ベラ・ロナ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ベラ・ロナ
外国語表記 Berah Ronah
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 冬馬由美
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
別名 セシリー・フェアチャイルド
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 17歳(F91)
28歳(クロスボーン・ガンダム)
所属 クロスボーン・バンガード地球連邦軍→新生クロスボーン・バンガード
テンプレートを表示

ベラ・ロナは『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

機動戦士ガンダムF91』の登場人物、セシリー・フェアチャイルドの本名。本項では、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』における彼女の動向についてを記載する。

木星帝国の野望を知ったセシリーは、新生クロスボーン・バンガードを立ち上げ、再び「ベラ・ロナ」を名乗り戦うことを決める。

かつて自分の家族が大量虐殺を引き起こしたことに起因するのかは定かではないが、人の命を奪うことに極度の抵抗を抱いており、木星兵連邦兵等、たとえ敵対するものであろうとも殺してはならない、と厳命していた。しかし、その考えの甘さを疑問視、あるいは指摘されることも多々あった。特にトビア・アロナクスは彼女の不殺主義を「それは偽善じゃないだろうか?」と、かなり厳しい意見を持っていた。また、ザビーネ・シャルが腹に一物抱えて自分に従っている事に全く気付いていなかったようで、キンケドゥ・ナウが自分が出撃でザビーネが艦に待機というベラの判断に「ザビーネを艦に残すのか」と尋ねた際に「うちのエースを二人とも出す必要はないでしょう」と笑顔で返している(ザビーネはこの状況に「キンケドゥがいない状況は好機ではある」と考えており、ベラの判断を危険視したキンケドゥはトビアを独断でX1に乗せ、自分も艦内に残っている)。

「ロナ家の娘」という出自と自らの素質による高いカリスマ性を持ち、常に威厳を保ってクルーを率いる女艦長であるが、艦長としての気負いと責任感から冷たい態度をとってしまうこともあった。特に、物語序盤の内はトビアに「美人だけどキツい人」という印象を持たれてしまっている。

その一方で、パンを焼いてストレスを発散させるという趣味を持っていたり、敵地に潜入した恋人であるキンケドゥの身を案じたり、彼の前では弱音を吐露したり、など普通の女性となんら変わらない一面を見せるときもある。それはキンケドゥがトビアに語った通り、彼女が「無理をしている」ことの現れでもあり、彼女の本質は争いを望まない心優しい女性……即ち、「セシリー・フェアチャイルド」である。

登場作品と役柄[編集]

「ベラ・ロナ」名義で登場したもののみを記載する。「セシリー・フェアチャイルド」名義で参戦している作品については、彼女の項を参照。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
α』から引き続き登場するが、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』設定で参戦しているため「ベラ・ロナ」名義。マザー・バンガード艦長。……もちろん、大半のαナンバーズメンバーは正体を知っている。
マザー・バンガードの能力と本人のNT補正もあって、一人乗りながら、シリーズ全体で見ても上位に入る強さの艦長である。戦艦の艦長でありながら敵の攻撃を回避するうえ、PPシールド防御を養成すれば守りも万全。
第3次スーパーロボット大戦α
『クロスボーン・ガンダム』が参戦していないため名前こそ出てこないが、前作終了後に原作通りシーブックと共にパン屋になっていることが、居候をしていたアラド・バランガによって言及されている。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
今回はNPC。序盤にキンケドゥと共に登場するが木星ヤマトを降り、木星の人々をまとめあげている。
通常ルートの場合、第50話でエンブリヲのハーレムの一人として拉致される。
スーパーロボット大戦T
今作でもNPC。木星戦役後もベラ・ロナとして活動していたが、EDでセシリーに戻りシーブックと共に地球で暮らすことを決めた。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第2次α
加速集中鉄壁熱血感応

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次α
ニュータイプL8、援護攻撃L3、指揮官L4、SP回復

小隊長能力(隊長効果)[編集]

獲得資金+20%
第2次α』での能力。

人間関係[編集]

キンケドゥ・ナウシーブック・アノー
互いに心を通わせる男性。なお、作中ではトビアに「昔、一時期恋人だった」「女艦長を始めてからは忙しくて何もなかった」と説明しており、どうやらベラ・ロナに戻ると決めた時点で一応別れた事にしていた模様。
後に彼との間に2人の子供をもうけ、地球でパン屋を営む。その頃にはアノー姓を使っている模様。
ザビーネ・シャル
彼女を「支配者の器」と見定め、女王に擁立しようと執念を燃やす男。ベラの方はザビーネがそんなことを考えているとは夢にも思っていなかったようである。
トビア・アロナクス
仲間。ベラの不殺主義に対して「それは偽善じゃないだろうか」という、否定的な意見を持たれていた。
マザー・バンガード轟沈時はベルナデットと3人で同じ脱出カプセルに乗り、地球へと難を逃れた。
ウモン・サモン
新生クロスボーン・バンガードの最年長パイロット。ニュータイプを自称している。
シェリンドン・ロナ
いとこ。
マザー・バンガード副長
SRW未登場。本名不詳。マザー・バンガードの戦術運用面には彼の才覚も大きかった模様で、ベラの主義に反する突貫を眼前で独断的に強行された際、強く咎められずにいる。
ハロ
SRW未登場。同名の小型ロボットではなく、ベラが飼うオウムである。原作において、ガンダムシリーズの名台詞を連発していた。つまり、何者か(恐らくはベラ)がガンダムシリーズの名台詞を教え込んでいたということになる。人目に付かぬ所でこっそりとオウムに名台詞を仕込んでいるベラというのは、コミカルかつメタフィクションな光景である。
同じオウムかは不明だが、『クロスボーン・ガンダム ゴースト』(SRW未参戦)においても彼女が飼っているらしいオウムが登場している。

他作品との人間関係[編集]

イーグレット・イング
居候。
アラド・バランガ
第2次α』のED後から『第3次α』の間まで、居候していた。
イルイ・ガンエデン
同じくアラドによって助けられた後はキンケドゥ夫妻のもとで共に居候していた。
卯都木命
『第2次α』にてキンケドゥの生存を絶望視していたところを彼女に励まされ立ち直った。
エンブリヲ
V』通常ルートでは彼に新世界の花嫁候補として拉致される。

名台詞[編集]

「――コック長。あのね……パン焼いていい?」
ベラ艦長といえばこれ。この時の彼女は何が恥ずかしいのか扉の影に隠れるようにしており、艦長としての堅苦しさは微塵も感じられない。
「きゃあああっ! キンケドゥ!!」
「答えて、キンケドゥ! お願いよ! 返事をして、キンケドゥ!!」
「死なないで! キンケドゥ!!」
「シーブックッ!!」
ザビーネX2改にコクピットを貫かれ、地球に墜ちてゆくX1(キンケドゥ)に向かって。その姿に取り乱し、彼の本当の名前を思わず叫んでしまう。
「おかえりなさい…シーブック」
最終話にて。ドゥガチの死後キンケドゥはシーブックへ、ベラはセシリーへと戻り地球で暮らすこととなる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「あなたが自分のしてきた事を罪と思うのならば、その力を人々の為に役立てて下さい」
「それこそが最良の償いであり、お兄様もお喜びになるでしょう」
第2次α』アイビスルート中盤より。スレイαナンバーズへの加入を上述の台詞で承認し、多少張り詰めた感のある空気を和らげる。
「…やらなければならないこと…」
(そうよ…私はまだベラ・ロナで在り続けなければならない…!)
「ありがとう、命。私、大事なことを忘れていたわ」
「こんなところでくじけていたら…彼が帰って来た時に怒られてしまうものね」
『第2次α』にてキンケドゥの生存を絶望視していたところを命に励まされて。原作ではキンケドゥが生還するまで落ち込みっぱなしだったので、ある意味では救われたと言えなくもない。

搭乗機体[編集]

マザー・バンガード
ベラが艦長を務める新生クロスボーン・バンガード母艦

資料リンク[編集]