セシリー・フェアチャイルド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ベラ・ロナから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
セシリー・フェアチャイルド
外国語表記 Cecily Fairchild
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 冬馬由美
デザイン 安彦良和
初登場SRW
セシリー
第2次スーパーロボット大戦
ベラ
第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 ベラ・ロナ
種族 地球人
性別
年齢 17歳(F91)
28歳(クロスボーン)
所属 クロスボーン・バンガード地球連邦軍 → 新生クロスボーン・バンガード
テンプレートを表示

セシリー・フェアチャイルド / ベラ・ロナは『機動戦士ガンダムF91』および『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

表向きはパン屋の娘だが、実際はロナ家の一人娘であるベラ・ロナである(ただし、このことについてはストーリー中に彼女自身も初めて知ることになる)。

パン屋の娘ということでパンを焼くのが得意。

機動戦士ガンダムF91[編集]

クロスボーン・バンガードの侵攻時にシーブック・アノーらと逃げる途中、兄ドレル・ロナに連れられてロナ家に戻り、祖父・マイッツアーにコスモ・バビロニアの象徴になるように求められる。

当初はそれを戸惑いながらも受け入れるが、後にシーブックと戦場で再会し、彼のいる連邦へと離反。ベラの名を捨て、バグによる大量虐殺を企む父カロッゾ・ロナに戦いを挑む。搭乗していたビギナ・ギナからカロッゾの手によって引きずり出された上、宇宙空間に投げ出され行方が分からなくなるが、ガンダムF91バイオ・コンピュータの力とシーブックの想いによって無事救出される。

機動戦士クロスボーン・ガンダム[編集]

木星帝国の野望を知ったセシリーは、新生クロスボーン・バンガードを立ち上げ、再び「ベラ・ロナ」を名乗り戦うことを決める。

かつて自分の家族が大量虐殺を引き起こしたことに起因するのかは定かではないが、人の命を奪うことに極度の抵抗を抱いており、木星兵連邦兵等、たとえ敵対するものであろうとも殺してはならない、と厳命していた。しかし、その考えの甘さを疑問視、あるいは指摘されることも多々あった。特にトビア・アロナクスは彼女の不殺主義を「それは偽善じゃないだろうか?」と、かなり厳しい意見を持っていた。また、ザビーネ・シャルが腹に一物抱えて自分に従っている事に全く気付いていなかったようで、キンケドゥ・ナウが自分が出撃でザビーネが艦に待機というベラの判断に「ザビーネを艦に残すのか」と尋ねた際に「うちのエースを二人とも出す必要はないでしょう」と笑顔で返している(ザビーネはこの状況に「キンケドゥがいない状況は好機ではある」と考えており、ベラの判断を危険視したキンケドゥはトビアを独断でX1に乗せ、自分も艦内に残っている)。

「ロナ家の娘」という出自と自らの素質による高いカリスマ性を持ち、常に威厳を保ってクルーを率いる女艦長であるが、艦長としての気負いと責任感から冷たい態度をとってしまうこともあった。特に、物語序盤の内はトビアに「美人だけどキツい人」という印象を持たれてしまっている。

その一方で、パンを焼いてストレスを発散させるという趣味を持っていたり、敵地に潜入した恋人であるキンケドゥの身を案じたり、彼の前では弱音を吐露したり、など普通の女性となんら変わらない一面を見せるときもある。それはキンケドゥがトビアに語った通り、彼女が「無理をしている」ことの現れでもあり、彼女の本質は争いを望まない心優しい女性……即ち、「セシリー・フェアチャイルド」である。

その後[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム』本編終了後にシーブックと共に地球でパン屋を営む。続編である『スカルハート』『鋼鉄の7人』ではシーブックとの間に2人の子供を設け、母となる。

登場作品と役柄[編集]

『F91』原作ではパイロットになるのは髪を切った後だが、宣材ポスター等では長髪でパイロットスーツを着ているものが多く、SRWでもほぼ毎回長髪の姿で参戦する。

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』名義で参戦する時は「ベラ・ロナ」が登録名となる。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初登場作品。ラストバタリオンの一員として登場。隠し要素でシーブックで説得できるがNPCであり、自軍には加わらない。PS版では最終話直前に加入。ちなみに『第2次G』には登場しない。
第3次スーパーロボット大戦
後半、敵として登場するが、隠し要素でシーブックの説得によって仲間になる。最初から2回行動が出来るので、状況によっては即戦力になるが、補助系の精神コマンドは愛のみで、戦闘面ではひらめきと必中があるものの、熱血を覚えないのが難点。
第4次スーパーロボット大戦S
隠し要素ブレックス・フォーラが死亡したルートのみ、終盤アナベル・ガトーと同時に自軍入りする。弱くはないが、有用な補助系の精神コマンドがないのもあり、決め手に欠ける。
スーパーロボット大戦F完結編
第1話目にて加入。未参戦の『機動戦士クロスボーン・ガンダム』からの引用でパンを焼くイベントがあり、同タイミングでシーブックがイモの皮むきをしているのも同じネタ元である。シーブックとの信頼補正があり、NT能力、修得、2回行動の早さ等から、シーブックと一緒に出撃させれば使えないパイロットではない。があるため応用が利く面白いパイロットでもある。育ててみるのも一考。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
中盤、原作同様の流れで敵対するもすぐに自軍入りする。セシリー自身は必ず仲間になるが、説得した場合はビギナ・ギナと共に自軍に参加し、そのシナリオから使える。フラグを立てた上で説得せず撃破するとガンダムF90Vを入手できる。ビギナ・ギナとF90Vとでは火力が一回り違うので、フラグを立てずにF90Vを入手するのが良い。激励を使えるリアル系のパイロットの中では、特に優秀な存在。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
戦闘も精神コマンドによるサポートもこなせるバランスの取れたニュータイプ。ダブルヴェスバーを使用するためにも愛機はF90Vで固定か。
第2次スーパーロボット大戦α
「ベラ・ロナ」名義で初登場。セシリーとしては『α』から引き続きの登場のため、もちろん大半のαナンバーズメンバーは正体を知っている。
マザー・バンガードの艦長。戦艦の能力と本人のNT補正もあって、一人乗りながらシリーズ全体で見ても上位に入る強さの艦長である。戦艦の艦長でありながら敵の攻撃を回避するうえ、PPシールド防御を養成すれば守りも万全。
第3次スーパーロボット大戦α
直接登場はしないが、『第2次α』ラストで行方不明になったアラド・バランガが彼女とシーブックの元で世話になっていたという設定がある。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シーブックと共に終盤登場。能力は悪くないが覚える精神コマンドがサポート寄り。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
参入が終盤過ぎて愛がないと使えない。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
序盤少しと後半で使える。本人はいいが機体が息切れしてくる。
スーパーロボット大戦IMPACT
第2部でビギナ・ギナに乗りシーブックと共に参入。カットインが初めて付いた。シナリオ面ではノイ・レジセイアとの最終決戦後、閉じ込められたアインスト空間から脱出するために、バイオセンサーを応用して通常空間への出口を見つける作戦を提案するという、重要な役どころを担った。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
「ベラ・ロナ」名義のNPC。序盤にキンケドゥと共に登場するが木星ヤマトを降り、木星の人々をまとめあげている。
通常ルートの場合、第50話でエンブリヲのハーレムの一人として拉致される。
スーパーロボット大戦X
F完結編』以来となる、『F91』版での音声が新規収録されている。
今回は髪型がショートカットとなっている。援護攻撃を持ち、祝福を最少コスト(特殊誕生日の主人公除く)のSP40(Magicカスタマイズのコストサポート込みなら30)で使えるので育てて損はない。エースボーナスも出撃時のSP+25%と精神サポートにうってつけ。
祝福の習得はホープスC.C.に次いで3番目に早いLv20なので、ルート分岐が宇宙部隊なら早めの育成を心がけよう。
ニュータイプ技能も高めに伸びるため、ビギナ・ギナよりも他のニュータイプ専用機(カミーユ合流前のΖガンダムや余ったサザビーなど)を使った方が良い場合も多い(これはトビアと事情は同じ)。
スーパーロボット大戦T
NPC。木星戦役後もベラ・ロナとして活動していたが、EDでセシリーに戻りシーブックと共に地球で暮らすことを決めた。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
リンクバトラー』からのコンバートでシーブックと共に参戦。本作もシーブックとパートナー補正がある「最強カップル」の片割れ。本作では攻撃、防御に+30%という高い効果がある。NTで2回行動も早いため、彼女の戦闘力も侮れない。はなくなり祈りを修得するようになった。
スーパーロボット大戦X-Ω
『F91』版はレアリティSRのサポートユニット。
『クロスボーン』版は2019年7月のイベント「綯い交じる、今」から登場。[Ω]SSR戦艦マザー・バンガードの艦長。戦艦アクション演出にてボイスが使われている。ベラとしてのボイス付き参戦は『第2次α』以来となる。

パイロットステータス[編集]

全体的に、主人公であるシーブックの能力値より一回り抑えめ。その分を優秀な精神や技能で補う形になっている場合が多い。シーブックとは二人三脚で戦っていける、ガンダムシリーズの「戦うヒロイン」の代表格と評せるだろう。

精神コマンド[編集]

F完結編
ひらめきてかげん信頼激励
リンクバトラー
ひらめきてかげん激励祈り信頼
64
ひらめきてかげん信頼激励祈り
α
てかげんひらめき信頼熱血激励
α for DC
てかげん集中信頼熱血期待激励
第2次α
加速集中鉄壁熱血感応
IMPACT
ひらめき集中信頼熱血祝福再動
X
信頼閃き必中祝福期待

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次(PS版)第3次(PS版)
ニュータイプL4、シールド防御L4、切り払いL4
第4次S
切り払いL5、ニュータイプ
F完結編64
ニュータイプL8、シールド防御L5、切り払いL6
αα for DC
ニュータイプL8、シールド防御L4、切り払いL8
第2次α
ニュータイプL8、援護攻撃L3、指揮官L4、SP回復
IMPACT
ニュータイプL6、防御L6、援護攻撃L2
X
ニュータイプL8、底力L4、ガードL2、援護攻撃L1

エースボーナス[編集]

最終回避率+15%。出撃時のSPに最大値の25%が足される
X』で採用。ビギナ・ギナのカスタムボーナスと合わせれば最終回避率+35%になり、集中が無い欠点を補うことができる。
更に、L8まで育つニュータイプやL3まで上げた見切りと組み合わせると、最大で+80%(そのうち、最終回避率+50%)もの回避率補正がかかるため、ビギナ・ギナに乗せるとまず被弾しない。
また、グレートエースボーナスの効果とも合わさるため、出撃時のSPが最初から最大値になるため、SPアップL9まで育てて祝福期待が使いやすくなる。

小隊長能力(隊長効果)[編集]

獲得資金+20%
第2次α』での能力。

艦長スキル[編集]

その名を名乗る覚悟
SSR。「ベラ・ロナ」名義。バトルで獲得する資金アップ。

サポートアビリティ[編集]

父との決別の覚悟
SR。「セシリー・フェアチャイルド」名義。クリティカル率、回避率アップ。

パイロットBGM[編集]

「颯爽たるシャア」
旧シリーズで主に採用。
「F91ガンダム出撃」
F完結編』、『64』にて採用。
「君を見つめて -The time I'm seeing you」
『COMPACTシリーズ』及び『IMPACT』にて採用。

人間関係[編集]

地球連邦軍・レジスタンス[編集]

シーブック・アノー(キンケドゥ・ナウ)
互いに心を通わせる男性。
なお、トビアに「昔、一時期恋人だった」「女艦長を始めてからは忙しくて何もなかった」と説明しており、どうやらベラ・ロナに戻ると決めた時点で一応別れた事にしていた模様。
後に彼との間に2人の子供をもうけ、地球でパン屋を営む。その頃にはアノー姓を使っている模様。
ビルギット・ピリヨ
セシリーがレジスタンスに投降した際、当初は疑ったが、後に疑念を解く。

ロナ家[編集]

カロッゾ・ロナ
実の父親。妄執に取り付かれ、敵対する。
ドレル・ロナ
腹違いの兄。『第2次α』ではルート次第で共に戦うことができる。
マイッツァー・ロナ
祖父。ロナ家の当主で、コスモ貴族主義の提唱者にしてコスモ・バビロニアの建国者。SRW未登場。
ナディア・ロナ
母。マイッツァー・ロナの娘で、カロッゾ・ロナの妻となったが、彼に対する失望の末に娘のベラ(セシリー)を連れ、不倫相手のシオと共に逃亡した。F91作中ではシオとともに父マイッツァーの元を訪れてセシリーを取り戻そうとするが、果たせずにシオも暗殺され、自身も拘束された。以後の消息は不明。SRW未登場。
シェリンドン・ロナ
いとこ。

クロスボーン・バンガード[編集]

ザビーネ・シャル
彼女を「支配者の器」と見定め、女王に擁立しようと執念を燃やす男。ベラの方はザビーネがそんなことを考えているとは夢にも思っていなかったようである。
アンナマリー・ブルージュ
セシリーに接近するザビーネに不満を持って出奔した。原作ではアンナマリーの死後にセシリーが投降したため、味方側での二人の共闘はないが、『第2次α』では共闘し、ザビーネがベラに拘って彼女を連れて木星帝国に投降しようとした際はベラを救出している。

新生クロスボーン・バンガード[編集]

トビア・アロナクス
仲間。ベラの不殺主義に対して「それは偽善じゃないだろうか」という、否定的な意見を持たれていた。
マザー・バンガード轟沈時はベルナデットと3人で同じ脱出カプセルに乗り、地球へと難を逃れた。
ウモン・サモン
新生クロスボーン・バンガードの最年長パイロット。ニュータイプを自称している。

その他[編集]

シオ・フェアチャイルド
義理の父親。かつてカロッゾに失望した母ナディアの不倫相手で、ナディアとともに彼と逃亡し、セシリーはフロンティアIVにて彼の経営するパン屋の娘として過ごしていた。しかし、実はクロスボーン・バンガードと内通しており、フロンティアIV襲撃の際にセシリーをクロスボーン・バンガードを引き渡した。その後はナディアを連れてマイッツアーの元へ訪れたが、その際に暗殺された。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

チェーン・アギ
IMPACT』では完成したばかりのνガンダムを見学していた際、そのスペックについて彼女から説明を受ける。
リムル・ルフト九条美海
CC』では彼女らから説得を受ける。
卯都木命
『第2次α』にてキンケドゥの生存を絶望視していたところを彼女に励まされ立ち直った。
イーグレット・イング
居候。
アラド・バランガ
第2次α』のED後から『第3次α』の間まで、居候していた。
イルイ・ガンエデン
同じくアラドによって助けられた後はキンケドゥ夫妻のもとで共に居候していた。
エンブリヲ
V』通常ルートでは彼に新世界の花嫁候補として拉致される。
ナディア
X』にて、母親と同じ名前という事もあってか気にかけている。

名台詞[編集]

F91[編集]

「お母様のおっしゃる自由は逃げ回るための口実にしか聞こえません」
ロナ家に戻った後に自分を連れ戻しに現れた母親に対して。
「こうなっちゃったのよ! こうできちゃったのよ! どうすればいい!?」
シーブックからビギナ・ギナに乗っている理由を聞かれて。
「私はまだ、セシリー・フェアチャイルドよ!」
戦場という異常な状況でシーブックと再会した際、彼に「ロナ家に戻るつもりだったんじゃないのか」と問われて。コスモ・バビロニアの女王ではなく、一人の少女としてありたいという彼女の悲痛な叫び。もっとも、その数年後には自らの意志で再び「ベラ・ロナ」を名乗ることになってしまうのだが…。
「そうさせたのは、仮面を外せないあなたでしょう!」
ナディアを引き合いに出して「女とは御しがたい」と恨み事をぶつけるカロッゾに対して。
「ロナ家は、わたしの家ではないわ」
小説版での台詞。「セシリーは、どうするの」とシーブックに聞かれての返答。劇場版と比較すると、「家」という枠組みに対して明確な否定を見せた。
「機械ごときにっ!」/「機械をわかる必要はないっ!」
小説版での台詞。小説版ではシーブックとの合流の仕方が違うためか、カロッゾに対して攻撃的な発言が目立つ。
「……シーブック、目を覚ましてよ。そして、あたしがいられる場所を教えてよ……」
小説版での台詞。ラフレシア撃破後、気絶したシーブックを見守りながら。

クロスボーン[編集]

「――コック長。あのね……パン焼いていい?」
ベラ艦長といえばこれ。この時の彼女は何が恥ずかしいのか扉の影に隠れるようにしており、艦長としての堅苦しさは微塵も感じられない。
「きゃあああっ! キンケドゥ!!」
「答えて、キンケドゥ! お願いよ! 返事をして、キンケドゥ!!」
「死なないで! キンケドゥ!!」
「シーブックッ!!」
ザビーネX2改にコクピットを貫かれ、地球に墜ちてゆくX1(キンケドゥ)に向かって。その姿に取り乱し、彼の本当の名前を思わず叫んでしまう。
「おかえりなさい…シーブック」
最終話にて。ドゥガチの死後キンケドゥはシーブックへ、ベラはセシリーへと戻り地球で暮らすこととなる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「…あなたが自分のしてきた事を罪と思うのならば、その力を人々のために役立てて下さい」
「それこそが最良の償いであり、お兄様もお喜びになるでしょう」
第2次α』アイビス編第37話「輝きを一つ」より。スレイαナンバーズへの加入を上述の台詞で承認し、多少張り詰めた感のある空気を和らげる。
「…やらなければならないこと…」
(そうよ…私はまだベラ・ロナで在り続けなければならない…!)
「ありがとう、命。私、大事なことを忘れていたわ」
「こんなところでくじけていたら…彼が帰って来た時に怒られてしまうものね」
『第2次α』第43話「スーパーロボット軍団、怒りの大反撃!!」より。キンケドゥの生存を絶望視していたところを命に励まされて。原作ではキンケドゥが生還するまで落ち込みっぱなしだったので、ある意味では救われたと言えなくもない。
「あの人の目指しているものは…鉄仮面とは違う…だけど…だけど、そのための行為は同じ…!」
IMPACT』第3部銀河決戦篇隠しシナリオ最終話「メビウスの宇宙を越えて」より。徹底抗戦の構えを見せるシャアの性急な方法論を上述の台詞で断じる。
「寄せ集めである私達は他人の価値観を認め合う事も必要よ」
X』第13話「ナディアの家出」より。一触即発となったアンジュナディアを見かねて。
「では、海賊らしく…」
トビア「いただいてゆく!」
『X』シークレットシナリオ「シュワルビネガーの秘密」より。物資が尽きてきたところで大量の金のゴーレムが出てきてのトビアとの名台詞の掛け合い。『V』プレイ済みプレイヤーにはデジャ・ヴュしか感じない場面。今の彼女が海賊を名乗るのは未来でも見えたのだろうか……。

搭乗機体[編集]

劇中での搭乗機体[編集]

デナン・ゲー
セシリーが訓練用に初搭乗したクロスボーン・バンガードMS
ビギナ・ギナ
セシリーに与えられたクロスボーン・バンガードの指揮官用MS。彼女が「やわらかい乗り物」と評した通り、優美な外見を持つ。
マザー・バンガード
ベラが艦長を務める新生クロスボーン・バンガード母艦

他作品での搭乗機体[編集]

ガンダムF91
『ガンダム無双』で搭乗。

SRWでの搭乗機体[編集]

クラップ級巡洋艦
第2次α』リアル系女ルート第1話で搭乗。

資料リンク[編集]