2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

∀ガンダム (TV)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
∀ガンダム
読み ターンエーガンダム
外国語表記 Turn A Gundam
原作 矢立肇
富野由悠季
監督 富野由悠季(総監督)
キャラクターデザイン 安田朗(原案)
菱沼義仁(設定)
メカニックデザイン 大河原邦男
シド・ミード
重田敦司
沙倉拓実
音楽 菅野よう子
制作 サンライズ(第1スタジオ)
放送局 フジテレビ 他
放送期間 1999年4月9日 -
2000年4月14日
話数 全50話
シリーズ ガンダムシリーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦α外伝
テンプレートを表示

∀ガンダム』はサンライズが制作したテレビアニメ。

概要[編集]

正歴2343年の地球を舞台に、忘れ去られた歴史(黒歴史)以前にに移民した人々と、地球に残った人々との戦いの物語。他のガンダムシリーズと比べると、牧歌的な世界観や音楽、単なる「戦いの為の機械」ではない∀ガンダムの扱われ方など、温かみのある独特な作品に仕上がっている。

これまで制作されてきた「ガンダム」を全否定しつつ全肯定するというコンセプト。前期オープニングには今までのガンダムシリーズの映像が一瞬登場する。「∀」とは数学の記号で、「すべてを含める」という意味であり、これが「すべてのガンダムシリーズを統括する」というコンセプトにつながっている。また、これを「ターンエー」と読ませるのは、「最初(A)に戻る」という意味を込めてのことである。ロゴは「Called "∀"GUNDAM」。

漫画版は『コミックボンボン』版と『マガジンZ』版、ノベライズは佐藤茂版と福井晴敏版の二種類が存在するが、『ボンボン』版以外はどれも作風が大幅に異なる。特に小説2作はほぼ別作品といってもいいくらいに改変されている。

既に映像化のガンダムとしては、スパロボでは携帯機と据置機初参戦の間隔が一番長い(10年)作品である(据置機未参戦の一部作品を除く)。

2002年にはTV版を再編集し、新規カットを追加した劇場版が公開された。2部作を日替わりで上映するという特殊な手法(サイマルロードショー)が取られた。

作品名 TV版話数 上映日
劇場版∀ガンダムI 地球光 第1話~第27話 2002年2月9日
劇場版∀ガンダムII 月光蝶 第28話~第50話 2002年2月10日

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

地球人(ロラン等地球在住者含む)[編集]

ロラン・セアック
主人公出身の少年。ムーンレィス地球降下が人体に与える影響の調査のために地球に降りる。2年後のムーンレィスの地球降下の際、復活した“∀ガンダム”に搭乗したことから地球側として戦うことになってしまった。尚、グエンに請われ女装した際は「ローラ・ローラ」と名乗る(『α外伝』、『第2次Z再世篇』で登場)。
キエル・ハイム
地球のハイム鉱山の経営者の長女。ディアナ・ソレルに瓜二つのため、いろいろと巻き込まれる。
ソシエ・ハイム
キエルの妹。TV版最終話における彼女は、全てのとばっちりを受け持って不幸。
メシェー・クン
ソシエの友人。飛行機乗りからカプルのパイロットになる。
グエン・サード・ラインフォード
地球の地方領主の御曹司。当初は側と戦っていたが、黒歴史に魅せられてギンガナムに協力する。ロランを女装させたり手元に置こうとしたりしていた。小説のみ、ブラックドールことサイコガンダムに搭乗する(『α外伝』で登場)。
リリ・ボルジャーノ
グエンの隣りの領主の末娘で彼の婚約者。グエンの性癖は知りつつも好意を持っているが、それは情愛と言うよりも政治的な信頼に近いものといえよう。物語後半から終盤にかけての取り纏め役でその辣腕を発揮。
ジョゼフ・ヨット
シド爺さんの助手だったが、機械人形パイロットになる。
ギャバン・グーニー
ボルジャーノンのパイロット。ソシエに求婚するが、マウンテンサイクルら発掘された核兵器の爆発で戦死(正確には戦闘中行方不明)した。
ミハエル・ゲルン
イングレッサ・ミリシャの最高指揮官。
シド・ムンザ
マウンテンサイクルを歩いて回る山師。
キース・レジェ
ロランの帰還仲間。パン屋になって婿入り。
フラン・ドール
ロランの帰還仲間。ジャーナリストになって戦いを取材する。
ウィル・ゲイム
ディアナと出会った祖先の伝説を信じて戦艦を発掘する男。
テテス・ハレ
ムーンレィスと地球からの移民のハーフ。境遇への八つ当たりも含めてディアナを狙う。

ムーンレィス[編集]

ディアナ・ソレル
ムーンレィスの女王。かぐや姫。キエル・ハイムにそっくり。
ハリー・オード
ディアナ親衛隊隊長。今作におけるガンダム名物仮面(グラサン)の男。
ミラン・レックス
現実主義的な面を強く持つ執政官。
フィル・アッカマン
ディアナ・カウンターの指揮官。
ポゥ・エイジ
ディアナ・カウンターの一員の泣き虫軍人。
コレン・ナンダー
最初にホワイトドールを「ガンダム」と呼んだ男。何やら過去にガンダムと因縁があるらしく、強く敵視している。
ホレス・ニーベン
ミリシャに協力するムーンレィス技術者。
アグリッパ・メンテナー
月の冷凍睡眠施設の管理者。
ギム・ギンガナム
ムーンレィスの正規軍の最高指揮官。ディアナの地球帰還作戦に反対して対立。
メリーベル・ガジェット
ギンガナムに付き従う少女。人を馬鹿にしたような面がある。
スエッソン・ステロ
ギンガナム配下の軍人。非常にデブ。
ミーム・ミドガルド
ギンガナム配下の軍人。スパイ(隠密)のようなことを任務としている。
ムーンレィス兵

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

モビルスーツ[編集]

∀ガンダム
分離形態:コア・ファイター
カプル
ミリシャ使用のタイプ(緑)
カプル (コレン機)
ボルジャーノン
ザクタイプ
旧ザクタイプ(ギャバン用)
ウォドム
通常型、強化型(赤)
ウァッド
イーゲル
スモー
シルバータイプ
ハリー用(ゴールドタイプ)
マヒロー
バンデット
ターンX
ブラックドール(サイコガンダム
小説版のみ登場。グエンが乗る。

艦艇[編集]

ソレイユ
アルマイヤー

用語[編集]

黒歴史
最終戦争において滅亡した文明の歴史。多数の技術も含む。過去のガンダムシリーズのことのようだ(スラングとして「なかったことにしたいこと」「忘れられた事物」をさす)。
ムーンレィス
最終戦争後に荒廃した地球から月に移民した人々の末裔。
ギンガナム艦隊
ムーンレィスの正規軍的存在。
ディアナ・カウンター
地球帰還作戦の為に結成された市民軍。
機械人形
地球側のモビルスーツの呼称。なお、スパロボオリジナルだがスーパーロボットのことは「機械巨人」と呼称される。
ターンタイプ
モビルスーツの内でも∀ガンダムターンXの事を特に指した呼称。
マウンテンサイクル
黒歴史時代の遺物が埋まっている土地。特に危険なものが埋まっている土地はロストマウンテンと呼ばれる。
HPHGCP

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「ターンAターン」(前期)
作詞:井荻麟 / 作曲:小林亜星 / 編曲:矢田部正 / 歌:西城秀樹[1]
アニメソングのカバーアルバム集『百歌声爛 男性声優編III』において、フィル・アッカマン役の声優である小山剛志氏が本曲の一部を歌っている。
『α外伝』『Z』『第2次Z』『第3次Z天獄篇』で採用。∀ガンダムの戦闘BGMとなっている。
『X-Ω』ではイベント「生命をかける少女」限定で採用。奇しくも西城氏の訃報が発表された当日の実装となった。
「CENTURY COLOR」(後期)
作詞:井荻麟、浜口祐夢 / 作曲:浜口祐夢 / 編曲・歌:RAY-GUNS
エンディングテーマ
「AURA」(前期)
作詞・作曲:谷村新司 / 編曲:菅野よう子 / 歌:谷村新司
余談だが、谷村新司氏は過去に富野監督作品である劇場版『機動戦士ガンダム』(第1部)の主題歌「砂の十字架」の作詞・作曲を手掛けていた。
「月の繭」(後期)
作詞:井荻麟 / 作曲・編曲:菅野よう子 / 歌:奥井亜紀
下記「MOON」の日本語詞版。
原曲のMOONと共に、作中において穏やかな雰囲気における見せ場に挿入されることが多い。
アニメソングのカバーアルバム集『百歌声爛 女性声優編II』において、ロラン・セアック役の声優である朴璐美氏が本曲の一部を歌っている。
『Z』で採用。
「限りなき旅路」(最終回)
作詞:C.Piece / 作曲・編曲:菅野よう子 / 歌:奥井亜紀
最終回限定のエンディングテーマ
挿入歌
「MOON」
上記「月の繭」の原曲でもあり、ボーカル曲ではあるが歌詞は収録CDのブックレットにも非掲載で造語であるようだ(英語・仏語の混合という説も)。
さらにこの曲を歌っている「Gabriela Robin」なる人物は本作の楽曲全般を手がけた作曲家の菅野よう子氏その人なのではないかという噂まで存在する。
挿入歌ながら主題歌のターンAターンなどと並んで∀ガンダムを代表する楽曲の一つに数えられるほど印象的な歌曲であり、月の繭を含め複数の別バージョンが後作された。
『α外伝』で採用。
劇中BGM
「BLACK HISTORY」
『α外伝』『Z』で採用。「月光蝶」の使用時は、このBGMに。
「軍靴の記憶」
次回予告時のBGM。『α外伝』『Z』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

劇中でボルジャーノンやカプルを始めとする宇宙世紀由来のユニットが複数活躍したため、乗り換えシステム上では宇宙世紀ガンダムシリーズの一部に組み込まれている。逆に、∀ガンダムなど本作オリジナルのユニットを宇宙世紀ガンダム系パイロットに使わせる事も可能。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
初参戦作品。『ガンダムX』『ザブングル』と共に未来世界でのストーリーの中核となる。
放送終了から若干1年という僅かな期間での参戦でありながら、ほぼ全ての主要エピソードが再現されており、これはスパロボ参戦作品全体として見ても破格の扱いと言える。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
原作再現という意味では『α外伝』で一通りの主要エピソードを再現したこともあってかやや控え目であるが、今回(ならびにZシリーズ全体)では黒歴史が物語の鍵となる。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇 / 再世篇
携帯機初参戦。前作でストーリーを終わらせたので初のいるだけ参戦。パイロットとしてはロラン、ハリーのみが使え、ソシエ、メシェーが∀の武装の演出として登場。ディアナもNPCとして登場する。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
『再世篇』から復帰参戦。ユニットとして使えるのは∀とロランのみであり、ハリーは初のNPC扱い。
ちなみに、『第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇』では直接的な参戦はしていないため、「歴史」というワードが度々用いられる事になる。既にスラングとして定着しており、ガンダム以外の作品でも平然と使われているものの、Zシリーズでは本来の意味で使う必要があるための配慮であろう。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年5月30日配信の「生スパロボチャンネル」にて第3期参戦作品の第1弾として発表され、2017年6月に追加参戦。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 月に吠える
第2話 成人式
第3話 祭の後
第4話 ふるさとの軍人
第5話 ディアナ降臨
第6話 忘れられた過去
第7話 貴婦人修行
第8話 ローラの牛
第9話 コレン、ガンダムと叫ぶ
第10話 墓参り
第11話 ノックス崩壊
第12話 地下回廊
第13話 年上のひと
第14話 別離、再び
第15話 思い出は消えて
第16話 ターンAのすべて
第17話 建国のダストブロー
第18話 キエルとディアナ
第19話 ソシエの戦争
第20話 アニス・パワー
第21話 ディアナ奮戦
第22話 ハリーの災難
第23話 テテスの遺言
第24話 ローラの遠吠え
第25話 ウィルゲム離陸
第26話 悟りの戦い
第27話 夜中の夜明け
第28話 託されたもの
第29話 ソレイユのふたり
第30話 胸に抱えて
第31話 追撃!泣き虫ポウ
第32話 神話の王
第33話 マニューピチ攻略
第34話 飛べ!成層圏
第35話 ザックトレーガー
第36話 ミリシャ宇宙決戦
第37話 月世界の門
第38話 戦闘神ギンガナム
第39話 小惑星爆裂 OP変更
第40話 月面の海戦
第41話 戦いの決断
第42話 ターンX起動
第43話 衝撃の黒歴史
第44話 敵、新たなり
第45話 天から来るもの
第46話 裏切りのグエン
第47話 再び、地球へ
第48話 ディアナ帰還
第49話 月光蝶
第50話 黄金の秋

脚注[編集]

  1. 何とも豪華な顔ぶれだが、ボーカルの西城秀樹氏はこの時ちょうど前所属事務所を辞めて新たな契約を結ぶ前のフリー状態だったため本楽曲への参加が実現したという逸話がある。

商品情報[編集]

TVアニメ版DVD[編集]

DVD MEMORIAL BOX[編集]

劇場版DVD[編集]


資料リンク[編集]