阿頼耶識

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿頼耶識(あらやしき)とは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の用語の一つ。

概要[編集]

厄祭戦時に用いられていた、機動兵器の操縦に使われる有機デバイス技術。正式名称は「阿頼耶識システム」で、同名の仏教用語で、人間の認識(五感を含めた「八識」と呼ばれるもの)の中で「無意識」を司るものを由来とする。

パイロットの脊髄にナノマシンを注入し、「ピアス」と呼ばれるインプラント機器を外科手術によって埋め込み、操縦席側の端子と接続する事で機体とパイロットの神経を直結させる、いわゆるブレイン・マシン・インタフェースの一種でありこれによりパイロットの脳に空間認識を司る器官が疑似的に形成され、機体を自身の身体の一部のように操ることを可能とした、文字通りの「人機一体」を実現するための技術である[1]

このため、操縦技術の修得・訓練の必要が無いばかりか、文字の読み書きすら出来ない子供でもモビルスーツの操縦が可能になる。また、通常の操縦とは異なる生物的な機動となるため、熟練パイロットは動きを見ただけで阿頼耶識システムの有無が判別できる。

一方で「身体に手術でインプラントを埋め込む」という性質上、背中に突起が出来るため仰向けになって寝る事が出来ない等、生活面に支障が生じる。また脳に対する負荷も大きく、モビルスーツや戦艦の操作においては扱う情報量の多さから脳への負荷で鼻血が出る描写も散見されていた[2]。さらに脊髄にナノマシンを定着させる必要がある為、手術を受けられるのは成長期である10代の途中までとされている。

劇中時系列となるP.D.323年時点では、非人道的なシステムとしてギャラルホルンによって使用が禁止されており既にレガシーデバイスとして扱われているが、火星など地球圏外ではヒューマン・デブリや少年兵などに対して、漏洩した技術を用いた不完全な手術が横行している。不十分な設備など劣悪な施術環境も相まって、手術に失敗して半身不随となる者や死亡者も少なくない。

また、阿頼耶識に対する世間的な嫌悪感から手術を受けた者はピアスを尻尾に見立て「宇宙ネズミ」と呼ばれている。

スパロボシリーズでの扱い[編集]

スーパーロボット大戦DD』で初登場。

阿頼耶識(三日月)
三日月・オーガス専用スキル。攻撃力と照準値に補正がかかる。

関連人物[編集]

鉄華団の大半のメンバーが阿頼耶識の手術を受けている。

三日月・オーガス
阿頼耶識の手術を三回も受けており、背中のピアスも三本分突き出ている。
昭弘・アルトランド
阿頼耶識の手術を二回受けている。

関連機体[編集]

ガンダム・バルバトス
阿頼耶識システムを搭載している。物語開始時点で本来のシステムは取り外されてしまっており、三日月のモビルワーカーからシステムを移植することで起動した。
マン・ロディ
阿頼耶識の施術を施されたブルワーズの少年兵たちが操縦する。

余談 [編集]

  • 操縦する際に背中のピアスを露出させる必要がある為、大気圏内などの戦闘においてパイロット達は上半身裸になっている場面が多く見られている。
    • このためか、劇中に登場した、阿頼耶識持ちは全て男性であり、女性の阿頼耶識持ちは1人も描かれなかった。また、女性を道具として使うのなら、パイロット以外の事(召使いや性の相手)のほうが効率が良いと思われる。
  • パイロットの身体を改造して強化するという点では強化人間サイボーグに近い。
    • 『DD』でも阿頼耶識の概要を聞いたフォウ・ムラサメが強化人間を連想する場面が存在する。

資料リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 埋め込んだピアスの数によって交信する情報量が増えるため、施術を繰り返すことでより高い効果を得る事も可能。
  2. このため、鉄華団のモビルスーツには脳への負荷を軽減させる目的でリミッターが設けられている。