IFS

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

イメージ・フィードバック・システム(Image Feedback System)』の略。

機動戦艦ナデシコ』の世界に登場した、体内にナノマシンを打ち込むことで機械とのリンクを可能にし、頭でイメージした通りに動かすことが出来るシステム。

劇中では主にエステバリスの操縦に必要なシステムとして登場している。エステバリスの既存地球兵器を凌駕する戦闘力の一因でもある。ただし、体内にナノマシンを打ち込む事に生理的な嫌悪感を持つ者も多い。

ゲーム中では、パイロットの能力格闘射撃技量防御命中回避)が気力の上昇に伴って少しずつアップしていく特殊技能として一部シリーズ(主にエーアイ開発の携帯機シリーズ)で採用されている。先天技能(専用スキル)扱いになっており、後からの習得や任意での上書きは不可能。

あくまで機体の操縦の為に必要な処置というだけなので本来能力が上がるような効果はないが、『イメージ通りの操縦が出来る』という点からパイロットのやる気(=気力)が操縦に直結するといっても過言ではないため、気力が上昇すると動きがよくなるというのはあながち間違ってはいない。

採用作品[編集]

スーパーロボット大戦J[編集]

気力 能力値
110~119 +2
120~129 +4
130~139 +6
140~149 +7
150 +8

スーパーロボット大戦W[編集]

J』の時より基本効果が若干上がっている。さらに特殊技能の「気力限界突破」の習得で気力限界を170にすると、より能力値を伸ばせるようになった。

気力 格闘・射撃・
防御・技量
命中・回避
110~119 +2 +3
120~129 +4 +5
130~139 +6 +8
140~149 +8 +10
150~159 +10 +13
160~169 +12 +15
170 +14 +18

スーパーロボット大戦BX[編集]

従来よりもさらに効果が大きくなっている。今回は「気力限界突破」に加えてその上位版の「気力覚醒」も存在するが、効果の上限は170止まりになっている。

気力 能力値
110~119 +5
120~129 +10
130~139 +15
140~149 +20
150~159 +25
160~169 +30
170以上 +35

スーパーロボット大戦V / スーパーロボット大戦T[編集]

エーアイ開発以外のシリーズでは初採用。ただし上昇する能力値が命中・回避・技量のみに削減されている。

今回も「気力限界突破」の他強化パーツ等で気力上限が170を超えうるが、効果の上限は170止まり。

気力 技量 命中・回避
110~119 +2 +2
120~129 +4 +5
130~139 +6 +8
140~149 +8 +11
150~159 +10 +14
160~169 +12 +17
170以上 +14 +20

主なパイロット[編集]

テンカワ・アキトをはじめとするエステバリスパイロットの他、ホシノ・ルリラピス・ラズリが所持。

アオイ・ジュンマキビ・ハリも有しているが、この二人は当該作品ではサブパイロット止まりの為効果はない。

ミスマル・ユリカは『J』・『W』ともに未所持だったが、『BX』にて初めて所持することになった[1]

関連項目[編集]

ナノマシン処理

脚注[編集]

  1. ただしユリカがシナリオ上でIFSを打つのはかなり後半になってからで、それ以前の第12話にて自動航行モードのナデシコのメインパイロットがルリになる際能力値がまったく同じであったりと、実際はルリのIFSスキルを反映するための便宜的措置と思わせる点がある。