ハリー・オード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリー・オード
外国語表記 Harry Ord
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 稲田徹
デザイン 安田朗
初登場SRW スーパーロボット大戦α外伝
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人ムーンレィス
性別
年齢 18歳
所属 ディアナ親衛隊
役職 隊長
軍階級 中尉→大尉[1]
テンプレートを表示

ハリー・オードは『∀ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ディアナ・ソレル親衛隊の隊長。階級は中尉(後に大尉に昇進)。常に冷静で思慮深い性格だが、融通が利かない面も目立つ。トレードマークの赤いサングラスは暗視グラスであり、市販もされているようである。なお、本人は着用の理由として、ディアナ以外の女性を見る時の目線隠しとうそぶく場面もあった。第22話では素顔を拝むことが出来る。

専用機である金色のスモーを駆り、その戦闘能力の高さは「親衛隊隊長に攻撃して生きて帰った者はいない」と言われるほど。作中でも最強クラスの操縦技術の持ち主で、その圧倒的な技量は第43話で確認する事が出来る。また、オード家に伝わる伝統武術「スーパー・アイキ」の使い手でもあり、漫画『月の風』では個人用Iフィールドと組み合わせた「Iフィールド・アイキ」の腕前を披露している。

ディアナ・ソレルに心酔しており、良く言えば「ディアナの忠臣」と言える反面、悪く言えばディアナ以外に関してはいい加減かつ無責任であり、時には友軍に対してもディアナの威光を笠に着る形で冷酷な態度をとることも辞さない為、結果的に一部からは「ディアナの飼い犬」と比喩され、嫌われている(この欠点が悪い形で発揮された結果、ウィル・ゲイムの死へと発展し、福井晴敏の小説『月に繭地には果実』では自身の破滅にまで繋がっている)。

当初はディアナ・カウンターの一員としてロラン・セアック達と敵対する立場にあったが、ディアナ自らがアグリッパ・メンテナーと戦うようになった為、自然と協調体制をとるようになった。しかし、ディアナの身を案じるばかりに傍から見ると突飛な行動をとって周囲を煙に巻くこともある。

また、独特のファッションセンスを持っているようで星柄のパジャマを愛用したり、正装が黒と黄色の縦縞だったりと劇中でも趣味が悪いと言及されている。その正装からスタッフや一部のファンからは『阪神王子』とも呼ばれる。

ディアナと入れ替わったキエル・ハイムを守っている内にいい仲になっていった。

また、小説版では過去に結婚歴があった事を語っており、愛機スモーを元妻の名である「アマンダ」と呼んでいる。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α外伝
担当声優の稲田徹氏は本作でスパロボ初出演。未来編序盤にDVEと共に登場し、以降も何度かDVEが存在するが、「趣味か!」などシュールなものが唐突に出てくることも。当初は敵対関係だが、敵として登場するのは1マップのみで、他のマップでは一貫して味方。敵時に百式改に乗ったクワトロと戦闘させると「互いに金色の派手な機体に乗っているから油断できない」といった趣旨の特殊会話がある。
能力値はオールドタイプの中でもトップクラスでロランコウより上だが、正式参戦が遅いのとひらめきが無いのが欠点。黒縁眼鏡をかけた変装姿での戦闘もあり、その際は加速がそのひらめきに変化するが、残念ながら1マップのみ。
また、強化パーツとして、命中補正+50%という驚異の性能の「ハリーの眼鏡」が登場するが、ルート専用、熟練度が低い場合のみのレアパーツとなっている。エンディングではオリジナル要素として少佐に昇進している。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
最初は敵だが、何度かスポット参戦した後、第46話で正式参戦する。能力値は高いが、主に迅速要員として小隊に入れられている事が多いかもしれない。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ロランやソシエガロード達『ガンダムX』の面々と共に次元震に巻き込まれ、中盤から自軍に加入。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
ウィッツロアビィと共に黒幕の捜索を行っており、加入は37話と遅め。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
NPC。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

α外伝
集中てかげん加速熱血気合
Z
集中直感直撃熱血迅速
第2次Z
集中直感加速狙撃直撃熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α外伝
指揮官L2、切り払いL3、援護L1
Z第2次Z破界篇
ブロッキングカウンターL6、援護攻撃L2、見切り
第2次Z再世篇
カウンターL6、援護攻撃L2、見切りEセーブ

小隊長能力(隊長効果)[編集]

小隊移動力+1、回避率+10%
Zで採用。

固有エースボーナス[編集]

命中率・クリティカル率+15%
第2次Z破界篇』で採用。
命中率・クリティカル率+25%
第2次Z再世篇』で採用。

人間関係[編集]

ロラン・セアック
ロランの女装姿であるローラ・ローラに見惚れる一面も。なお、前期OPでは手前の人物に関係の深い人物が背景に流れる演出があるが、ハリーの場合はローラであり、意味深。小説版では調子に乗って「女」になりきったローラの色気に当てられ、惚れる一歩手前まで入れ込む。しかし、福井晴敏の小説『月に繭地には果実』では、彼への嫉妬心が暴走の一端となってしまう事に。
ディアナ・ソレル
心酔しており、彼の行動理由はほとんどがディアナ絡みであった。しかし、その行動が悪い形で発揮される事も少なくなく、ディアナ本人を悲しませてしまう事も。
キエル・ハイム
ディアナと入れ替わり、女王を演じる内に互いに惹かれあっていく。
ギム・ギンガナム
かつての上官。
スエッソン・ステロ
かつての同僚だが、彼の下劣さに嫌気が差してギンガナム艦隊を見限った。
ミーム・ミドガルド
自らの犯した過ちを悔いて、ディアナに謝罪しようとしていたにも拘らず、「ディアナの法の裁き」と称し、私刑で殺害している。
ウィル・ゲイム
キエルの正体に気付きつつあった事から、彼女から自分と距離を取らせるよう指示されたとは言え、フィル・アッカマンに押し付けてしまう事になり、その結果、彼は先祖と恋仲にあったディアナ本人の目の前で、キャノン・イフルートに搭乗して死亡するという最悪な事態を招いてしまった。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ
同じサングラスの男、金色のMS乗りという共通点がある。ある意味、自画自賛。
カミーユ・ビダン
Z』では彼の言葉に発奮する事に。
サウス・バニング
α外伝』で競演。どちらも家庭面で複雑かつ似た事情を持っており、出撃前に会話する場面がある。

アナザーガンダムシリーズ[編集]

ウィッツ・スーロアビィ・ロイ
第2次Z再世篇』では裏で暗躍するアイムを彼らと共に追跡していた。

ガンダムSEEDシリーズ[編集]

キラ・ヤマト
『Z』では彼に痛烈な言葉をかけつつも、忠告と助言をした。意外なことだが、ハリーは『DESTINY』時代のキラと同い年である。
アンドリュー・バルトフェルド
『Z』では彼に協力を要請され、エターナルと行動を共にすることに。

スーパー系[編集]

ロシウ・アダイ
第2次Z破界篇』エンディングでは、来るべき時代の為に「統治」という概念を学びたいと願う彼の申し出を快諾する。

バンプレストオリジナル[編集]

アイム・ライアード
『第2次Z再世篇』では裏で暗躍する彼をウィッツ達と共に追っていた。

名台詞[編集]

「ハッハッハッハ! 地球の雨とは、温かいものだな…! 緑の地球…我らが故郷か」
初登場時。『α外伝』ではDVE
「私は平和主義者ではない」
地球側とムーンレィス側の交渉が途絶えてしまっている時期のグエンとの会話。グエンは穏やかに「私は交渉は続けたい」と答えた。
「あのヒゲのモビルスーツは、太古に宇宙移民者をいじめ抜いた白いモビルスーツそのものに見える」
「ああいう姿だったのだろう…ガンダムとはな」
戦艦ウィルゲムの発掘現場からポゥと帰還している最中に。ポゥには「歴史学でしか知らんくせに」とあしらわれてしまったが、ムーンレィスにおける「ガンダム」の認識の一端がうかがえる。『α外伝』では下の台詞のみDVE。
「ポゥ、これだけは言っておく。お前はもっといい男を知るべきだ。そうすれば、もっといい女になる」
フィルに従い続けるポゥに対して。なお、当のポゥからは「余計なお世話!」と返されてしまった。『α外伝』ではDVE
ミドガルドミラン! もしディアナ様を一瞬たりとも痛め、泣かせる様な事があったら!」
「我魂魄百万回生まれ変わっても、恨み晴らすからなぁぁぁぁああ!!」
普段はクールな二枚目だが、ディアナ様の事になると我を忘れて激昂する事もあった。
「ディアナ様の尻と言ったか……おのれェェェェーーーーーー!!」
スエッソンと戦闘したときスエッソンから「親衛隊なら女王の尻を追いかけてるだけにしろ!」と言われ、激怒したときの台詞。ハリーが激怒したのは親衛隊のことを馬鹿されたのではなく、ディアナを侮辱したような言葉だからだと考えられる。
「読み違いもはなはだしい!」
黒歴史=ガンダムの歴史を見て、「武人が武勲を立てる為に戦えということを教えてる」と解釈したスエッソンに対して。
「ディアナの法の裁きは…受けていただく!」
冬の宮殿に向けて砲撃を加えたミドガルドを粛正する際の台詞。『α外伝』ではミドガルドにハリーでトドメを刺した場合のみDVE。
「ユニバァァァァァス!!」
ターンXとの戦いの時に叫んだ台詞であり、ムーンレィスの感嘆詞。なお、ハリーを演じた稲田徹氏にとってはお気に入りの台詞であるらしく、『落ち込んでいる時に叫ぶと、元気になれる』という旨の発言をしている。
ちなみにロランも劇場版やゲーム作品で叫んでいる。

迷台詞[編集]

「趣味か!」
ロラン女装に対して。このハリーの言葉に対して、ロランは「任務だ」と返した。なお、小説ではローラが男だったと知った時には、結構ショックを受けている
「いい手なんだがなァ…」
リリの「ローラとしてグエンをたらしこめ」という策を評価して。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

αシリーズ[編集]

「味方機は下がれ! 核を使用するぞ!」
α外伝∀ガンダムに乗り込んだハリーがミサイルを使用する時の台詞。無論核ミサイルではないのだが、もしかして開発段階で武装に核ミサイルを加える予定があったのかもしれない。
「…ディアナ様に仇なした男には相応しい結末か……」
α外伝第35話Aシナリオエンドデモにて、アグリッパ・メンテナーカーメン・カーメンのキングコブラによって毒死した時に口走った、まさに自業自得ともとれる台詞。
「…あなたのおっしゃることは良くわかります。ですが、後悔はしていません。何故なら、必ずここに戻るつもりでいるからです」
α外伝第38話シナリオデモにてバニングから「別れの時は悔いを残さんようにな」と言われた際に返した言葉。

Zシリーズ[編集]

「私はパイロットの命を奪えと言っているわけではない。だが、君の戦い方はあまりに不自然だ。どういった心境かは知らないが、いつかそれは自分と仲間を滅ぼす事になると思うが」
「良心の呵責…。それとも善行のつもりか…だが、はっきり言おう。その程度の覚悟で戦いに臨むのなら下がっていたまえ」
「誤解しないでもらいたい。これは君のためを思って言っている。そのような中途半端な覚悟で戦っているのなら、君自身もいつかそれに押し潰されるだろう。ならば、その前に自分から戦うのを止めたまえ」
Z』第43話「運命と自由と」より。相手のコックピットを避けて攻撃するキラに対しての忠告と助言。痛烈な言葉であるが、ハリーなりにキラのことを思っていることが窺える台詞である。
「それを答える気はない。…代わりに君にこの言葉を送ろう。正しかろうと、そうでなかろうと人は自分のやるべき事を果たすまでだ」
キラ「自分のやるべき事…」
「この言葉はZEUTHのカミーユ・ビダンという少年の言葉だ。恥ずかしい話だが私もこの言葉で迷いを吹っ切ったこともある。私はディアナ様の親衛隊だ。そのディアナ様のためなら、どのような痛みや恥辱にも耐えよう。なぜなら、それが私の使命であり、私の信じる戦いだからだ」
キラ「信じる戦い…」
「迷うことは必要だ。迷わないことは盲信と同じだろうからな。だが、君はこのままでは自分を滅ぼす」
キラ「僕は迷いを…捨てればいいんですか? 何も感じないまま、機械の様にただ戦えばいいって言うんですか?」
「それでは心を殺しているのと同じだよ。私は君が迷いの向こうに答えを見つけることを望むまでだ」
上記のセリフの後キラから「ディアナ女王をさらった人を討った事も全て任務だと割り切れるんですか?」と問われた際に返した言葉。
ハリーから伝えられたカミーユの言葉がキラ達の道を示すこととなった。
「そうではない。あそこに立たれているのはディアナ様の意思を代行される方だ」
偽物などではない…。ディアナ様そのものと思ってもらってもいい」
『Z』第46話「混迷の中の正義」シナリオエンドデモにてデュランダル議長の不正を暴いたラクスと共に現れたディアナに扮したキエルを見て「あっちも偽物で対抗する気!?」と発言したソシエに対して。
ハリーがいかにキエルを信頼しているかがうかがえる。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「戦場で金色の機体に乗る…かなりの手練と見た!」
ある意味自画自賛な対クワトロ(in百式or百式改)専用台詞。
「やはり、趣味か?」
第2次Z再世篇EDにて、ロラン女装した際の色香でティンプ達を惑わせたという話を聞いて。
「やはり」と前置きしているので、Zシリーズのハリーは常々ロランが趣味で女装していると思っているらしい…

搭乗機体[編集]

スモー
金色の専用機に搭乗。

余談[編集]

  • 離婚か死別かはさておき、過去に結婚歴があった事や、元妻か愛馬かの違いはあれど、愛機に名前をつけて呼ぶ事、サングラス、親衛隊隊長(ディアナ親衛隊、ラストバタリオン)というポジション、そしてその声……と、何かとレーツェルと共通点がある。ただし、両者が共演した事はまだ無い。
    • また、稲田氏も愛車を「アマンダ」と呼んでいるらしい。ちなみに次に車を買った時の愛称予定は…もちろん、トロンベである。
  • 中の人である稲田氏は『∀ガンダム』の打ち上げにハリーのコスプレで赴いた事があるが、大ブーイングを浴びたらしい。

脚注[編集]

  1. α外伝』では少佐まで昇進した。