スカルムーン基地機械帝国ガルファ螺旋城が並立している。
スーパーロボット大戦GCXO
ギガノス帝国に加え、ジオン軍グラナダも並立。また、ギガノスのマスドライバー基地がマイヨ達が人員脱出させた後に爆破され、ヘルマット将軍が巻き込まれる。
スーパーロボット大戦NEO
スーパーロボット大戦Operation Extend
スーパーロボット大戦Card Chronicle
スーパーロボット大戦V
新正暦世界では月面特殊戦略研究所があり、叢雲総司は地球へERS-100を輸送する任務を受けている。

OGシリーズ[編集]

αシリーズと同様に、ムーンクレイドルがあるほか、スカルヘッドがある。マオ・インダストリーの本社もあり、機体の開発を行っている場所である。必然的に敵に狙われやすい。

スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
インスペクターに占拠される。
スーパーロボット大戦OG外伝
第2次スーパーロボット大戦OG
ゲストに占拠される他、バラルの園の放った攻撃により、被害を受けていた。
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
『OG2nd』最終話でバラルの園が月に放った攻撃は、何故かムーンクレイドルから西50キロメートル離れた無人の土地に着弾していたことが判明した。目撃したアルバーダはムーンクレイドルを狙って外したか、その地点の攻撃に何らかの意味があるのかと疑問を抱く。その意味は…
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
アシュアリー・クロイツェル本社と、その近傍のクレバス内部にガウ=ラ・フューリアが存在。

関連作品[編集]

関連作品[編集]

SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ステージ2として月面基地が登場。α・アジールがボスを務める。
ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
最終決戦の場所であるグラナダ要塞がある。ここに到着すると、もう他の場所には移動できなくなる。
バトルロボット烈伝
物語の舞台である「惑星ウルス」の月が登場。最終章の舞台でもある。
リアルロボット戦線
物語の舞台である「惑星ウルス」の月が登場。この惑星には3つの月が存在し、それを目の当たりにした版権キャラ達は「ここが地球ではない」と気付いた。
赤い第1の月「フシコ」、金色の第2の月(名前不明)、銀色の第3の月「タンデ」が存在する。なお、フシコは最終決戦の舞台であり、タンデはコロニー落としならぬ「衛星落とし」に使われた。

登場作品(版権)[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

機動戦士ガンダム
裏側にジオン軍の重要拠点グラナダがある。
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
コウ・ウラキが表側の月面都市フォンブラウンでケリィ・レズナーと出会い、戦った。
機動戦士Ζガンダム
アナハイム・エレクトロニクスの工場があるフォン・ブラウンが登場。ジャマイカン・ダニンガンによって月面にコロニー落としが行われたが、エゥーゴに阻止された。
機動戦士ガンダムΖΖ
補給のために一度訪れており、ここでトーレスに、本人は知り得ない悲劇が起きる。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
アムロ・レイνガンダムの受け取りに向かった。
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
サナリィの研究施設において、ミノフスキードライブ搭載型MSのテストが行われていた。
また、神の雷計画の詳細をハリソンから聞いた連邦高官達の手によって、月への遷都が推し進められることになる。
機動戦士Vガンダム
この時代では地球連邦の首都は月に遷都している。ウッソ・エヴィンが母親であるミューラ・ミゲルと再会した。
新機動戦記ガンダムW
OZの月面基地が存在し、敗走したガンダムのパイロット達やガンダム開発者の5人の博士が一時捕らえられていた。
機動新世紀ガンダムX
サテライトキャノンを撃つ為に重要なマイクロウェーブ送信施設がある。また、D.O.M.E.もここに眠っていた。
∀ガンダム
地球を離れた先史文明人(月の民ムーンレィス)の移住先。
機動戦士ガンダムSEEDシリーズ
ヤキン・ドゥーエ戦役以前は地球連合軍のプトレマイオス基地と資源採掘基地エンデュミオンが存在したが、エンデュミオンはサイクロプスによる自爆、プトレマイオスはジェネシス第二射で壊滅している。
公式年表ではグリマルディ戦線の際にザフトが月面ローレンツ・クレーターに前線基地を建設していた設定があるが、本編開始前の敗退で基地は放棄されている。
ユニウス戦役時には地球連合軍のアルザッヘル基地とダイダロス基地が登場。しかし、ダイダロスはレクイエム攻防戦でザフトに占領され、アルザッヘルはザフトのレクイエムのテストを兼ねた照射で基地を吹き飛ばされて壊滅した。
機動戦士ガンダム00
月の裏側にヴェーダの本体が設置されており、そこではイオリア・シュヘンベルグがコールドスリープしていた。
機動戦士ガンダムAGE
地球連邦軍の拠点、ルナベースが存在する。

その他[編集]

UFOロボ グレンダイザー
ベガ星連合軍の前線基地・スカルムーン基地が月の裏側に存在する。スパロボではいろんな侵略者がこの基地に犇き合う事も多々ある。
闘将ダイモス
主人公である竜崎一矢の父・竜崎勇博士が月基地に赴任していたという設定で、ここでバーム星人との会談が行われたが、リオン大元帥の毒殺を契機に竜崎博士らを始め基地に居た多数のスタッフがバーム兵に虐殺されるという悲劇になる。
宇宙大帝ゴッドシグマ
イオ火星同様に地球人が入植している設定だが、後半にエルダー軍の攻撃により占領された。
戦国魔神ゴーショーグン
ドクーガの基地がある設定で、最終話ではジッター博士が月のドクーガ基地でゴッドネロスを開発していた。
蒼き流星SPTレイズナー
エイジジュリアの父ケン・アスカが月探査計画中に遭難し、グラドスの調査隊に救助されている。また本編中ではグラドス軍に襲撃された月面都市でDr.エリザベスが元恋人・クレイトン(SRW未登場)と再会する。
機甲戦記ドラグナー
ギガノス帝国の本拠地である。
GEAR戦士電童
機械帝国ガルファの前線基地である螺旋城が飛来した。
超獣機神ダンクーガ
ムゲ・ゾルバドス帝国の前線基地が月面に建設される。
獣装機攻ダンクーガノヴァ
ムーンWILLが存在し、最終決戦の場になった。
真ゲッターロボ 世界最後の日
正確にはもう過去の出来事でインベーダーと十年間戦争していた。その他、タイムスリップした竜馬は月面のとある基地に放置されていたゲッターロボの中で目覚め、ブラックゲッターへの改造を行った。そして終盤、竜馬の提案でここにあったハイパーレールガンでガニメデを狙撃したが跳ね返されてしまい、月に直撃。月の形が変わるほどの被害を受け、その破片が地球に降り注いで地球にも多大な被害をもたらした。
なお、石川賢の漫画『クレーターバトル』では月面十年戦争の戦いの一部が描かれている。ドラマCDも存在し、こちらはこの戦争が舞台の話。
創聖のアクエリオン
舞台とはしていないが、無限拳でソーラーアクエリオンの手だけ月まで行った事がある。
なお、『Z』では無限拳を使う度(おそらくトドメ演出の度)に月まで伸ばしているらしく、ギンガナム「貴様か! 毎回月まで腕を伸ばしているのは!」と激昂する。艦隊演習の邪魔になっているらしい。コミカルなクロスオーバーだが、ギンガナム艦隊にとっては災難以外の何物でもない。
第2次Z』でも違う世界にもかかわらず相変わらず拳が月に突き刺さっている。マイクロウェーブ送信施設やらヴェーダやらがあるはずなのに大丈夫なのだろうか。
交響詩篇エウレカセブン
これまた舞台ではないが、原作最終回の大きなハートマークの中に主人公のレントンとヒロイン・エウレカの名前を刻んだシーンがきっちり再現される。
なお、ソーラーアクエリオン同様にニルヴァーシュ type ZERO spec3で武装【格闘】でトドメを刺すと、毎回アレが月に刻まれる。
宇宙の騎士テッカマンブレード
ラダム母艦が月の裏側に墜落しており、結果的にラダムの本拠地となっている。
ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日
最終話において、BF団の月面基地が存在している事が語られている。
熱血最強ゴウザウラー
機械化帝国の前線基地「機械化城」が、月の裏側に建造されている。また、エンジン王機械神との決戦は、月面が舞台となった。
NEO』では機械化城が地球に向かって移動してくる中での決戦となるため、月面に降り立つことは無い。
鋼鉄神ジーグ
ダブルジーグ邪魔大王国との最終決戦の舞台となった。
鉄のラインバレル
原作漫画版ではヒトマキナの拠点であり、主要ヒトマキナの電脳が存在している。
天元突破グレンラガン
かつてのロージェノムの旗艦、カテドラル・テラアンチスパイラルの手によって月に姿を変えられていた。
なお、超銀河ダイグレンの起動後、異空間に隠されていた本物の月は超次元アンカーによってサルベージされた。
電脳戦機バーチャロンシリーズ
先史文明の遺跡・ムーンゲートが存在している。『マーズ』では月に転送された主人公が、シャドウVRとの戦いや白騎士との出会いを経ながらムーンゲートを目指す事になる。
アイドルマスター XENOGLOSSIA
本編の107年前に起きたロスト・アルテミスにより月は崩壊して、既に存在していない。そのため、人々は「地球を覆うオービタルリングがかつて『月』という一塊であった」という知識として知るだけとなっている。
また、地球を取り巻く月の破片群が隕石となって降り注ぐ為、世界各国では核兵器によって隕石を破砕し、核兵器を保有しない日本はiDOLによって隕石を破砕する。
なお、インベルをはじめiDOL達の個々の名前は、月の海(月における平原部の事)の地名に由来している。
恐竜戦隊ジュウレンジャー
復活した魔女バンドーラが、居城となるバンドーラパレスを築いている。

主な都市・施設[編集]

スカルムーン基地
ベガ星連合軍の月面基地。
フォン・ブラウン
宇宙世紀ガンダムシリーズに登場する月面都市。
グラナダ
宇宙世紀ガンダムシリーズに登場する月面都市。
ゲンガナム
ムーンレィスの首都。位置はグラナダと同じである。
マウンテンサイクル
∀ガンダム』で黒歴史の遺産が埋没している地を指す用語。地球と月両方にある。
マイクロウェーブ送信施設
機動新世紀ガンダムX』に登場するサテライトシステムの中枢施設。D.O.M.E.と呼ばれる最初のニュータイプが眠るとされている。
コペルニクス
機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する月面都市。
ダイダロス基地
『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する軍事基地。
ヴェーダ
機動戦士ガンダム00』に登場する量子型演算処理システム。月面のクレーターの内部に隠蔽されている。
テクネチウム基地
バンプレストオリジナルの月面基地。ヒュッケバインの起動実験に失敗し、ブラックホールエンジンの暴走で消滅した。
ムーンクレイドル
バンプレストオリジナルの人工冬眠施設…だが、よく戦闘に巻き込まれる。付近には月面クレーターを利用した都市やマオ・インダストリーがある。
マオ社が権限を持っているらしく、有事の際は月面都市住民の緊急避難施設に使われる。
ガウ=ラ・フューリア
バンプレストオリジナルの宇宙船…というか、J』では月そのもの

関連用語[編集]

D.O.M.E.
機動新世紀ガンダムX』に登場するファースト・ニュータイプ。月面に所在するマイクロウェーブ送信施設の中枢に意識体として存在している。
ムーンレィス
∀ガンダム』における月面の王国およびそこに住む民。正暦2345年、市民軍ディアナ・カウンターを組織して「地球帰還作戦」を実行に移す。
ディアナ・ソレル
『∀ガンダム』に登場する月の女王。ムーンレィス達にとっては、心のよりどころになっている。
ルナリアン
ガンダムシリーズにおける月面都市の居住民。一例を挙げると、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するニナ・パープルトンがいる。
陰月
『第2次Z』世界におけるもう一つの月。

地球以外の惑星の月[編集]

創作作品においては、地球とは異なる惑星における衛星が「月」と呼ばれるケースも少なくない。

真ゲッターロボ (原作漫画版)
ゲッターエンペラーによって、地球とは別の惑星の月が破壊されていた。
伝説巨神イデオン
バッフ・クラン地球における衛星も「」と呼ばれている。
天空のエスカフローネ
惑星ガイアから見た地球は現地の住民に「幻の月」と呼ばれている。
ガン×ソード
カギ爪の男幸せの時の為に、バースデイを用いてエンドレス・イリュージョンに繋ぎ止めた。

余談[編集]

  • SRWでは演出の都合上、サテライトキャノン無限拳を月で使うと、「月から上空へ向かって発射されたマイクロウェーブが月に落ちてくる」「無限拳で月面から上空に殴り飛ばされた敵機がそのまま月面まで飛んでいく」等の謎現象が発生してしまう。
」に関する事実
外国語表記Moon +