ナノマシン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

0.1~100nm程度の大きさの微細な機械。

ナノマシン技術が使用されている機体[編集]

∀ガンダムターンX
ナノマシンによって自己修復を可能としている。ちなみに、あらゆる人工物を砂に分解する必殺武器「月光蝶」の正体は、大量のナノマシンである。
バンデット
ナノマシンを分泌するウージィーアーマーを搭載。これによって、高い耐弾性を持つ。
スターゲイザーガンダム
ナノマシンを利用した自己修復型マイクロマシナリーテクノロジーを搭載。これによって、長期間のメンテナンスフリーを実現化している。
マキナ
ナノマシンにより自己修復が可能。さらに、マキナの操縦者にマキナ固有のナノマシンを移植させることによって「ファクター」となる。
ノルス・レイ
広域修理装置に有機ナノマシンが使われている。
アン・アーレスシャウラス
ナノマシンを活かした武装を持つ。
GA-005 ハーベスター
ナノマシンを活かした広域修理を行うが、ナノマシンに精通したパイロットであるヴァニラ・Hでなければ最大限に活かす事は不可能。
メダロット
装甲内部にナノマシンが搭載されており、非戦闘時には修復や整備を自動的に行う。戦闘中に使用される回復系パーツはナノマシンに信号を送ることで活性化させ、急速な修復を行わせる。

ナノマシン技術が使用されている人物[編集]

ノノ
ナノマシンで構成されたアンドロイドである。
イノベイド
リボンズ・アルマークティエリア・アーデ等のイノベイド達は、体内のナノマシンによって不老不死となっている。
ルイス・ハレヴィ
2ndシーズンでは、擬似イノベイド化を促すナノマシン入りの薬物を服用している。
ルド・グロリア
ナノマシン処理を自身の身体に施している。そのため、実年齢は50を越えているのにも関わらず、外見は30代程度にしか見えない。
ファクター
マキナから固有のナノマシンを与えられる事によって、その機体を操作できるようになるだけでなく半不老不死と化る。

関連用語[編集]

ナノマシン処理
機動戦艦ナデシコ』のエステバリスを操縦するために必要なシステムである「IFS(イメージフィードバックシステム)」を動かす為に、パイロットに対して行わなければならない処理。体内にナノマシンを注入する事によりパイロットがシステムを動作させることが出来る。
城崎天児
鉄のラインバレル』における、ナノマシンの開発者。
ヒカリムシ
翠星のガルガンティア』の地球の海に存在する旧文明時代のナノマシン。電磁波を吸収して発電、発光する船上都市のエネルギー源。各船団はこれが存在する海流である銀河道に沿って航行している他、漁場の形成や祝祭日など人々の生活に密接に関わる。
ナノハザード
楽園追放 -Expelled from Paradise-』におけるナノマシンの暴走によって地球圏の文明が崩壊した事件。
阿頼耶識
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場する機動兵器の操縦に使われる有機デバイス。脊髄にナノマシンを注入し、「ピアス」を用いてパイロットと機体を神経接続させ操作を可能とする。

余談[編集]

  • フィクションの中には、ナノマシンの事を「無から有を作り出す便利な小道具」として登場させるものもあるが、現実のナノマシンは、エネルギー保存の法則を破るものではない。また、元素の変成も困難であるため、必要な材料元素は用意する必要がある。