2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

機動戦士ガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダム
読み きどうせんしガンダム
外国語表記 MOBILE SUIT GUNDAM
監督 富野喜幸(現・富野由悠季)
キャラクターデザイン 安彦良和
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 渡辺岳夫
松山祐士
制作 名古屋テレビ
創通エージェンシー
日本サンライズ
放送局 名古屋テレビ 他
放送期間 1979年4月7日 ~ 1980年1月26日
話数 全43話
シリーズ

ガンダムシリーズ

次作 機動戦士Ζガンダム
初登場SRW スーパーロボット大戦
テンプレートを表示

概要[編集]

数あるガンダムシリーズのうち、宇宙世紀シリーズを含む全ての始まりとなる第1作。SRWでは他のガンダム系列の作品との兼ね合いもあり、『機動戦士ガンダム』としての登場は少ない。しかし敵モビルスーツが雑魚ユニットとして出てくる事はある。

第2次スーパーロボット大戦G』では『機動戦士ガンダム』として少年時代のアムロ・レイガンダム赤い彗星シャア・アズナブル、そして当座の敵ボスとしてジオン公国ザビ家が登場する。

なお、本作はTV版の放映終了後に劇場版として3作が上映されている(ガンダムブームに火が点いたのは、一般にはこの劇場版が公開されてからと言われている)。『哀 戦士』や『めぐりあい宇宙』で使用されたテーマ曲は特に有名で、スパロボにおいても『スーパーロボット大戦A』や『スーパーロボット大戦GC』などで曲が使われた。上映日は以下を、曲については「主題歌とBGM」の項を参照。

作品名 上映日
機動戦士ガンダム 1981年3月14日
機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 1981年7月11日
機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 1982年3月13日

映像媒体[編集]

1990年前半までは劇場版のVHSのみ発売、レンタルが行われていた。TV版が発売されたのは1990年後半と、続編の『機動戦士Ζガンダム』や『機動戦士ガンダムΖΖ』、更にアナザーガンダムの『機動新世紀ガンダムX』より後である。後に劇場版がDVDで再販されるに伴い、声の新録やSE、映像のリマスター化など大幅な改変を行った「特別版」としてリリースされた。特別版はその改変内容から一部ファンからは酷評を受け、その後劇場版当時の音声を使用したDVD版も発売されることとなった。

ストーリー[編集]

人類が増えすぎた人口を宇宙スペースコロニーへと移民させてから半世紀、地球から最も離れたスペースコロニー・サイド3が「ジオン公国」を名乗り、独立戦争を起こす。ジオン軍の造ったモビルスーツに対抗するため地球連邦軍モビルスーツを製作、サイド7にあるその極秘プラントが襲撃を受けた際に偶然居合わせた少年アムロ・レイが連邦の新型モビルスーツガンダム」に乗り込み、その技術を高く買われてホワイトベースを母艦として各地を転戦することになる……。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

主人公ライバル[編集]

アムロ・レイ
ガンダムのパイロットにして主人公、初代ニュータイプ
シャア・アズナブル
赤い彗星の二つ名を持つジオンのエース。本名キャスバル・レム・ダイクン

地球連邦軍[編集]

ブライト・ノア
ホワイトベースの艦長代理、後に艦長。弾幕にこだわる人。苦労人。実は19歳。
セイラ・マス
ホワイトベース通信担当。本名アルテイシア・ソム・ダイクン。シャアの実妹。金髪。
リュウ・ホセイ
ガンタンクのパイロット。正規軍人。
カイ・シデン
ガンキャノンのパイロット。皮肉屋。
ハヤト・コバヤシ
ガンタンクの砲手担当。後に単座に改修されたガンタンクのパイロット。
フラウ・ボゥ
アムロ、ハヤトの幼馴染。ホワイトベースでは怪我人の治療の手伝いや孤児たちの世話をしていた。
ミライ・ヤシマ
地球連邦の元高官の娘。小型宇宙船の操船経験を買われ、ホワイトベース操船を担当。
スレッガー・ロウ
ホワイトベースジャブロー到着後に配属された正規軍人。静かに燃える男。
マチルダ・アジャン
連邦軍補給部隊に所属する女性士官。アムロの初恋の女性でもあり、ホワイトベース隊のメンバーからも憧れの人で人気を集めた。
オスカ・ダブリン
ホワイトベースのオペレーター。
マーカー・クラン
ホワイトベースのオペレーター。
レビル将軍
連邦軍の高位軍人。ルウム戦役で敗北、黒い三連星に捕えられたが護送中に脱出。オデッサ作戦、ソロモン攻略の指揮を執った。
リード
連邦軍の中尉でサラミスの艦長。
ワッケイン
ルナツー司令。
パオロ・カシアス
ホワイトベースの先代艦長。負傷により艦長の座をブライトに託すことになる。
ティアンム
連邦兵

ジオン公国軍[編集]

ララァ・スン
フラナガン機関で育てられたニュータイプの少女。シャアに恩義を感じている。
ランバ・ラル
一年戦争以前からゲリラ戦を率いてきたジオンの軍人。青い巨星の異名を持つ。
マ・クベ
キシリア配下のジオン軍人。オデッサ基地司令。壷マニア。南極条約で禁止されている核弾頭を使用する。
デニム
第一話に登場したシャアの部下。
ジーン
第一話に登場したシャアの部下。アムロが初めて対戦した相手。
スレンダー
第一話に登場したシャアの部下。
クラウン
シャアの部下。
ガデム
補給部隊の隊長。
ドレン
シャアの副官。
クラウレ・ハモン
ランバ・ラルの内縁の妻。
アコース
ランバ・ラルの部下。
コズン・グラハム
ランバ・ラルの部下。
タチ
ランバ・ラルの部下。
クランプ
ランバ・ラルの副官。
コンスコン
ジオン軍少将でドズルの腹心。
デミトリー
ザクレロのパイロット。
トクワン
ビグロのパイロット。
フラナガン・ブーン
マッドマングラー隊の隊員。
シャリア・ブル
木星帰りのニュータイプ。ブラウ・ブロに搭乗。
ウラガン
マ・クベの副官。
ジオン兵

ザビ家[編集]

デギン・ソド・ザビ
ジオン公国公王。半分引退している状態になっている。
ギレン・ザビ
ジオン軍総帥。デギンの長男。ジオン公国の事実上の指導者。
ドズル・ザビ
ジオン軍宇宙攻撃軍司令官。デギンの次男(三男説あり)。
キシリア・ザビ
ジオン軍突撃機動軍司令官。デギンの長女。
ガルマ・ザビ
ジオン軍地球方面軍司令官。デギンの四男。シャアとは士官学校以来の友人。

黒い三連星[編集]

ガイア
黒い三連星のリーダー。
マッシュ
黒い三連星の一員。
オルテガ
黒い三連星の一員。

その他[編集]

イセリナ・エッシェンバッハ
ガルマの婚約者。
ミハル・ラトキエ
ベルファスト近辺に住む少女。
カムラン・ブルーム
サイド6の入国管理官でミライの婚約者。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

地球連邦軍の機動兵器[編集]

ジオン公国軍の機動兵器[編集]

戦艦[編集]

地球連邦軍[編集]

ジオン公国軍[編集]

その他[編集]

MSV(モビルスーツバリエーション)[編集]

楽曲[編集]

一部の曲名はTV版と劇場版のサウンドトラックで表記が変わっている。そのため、相違がある場合はTV版 / 劇場版の順に表記。『OE』では劇場版での曲名が採用されている。

TV版オープニングテーマ
「翔べ!ガンダム」
作詞:井荻麟、作曲:渡辺岳夫、編曲:松本祐士、歌:池田鴻
「第1作」および『第2次(FC版)』の戦闘BGMとして使われて以降長らく不採用になっていたが、「第1作(HDリメイク版)」にて約23年ぶりに採用された。
リアル系の先駆けと言える本作だが、本曲の歌詞は完全にスーパー系のノリ。「銀河に向かって飛べよガンダム」という一節があるが、まさか31年後銀河すら越え外宇宙に翔び立ったガンダムが登場するとは当時のファンは誰も思わなかったであろう。
ケロロ軍曹』では主演陣によるカバーが行われている。
TV版エンディングテーマ
「永遠にアムロ」
作詞:井荻麟、作曲:渡辺岳夫、編曲:松本祐士、歌:池田鴻
TV版挿入歌
「シャアがくる」
作詞:井荻麟、作曲:渡辺岳夫、編曲:松山祐士、唄:堀光一路
『A』にてシャア専用ゲルググのBGMとして採用。
原作では第40話にて使用。シャアをテーマにした曲ではあるが、使用されたシーンではむしろシャアが苦戦を強いられているため、「シャア自身の処刑用BGM」などと言われることも。
シャアに出会った敵兵士の心境を歌詞にしており、「狙い定める 俺がターゲット」といった富野節(※井萩麟とは富野監督の作詞者としての別名である)の効いた歌詞もよく話題に。
劇場版主題歌
「砂の十字架」(劇場版I)
作詞・作曲:谷村新司、編曲:青木望、唄:やしきたかじん
「哀 戦士」(劇場版II 哀・戦士篇)
作詞:井荻麟、作曲・編曲・歌:井上大輔
ジオンのジャブロー襲撃時に流れる。『A』にて戦闘BGMに採用。『GC』では特定シナリオのステージBGMに採用。『OE』でもステージBGMに採用され、味方の戦闘BGMに選択可能。
「めぐりあい」(劇場版III めぐりあい宇宙篇)
作詞:井荻麟・売野雅勇、作曲:井上大輔、編曲:鷺巣詩郎、歌:井上大輔
『GC』で特定シナリオのステージBGMに採用。『OE』でも味方の戦闘BGMに選択可能。
劇中BGM
「颯爽たるシャア」
『第3次(SFC版)』『EX』『第4次』『F』『F完結編』『COMPACT』で戦闘BGMとして採用。『第3次(SFC版)』『EX』では全ガンダム系(Ζ、ΖΖ、0080、0083、逆襲のシャア、F91)のBGMとして使われている。
なおサウンドトラック『劇場版総音楽集』には収録されておらず、そのためか『OE』では「砂煙の彼方に」というイントロが似た曲調のオリジナル曲がシャアやラルの戦闘BGMに採用されている。
『F』『コンプリートBOX』などで使用された音源は原曲よりキーが半音上がっている。
「赤い彗星 / 紅の機動兵器 M14」
『α』でファーストガンダム系、0080系のBGMとして採用。『GC』でガンダムの戦闘BGMに採用。『OE』では連携攻撃のBGMなどに採用。
「ホワイトベース / 重力圏へ M43」
『GC』より戦闘BGMに採用。『OE』ではファーストガンダム系味方ユニットの戦闘BGMに採用。
「灼熱 / ガンダム起動 M4」
『GC』より戦闘BGMに採用。『OE』ではファーストガンダム系敵ユニットの戦闘BGMに採用。
「ララァ」
『GC』でエルメス専用の戦闘BGMに採用。

登場作と扱われ方[編集]

旧シリーズでは世界観の土台と言うべき太い軸であったため、一年戦争の再現要素終了後の続編でもジオン公国関係者が多数登場するなど、恵まれた扱いであった。

しかし以後のスパロボでは宇宙世紀の世界観が採用される場合でも基本的に『機動戦士Ζガンダム』から『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をベースにされるようになり、この作品の参戦自体が激減する。少数のユニットが登場する為に名を連ねるケースはあるものの、本格的な参戦は『GC』『OE』等のように一年戦争を舞台にする作品に限られている。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
アムロが初代設定で、自軍の部隊名がホワイトベース隊になっている。ガンダム系の戦闘BGMは「翔べ!ガンダム」に統一されている。
第2次スーパーロボット大戦G
「翔べ!ガンダム」が「颯爽たるシャア」に差し替えられた。
第3次スーパーロボット大戦
登場キャラクターが大幅に増加。今回はザビ家がDCの実質的なトップとなっており、原作のエピソードもアレンジを加えた形で数多く再現されている。
スーパーロボット大戦EX
主役メカのガンダムは出ないが、敵の黒い三連星は参戦する。
第4次スーパーロボット大戦S
第3次でザビ家の面々が死亡した上にランバ・ラルらの敵パイロットも中盤までに退場するので影は薄い。
スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦F完結編
ザビ家の面々がクローン技術によって復活する。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ソロモン攻略前に一年戦争が終結したという設定。敵キャラクターは多数登場している。なぜかランバ・ラル、黒い三連星、マ・クベ等が生存していると時系列にかなりの変化がある。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパーロボット大戦IMPACT
ゴッグが第1話の脅威として立ちはだかる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
本作のオマージュである『機甲戦記ドラグナー』と初共演。
劇中では一年戦争とグリプス戦役が終わっているという設定だが、ランバ・ラル、黒い三連星、ララァ・スンが生存していたり、シャアが旧ジオン軍の残党に所属していたりと、時系列で他作品と大きく異なる。この頃からコアブースターに代わってGファイターが登場し始める。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
スーパーロボット大戦64リンクバトラー
黒い三連星とV作戦モビルスーツ、一部敵メカのみ登場。リンクバトラーに限ってランバ・ラル及びグフも登場する。
スーパーロボット大戦GC
ついに世界観の一翼を担うメイン作品として登場。キャラクターもメカも多数が参戦している。『ドラグナー』と再共演し、第3話にて両作第1話がクロスオーバーを果たす。
スーパーロボット大戦XO
ミハルアッガイなど、他の参戦作品より追加要素が多い。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
2013年2月1日に追加参戦。
スーパーロボット大戦Operation Extend
アムロが久々に初代設定で登場。また、アートワークにもガンダムが配されている。第1章~第3章までは『GC(XO)』同様に一年戦争を再現したシナリオが多く、以後はジオン勢力全体の状況が大幅にオリジナル化する。
他のキャラ面ではパオロ・カシアスウラガンティアンム提督が出番は少ないもののスパロボ初登場となった。一方、ララァ・スンを始め、ホワイトベース隊周辺でもリュウ・ホセイスレッガー・ロウマチルダ・アジャンなどは不登場。なお、TV版設定だが、BGMは劇場版から持ってきている(これは『A』でもそうだったが)。

関連作品[編集]

バトルロボット烈伝
ビグ・ザムが敵ユニットとして登場するのみ。
リアルロボット戦線
アムロやシャアらが初代設定で登場。

用語[編集]

組織[編集]

地球連邦軍
地球とその周辺コロニー(要するに人類の勢力範囲)を統治する地球連邦の軍事部門。個人のスタンドプレーが横行する一方、官僚主義や事なかれ主義が蔓延している。
ホワイトベース隊
ジオン公国
サイド3を中心として地球連邦から独立した国家。ザビ家による専制だが、国名は公王デギンのかつての同志であり政敵だったジオン・ズム・ダイクンにちなむ。
ランバ・ラル隊

事件[編集]

一年戦争
宇宙世紀0079年1月3日から0080年1月1日にかけてのジオン公国対地球連邦の戦い。
一週間戦争
1月3日から1月10日までの一週間を指す。コロニーへの奇襲と地球への落下コースをたどるコロニーを巡る戦闘、そしてコロニーのシドニー近郊への墜落までを言う。この一週間で地球圏の総人口110億人のうち30億人が死んだとされる。
V作戦
星一号作戦

技術[編集]

ミノフスキー粒子
光子と対になる粒子。散布されると電波や電子機器、通信機器やミサイルなどの自動追尾装置や照準装置の性能が著しく落ちる。
このM粒子によって、小型核融合炉やミノフスキークラフト、各種ビーム兵装、Iフィールド等が生み出されている。
モビルスーツ
通称「MS」。小型核融合炉を搭載することで、それまでに無い装甲と運動性とを兼ね備えた人型の機動兵器。ミノフスキー粒子の影響下では、この形が一番都合が良いらしい。
モビルアーマー
汎用性と運用性を求めたモビルスーツと違い、機能を特化させるために大型化させ人の形をさせていないものを指す。
ガンダリウム合金
地球連邦によって開発された超合金。正式名称はルナ・チタニウム合金。至近距離でザクマシンガンを被弾しても無傷など、桁外れの強度を持つ。
コアブロックシステム
コアファイターを核とし、上下半身のパーツを交換可能にしたシステム。
テム=レイの回路

地名[編集]

サイド7
から見て地球の反対側にあるラグランジュポイントにあるスペースコロニー群。コロニーは一年戦争時には未完成の1基のみ。モビルスーツの性能試験施設が存在する。物語のスタート地点。
サイド3
地球から見ての向こう側にあるラグランジュポイントにあるスペースコロニー群。ジオン公国がある。
オデッサ
黒海に面した港湾都市(実在)。ジオンに占拠されていた。連邦軍の大反抗作戦「オデッサ作戦」はこの都市の攻防戦。
ジャブロー
南米アマゾン川流域にある連邦軍の本拠地(架空)。地下洞窟を利用しており上空からは鉄壁の防御を誇る。ジオン軍はここを落とすためにコロニー落としを行った(のだが外れた)。
ベルファスト基地

その他[編集]

宇宙世紀
ユニバーサル・センチュリー。『機動戦士ガンダム』世界における年号。
南極条約
ザビ家
赤い彗星
黒い三連星
ソロモンの亡霊

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 ガンダム大地に立つ!!
第2話 ガンダム破壊命令 アイキャッチ変更
第3話 敵の補給艦を叩け!
第4話 ルナツー脱出作戦
第5話 大気圏突入
第6話 ガルマ出撃す
第7話 コアファイター脱出せよ
第8話 戦場は荒野
第9話 翔べ!ガンダム
第10話 ガルマ 散る
第11話 イセリナ、恋のあと
第12話 ジオンの脅威 アイキャッチ変更
第13話 再会、母よ…
第14話 時間よ、とまれ
第15話 ククルス・ドアンの島
第16話 セイラ出撃
第17話 アムロ脱走
第18話 灼熱のアッザム・リーダー
第19話 ランバ・ラル特攻!
第20話 死闘!ホワイト・ベース
第21話 激闘は憎しみ深く
第22話 マ・クベ包囲網を破れ!
第23話 マチルダ救出作戦
第24話 迫撃!トリプル・ドム
第25話 オデッサの激戦
第26話 復活のシャア
第27話 女スパイ潜入!
第28話 大西洋、血に染めて
第29話 ジャブローに散る!
第30話 小さな防衛線
第31話 ザンジバル、追撃!
第32話 強行突破作戦
第33話 コンスコン強襲
第34話 宿命の出会い
第35話 ソロモン攻略戦
第36話 恐怖!機動ビグ・ザム
第37話 テキサスの攻防
第38話 再会、シャアとセイラ
第39話 ニュータイプ、シャリア・ブル
第40話 エルメスのララァ
第41話 光る宇宙
第42話 宇宙要塞ア・バオア・クー
第43話 脱出 アイキャッチ変更

余談[編集]

  • 企画段階での最初のタイトル案は「フリーダムファイター」。その後「ガンボーイ」とする案も浮上したため、最終的に両方のタイトルを合わせて「ガンダム」になった。富野監督は「ンのはいった四文字のタイトルはヒットするジンクスがある」と語っている。
    • 番組内容も、「少年少女たちが、宇宙船を漂流している所に宇宙人の侵略と戦う」と、本編とは全く異なる物語で進められていた。
  • 当作品が不人気で打ち切りを食らった作品というのは有名な逸話である。ある地域では視聴率0%という記録を叩きだしてしまったことも。しかし打ち切られた最大の原因は視聴率よりも子供向けの関連玩具の売れ行きが壊滅的だったことが大きい。その一方で子供向け玩具を買わないような青年アニメファン層をしっかりと掴んでいた作品で、放映終了後もそんな彼らに向けて少し大人向けのホビー展開が続けられた。それがいわゆるガンプラである。このガンプラが小さい子供たちも巻き込む大ブームとなったことでガンダムという作品も広い世代に再評価され、各地で再放送が繰り返されたことで知名度を広げていった。
    • 打ち切りにならなければ、ア・バオア・クーの後はアムロとシャアがタッグを組み、ギレンを追いつめるストーリーを展開するはずだったという。
    • ガンダムが創られ、打ち切られ、人気を得るまでの過程は当事者やネットでの情報を元にするしかなかったが、2014年になって『ガンダムを創った男たち』という大和田秀樹氏の書いた、フィクションを交えたドキュメンタリー漫画が発行された。
  • 富野監督と並んでリアルロボットの巨匠と呼ばれた高橋良輔監督によれば、本作が大ヒットした事によりサンライズではオリジナルのロボットものの企画が圧倒的に通りやすくなったものの、当時のサンライズにはオリジナルものを作れるのは富野氏くらいしかいない状況だったと語っている。

商品情報[編集]

DVD[編集]

  • TV版DVD-BOX

  • 劇場版DVD

漫画版[編集]

小説版[編集]

資料リンク[編集]