NPC

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ノンプレイヤーキャラクター(Non Player Character)の略。

スパロボのNPC[編集]

スパロボでは、特定マップで登場する自動行動の味方ユニットや中立ユニットを指す。操作可能な場合はNPCとはならない。自軍所属のユニットが、一時的にNPCとなる場合もある。また、パイロット登録されず、戦闘に参加しないキャラを指すこともある。なお、特定マップで出現する「第三軍」とは違うので注意。

NPCは独自の思考で動く。そのためしばしばプレイヤーの意に沿わない行動を起こすことがあり、強弱に関係なくゲームプレイ上の制約・足かせとされる事が多い。具体的な理由は以下の通り。

  • NPCの撃墜が敗北条件の場合は守る必要があるが、HPの回復や援護防御は不可能な場合が多い。
    • 微妙な強さなのに勝手に敵軍へ突っ込むタイプのNPCは、撃墜される危険性が高い。
    • 弱いNPCが防御や回避に徹するケースでは、敵ユニットが自軍を無視してNPCに集中砲火を浴びせる危険性がある。
    • NPCの撃墜が敗北条件に入っていない場合でも、その生存が熟練度SRポイント隠し要素等に関わる場合がある。代表格は『Z』のルビーナ、『OG外伝』のレイディバード。
  • NPCが敵ユニットを撃墜しても、自軍には経験値資金・撃墜数・PPなどの報酬が全く入らない。
    • このタイプの厄介さを抱えているNPCは、俗に「資金泥棒」と呼ばれる。奪われる獲得物は実際には資金に止まらないのだが、煩雑になるためか一々個別に「○○泥棒」と使い分けることは少なく、収奪者とほぼ同義の語として用いられる場合が多い。ただし一部作品では資金のみ自軍に入るので、この場合は資金泥棒とは呼ばれずに経験値泥棒、撃墜数泥棒と呼ばれる。
    • 強いNPCは敵機のHPを削ったり、囮として活躍してくれるが、攻撃力が高すぎると敵ユニットを次々と横取りされてしまう状態になりやすい。気力面での影響も少なくない。この手のNPCで影響が顕著なのは『W』序盤のアーキオーガンと後半のアキト、『魔装機神』のファング。
    • なお第三軍ユニットが敵ユニットを撃墜したり、その逆が起きても同様の結果になる。『ZSPD』では、第三軍と資金の取り合いになるチャレンジバトルもある。
  • NPCの行動により、こちらのスケジュールを狂わされることがある。
    • 「HP減少で撤退する敵を撃墜しようと調整していたら、NPCと敵の戦闘で余計なダメージが入って撤退してしまう」「説得できる敵を撃墜する」「熟練度SRポイントの獲得など、マップでやることが終わる前に勝利条件を満たす」など。

しかし、NPCとの関わり合いはまず避けられない為、上手く付き合っていく必要がある。

NPCと乗機の強化[編集]

NPCによっては自軍所属時にパイロット養成や、乗機の改造強化パーツ装備が可能な場合がある。上手く使えば生存に役立つが、武器を改造しているとNPC時に敵ユニットを横取りされてしまいやすくなるため要注意。特に携帯機シリーズ作品では、前周回の養成や改造がそのまま引き継がれていることが多い。

主なNPC[編集]

積極的に敵機を攻撃するパイロット[編集]

飛影
2回行動可能。『COMPACT2IMPACT)』では、次々と敵ユニットを撃墜して資金や経験値を奪っていく。ただし、飛影関連のユニットを出撃させていれば次ターンには合体する。『UX』では人質ごとを倒してしまうこともあり、「ランカスレイヤー」「勝利条件泥棒」などと畏怖されている。
テンカワ・アキト
初登場の『A』の第4話で中立ユニットとして登場。撃墜されると敗北になるのに、貧弱なエステバリスの機体能力で敵の群れに突っ込む。しかもHP回復は不可能。劇場版Verは『MX』や『W』でブラックサレナで暴れまわる。『W』では第一部でのアキトの養成や機体の改造が引き継がれるので非常に厄介。
ベターマン・ネブラ 、ベターマン・フォルテ 、ベターマン・オルトス 、ベターマン・セーメ
COMPACT3』で常にNPCになる。強力なキャラなので、削りを任せてトドメのみ自軍でするとよい。
ハマーン・カーン
第2次α』でハマーン休戦ルートを通ると、彼女がNPCとして登場するシナリオがある。キュベレイのHPが9万もあるのでまず落ちない。ただし、場合によってはバーンズを倒さないように誘導する必要がある。
東方不敗マスター・アジア
時々NPCとしても参加して戦ってくれるが、強いので資金や経験値を持っていく。
流竜馬 (OVA)
D』ではブラックゲッターで戦闘してくれる。一周目だと問題ないが、改造が引き継がれる二周目にフル改造していると敵をバンバン落としてしまうので注意が必要。なおこの時に竜馬が撃墜されても、敗北条件ではないため気にしなくていい。
リヒテル
『A』で小バームルートを通ると、彼がNPCとして登場するシナリオが2つある。乗機であるギメリアのHPと装甲値が非常に高いので落とされることはまず無い。ただ第34話ではターン制限があるとはいえ敵が弱いので、「別に出てこなくてもいいのに」と言われることも。
クロッペン
『D』でNPCに。乗機のデスターク3はHPの基本値が50000あり、そう簡単には落ちない。
オセッカイザー
NEO』に登場。原作同様その行為は文字通りのお節介である。彼は強く無双してしまう可能性もある。なお撃墜数が仲間フラグに関係している。
マイヨ・プラートリー・スー・ミンカール・ゲイナーウェルナー・フリッツダン・クリューガー
A』24話でスポット参戦するマイヨの援軍として、プラクティーズとミンがNPCとして登場する。スタークダインに搭乗しているミンはともかくゲルフ系のプラクティーズは撃墜されることもしばしばだが、撃墜されても特にペナルティは無い。続く第25話ではドルチェノフ討伐のためにマイヨもNPCとして参戦。ただドルチェノフ機を含めてギルガザムネが3機敵として登場しているため、MAP兵器で全滅させられてしまうことも。
オーガン
『W』の第一部ではずっとNPC(敵に回るシナリオも)で、正式参戦は第二部中盤になってから。第二部での改造が2周目の第一部へと引き継がれるので、武器を改造していると次周回以後敵機を喰われまくる。
キラ・ヤマト
Z』の一部シナリオで、味方NPCとして登場する。常時てかげんがかかっている上、事実上の無敵状態。敵ユニットを倒さずに削ってくれるが、ザコ敵全滅前やSRポイント獲得前に勝手に勝利条件を満たしてしまうことも。
早瀬浩一
L』では序盤からしばらく第三軍NPCであり、シナリオによっては敵を勝手に撃墜していったり、こちらの邪魔をしてきたりと様々。HPが15000程度ある上に強力な再生能力を持つので雑魚の攻撃で撃墜される心配は無い。
正式に仲間になった後でも、第36話「鋼鉄の華」でNPC化。毎ターン覚醒をかけてマサキ目掛けて一直線に敵陣に突っ込んでいく。この時の機体のラインバレルは味方の時の改造をそのまま引き継ぐため、ラインバレルを全然強化していなかった場合は敵にボコられて撃墜(=ゲームオーバー)になってしまう危険があるが、強化しすぎていると雑魚を勝手に撃墜しまくっていくに留まらず、進路上にいる宗美を撃墜してフラグを潰してしまう事がある厄介者。
ブレラ・スターン
UX』でハウンドバジュラ戦でNPCとして登場。ただし条件を満たすと登場する飛影同様、が人質にされてるにもかかわらず容赦なくハウンドバジュラを殺しにかかってくるので注意。
ズワウス
BX』で中盤まで騎士ガンダムを助けるような形で登場する。現れるステージは少ないもののBXの敵の「HPの高い味方ユニットを優先して狙う」という行動ルーチンから、ズワウスの位置によっては敵が真っ先にズワウスを狙い、反撃で撃墜されるの繰り返しという事態もある。ズワウス自体のステータスの高さから撃墜される可能性もほぼ無いため、経験値を奪われたまま戦闘が終了する恐れがある。
ギリアム・イェーガー
第4次』ではゲシュペンストMk-IIに乗って突っ走る。大抵の場合返り討ちにあうが、稀に説得前のリューネを撃墜してしまう。
メキボス
F完結編』終盤の複数のシナリオで登場。50000を超えるHPに高レベルの切り払いシールド防御を加え、HP回復までつくので実質不死身。2回行動で雑魚を次々と撃墜するが、対ボスでは役に立たない。『OG2』ではウェンドロ戦で出て来るが、ダメージが決定打にならない上にウェンドロが狙わない。
カチーナ・タラスク
OG1』のあるシナリオで勝手に出撃して敵軍に突っ込んでいく上、撃墜されるとゲームオーバー。キョウスケ編ならば、機体改造強化パーツ取り付けなどで破壊されにくくなるが、リュウセイ編では不可。
ウォーダン・ユミル
OG2』でヴィガジとの戦闘でピンチに陥ったゼンガーを救う形でNPCとして登場。当然乗機はあのスレードゲルミルなので、いくらガルガウが相手と言えども撃墜される心配は皆無。なお、『OGS』ではNPCからスポット参戦に昇格し、プレイヤーがスレードゲルミルを操作できる唯一の機会となった。

撃墜されないよう護衛の必要があるパイロット[編集]

連邦兵UCガンダム系・またはドラグナー連合兵含む)、エゥーゴ兵
ミデアのパイロットとして積み荷を守るシナリオで登場したり、モビルスーツなどに乗って援護してくれたりするが、大抵弱いのでかえって足を引っ張られることが多い。しかもミデアの護衛がユニットや資金の入手条件に関わる事が度々あり、無視する訳にもいかない。
ルビーナ
Z』では、ミディフォーに乗って異星人連合から脱出する彼女を守るシナリオがある。攻撃や反撃をせずに一目散で逃げてくれるので有難いが、ここで無事脱出させないと仲間にならない。HP回復は不可能なので注意。アフロディアネグロスを撃墜すると強制撤退するイベントが発生するので、これを狙うと楽。
エマーン兵
ZSPD』のミッションで久々に登場した救出ステージにおけるエマーン艦のパイロット。やっぱり足を引っ張ってくれるうえ、一隻でも撃墜されたら即敗北とソフトリセット必至のミッションになっている。
連邦兵(OG系)
NPCは主にタウゼントフェスラーリオンに乗って登場。基本的に護衛対象。
リョウト・ヒカワ
OG2』「第三の凶鳥」では彼の乗るタウゼントフェスラーの護衛が目的となる。毎ターン「集中」を使う上に念動力持ちのため、意外と避けてくれる。

特殊条件下でNPCになるパイロット[編集]

マップに関係なく、特定条件を満たすとNPCになるタイプ。無差別に襲いかかってくる上、能力値や武器攻撃力が極悪であることが多い。

ダミープラグ / 初号機 / 暴走エヴァ
EVA初号機が撃墜されると、機体が『EVA初号機 (暴走)』に、パイロットがシンジから変化してNPCになり、周囲を敵・味方問わず攻撃する。無論、初号機の修理費用はしっかりとかかる。こちら側はマップ兵器や『MX』のダブルアタックを用いるなど、特定状況下で攻撃・撃墜可能。『MX』では暴走初号機撃墜時の資金が20000で、幸運祝福をかければ修理費40000を回収できる。
イデ
F完結編』でイデオンのゲージが上昇しすぎるとNPCとなり、イデオンガンを発射する。この状態で撃墜されるとバッドエンドになる。『第3次α』では、イデゲージによる暴走は無くなった。