アポリー・ベイ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アポリー・ベイ
外国語表記 Apolly Bay
登場作品

ガンダムシリーズ

声優
TV版
阿部健太(現:柴本浩行)
劇場版
大川透
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 アンディ[1]
種族 地球人
性別
没年月日 宇宙世紀0088年1月18日
所属 ジオン公国軍エゥーゴ
軍階級 中尉
テンプレートを表示

アポリー・ベイは『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。

概要[編集]

エゥーゴモビルスーツパイロット。

ジオン公国軍時代からのシャア・アズナブルの部下で、彼がクワトロ・バジーナと名乗って以降も従い、エゥーゴに参加した。

第45話のゼダンの門攻略戦でファのメタスを庇い、ジェリド・メサの乗るバイアランの攻撃を受けて戦死する。

スパロボの扱いを見ていると相方のロベルトとセットという印象が強いが、TV版ではロベルト戦死後もかなり長い間に渡って登場し続けている。

作中ではリック・ディアスに搭乗し、一時的にΖガンダムに乗ってカミーユ・ビダンに送り届けている。フルネームは劇場版で明らかとなっている。

登場作品と役柄[編集]

相方のロベルトと同様、戦死する事は稀である。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初出演作品。序盤はDC所属で、隠し要素で後に味方になる。
PS版では音声を初収録。アムロと同じLV38で2回行動になるほど成長が早いが、それ以降は伸び悩む。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
リアル系では相方のロベルト共々、第1話から登場するが、味方が充実してしまえば一気に影が薄くなる。なお、『α外伝』以降のアポリーとロベルトの動向は不明。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
劇場版設定で初登場。途中で死んだりしない。クワトロおよびロベルトと共に小隊を組むと、トライチャージの威力が上がる。最終ボス相手の特殊戦闘台詞が入った。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
前作に引き続き劇場版設定での登場。単独ユニットとしての活躍は無く、相方のロベルト同様に百式の「モビルスーツ隊連携攻撃」の攻撃要員を務める。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
『第2次Z破界篇』と同様。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
新世時空震動後、アムロたちには行方不明になっていたと認識されていたが、シャア総帥の個人的な部下として秘密裏に行動し、様々な根回しを行っていた模様。
ネオ・ジオン調査ルートでは、無人のΖガンダムを戦闘中のカミーユに送る際の通信で登場する。一方、静観ルートでは、Ζガンダムはパラオ攻略戦の前に届いたため、名前のみ登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
リアル系主人公でプレイ時のみ仲間に。メンバーが少ない序盤では、主人公カミーユルー等の若手の面倒を見る存在として、驚くほど出番がある。
だが、スーパー系では登場しないこともあって、リアル・スーパーが本格的に統合される中盤以降の出番は殆ど無い。なお、相棒のロベルトは完全に空気。
終盤、シャアが逆襲してもアポリーとロベルトは全く絡まない。ちなみに、シナリオ担当の鏡俊也氏は反省点の一つとしてこの事を挙げている。
スーパーロボット大戦X-Ω
劇場版設定。C・Rのリック・ディアスのパイロット。

関連作品[編集]

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
連邦軍の一員として宇宙で戦っていたが、パーティには加わらないモブキャラの様な扱い。後に戦死した事がロベルトから語られる。
リアルロボット戦線
ハマーンロシュルートとラズロルートで登場。ロベルト・ファカツとセットで「低レベルのブランチ」扱いで仲間になる。
シャアルートでは中盤に敵として登場。こちらでは仲間にならない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第3次
根性加速ド根性気合必中ひらめき
リンクバトラー
根性ひらめき集中必中加速信頼
64
根性集中加速必中ひらめき信頼
α
根性集中信頼狙撃熱血友情
Z
信頼集中ひらめき狙撃友情
X-Ω
根性補給熱血
リアルロボット戦線
努力激励集中鉄壁幸運補給

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次(PS版)
シールド防御L4切り払いL4
64
シールド防御L8切り払いL7
α
シールド防御L8切り払いL4
Z
底力L4支援攻撃ブロッキング

小隊長能力(隊長効果)[編集]

Z
回避率+10%

パイロットBGM[編集]

「モビルスーツ戦~敵機襲来~」
PS版『第3次』、『64』で採用。

人間関係[編集]

エゥーゴ[編集]

クワトロ・バジーナシャア・アズナブル
エゥーゴでの上官。
「アポリーがジオン軍にいた頃からの上官」としている資料もあるが、疑問視する声もある。詳細は「余談」にて。
ロベルト
同僚。
カミーユ・ビダン
ガンダムMk-IIを強奪してエゥーゴに参加した後輩である彼の面倒を見ていく事になる。
なお、アポリーの戦死にカミーユが激昂した際、Ζガンダムがパワーアップしているとも取れる台詞をジェリドが言っている。
ファ・ユイリィ
駆け出しのパイロットの彼女をサポートしていたが、TV版第45話で彼女を庇って…。

ティターンズ[編集]

ジェリド・メサ
ゼダンの門での戦いで、彼が乗るバイアランに撃墜される。

ジオン軍[編集]

ラカン・ダカラン
『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』で登場。別小隊から合流してきた彼に対ジムコマンドの戦法を助言し、共にアクシズ防衛戦線を維持した。

他作品との人間関係[編集]

レラ
64』にて同じリアル系限定で登場するキャラクターというだけあって、中盤のレライベントにこっそり登場する。なお、ロベルトは未登場。
トレーズ・クシュリナーダ
第2次Z破界篇』でアムロ達と共にZEXIS世界へと時空転移した後、彼によって保護されていた。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「コクピットは違っても、三日もあれば自分の手足にする事はできます」
第1話より。アポリーが発した最初の台詞。とはいえ、リック・ディアスの実線投入も兼ねているので、まだ不慣れな様子である。
「リック・ディアスに誇りを感じます」
第5話より。ガンダムMk-IIと比較しての台詞。アポリーは、リック・ディアスの製造にも参加しているのである。
「気が付いたかい、ニュータイプ
第9話より。ウォン修正され、意識を取り戻したカミーユに対して。
一応口では気遣っているものの、目線は普段のものと違い冷ややかなものであり、増長していたカミーユに対して流石のアポリーも頭に来ていたのだろう。
「自分の操縦に文句のあるヤツには100ドル払ってやるから、黙ってくれ」
第13話より。ブラン率いる連邦正規軍部隊の攻撃を受けながらシャトルを発進させる際に自身の操縦技術を理解させると同時に、仲間思いでフランクなアポリーならではのジョークを交え同乗していた仲間の不安を払拭させる気遣いを見せる。
「よっせーっ!」
第45話より。ファメタスを庇おうとする際の台詞。直後、ジェリドバイアランに撃墜され戦死。

劇場版[編集]

「しまったぁ!」
劇場版における最期の台詞。特に誰かを庇う訳でもなく、ジェリドに落とされてしまった。

搭乗機体[編集]

リック・ディアス
アポリーの乗機。機体色は黒であったが、百式の配備後は赤に変更された。
Ζガンダム
第21話で初めて実戦投入された際に、一時的に搭乗。敵機に襲われ窮地に陥っていたカミーユを救助した。
なお、Ζガンダムは本編後半の主役機なのだが、上記にある通りアポリーは本編の主人公であるカミーユに先んじてΖガンダムに搭乗している
ディジェ
小説版で搭乗。
ザクII
『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』で搭乗。当時すでに旧型機と化していたが、修羅場を共にしてきた愛着から、改造を施して搭乗し続けた。
ドワス改
『アナハイム・ラボラトリー・ログ』にて搭乗。

SRWでの搭乗機体[編集]

ゲルググ
第3次
シュツルム・ディアス
64

余談[編集]

  • アポリー・ベイ(TV版)およびトーレスは、阿部健太(現:柴本浩行)氏の声優デビューキャラである。
  • アニメ本編でミネバがクワトロをシャアと呼んだ際、アポリーは周囲のエゥーゴの面々同様驚愕の表情を浮かべていたため、アポリーが旧ジオン軍人(=クワトロがシャアだと知っている)という設定を疑問視する声もある。一応「クワトロがシャアだと暴露された事に驚いた」という解釈も可能ではあるが。

脚注[編集]

  1. 初出は漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』より。のちにサンライズの運営する矢立文庫に連載された『アナハイム・ラボラトリー・ログ』で用いられていることから本名の設定は公式化されたものと思われる。

資料リンク[編集]

...「アポリー・ベイ」についてさらに詳しく