ガンダム試作2号機

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム試作2号機
別表記 GP-02Aサイサリス
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 河森正治
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
コードネーム サイサリス
分類 特殊攻撃用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 RX-78GP02A
全高 18.5 m
本体重量 54.5 t
全備重量 83.0 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1860kw
スラスター推力

32000 kg×4
6800 kg×4

総推力
155200 kg
180度姿勢変換 0.9sec
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 地球連邦軍デラーズ・フリート
主なパイロット アナベル・ガトー
テンプレートを表示

ガンダム試作2号機は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の試作型モビルスーツ

コードネームは「サイサリス」。ホオズキの属名“Physalis”(フィサリス)が由来で花言葉は「偽り」。

機体概要[編集 | ソースを編集]

ガンダム開発計画」によって製造された3機のガンダムのうちの1機で、当初は高機動性を活かし、様々な弾種を発射可能なバズーカで敵の中枢を攻撃するという強襲用モビルスーツとして開発されていたが、後に南極条約によって禁止されていた戦術核弾頭で攻撃する事で敵を壊滅させるというコンセプトへ変更されている。この変更の背景には、一年戦争時における一部のジオン軍人の独断による核弾頭ICBMの発射を受け、今後の核攻撃に対する報復手段の為という説がある。

開発は旧ジオニック系技術者の多い第二研究事業部が担当しており、設計はドム系列の物が反映されていると言われる。そのせいか、ガンダムタイプであるはずの本機はガンダム開発計画の3機の中で最もガンダムらしくない外見をしている。カラーリングはガンダムタイプ特有のトリコロールであるが、どことなくくすんだ色合いとなっている。

戦術核の使用を前提としているため、実際に運用された場合機体は爆心地間近で核爆発に曝される事になる。故に冷却装置内蔵の特徴的な大型専用シールドを初めとして、機体各部には耐核用の装備が施されている。コクピットも耐熱・耐衝撃処理を施した球型コクピットで、コクピットハッチに設置されたボルトで厳重にロックされる。非常時には爆裂ボルトを作動させてコクピットブロックそのものを射出し、パイロットを脱出させる後のイジェクションポッドと同等の機能がある。バックパックには核弾頭が搭載可能だが、そのせいでスラスターを装備できない事から、肩部にフレキシブル・スラスター・バインダーと呼ばれる大型推進ユニットを装備している。これによって高い機動性を確保している他、AMBACユニットとしても使用可能。脚部には冷却装置が内蔵されており、他の機体と比べてもかなり大型となっている。また重力下でもホバー走行が可能。ただし耐核装備は設計理論値の域を出ていない為作中の状態ではいつどのような不具合が出てもおかしくない状態である。

あくまで核弾頭を撃つ為だけに製作された機体である為、「基本武装はビームサーベルとバルカンだけ」と非常に貧弱である。ただし、その設定が見直されたのか、後に公式作品で武装が追加されている。

デラーズ紛争終結後、ガンダム開発計画は封印され、存在を秘匿されたが、本機の開発データは後にリック・ディアス開発の際に大いに役立てられた。また、デラーズ・フリートが機体を解析し、ガトーがアクシズ先遣艦隊ノイエ・ジール授与の際にデータが手渡されたことでのちのネオ・ジオンのモビルスーツの開発に寄与されている。

劇中での活躍[編集 | ソースを編集]

本機はテスト、取り分けまだ理論値レベル状態だった耐核装備の為の核バズーカ試射による実地試験のためにアルビオンに搭載され、当時核装備が保管され試射実験場も近くに有ったトリントン基地に搬入されたがアナベル・ガトーの手によって核弾頭ごと強奪されてしまっている。

その後宇宙へ運ばれ、地球連邦軍の観艦式が行われていたコンペイ島に防衛部隊を突破して強襲。連邦艦隊に向けて核を発射し、壊滅的な打撃を与える事に成功している。しかし、帰投中にコウ・ウラキガンダム試作1号機Fbと交戦。上記の通り未だ設計論値段階の出来でしかなかった耐核用装備故に核の衝撃を抑えきれない不具合が発生し左腕が動作不能、右メインカメラが破損した状態であったがガトーの技量により互角に戦っていた。激しい戦闘の末相打ちとなり、ガトーは脱出したが機体は爆散することとなった。

劇中でコウは本機の外見を一見しただけで、戦術核を使用する為の機体である事を看破するという造詣の深さを見せている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

マップ兵器に設定されたアトミックバズーカによる強烈な一撃に特化しており、作中トップクラスの攻撃力を持つマップ兵器であることも珍しくない。また、耐久力は高く、運動性移動力は低めといったスーパーロボットのような機体性能に設定されていることも多い。

原作通りガトーの搭乗機として敵対することが多いが、条件付きで入手可能な作品も多い。味方では核の使用が制限されてしまう、ということは特にないため[1]、入手した場合は遠慮なくぶっぱなしてしまおう。

作品によっては「GP-02Aサイサリス」などの名義で登場する場合や、ビームライフルなど通常戦闘用の武器が装備されている場合もある。また、『第2次α』はガトーは登場しているが本機には搭乗しないという珍しい作品になっている。

旧シリーズ[編集 | ソースを編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。「GP-02」表記。原作通りガトーに強奪されて、そのまま彼の搭乗機となる。シナリオによっては共闘するような場面もあるものの、残念ながら味方に加入することは無い。なお、通常戦闘用の武装はバルカンとサーベルしかないため、最長射程1となっている。
本作のアトミックバズーカは攻撃力2550、命中255、射程10と凄まじいものだが、イベントでしか使用されない。使用されるシナリオ「ソロモンの悪夢」では巻き込まれないように注意。
PS版では「GP-02Aサイサリス」表記に変更されている。また、機体適応は宇宙Bでライフルを所持するなど、『F完結編』での仕様に変更されているところもある。
スーパーロボット大戦EX
「GP-02」表記。本作では味方としてガトーと共にマサキ達と合流する。他の機体より性能の高いライフルを装備するようになったが、アトミックバズーカはプラズマリーダーに交換されているため[2]マップ兵器の火力はそれなり程度となっている。ルート選択によってはラスト2話はガトー搭乗で強制出撃となる点に注意。また、リューネの章で合流するマサキ一行にもガトー搭乗機として在籍している。
PS版では「GP-02Aサイサリス」表記に変更されている。また、運動性が低く、ライフルの性能も大きく落とされてしまっている。
第4次スーパーロボット大戦
「GP-02A」表記。NPCとして登場するガトーが乗っており、条件成立でガトーと共に正式に加入する。登場時点からフル改造されているが、本作ではアトミックバズーカも別の隠し要素による追加入手となっている[3]うえに、『EX』で装備していたプラズマリーダーも外しているため、登場時はマップ兵器を所持していない状態となっている。
本作のアトミックバズーカの初期攻撃力は8000。実際にはフル改造での入手となるため、入手時点で9400となる。
第4次スーパーロボット大戦S
本作の仕様により、アトミックバズーカも含め武器の改造は初期化されての入手となってしまう。
スーパーロボット大戦F完結編
「GP-02Aサイサリス」表記。ガトーの搭乗機として序盤から登場するほか、条件を成立させれば入手も可能となっている。本作ではアトミックバズーカは必殺武器の攻撃力を持った通常のマップ兵器として扱われるようになったため、状況が整えば普通に使用してくるので注意が必要。なお、HPは妙に高く設定されているものの装甲は普通程度しかなく、何故か機体適応は宇宙Bなので見た目に反して意外と脆い。また、味方機になると宇宙BはそのままにHPや運動性などがガクンと下がるため、強力ではあるが非常に使いにくい機体となる。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
各作品での扱いは該当項を参照。
DISC2の「バーチャルスタジアム」では、収録部隊「オールガンダム」に所属している。なお、『第3次』仕様なのでアトミックバズーカを装備している。

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦α
DVE付きで原作通りガトーに強奪される。また、条件を満たせば後半に入手することも可能となっている。本作ではライフルを所持していないので通常戦闘は最長射程1で低火力と貧弱だが、スーパーロボット級の耐久力にガトーの底力も加わるため、無駄に頑丈で手間がかかる。また、登場時は基本的に離脱を第一に行動することも落としにくさに拍車をかけている。
なお、敵対時は基本的にイベントでしかアトミックバズーカを使用することはない。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
耐久力が上がり、サーベルも有射程で空Aになるなど強化されている。
スーパーロボット大戦α外伝
ロストマウンテンに埋まっていた機体にミドガルドが乗り込む。また、難易度『易』では別の個体をマウンテンサイクルから入手することが可能[4]。本作でも離脱目的で行動するが、今回は阻止しやすい状況になっている。なお、阻止(回収)できなかった場合は終盤に再び戦うことになるため、プレイ状況によっては試作2号機同士の戦闘を普通に見ることができる。
本作では『』の劇中で発掘された「核兵器」の立ち位置も兼ねているため、登場時は非常に大きな騒動となり、シナリオ上でも重要な扱われ方となっている。そのため、初登場時は核ミサイル(ユニット)と同様に撃墜してはいけないユニットとなっており[5]、回収に成功した場合は解体して封印という極めて厳重な措置が取られるが、入手した際は誰も何の反応もせずに普通に使用可能という妙な状況となる。
本作では敵基準のグラフィックに変更され、戦闘アニメも作り直されている。また、アトミックバズーカ使用時にセリフが入らない。
第2次スーパーロボット大戦α
隠し機体として登場。ただし、アトミックバズーカはルート限定で追加入手する換装パーツとなっている。バルカンとサーベルが有射程となったことに加え、新たにALL武器のビームバズーカが追加されたため、通常戦闘もこなせるようになっている。なお、主人公がアラドの場合のみモンシアヤザンの搭乗機として敵対する機会があり、入手条件も大きく変わる。ちなみに、モンシア登場時はアトミックバズーカ未装備状態で、ヤザン搭乗時はアトミックバズーカの使用が敗北条件となっている
戦闘グラフィックは敵基準に近いものになっている[6]。また、何故かBGMがボス曲よりも優先される仕様になっている(例外あり)。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
隠し機体&換装パーツとしてのみの登場となる。本作ではアトミックバズーカの装備の有無でビームバズーカの消費ENに大きな変化が出るため、マップ兵器を使う気が無いのなら装備しないほうが良い。

COMPACTシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
「GP-02Aサイサリス」表記。シナリオ「蒼く輝く炎で」でガトーの搭乗機として出現するほか、同シナリオ終了時にランダムで入手する。
スーパーロボット大戦COMPACT for WonderSwanColor
入手条件が「シナリオ「蒼く輝く炎で」クリア時の総ターン数が85以下」に変更された。また獲得資金が僅かに増えている。
スーパーロボット大戦COMPACT2 第1部:地上激動篇
「GP-02Aサイサリス」表記。シーン3のシナリオ「強襲」を前半に選択した場合のみ、ガトーの搭乗機として出現する。硬いうえに早々に撤退する面倒な敵。ヘタに相手をするとアトミックバズーカを撃たれて逃げられてしまうことも。
なお、上記シナリオで本機を撃墜したかどうかで、『第2部』のシナリオ内容に影響が出る。
スーパーロボット大戦COMPACT2 第2部:宇宙激震篇
「GP-02Aサイサリス」表記。ガトーとシーマが搭乗する。アトミックバズーカも普通に使用してくるので気力に注意。
シーン3のシナリオ「悪夢、再来」でアトミックバズーカを使用するイベントが入るが、『第1部』シーン3のシナリオ「強襲」で本機を撃墜したプレイデータを引き継いだ場合はイベントを回避することが可能となっている。
スーパーロボット大戦COMPACT2 第3部:銀河決戦篇
「GP-02Aサイサリス」表記。ベンメルコレクションの機体として登場する。
『第1部』で雪山イベント[7]を発生させたプレイデータを引き継いでいる場合は、シーン5のシナリオ「マーズ・アタック」に登場する本機をシローが撃墜することで入手可能となっている。
スーパーロボット大戦IMPACT
入手条件も含め基本的には『COMPACT2』と同じ扱いだが、登場シナリオが増加している。ガトー、シーマ、ネオ・ジオン兵(逆シャア)が搭乗するほか、アインストオモイカネ、ベンメルコレクションの戦力としても登場する。本作のシールドの仕様により耐久力は思いのほか高く、ガトー搭乗時は頑固一徹の効果も加わるため、より厄介になる。一方で味方機としては機体性能もパーツスロット数も武器改造の上限も今一つなので、アトミックバズーカ以外はパッとしない。
グラフィックは『α外伝』からの流用だが、ハイパービームサーベル[8]、ビームライフル、アトミックバズーカの戦闘アニメが新たに追加されている。なお、ビームライフルは何故か左手で扱っている。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦A
原作通りガトーに強奪される。残念ながら今回は入手不可能。本作独自のシールドの仕様とアトミックバズーカの存在により、なかなかに厄介な存在になっている。なお、宇宙に上がるまでは離脱目的で行動するため、2号機からは一切攻撃してこない。
本作では「対異星人用に開発された機体」とされているため、理屈上は南極条約に違反していないことになっている[9]
スーパーロボット大戦A PORTABLE
ガトーに必要技能が無いのでシールド防御を発動されることはないが、HPそのものが底上げされているため相変わらずタフである。
スーパーロボット大戦R
0083』は参戦していないが、「核兵器を用い、単機で連邦軍の基地を壊滅させた機体」について触れられる場面がある。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦64
「GP02Aサイサリス」表記。ガトーと共に加入するが、後にガトーと共に離脱してしまうため改造はあまりオススメしない。アトミックバズーカはそのままでも十分通用する威力なので、離脱までは別のパイロットで使うのもアリ。
本作のアトミックバズーカの演出はデンドロビウムのマイクロミサイルと同じになっている。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
機動戦士ガンダム』における、ソーラ・レイの役割を担う形で登場。
スーパーロボット大戦X-Ω
2019年4月のイベント「スターダスト・ネビュラ」の期間限定ユニットとして登場。大器型SSRファイター。2019年11月にはリバイバルガシャにて復刻された。
本作のアトミックバズーカの演出は明らかに味方も巻き込んでいるが、味方にダメージはないのでご安心。

関連作品[編集 | ソースを編集]

リアルロボット戦線
「RX-78GP-02Aサイサリス」表記。ハマーン・ロシュルートに進むとガトーの搭乗機として加入するが、共に早々に離脱してしまう。
本作のアトミックバズーカはエンディングまでに1度しか使用できない特殊な扱いになっており、使用の有無でルート分岐に影響を与える。なお、使用しなかった場合は必ずハマーンルートに分岐する。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

基本装備[編集 | ソースを編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。
本機の唯一の射撃武装であるため、劇中では他の機体より多用された。
A.E.blashAEXB-909L ビームサーベル
腰部に2本マウント。ビーム刃の出力や磁場強度をマニュアルで調整できる機能が追加されている[10]
劇中ではガンダム試作1号機Fbのシールドを損傷させていた。
ハイパー・ビームサーベル
マニュアルでリミッターを解除し最大出力にした状態。この状態で数回も振れば発振器が焼き切れてしまう。
SRWではEN消費型の武装として通常のビームサーベルとは別に採用されることもある。『X-Ω』では通常攻撃に使用。
AE/ZIM.G-BAZ-0186-A アトミック・バズーカ
本機の象徴となる武装。通常は基部とバレル部に分離されており、使用直前に核弾頭の装填とバレルの結合を行う必要がある。また、このバズーカを使わなければ核弾頭の安全装置の最終解除が不可能になっている[10]
劇中では地球連邦軍の観艦式が行われていたコンペイ島の連邦艦隊に対して使用している。なお、バレルは使用後に破棄されている。
SRWでは基本的に必殺武器相当の威力を持ったマップ兵器に設定されている。なお、『EX』では装備されておらず、『第4次(S)』『第2次α』『第3次α』では隠し要素による追加武装となっている。『X-Ω』では必殺スキルに採用。
Mk-82 核弾頭
バックパックに格納されたバズーカ射出用のロケット式核弾頭。発射後はロケットブースターによって加速する。なお、弾頭は登録上は「戦術核」だが、実際にはその数倍の威力を持つ「戦略核」レベルに引き上げられたものが搭載されていた[10][11]
劇中では一撃で連邦艦隊に壊滅的な打撃を与えているが、同時に本機も左腕が動作不良になるほどのダメージを受けていた。
NR-Sh-02-RX/S-00013 ラジエーターシールド
「核を使用するためのパーツ」として、バズーカのバレル運搬と核爆発からの機体防御・冷却の役割を与えられた本機専用の実体盾。バレル格納機能と機体冷却装置が内臓されているため、非常に大型で肉厚なものになっている。なお、自身が核から耐えるためには必須の装備であるため[12]、攻撃に対する防御目的での使用には適していないどころか、ある意味では本機の弱点でもある[13]
SRWでは上記のような本機の弱点ともなる設定は特に再現されておらず、シールド防御も普通に発動する

オプション装備[編集 | ソースを編集]

ビーム・バズーカ
デラーズ・フリートが検討していた武装。ジオンの移動砲台「スキウレ」のビーム砲を流用しており、バレル部はアトミック・バズーカと同様にシールド裏面へ格納可能となっている。
フィギュア商品『GUNDAM FIX FIGURATION』が初出。その後、2006年に開始されたプロジェクト『ハーモニー・オブ・ガンダム』で公式設定化された。
SRWでは『第2次α』『第3次α』で装備されている。
多連装ロケットシステム(MLRS[14]
トリントン基地でのテストに間に合わなかった装備。拠点攻略及び中距離支援を目的に用意された実体弾兵器で、機体背部に6発分のランチャーを装備する。
2006年に開始されたプロジェクト『ハーモニー・オブ・ガンダム』で公式設定化された。SRW未実装。
ビームライフル
設定には存在しないSRWオリジナル武装。デザインは作品によって若干異なるが、基本的には一般的なビームライフルのようである。
EX』以降の多くの作品で装備されている。『A PORTABLE』では大型のライフルになっている[15]
プラズマリーダー
最初期に検討されていた武装の一つ[10]
SRWでは『EX』で装備されている。
対艦ライフル
『THE ORIGIN』でザクIIが装備しているものと同型の実弾式ライフル。『宇宙の蜉蝣2』で使用した。SRW未実装。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
換装
アトミック・バズーカを装備する。『第2次α』『第3次α』で実装。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「颯爽たるシャア」
EX』にて。
「THE WINNER」
第4次』にて。
「MEN OF DESTINY」
第2次α』以降、味方時に採用。
設定のミスなのか、『第2次α』ではボス曲よりも優先度が高く設定されている。
「FEINT OPERATION」
『第2次α』でヤザンが搭乗している場合の戦闘BGM

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

「ソロモンの悪夢」再び
コンペイ島の包囲を潜り抜け、連邦軍艦隊に向けてアトミック・バズーカを発射する。この一撃で連邦艦隊に壊滅的な被害を与えることに成功した。
また、ガトーの象徴ともいえるセリフ「ソロモンよ、私は帰ってきた!!」は、この戦闘で発せられている。
ガンダム試作1号機Fb
ビームサーベル同士の激しい白兵戦を繰り広げる。核の衝撃でダメージを負っていたこともあり、互角の戦いの末に相打ちとなった。

関連機体[編集 | ソースを編集]

ガンダム試作1号機Fb)、ガンダム試作3号機ステイメン
同じくガンダム開発計画により生まれた兄弟機。
ガーベラ・テトラ
ガンダム試作4号機(SRW未登場)がジオンに流れた末の姿。
ドム
開発の参考となった機体。本機の最初期の設計案では核装備ではなく、一般的な強襲/攻撃型の重MSであった[10]
リック・ディアス
本機の「フレキシブル・スラスター・バインダー(FTB)」を原型とした「ブースター・バインダー」を装備している。
なお、「FTB」の発想はリック・ディアスだけでなく、本機以降に開発された多くのMSに影響を与えている[10]

余談[編集 | ソースを編集]

  • SDガンダム作品では「原作では敵のガンダム」の例に漏れず、洗脳されて敵に回ることが多いものの、一度洗脳が解ければ頼れる仲間として活躍する。
  • サンライズ制作のアニメ『アイカツスターズ!』にはアトミック・バズーカに酷似したもので捕獲ネットを発射するパロディシーンが存在する。また、背中にはランドセル、近くにはラジエーターシールドに酷似したものも置かれていた。
    • 何らかの問題があったのか、ディスクメディア収録版では修正が入れられている[16]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. アトミックバズーカそのものが採用されていない、あるいは機体とは別の隠し要素の成立で追加入手となっているなど、そもそも装備されていないため使用不可能という状況はある。
  2. 「あのような物騒なものは、やむを得ない状況でしか使わない」というガトーの意向による。なお、ラ・ギアスでは魔術により核兵器は無効化されるため、実際に装備されていたとしても役に立たなかったようである。
  3. ただし、追加される際に特にメッセージなどは無い。
  4. こちらの個体の入手場所もロストマウンテン地帯ではある。ちなみに『普』ではノイエ・ジール、『難』ではジ・Oを同じマウンテンサイクルから入手する。
  5. 再戦時は一般の敵ユニットと同様に普通に撃墜可能。
  6. 戦闘シーンの基本グラフィックは右手に盾を持っており、左手でサーベルを扱う。ただし、バズーカ基部は右肩に存在しているため、ビームバズーカは盾を左手に持ち替えて使用する。
  7. 『第1部』シーン3のシナリオ「強襲」で、シローがアイナを撃墜することで発生。
  8. 『α外伝』のハイパービームサーベルの戦闘アニメはビームサーベルに使用されている。
  9. 「南極条約が適応されるのは地球人に対してで、異星人には関係ない」というのが三輪長官の理屈。
  10. 10.0 10.1 10.2 10.3 10.4 10.5 プラモデル「MG RX-78 GP02A ガンダム試作2号機」解説より。
  11. なお、現実では一般に、威力ではなく射程距離で戦術核と戦略核の区別をしている。
  12. 公式サイト機体解説より。
  13. 実際に試作1号機に冷却装置を攻撃されて撤退に追い込まれている。
  14. 「MULTIPLE LAUNCH ROCKET SYSTEM」の略。
  15. デザインはR-1などが装備している「ブーステッド・ライフル」に似ている。
  16. バズーカとランドセルは色の変更、シールドは削除。

商品情報[編集 | ソースを編集]

  • プラモデル

  • フィギュア等

資料リンク[編集 | ソースを編集]