コスモ・バビロニア建国戦争

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

コスモ・バビロニア建国戦争(Cosmo Babylonia Wars)とは宇宙世紀0123年において勃発した戦争。

概要[編集]

地球連邦軍と、マイッツアー・ロナを中心にコスモ貴族主義を掲げて「コスモ・バビロニア」の建国をはかるブッホ・コンツェルンをバックとした武装集団「クロスボーン・バンガード」との戦争で、『機動戦士ガンダムF91』の舞台となる。

作中ではサイド4(旧サイド5)のコロニー群であるフロンティア・サイドを武力で制圧してコスモ・バビロニアを建国し、バグの投入で殺戮を繰り広げた。

F91のラストで戦争が終結せずに物語が終わったために戦争全体の推移は不明だが、続編の『機動戦士クロスボーン・ガンダム』ではベラ・ロナが貴族主義を否定して、クロスボーン・バンガードが分裂解体したことが分かる。

関連人物[編集]

マイッツアー・ロナ
ロナ家当主。コスモ貴族主義の提唱者にしてコスモ・バビロニアの建国者。SRW未登場。
カロッゾ・ロナ(鉄仮面)
マイッツァーの娘婿。クロスボーン・バンガードの総司令官。
ドレル・ロナ
カロッゾの息子。クロスボーン・バンガードのMS大隊の指揮官
ベラ・ロナセシリー・フェアチャイルド
カロッゾの娘。パン屋の娘「セシリー・フェアチャイルド」として暮らしていたが、クロスボーン・バンガードに迎えられて元の「ベラ・ロナ」に戻ることに。
ザビーネ・シャル
クロスボーン・バンガードの一員。エリートMS部隊「黒の戦隊(ブラック・バンガード)」を統率する。