ビームライフル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビームライフル(Beam Rifle)とは、ガンダムシリーズに登場する兵器。

概要[編集 | ソースを編集]

ビーム兵器の一種。モビルスーツ(以下MS)の標準的かつ主力となる射撃武装。

小型のビームライフルを「ビームガン」「ビームピストル」「ビームスプレーガン」などと呼び、大型のビームライフルを「メガビームライフル」「ビームバズーカ」「ハイパーメガランチャー」「メガバズーカランチャー」などと呼ぶ。「ライフル」と呼ばれるのは、外観が歩兵用の小銃(ライフル)に似ているからであり、ライフルという言葉の本来の意味である「旋条」は関係ない。これは現実の歩兵用突撃小銃(アサルトライフル)などの総称としての用例と同じである。

このように、武器形状から名付けられている場合もあるが、命名規則というものはなく、語感の良さから名付けられている例がほとんどである。

各作品によってその設定が異なるため、以下に作品ごとの設定と特徴的なビームライフルを列挙する。

宇宙世紀において[編集 | ソースを編集]

戦艦に装備されていたメガ粒子砲を、エネルギーCAP(E-CAP)を用い、MSが手で持って携行装備できるサイズに小型・省力化したもの。宇宙世紀のビーム兵器は、厳密にはMAWS(Minovsky-theory Aapplied Weapon System=ミノフスキー理論応用兵装体系)、あるいはMBW(Minovsky Beam Weapon=ミノフスキービームウェポン=ミノフスキー粒子兵器)という分類呼称がされている。

本兵装を初めて装備したのは地球連邦軍のRX-77-2ガンキャノン及びRX-78-2ガンダムである。特にガンダムのビームライフルは猛威を振るい、MS戦の在り方を大きく変容させるに至った。

一般的に、ビームライフルとメガ粒子砲[1]の違いは「エネルギーの供給方法」と「装備の仕方」で区別される。前者はMSが手で持つ銃器型の兵器で取り回しが自由、射出弾体となるメガ粒子(縮退寸前のミノフスキー粒子)はエネルギーCAP機構(及びそれを取り外し可能にした「Eパック」)で供給される[2]。後者は機体そのものに固定された武装で機体のジェネレーターから直接エネルギー供給されるのでビームライフルより威力が高い。反面、固定武装のため射角が狭く、取り回しが不便。

技術進歩により、手持ちと固定式を選択できるメガビームライフルやダブルビームライフル、ジェネレーター直結式だが威力の低いナックルバスターなどのバリエーションも登場した。また、Vガンダムのビームライフルは本体供給式とEパック式の併用へと進歩している。

Iフィールドビームシールドのように、ビーム兵器に対する防御手段も開発されたが、U.C.0150年代(『機動戦士Vガンダム』の時代)においてもMSの主兵装であり続けた。

ちなみに、シャアがビームライフルの威力を初めて目の当たりにした時に発した台詞から、「ガンダムのビームライフルは当時の戦艦のメガ粒子砲(主砲)と同等の威力を有する」と勘違いされがちだが、あの台詞は「あのMSは戦艦並みの(規模の出力設備がなければ運用できないはずの)ビーム砲を持っているのか」というのが正しい解釈である。

ビームスプレーガン
連邦軍初の量産型MSであるジムが装備。銃自体が小型で威力や射程距離などもガンダムのビームライフルを大きく下回る。後代にも同名のビーム兵器は少数見られるが、ジムの直接の後継機群はほぼ全てビームライフル(ただしその時代の高級機≒ガンダムタイプの使うライフルより短銃身の物を使っているケースが多い点はスプレーガン時代と似通っている)を装備している。
ハイパーメガランチャー
Ζガンダムが運用する大型ビームライフル。ジェネレーターを内蔵する単体完結式のメガ粒子砲と捉えることもでき、ジェネレーター直結のメガ粒子砲と手持ち装備であるビームライフルのちょうど中間の性質を持った火器となっている。
通常のビームライフルに比べ、取り回しの難しさが大きかったのか、同等の装備品はあまり普及していない。
同様のコンセプトは下記のダブルビームライフルや、ネオガンダム(SRW未登場)のG-B.R.D(ジーバード)などがある。
ダブルビームライフル
正式名称は「2連装メガビームライフル」。ΖΖガンダムが運用する、大出力(10.6MW×2)ビームライフル。デバイス内に複数のジェネレーターを有し、さらに本体からのエネルギー供給を受ける(構造的に腕部エンジンと直結する)ことで、MS用手持ち携行火器のサイズに収まりつつ、MS用大型メガ粒子砲台「メガバズーカランチャー」にも匹敵する威力を実現した。その上、通常のビームライフル並みの連射まで可能という非常に強力な兵装となっている。
腕に固定装着する都合上、厳密には2連装メガ粒子砲と呼ばれるべき兵装である。そのくせ、Gフォートレス及びコア・トップの機首になるため、ビームライフルなのにコックピットが取り付けられているという前代未聞の武器。砲身は200射程度の使用が可能であるとされている。
SRW内ではゲームバランスを考慮してか、通常のビームライフルと比較して若干攻撃力が上回る程度に抑えられている。
メガビームライフル
ΖIIの物はMS形態では手持ち式の大型ビームライフルとして機能するが、WR形態では機体ジェネレーターに直結し、エネルギーが供給され、Ζガンダムのハイパーメガランチャーに匹敵する威力を持つ。
ナックルバスター
ガザCガザDの兵装で、機体ジェネレーター直結式のビームライフル。これは低い性能の補助と、当時のアクシズではまだ現役だった旧ジオン軍艦艇にエネルギーCAPの充填施設を持たないものが多かったためとされる。
ガ・ゾウムのハイパーナックルバスターは名前とは裏腹に出力こそナックルバスターから半減しているものの、ジェネレーター直結方式から内蔵E-CAP式に変わったため、機体本体のエネルギーを喰わないなどの利点も生じた。
ビームマグナム
ユニコーンガンダムとその系譜に位置づけられる機体(OVAでバンシィ・ノルンも使用。フェネクスは現在まで劇中未使用)の兵装。1射で通常のビームライフル4発分相当の火力を誇るビーム(通称「マグナム弾」)を撃つ。直撃すれば大型モビルアーマー級の機体を沈めることも可能なばかりか、弾道に沿ってビームサーベルのような閃光が走り、掠めた敵をも巻き込んで破壊せしめる。
弾薬型Eパック[3]5つを連結した独自規格の弾倉を使用しており、一射ごとに1つ排莢する。機体腰部に装着可能な予備弾倉2個と合わせても計15発分しか所持できず、やや取り回しが悪いのが難点。
V.S.B.R(ヴェスバー)
F91F90(Vタイプ)V2ガンダムアサルトアサルトバスター)の兵装。名称はVariable Speed Beam Rifle=「可変速ビームライフル」を略したもの。
最大の特徴は、それまで単純に出力を上げたり機器を大規模化することで威力を向上させるしかなかったメガ粒子ビームの「収束率」と「射出速度」を無段階調節することで、高速・高収束で貫通性の高いビームから、低速・低収束のメガ粒子の反応による爆発力の高いビームまで破壊対象に応じて適切なビームを撃ち出せる点である[4]。UC0120~0130年代では最強クラスの威力を誇り、貫通力を重視すれば通常のビームライフルを無力化するビームシールドすら貫通できた。
F91のヴェスバーは大容量メガコンデンサが内蔵されており、本体との接続を解除しても数発程度なら発射可能であった。V2ガンダム用のヴェスバーはハードポイントに接続して用いるためか手持ちグリップ及びグリップホルダーがオミットされ、また開放バレル方式となっている。威力は高い防御力を誇るアインラッドを搭乗しているMSごと撃破できるレベル。

未来世紀において[編集 | ソースを編集]

詳細な原理は不明。ジョンブルガンダムデスアーミーなどが装備している。

アフターコロニーにおいて[編集 | ソースを編集]

荷電粒子砲を指す。リーオートーラスなどが装備している。

この世界においてはドーバーガンが初のMS用ビーム射撃兵器である。

ドーバーガン
この世界の最初のビーム兵器にあたる兵装。ガンダニュウム装甲を破壊可能な威力を持つが、発砲時の反動が大きいため、マズルブレーキを採用し、さらに右肩に固定・右手で保持して使用する。ビームと実体弾を使い分けることも可能であり、SRWでは『OE』でその設定が再現された。
主にトールギスが装備するが、リーオーも使用する場面が見られ、こちらは両手で保持している。
ツインバスターライフル
ウイングガンダムゼロゼロカスタム、またはEW版)の兵装。2丁のビームライフルを平行連結した大型ビームライフル。分離させることも可能で、ゼロのネオバード形態やゼロカスタムの大気圏突入モードでは左右に分割してマウントされる。その威力はウイングガンダムのバスターライフルの2倍以上に達し、最大出力射撃時は18km程のスペースコロニーやそれよりも巨大な衛星をも破壊可能。
エネルギーは機体からの直接供給式で、出力調整も可能。漫画版ではこの性質を利用し、ゼロ、デスサイズヘルサンドロック改ヘビーアームズ改アルトロンエピオンが一斉にエネルギーを供給してリーブラを一撃の下に沈めている。
バスターライフル
ウイングガンダムの兵装。物質化寸前まで圧縮したエネルギーを内包したカートリッジ(最大3個まで装填可能)を用い、低出力でも撃てるが、最大出力射撃時はカートリッジ1個分を消費する。あまりにも強力すぎたツインバスターライフルの反省から威力を50%以下に抑えられ、3発という弾数制限も設けられたが、それでもなお桁外れの威力を誇る。
最大出力射撃時のエネルギーは中規模都市の1日の消費量にも相当し、射軸を中心とした周辺の大気を一瞬にして電離(イオン化)させ、半径150メートルに及ぶ激烈なプラズマ過流と数十キロメートルに及ぶ灼熱の奔流を巻き起こす。また、このビーム自体が複合的な層を持ち、高速で貫通力の高いビーム帯を中心に、低速で破壊力の強い粒子束がさらに貫通する。
エネルギー経路がライフル内で完結しているため、トリガーを引くことができて発砲時の反動に耐えられればウイングガンダム以外でも使用可能[5]

アフターウォーにおいて[編集 | ソースを編集]

詳細な原理は不明。連邦・革命軍MSの双方に標準装備として普通のビームライフルが存在する。ただしガンダムエックス・ディバイダーのビームマシンガンの素材が「戦艦の二連式メガ粒子砲」だったり、ヴァサーゴのメガソニック砲が「メガ粒子砲の一種」とされているなど、宇宙世紀のそれと比較的似通った物である可能性が高い。

基礎技術力は宇宙革命軍の方が高く、宇宙革命軍の量産型MSが強力なビームライフルで次々と新連邦のMSを破壊するのを見たフリーデンチームやフロスト兄弟がその威力に驚き感心する場面が存在するなど、両者の技術水準(ビームライフルの威力)は全く同じではないことが窺える。

また、「バスターライフル」と呼ばれるビームライフルをガンダムエックスガンダムエアマスターエアマスターバースト)、ガンダムダブルエックスが装備している。アフターコロニーにおける同名の兵装とは違い、アフターウォーのバスターライフルは「特別なMS(ガンダムタイプ)が使用する特別なビームライフル」といった意味合いであり、量産機の物より出力・威力が高く、機体ごとに専用のカスタマイズが施された全く異なる別物となっている。

シールドバスターライフル
ガンダムエックスが装備。シールドと一体化しており、通常の3倍の装甲を有する。サテライトシステムで供給されるエネルギーを流用するため高出力、かつスーパーマイクロウェーブを受信可能な環境であれば無限に使える。
エアマスター用バスターライフル
ガンダムエアマスター(エアマスターバースト)が装備。2丁1セットで両手に装備する。通常のビームライフル以上の高出力を持ちながら高機動戦闘用に軽量化されている他、連射性能も非常に高い。
DX専用バスターライフル
ガンダムダブルエックスが装備。他のバスターライフルに比べ大型だが徹底的に軽量化され構造もシンプルで信頼性も高い。長銃身により集束率が高く、通常ビームライフルの数倍の威力を発揮する。

以上の設定を反映してか、一部のSRW作品ではビームライフルよりも高威力・高射程だが移動後使用不可で弾数が少ない武装となっている。

正歴において[編集 | ソースを編集]

∀ガンダムのビームライフルは、粒子を固有振動により収束させ発射する共振粒子砲(リフェーザー砲)。スモーのビームガンなどはメガ粒子砲。

コズミック・イラにおいて[編集 | ソースを編集]

高エネルギーにより励起された荷電粒子やプラズマなどを臨界まで圧縮し、光速で射出する指向性エネルギー投射兵器。ビームライフルの稼働に膨大な電力が必要なため、使用可能な時間はMS本体のバッテリーに依存する。PS装甲による消費と合わせて、電力消費と稼働時間はこの時代のMSに特有の問題点である。

西暦において[編集 | ソースを編集]

GNドライヴあるいはGNコンデンサーからGN粒子を供給・圧縮し、破壊力を持つビームとして撃ち出す。GN粒子兵器に関する技術は元々ソレスタルビーイングのみが保有していたが、組織を裏切ったアレハンドロ・コーナーによって国連軍(後の地球連邦軍)に流出。擬似GNドライヴと合わせて急速に普及していった。

なお、オリジナルのGNドライヴと擬似GNドライヴとではビーム(GN粒子)の色も異なっていて、オリジナルのGNドライヴのものはピンクなのに対して、擬似GNドライヴのそれは真紅である。また、擬似GNドライヴで生成されるGN粒子は人体には有害[6]であり、連邦軍もその有毒性を考慮して改良。その結果、2ndシーズンの時点ではほとんどの擬似GNドライヴ搭載機のビームの色がオレンジになっている。

アドバンスド・ジェネレーションにおいて[編集 | ソースを編集]

詳細な原理は不明。地球連邦軍の艦艇の標準装備として「ハイパーメガ粒子砲」が存在するなど、宇宙世紀のそれと比較的似通った物である可能性が高い。しかし、銀の杯条約によるスペック制限と技術廃棄による技術力後退の影響で威力は低く、条約を無視しているヴェイガン製MSにはまるで通用しなかった。

一方、ヴェイガンではガフランやバクト、ドラドといった前期~中期量産型MSの標準装備として扱われていた。本体と一体型の装備となっており、ドラゴン形態時は尻尾としてフレキシブルに可動し、人型形態時は大砲のように担いだり腰だめにして使用する。近・中距離ではビームバルカン、遠距離や援護攻撃時はビームライフルを使い分けるのが基本。コロニー国家戦争時代の遺産・ヴェイガンギアの「デルタゲイザー」が大元となっている。

ドッズライフル / ドッズガン
通常兵器が通用しない敵MSの装甲に対してAGEシステムが作り出した兵装。ビームをドリル状に回転させながら射出することで貫通力を飛躍的に高め、高い威力を持つに至った。バクト以降のMSが所持している電磁シールドとはやや相性が悪いのが難点。しかし、その実績は高く評価され、アンバット攻略作戦前に簡易量産型の「ドッズガン」が急遽開発、全MSに支給され戦果を挙げた。その後ドッズガンは連邦軍MSの標準装備となり、アセム編以降も様々なタイプのドッズ兵器が終戦までの戦線を支えることとなる。
小説版では、ドッズライフルの原理について「ドリル状に回転するビームが引き起こすDODS(Drill-Orbital Discharge System)効果によって敵MSの装甲を圧壊させ、そのまま共振粒子の渦に巻き込み跡形も残さず消滅させる」と設定されている。

スパロボシリーズにおいて[編集 | ソースを編集]

SRWにおいても、原作で装備しているMSはおおむね装備している。

攻撃力はMSの持つ武装内においては中程度。雑魚散らしや反撃で使う。作品によってはコンボ属性を持ったり、特殊スキル撃ち落とし」で使用される。弾数制で弾数も10発程度と比較的多い。作品ごとの設定の違いにかかわらず、基本的にビーム兵器としてひとくくりにされる。

旧シリーズにおいては中距離まで届く射程を持ち、足を止めて使用するものだった。『α』や『COMPACT2』からP属性のビームライフルを持つ機体が登場し始め、その後のシリーズでは、ほぼ全てのMSのビームライフルがP属性となった。一方、大型であったり高出力であったりするビームライフルは「高威力」「長射程」「移動後使用不可」といった性能とし、差別化を図っている。

戦闘アニメも変化しており、旧シリーズではビームを1発だけ発射するものだったが、『α外伝』のHi-νガンダムのビームライフルのアニメを皮切りに、ビームを連射したり、1~2発目は牽制で撃ち3発目を命中させるなど様々なパターンが存在する。

他作品のビームライフル[編集 | ソースを編集]

銀河疾風サスライガー』の主役ロボット・サスライガーが使用する銃は、名称もズバリ「ビームライフル」である(ただし、「ブラスターシュート」という別名で記載している資料も存在)。

勇者特急マイトガイン』に登場するメガソニック8823も「ビームライフル」を装備し(ウォルフガング曰く「最強のビームライフル」)、試作機にあたるソニック改め飛龍ジョーが「ヒリュウブレイザー」と改名して装備させている。

エウレカセブンAO』の最終主役機にあたるニルヴァーシュ トゥルースも「ビームライフル」を装備する。なお、それ以前の機体であるRA272 ニルヴァーシュでも実弾・ビームの双方を発射する描写があるが、設定として「ビームライフル」と称するのはトゥルースとなった時のみの模様。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の機動兵器ラグナメイルも「ビームライフル」を基本装備としている。

また、ガンダムシリーズのパロディないしオマージュとしても、フルアーマー電童ケロロロボMk-IIなどが使用している。

ビームライフルと名のつかない他作品のビームライフル様兵器(携行型の非実体弾式火器)としては、『重戦機エルガイム』のパワーランチャー、『蒼き流星SPTレイズナー』のレーザード・ライフル、『マクロスシリーズ』のビームガンポッド、『コードギアスシリーズ』のヴァリスなどがある。

バンプレストオリジナルにも「ハイパー・ビームキャノン」や「メガ・ビームライフル」、「マグナ・ビームライフル」、「ハイパー・ビームライフル」などが登場しており、OGシリーズでは主に換装武器として扱われる。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』公開のタイミングに合わせて、『機動戦士ガンダム』のメインスポンサーであったクローバーとモデルガンメーカーの老舗として知られるマルシン工業株式会社とが競合する形で、RX-78-2 ガンダム専用ビームライフルのモデルガンを発売しているが、同商品はクローバーの完成品版が3000円、マルシンの組み立てキット版が2300円でリリースされるという特異な販売形態を執っている。
    • この商品は「カートリッジ排莢」という原作設定を無視した玩具的なギミックが施されていることでも知られる。
    • ガンダム用ビームライフルは2019年に池田工業社から「水鉄砲」としてもリリースされており、こちらは比較的入手し易い。
    • 『機動戦士Vガンダム』本放送時には、バンダイから発光&サウンドギミックを内蔵したVガンダム(ヘキサ)用ビームライフルのなりきり玩具が発売された。同年の特撮番組『特捜ロボ ジャンパーソン』で光線銃のプロップとして用いられたことで微妙に有名。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. キュベレイのように、メガ粒子砲を「ビームガン」と表現する場合もある。
  2. Eパック自体はあくまでも「射出弾体となるメガ粒子を保持するもの」であって、「ビームライフル自体の稼動エネルギーを保持するもの」ではない。ビームライフル自体の稼動エネルギーはMS本体からの供給が欠かせず、これはその点について特筆言及された例外を除く全MSに共通の設定である。
  3. 小型かつ内容量が通常のEパックより大きいため、内部構造に使われているのは使い捨ての「メガコンデンサ」ではないかという説もある。
  4. よく「出力」や「威力の高低」を変化させると勘違いされるが、出力の高低変化機能はグリプス戦争期のガンダムMk-IIのビームライフルですでに採用されている。また、第一~二次ネオ・ジオン紛争期の機体のビーム兵器にも出力の高低変化機能と考えられる記述が散見されるため、それらに準じた「出力・威力の高低の可変」を目的に開発されているわけではないことがわかる。
  5. 極端な形では、ドクターJがコロニーに据え付ける形で「単装砲」として使用した例がある。
  6. オリジナルのGNドライヴで生成されたGN粒子も圧縮すると有毒性を持つが、ソレスタルビーイングでは、本編開始前の時点においてイアン・ヴァスティにより無害化する技術が確立されている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]