機動戦士ガンダムF91

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
機動戦士ガンダムF91
原作 富野由悠季
原案 矢立肇
監督 富野由悠季
脚本 伊東恒久
富野由悠季
キャラクターデザイン 安彦良和
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 門倉聡
制作 サンライズ
公開日 1991年3月16日
シリーズ

ガンダムシリーズ

次作 機動戦士クロスボーン・ガンダム
初登場SRW スーパーロボット大戦
テンプレートを表示

機動戦士ガンダムF91』はサンライズが制作した劇場アニメ。

概要[編集]

機動戦士ガンダム』から40年後、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から30年後を舞台とし、コスモ・バビロニア建国を図るクロスボーン・バンガードとそれに巻き込まれた少年達の戦いを描いた劇場作品。漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム』は本作の続編である。

本来はTVシリーズとして企画されていたものが急遽映画という形になったもの。そのためかなり密度が濃い。

また作中で描かれているのはコスモ・バビロニア建国戦争の一端のみに過ぎず、「THIS IS ONLY THE BEGINING(これは序章に過ぎない)」というラストが指す通り、新たなガンダムサーガの起点となっている。本作への補完も込めてか、前述の『クロスボーン』では本作の戦争の結末が語られ、小説版や『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』(SRW未参戦)では前日談など本作へ連なる話も語られている。

なお、同時上映は『武者騎士コマンド SDガンダム緊急出撃』である。

ストーリー[編集]

宇宙世紀0123年、0093年の第2次ネオ・ジオン抗争以降[1]大きな戦乱もなく、人類はその大半が地球からまでの軌道に設置されたスペースコロニーに移住し、地球連邦政府という国家の枠組みを超えた全地球規模の組織に統治されていた。

しかし、地球連邦政府は疲弊・腐敗しており、これに対しマイッツァー・ロナは「人の上に立つべき者は、人々の規範となるような高貴な精神を持つ者でなければならない」とする思想「コスモ貴族主義」を掲げ、地球連邦政府の打倒と理想とする貴族主義社会の実現のために、秘密裏に軍事組織「クロスボーン・バンガード(C・V)」を設立し、スペースコロニーフロンティアIV」を急襲する。

街を覆う戦火と混乱と容赦ない死の中で、民間人の少年「シーブック・アノー」は襲撃から避難するために、友人達とともにコロニーを脱出するが、同行していた内の一人「セシリー・フェアチャイルド」はC・Vに連れ去られてしまう。実はセシリーの正体はマイッツァーの生き別れの孫娘ベラ・ロナであった。

シーブック達は近隣のコロニー「フロンティアI」に辿り着き、地球連邦軍の宇宙練習艦スペース・アークに保護される。艦内には整備中のモビルスーツ(MS)があった。開発コード「F91」としてロールアウトされたその機体を、乗員はよく似た顔を持つ過去のMS、ガンダムになぞらえ「ガンダムF91」と名づけた。

一方、C・Vに占領されたフロンティアIVではコスモ貴族主義の実現のための国家「コスモ・バビロニア」の建国が宣言され、セシリーはコスモ・バビロニアの象徴として祭り上げられることになる。

そして、F91に乗って反攻するシーブックと、専用MS「ビギナ・ギナ」を与えられたセシリーは、戦場で対峙するのであった…。

登場人物[編集]

スパロボごとの登場人物一覧については以下を参照して下さい。

民間人・地球連邦軍[編集]

シーブック・アノー
主人公。工業科に通う17歳の高校生。連邦軍とクロスボーン・バンガードの戦争に巻き込まれた。母がF91の開発に関わっていた。
セシリー・フェアチャイルドベラ・ロナ
ヒロイン。シーブックと同じ高校の普通科に通う少女。学園のマドンナ的存在。実はロナ家の娘であった。
レアリー・エドベリ
スペースアークの艦長代理。
ビルギット・ピリヨ
スペースアークへ援軍としてやってきたモビルスーツパイロット。皮肉屋。
リィズ・アノー
シーブックの妹。彼女のあや取りがシーブックにとあるヒントを与える。
ドロシー・ムーア
シーブックの友人である少女。派手な見た目とは異なり優しい性格。

クロスボーン・バンガード[編集]

カロッゾ・ロナ
「鉄仮面」と呼ばれる仮面の男クロスボーン・バンガードの総司令官。
ザビーネ・シャル
隻眼のエースパイロット。「黒の部隊」の隊長で、セシリーの教育係となる。
アンナマリー・ブルージュ
ザビーネの部下。
ドレル・ロナ
鉄仮面の息子で、セシリーの異母兄。
ジレ・クリューガー
カロッゾ・ロナの腹心。
クロスボーン兵
一般兵。
マイッツアー・ロナ
SRW未登場。ロナ家当主。コスモ貴族主義の提唱者にしてコスモ・バビロニアの建国者。

登場メカ[編集]

スパロボごとの登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

地球連邦軍[編集]

クロスボーン・バンガード[編集]

※印は黒の部隊仕様あり

用語[編集]

クロスボーン・バンガード
コスモ貴族主義を唱える軍事組織。その軍備と戦闘能力は、平和ボケしていた地球連邦軍では歯が立たない程強力だった。
黒の戦隊(ブラック・バンガード)
ザビーネが率いるクロスボーン・バンガードのエリートMS部隊。所属機体は黒基調にカラーリングされている。
S.N.R.I.(サナリィ)
F91を開発した研究組織。
ヴェスバー
Variable Speed Beam Rifle」の頭文字を取ってこう呼ぶ。F91に装備された武器で、高射出速度で高収束率の貫通性の高いビームから、低速・低収束率で破壊力の有るビームまでメガ粒子ビームの性質を無段階可変速変化させ撃ち分ける事を主目的とした新機軸火器である。数十年後の時代でもV2アサルトガンダムにも同様の武装がされていることから、非常に高性能な武装なのが分かる。
コスモ・バビロニア建国戦争
宇宙世紀0123年に勃発した、地球連邦軍と、マイッツアー・ロナを中心にコスモ貴族主義を掲げて「コスモ・バビロニア」の建国を目論む「ブッホ・コンツェルン」をバックとした武装集団「クロスボーン・バンガード」との戦争。作中ではサイド4(旧サイド5)のコロニー群であるフロンティア・サイドを武力で制圧してコスモ・バビロニアを建国し、バグの投入で殺戮を繰り広げた。
本作のラストで戦争が終結せずに物語が終わったために戦争全体の推移は不明だが、続編『クロスボーン』ではベラ・ロナが貴族主義を否定して、「クロスボーン・バンガード」が分裂解体したことが分かる。
バイオ・コンピュータ
F91に搭載された機体管制メインコンピューター。高性能だが熱に弱く、その為当時はF91の様な高い冷却放熱機能を持つ機体にしか搭載出来なかった。
ビームシールド
F91やクロスボーン・バンガード系MSに装備されている新装備。メガ粒子をシールド状に形成した防御装備で、ビーム兵器に高い耐性を持つ。
理論分身
F91がリミッターを解除し、高速で移動することによって起きる現象。「質量を持った残像」を発生させて敵の攻撃を回避する。性能を限界まで引き出せた場合に偶然発動したものであり、量産型での使用は不可能である。
フロンティアIV
物語の舞台となる新サイド4(旧サイド5)に存在するスペースコロニー

楽曲[編集]

主題歌
「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」
作詞:西脇唯 作曲:西脇唯・緒里原洋子 編曲:門倉聡 歌:森口博子
劇中とエンディングで流れる。歌手の森口博子氏の代表曲。
余談であるが、森口博子氏はこの曲で1991年12月31日の『第42回NHK紅白歌合戦』にて初出場を果たしている。
『X』限定版にて原曲を収録。
イメージソング
「君を見つめて -The time I'm seeing you-」
作詞:井荻麟・茂村泰彦 作曲:茂村泰彦 編曲:門倉聡 歌:森口博子
「ETERNAL WIND」のB面。『COMPACT』『COMPACT2』『IMPACT』で採用。
『X』限定版にも原曲が収録されている。
劇中BGM
「F91ガンダム出撃」
『F完結編』『64』『α』『第2次α』『X』でF91系のBGMとして採用。
「新たなる宇宙へ」
『第2次α』で採用。
「最終決戦」
『第2次α』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

SRWシリーズ当初のガンダム最新作であり、2000年代初頭までは不動のレギュラーであった。以後の参戦はあまり多くなく、『第2次α』から『CC』までは10年間も不参戦となっている。

本作の味方旗艦であるスペースアークは練習艦であること、劇中の活躍が殆ど無いに等しいことなどから宇宙世紀作品の旗艦の中で唯一一度もシリーズに参戦できていない。スペースアークのクルーはホワイトベースと同じく新兵と民間人の寄せ集めであり、一年戦争を戦い抜く描写のあるWBクルーに対して建国戦争初期のそれもコロニーからの脱出描写くらいしかない本作のクルー達に出番がこないのは当然と言えば当然かもしれないが。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
パイロット制の初採用で、シーブック・セシリー・カロッゾが初登場。
第2次スーパーロボット大戦G
『第2次』と違いセシリーが登場しない。
第3次スーパーロボット大戦
ドレル・アンナマリー・ザビーネ等の敵パイロットが初登場。敵MSもいくつか登場する。
スーパーロボット大戦EX
第4次スーパーロボット大戦S
『第4次S』ではシーブックのみ声が入った。クロスボーン・バンガードの人物は登場するが、扱いは零落した感が否めない。
スーパーロボット大戦FF完結編
『F』ではビルギットのみが登場し、シーブック、セシリーは『F完結編』の1話目から登場する。クロスボーン・バンガードの人物がいないため、いるだけ参戦

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ジュピトリアンと手を結ぶ形でクロスボーン・バンガードが登場。原作序盤の、セシリーがクロスボーンにさらわれるシーンが再現されている。ガンダムF90Vが隠しユニットとして用意されており、ビギナ・ギナとの二択となっている。味方にはビルギット、敵では鉄仮面、ザビーネ、ドレルらも登場する。
第2次スーパーロボット大戦α
原作終了後の後日談的な位置づけなので、ほぼいるだけ参戦。『機動戦士クロスボーン・ガンダム』にも登場するキャラはそちらに準拠しており、それ以外のキャラクターが参戦している。戦闘アニメーションの完成度が高く、派手さはないがその分凝った作りになっている。ヘビーガンが初登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
マリーメイア軍と共闘する形で、シーン3からクロスボーン軍が顔見せ参戦。シーン5の「光る風の中」で、シーブックとセシリーが登場。同ステージで、カロッゾの操るラフレシアとの決戦に及ぶ。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパーロボット大戦IMPACT
デモ画面でシーブックとセシリーの操縦するF91とビギナ・ギナがコンビを組んでザビーネのベルガ・ギロス、そして鉄仮面のラフレシアと戦闘。BGMもいつもと違い、原作終盤通りのコンビ、そしてラフレシア戦のデモはラフレシアの攻撃をビギナ・ギナが援護防御で瀕死のダメージ→F91がM.E.P.E.攻撃で反撃という原作を意識した拘りようである。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
据え置き機では『第2次α』から約15年ぶりの参戦。原作終了後設定。宇宙世紀において、アクシズ落としを企図するシャアがクロスボーン・バンガードと手を組んだという設定になっている。
『F91』設定のシーブックとセシリーが『クロスボーン・ガンダム』と共演するのは本作が初となる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
初参戦作品。劇場公開からスパロボ参戦までわずか一ヶ月という早業。初代スパロボのシナリオがあっさりしているが故のスピードであろう(現在は、期間限定とはいえ日本で公開される前に『X-Ω』に参戦した『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』に最速参戦を譲っている)。
スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦Card Chronicle
『第2次α』から約10年ぶりの参戦。原作再現がなされる他、『リーンの翼』とクロスオーバーしている。
スーパーロボット大戦X-Ω
第2期参戦作品第6弾として2016年8月に追加参戦。今まで登場しなかったキャラクターたちがサポートユニットとして初登場している。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

余談 [編集]

  • 本作のスタッフロールはF91とカロッゾの顔があしゅら男爵のように半々に合わさった意味深なカットで締められている。このデザインは後に『SDガンダム外伝 聖機兵物語』のラスボス「ルーンカロッゾ」のモチーフになっている。

脚注[編集]

  1. 0096年のラプラス戦争・0105年のマフティー動乱も含む。