ビームシールド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ビームシールド(Beam Shield)とは、『ガンダムシリーズ』に登場する兵器。

概要[編集]

バリアフィールドの一種。「盾」として使われる。戦場での効果はビーム兵器と実弾を両方を完全防御。必要ない時に起動せず、両腕を常時使える体勢になる。

発生基部は非常にコンパクトなため機体に内蔵される場合が多いが、V2アサルトガンダムのようにバリアビットと併用するもの、インフィニットジャスティスガンダムのようにウェポンラックと兼用するもの等、例外が有る。

宇宙世紀作品(『機動戦士ガンダムF91』以降)[編集]

宇宙世紀0110年頃に実用化された装備。発生器から中心部周囲にメガ粒子エネルギーを帯状に展開する、平たく言えば幅広く展開するビームサーベルである。しかし、広い範囲に常時起動させるにはビームサーベルの比ではない高出力が必要になるため、モビルスーツ誕生から40年にしてようやく実現した。これはモビルスーツの小型化による出力のコストダウンの恩恵もある。

基本的に発生しているビームはビームサーベルと同じ物なので攻撃にも使えるが、自機に当たる様な部分はコンピュータが自動で消すため自爆の危険は無い。 また透過しているので防御を行いながら相手の行動を見る事も可能である。ただしビーム特有の強い発光が有る為発見され易くなったり(しかも使用してる事が覚られるのでヴェスバー等対ビームシールド兵器を相手が持ってる場合カモにしかならない)透過しているので盾の陰に隠れて行動を隠す事は不可能だったり長時間ビーム越しに光学センサー(特に偵察任務での精密監視時)を曝すと故障したり等欠点も幾つか有るため、実用後も偵察機など敢えて持たない機種も有る。

ちなみに起動できるだけの出力数値はおよそ「3,900kw」。デナン・ゾンがこの数値でビームシールドを起動させているが、ガンダムF90は本体の出力だけだとそれ以下(3,160kw)なので、Vタイプのサブジェネレータ併用(4,420kw)で起動させているが開発中途の為シールドビームの発生が不安定になるケースが有ったりする。SRW内では問題無くビームシールドを作動させているが。V2アサルトガンダムの「メガビームシールド」は大型の親機となる発生器と子機バリアビットの展開により広範囲かつ強力なビーム防壁を形成する。ちなみにV2ガンダムのジェネレータ出力は「7,510kw」である。…と言ってもガンダムシリーズのジェネレータや推力の設定はかなり適当なので、あまりアテにはならない。ちなみに連邦軍初の量産型でビームシールド搭載機のジェムズガンは「3.860kw」であるが、問題なくビームシールドを作動させている(技術改善による省力機動化が施されたとも取れるが)。

ビーム兵器に対して高い防御力を誇り、U.C.0130年代位までMS搭載火器で貫通可能なのはヴェスバーの高速貫通重視ビーム位(艦載主砲の様なそもそも出力の桁が違う物では普通に貫通されてしまう、この為過信は禁物だった)である。もちろん、実体盾と同様に実体弾に対しても有効に機能する上に、「防御したは良いが代わりに破壊されてしまう」というようなリスクも小さい(発生器さえ無事なら再度ビームを張れるため)。そのため、U.C.0130年代のクロスボーン・ガンダムシリーズは、近接格闘に重きを置いた設計となっている。

しかし、その後ビーム兵器の威力も向上したためか『機動戦士Vガンダム』のモビルスーツは、従前通り射撃主体の設計になっている。とはいえビームシールドを破れる様なビーム兵器がいくらか出てきた『V』の年代においても、「数機のシールドを合わせることで強力なビームを防ぐ」といった事が量産機クラスでも可能である(後の作品で、似た様な戦法をビルゴIIも行っている)。

欠点は「エネルギーを大量に消費する点に加え、発生器を破壊されると使用不能に陥る」という点が挙げられる。大質量の物理攻撃は衝撃を殺しきれないため、Vガンダムのパーツアタックやアインラッド等による体当たり攻撃も有効。

「ビームシールドを展開することで、大気圏突入も可能」と理論で語られていたが、それを初めて実行・成功せしめたのがキンケドゥ・ナウ搭乗のクロスボーン・ガンダムX1である(作品の発表年代的にはより早く、Vガンダムの作中で複数機がそれを実行している)。逆にロケット等の推進力さえ確保できれば「ビームシールドを展開することで、大気圏離脱も可能」で、キンケドゥ搭乗のクロスボーン・ガンダムX1改並びにトビア・アロナクス搭乗のクロスボーン・ガンダムX3(このためにビームシールドを装備している)が実行している(X1改はその後再びビームシールドを展開して大気圏突入を敢行している)。

ビームシールドの実用化後は民間企業のシャトルがデブリ対策に使用する等、幅広く浸透している。また、艦の防御や大気圏突入時の保護をまとめて行えるという利点もあってか、『V』の年代では戦艦への搭載も一般的になっている(基本的に艦首に装備する。一例を挙げると、リーンホースJr.艦首に展開される「ビームラム」が有る)。

コズミック・イラ作品(『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』)[編集]

ユーラシア連邦が開発した「光波防御帯」通称「アルテミスの傘」が原型。非常に大型であったそれをモビルスーツサイズまでダウンサイジングした「アルミューレ・リュミエール」(光の装甲)と呼ばれるビームシールドが開発、ハイペリオンガンダムに搭載された。

特徴は宇宙世紀のものとほぼ同じだが、かなり大型でモビルスーツを広範囲にカバーするバリアに近い扱いである。また、連合製モビルアーマーが装備する陽電子リフレクターもこの技術から生まれたもの。その後ザフト側で宇宙世紀のものと同等サイズのビームシールド(ザフト正式のものは「ソリドゥス・フルゴール」の名がある)が開発され、ストライクフリーダムガンダムデスティニーガンダムなど、大戦末期の一部機体に装備された。

なお、C.E.世界におけるビームシールドの弱点は「ビーム透過処置を施した近接武器では対応できない」事が挙げられる。

西暦作品(『機動戦士ガンダム00』)[編集]

アリオスガンダムアルケーガンダムに搭載(「GNビームシールド」と呼称)されている。GNフィールドと原理はほぼ変わらないが、GNドライヴを動力としているため、出力は正常に機能すると思われる。なお、GNフィールドとの差別化の為か、他作品の様に「使用時において(ビームで)光る」という演出は見られなかった。

他作品の類似の武装[編集]

一例として、『コードギアス 反逆のルルーシュ』に登場するナイトメアフレームの装備「ブレイズ・ルミナス」が挙げられる。

スパロボシリーズにおける扱い[編集]

上述の通り、原作では実体盾より防御力が高いとされているビームシールドだが、SRWにおいてはほとんどの作品で実体盾によるシールド防御と変わらない効果を持つ(各作品における詳細な効果は当該項目を参照)。

シールド防御の概念が初めて登場したFC版『第2次』において、盾防御が可能だったのはビームシールド装備機のガンダムF91ビギナ・ギナのみであり、この時点では実体盾と区別されていた。

シールド防御が一般化した『第4次』以降のほとんどの作品では、通常の実体盾と変わらない扱いを受けるようになった。シールド防御とは別名義の特殊能力として扱われていた『第2次G』でも、効果自体は同様であった。

近年ではシールド防御と効果が差別化されている作品もある。例えば『K』では、通常のシールド防御よりもダメージ軽減率が高い上位互換の性能となっている。

OE』では、シールド防御と軽減率がほとんど変わらない割に発動にENを消費するため、上位互換とは言えなくなっている。また、実体ではない盾で防御するブレイズ・ルミナス輻射障壁EシールドGNフィールドストレインフィールドもビームシールドに近い効果を持つ。

グラフィック自体は初期の作品からあったが、発生演出はプレイステーション2で発売された『第2次スーパーロボット大戦α』からとなっており、防御だけでなくマザー・バンガードの「突撃」の際にも使用される。

余談[編集]

  • ビームシールドは、プラモデル等模型作品では比較的小型な発生機とビームを表現するクリアパーツのみで表現する為、造形コストを抑えられる利点が有った。
  • ビームシールドは便利な反面、オールレンジ攻撃と同様に機体デザイン・戦闘演出や装備の単調化を招いてしまった。また大きな実体盾は機体を隠して作画の作業量を省く目的もあったが、必要な時にしかビームを発生させなかったり発生時でも透過しているビームシールドではその利点も弱まる。

資料リンク[編集]