ゴッグ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゴッグ
外国語表記 Gogg
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦IMPACT
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 水陸両用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MSM-03
頭頂高 18.3 m
本体重量 82.4 t
全備重量 159.4 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1740 kw
スラスター推力 38,000 kg×2
15,000 kg×3
最高走行速度 50 km/h
最高水中速度 75 kt
装甲材質 超硬スチール合金
開発 ツィマッド社
所属 ジオン公国軍
テンプレートを表示

ゴッグは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

ツィマッド社が開発したジオン公国軍量産型モビルスーツ

初めて量産化された水陸両用モビルスーツでもある。

高出力ジェネレーターと水冷式のラジエーターを搭載した事により、ジオン公国軍の量産型としては初のメガ粒子砲を内蔵した機体となった。またフリージーヤードと呼ばれるゲル状物質で機体を覆う事によって水中での機雷攻撃を無効化できる。ただし水圧に耐えるために装甲を厚くし、更にメガ粒子砲を装備したことによって機体重量は約160t(メガ粒子砲だけで38tもある)と、同時代のジオン軍のMSの平均の二倍以上と非常に重い。そしてラジエーターが水冷式のものしか搭載されていないために、機体の排熱を水中でしか満足に行えず、水陸両用ではあるが陸上での稼働時間は短い。そのため総合性能では陸上での戦闘にも適応しているズゴックに劣る。

背部にはドムの熱核ジェットエンジンを転用した熱核水流ジェットが装備されており、水中での機動性は高い。腕部は伸縮自在となっており、水中を航行する際は機体内部に収納する事で抵抗を軽減させる。

また、装甲が厚く、機体の構造もかなり頑強である。パイロットの「さすがゴッグだ、何ともないぜ!」という台詞はあまりにも有名。 劇中では地球連邦軍ベルファスト基地に停泊していたホワイトベースを襲撃する。その装甲はバルカン程度では傷一つ付けられず、ハイパーハンマーの攻撃も耐えた上にパワーで受け止めるなどガンダムを圧倒している。だがここから実体兵器は不利と判断したアムロはガンダムをGブルに換装(なおこの戦闘時点ではビームライフルは使用不能の状態であった)。2連装ビーム砲を浴びせて撃破。もう一機のゴッグは海中に逃れるもアムロは再度ガンダム形態に戻し追撃。クローでガンダムの頭部を捉えビーム砲の接射撃を喰らわせようとするものの逃れられ、最後はビームサーベルによって撃破されている。

また、宇宙世紀0088時(『ガンダムΖΖ』)にはコロニー・タイガーバウムにてスタンパ・ハロイのコレクションの一つとして登場し、タイガーバウムに住む少年ルナンが搭乗した。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
現時点で唯一の登場作。第1話で水中からメガ粒子砲で攻撃してプレイヤーを苦しめてくれることで印象に残る。下手をするとこの機体がダンクーガアルトアイゼンを当たり前のように落としていく。その様はまさに凶悪の一言。プレイヤーは「ゲッター3を呼べ!」と思ったに違いない。定石通り時間をかけて地上におびき出し、援護や統率を利用して戦えばそれほどでもないのだが『IMPACT』のスキルコーディネイトシステムがそれを許してくれない。ゲッター3加入後にも何度か戦闘の機会はあるので、その時は思う存分投げ飛ばしてやろう。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
敵専用機。特殊能力「フリージーヤード」により、マップ上の機雷を無効化する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

アイアンネイル
両腕部に装備。刺突・打突に特化したズゴックのものとは異なり、鋭利な刃物のような爪を備える。
メガ粒子砲
腹部に2門内蔵。収束率が低く、射程も短い。
IMPACT』では水中適応Aなので侮れない威力を誇る。
魚雷発射管
腹部に2門内蔵。
フリージーヤード
頭頂部に1基内蔵している。ゲル状の物質で機体の周囲を覆う事で機雷や爆雷などを無効化する。また、ソナーから探知されにくくなるという効果もあるが、使用できる時間は短い。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

ガンダム
ガンダムの頭部バルカン砲を手で防ぎ、ハイパーハンマーを受け止めた。

迷台詞(?)[編集]

「ブオオオーン!」
「グオオオッ」
放送当時連載された『冒険王』でのコミカライズ版にて、連邦軍の基地を海中より上陸して襲撃した際、上記の様な唸り声を発していた。まるで旧シリーズ機械獣である。

関連機体[編集]

ハイゴッグ
本機の派生機。
ズゴックアッガイ
同じ作品に登場する水陸両用モビルスーツ。
ドムリック・ドムギャン
同じツィマッド社に開発されたモビルスーツ。

余談[編集]

  • 現在この機体の名称は「ゴッ」であるが、TV版「機動戦士ガンダム」での発音、及び劇場版「機動戦士ガンダム」の2作目「哀・戦士編」のパンフレットやTV版放映と同時期に連載されていた冒険王でのコミカライズ版の表記は「ゴッ」(後に発売された冒険王版コミカライズの単行本では「ゴッグ」表記)となっている。これはTV版放送の頃、本機はズゴックやゾゴック(SRW未登場)と共に、水中用MSのバリエーションの1つ「ゴックシリーズ」として設定されていたためである。後にMSVなどで設定が追加される中、本機とズゴック等が別のメーカーの製品となったため、それらとの区別の為に名称が変更されて現在に至っている。
  • 冒険王のコミカライズ版では2機が登場するが、1機目はアニメとは違い、ガンダムハンマーを受け止められず粉砕された。もう1機はホワイトベースに押し潰されて撃破されている。それを見ていた連邦軍の士官は「無茶苦茶だ」と呆れていた。……レビル将軍は「あれでいいんだ」と何故か納得していたが。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]