2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

OZ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

新機動戦記ガンダムW』に登場する組織。

「Organization of the Zodiac(黄道帯機構)」の略で「オズ」と読む。

概要[編集]

ロームフェラ財団によって組織された私兵集団。独特の階級が特徴で、一般兵である特士でも連合の中尉相応である。総帥はロームフェラ財団のトレーズ・クシュリナーダで、彼の幽閉時にはデルマイユ公爵が臨時代表を務めた。

元々はスペシャルズと名乗り、地球圏統一連合軍の下請け民間軍事会社をしていた。モビルスーツの開発に着手し、リーオーエアリーズなどを完成させて地球圏統一連合に供給する。5機のガンダムによって地上が混乱するのと時を同じくオペレーション・デイブレイクにて武力蜂起し、連合を壊滅させた。

宇宙にも進出して一時期は地球圏を完全統治目前のところ、モビルドール導入に反対する総帥トレーズが幽閉と同じくして「トレーズ派」と「デルマイユ派」との闘争に発展。しかし、宇宙でホワイトファング蜂起の混乱に乗じてトレーズが再び代表兼地球圏の実権を握り、最期はリーブラの迎撃によって解体される。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ティターンズとは別組織として存在する。基本的に原作通りだがホワイトファングが登場しないためか、最後の戦いの時にゼクス(ミリアルド)とトレーズがともに出撃。そしてドロシーエピオンのMA形態、ゼクスはトールギスIIIに乗り、原作より手強くなっている。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
機動戦士ガンダム00』の登場組織であるAEUに組み込まれている。また、最初からOZ名義。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
アロウズと同様、地球連邦平和維持軍内の特殊部隊となっているが、トレーズの考え方から似たような性質のアロウズとはそりが合わず、お互い犬猿の仲。
中盤、実質的なトップだったトレーズが失脚した事によりアロウズに吸収される形となり、モビルドールなどOZの技術がアロウズによって運用されることとなる。
ZRルートでは原作同様ホワイトファングと激突して消滅するが、『ガンダムW』原作に忠実な黒の騎士団ルートではホワイトファングと提携。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
最初は敵だが、宇宙ルート第5話をクリアするとネオ・ジオンや旧統合軍艦隊(マクロス7船団)と同盟を結ぶ。その後、リガ・ミリティアもそれに加わり「ノヴァンブル条約同盟」を締結する。また、総帥トレーズの発案により、各軍のエースを集めた独立部隊「ブルー・スウェア」(部隊名は変更可能)が結成される。
スーパーロボット大戦W
ガンダムW勢はEW設定のため、名前のみ登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ストーリーに関わり、ティターンズのメンバーも加えている。序盤は原作通りスペシャルズという名前で、連合ではなくムゲ・ゾルバドス帝国の下部組織。中盤に差し掛かると「オペレーション・デイブレイク」を発動してOZに改称する。一般兵の名前は最後までスペシャルズのまま。
スーパーロボット大戦X
『EW』版設定なので名前のみの登場。

人物[編集]

トレーズ・クシュリナーダ
OZ総帥。
ゼクス・マーキス
OZのエースパイロットだったが、ウイングガンダムを復元したことが上層部に問題とみなされOZを追われることに。後に本名でホワイトファングを旗揚げ。
レディ・アン
OZによる地球圏の支配後、コロニーとの融和政策に奔走した。
ルクレツィア・ノイン
実はスペシャルズの初実戦にトレーズとともに出撃した古参。
オットー
ゼクスの副官。トールギス起動時に死亡している。
OZ兵スペシャルズ
一般兵士。

他作品の関連人物[編集]

ティターンズのメンバー
F』・『F完結編』ではOZは登場せずにトレーズやゼクスらはティターンズの一派閥的存在で、『64』では逆にティターンズがOZに入っている。
アムロ・レイシャア・アズナブルクワトロ・バジーナ)、アポリー・ベイロベルト
第2次Z』では、次元転移によって迷い込んだ4人を保護した。『第2次Z再世篇』ではアムロはリボンズのもとに転属される。
カミーユ・ビダンファ・ユイリィシン・アスカキラ・ヤマトアスラン・ザラルナマリア・ホーク
第2次Z破界篇』EDでは、UCWから迷い込んだ彼らを、トレーズの計らいでOZに迎え入れている。『第2次Z再世篇』では序盤に入隊したころと違い、アロウズとの争いを続けるようになったことで、カミーユ、ファ、シン、ルナマリアが自らの意思で脱走し、残り2人も中盤に離脱。
エルリッヒ・シュターゼンリッシュ・グリスウェル
『64』でのリアル系主人公のライバル達。
ホリス・ホライアン
W』のオリジナルキャラ。元々ここに所属しており、ヴァルストークへの潜入任務をきっかけにそのまま居着いている。

関連機体[編集]

SRW登場機体のみ。TV版ガンダムWに登場した機体は全てSRWに登場している。

リーオー
64』には本機以外のOZの機体が全て登場している。
エアリーズ
トラゴス
パイシーズ
キャンサー
トーラス
ビルゴ
ビルゴII
本来はOZ側で開発されたものを、ホワイトファングが奪取。
トールギス
のちに搭乗者のゼクスと共にOZを脱退。
トールギスII

関連用語[編集]

ロームフェラ財団

資料リンク[編集]