ガンダムヘビーアームズ改

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムヘビーアームズ改
外国語表記 Gundam Heavyarms Custom
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 特殊作戦用モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 XXXG-01HC
頭頂高 16.7 m
重量 7.7 t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル
ファイティングアビリティ
レベル120
ウエポンズアビリティ
レベル170
スピードアビリティ
レベル120
パワーアビリティ
レベル140
アーマードアビリティ
レベル140
原型機 ガンダムヘビーアームズ
改修 ハワード
パイロット トロワ・バートン
テンプレートを表示

ガンダムヘビーアームズ改は『新機動戦記ガンダムW』の登場メカ

概要[編集]

ガンダムヘビーアームズピースミリオンに収容された際、ハワードの手によって空間戦用に改修された姿。バックパックのスラスターが宇宙用のものに変更されており、他にも腰部へ宇宙戦に備えたスラスター増設が行われている。

また、ビルゴ等の登場により各ガンダムと同じく本機も戦闘コンセプトの見直しを余儀なくされているが、元々が遠距離での火力制圧を重視していたため、運動性の強化と主武装ビームガトリングガンの2連装化、積載ミサイルの増加による火力の上昇でこれに対処している。この為、他の機体と違い改修前と機体コンセプトに殆ど差異がない。

登場が終盤だった上、見せ場らしい見せ場はなかったが、改造前同様に大破せずに終戦を迎えている。

月刊コミックボンボンで連載されていた漫画版では、トロワがOZ時代の経験を活かし、ウイングガンダムゼロガンダムエピオンの最終決戦の映像をMO-Ⅱに送り、世界中に発信させた。

登場作品と操縦者[編集]

他のW系同様にEW版で登場することが多く、TV版ではほとんど登場しない。過去シリーズでは、ガンダムヘビーアームズ改(EW版)への強化が待っており使用できる期間も短かった。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
物語の終盤にトロワが乗ってくる。弾数、射程と攻撃力の高さは及第点だが、運動性と移動力の低さが致命的。集中を覚えるヒイロでないと当てることすらままならない。アーミーナイフを除く武器全てをフル改造することで高威力の全弾発射というマップ兵器を装備することが可能。ただし、PS版では武器追加資金を支払っても全弾発射が追加されないというバグが存在する。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
38話「帝国の女王」もしくは「人類を導く者」から使用可能。前者を通った場合、NPCの本機を説得せずにクリアするとフルオープンアタック以外の武器とユニットが3段階改造された状態で手に入る(説得すると熟練度が上がるが改造段階が0になる)。運動性をはじめとして高めの数値ではあるが、主力となる2連装ビームガトリングガンの弾数が少なく扱いづらい。改造はガンダムヘビーアームズカスタムに引き継がれる。P属性で有射程のマシンキャノンを改造したくなるが、ガンダムヘビーアームズカスタムになるとマシンキャノンは射程:1になってしまうので注意。漢の武器アーミーナイフのみカスタム化に際しオミットされてしまうので改造厳禁。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
DC版αのガンダムヘビーアームズ射程:1になってしまったマシンキャノンの射程が1-4となった。しかし、ガンダムヘビーアームズカスタムになるとまたしても射程:1になってしまう。逆に使い道が全く見つからなかったガトリングガンがガンダムヘビーアームズカスタムではP属性になり射程1-4となるので、それを見越してガトリングガンを改造するのも悪くない。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
D以来の久々の参戦。機体性能はヘビーアームズから全体的に能力が向上しているといったところ。移動後の攻撃が貧弱なので、トロワにはヒット&アウェイを覚えさせたい。カスタムボーナスにより弾数が1.5倍に増える。今作ではアーミーナイフの攻撃の最後に原作の改修前機体で見せた回転斬りが加わった。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
序盤から最後まで本機のまま戦い抜く事になる。トロワ援護攻撃を生かした遠距離射撃が得意なのは相変わらず。フルオープンアタックが高威力なので自ら攻撃の軸にもなれる。ただし、運動性は低く、HPも従来のような高さがなくなったため、防御面で不安が残る。アーミーナイフがコンボ属性だが威力が低いのが難点。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ヘビーアームズが強化される。W系パイロットの能力F完結編より向上し、2回行動が早まったおかげもあり、長射程、高攻撃力が生きる。フル改造をするとガンダムヘビーアームズカスタムへと変化する。カスタム化にあたり切り払いシールド防御がなくなるだけで、能力、攻撃力と共に跳ね上がるのでカスタム化をお勧めしたい。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
ゲーム後半での、トロワの戦闘時における姿。この「改」に乗り換えてから、仲間に正式加入する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

アーミーナイフ
右腕に接続された大型ナイフ。宇宙においては使用する機会に恵まれていない。
バルカン
頭部に二門内蔵された近距離戦用の機関砲。
マシンキャノン
胸部上肩側に二門内蔵された機関砲。
胸部ガトリング砲
胸部に二門内蔵された機関砲。胸部装甲を展開し、コクピットが剥き出しの状態で発射するので、防御面に問題がありそうだが、劇中特に言及はされていない。
ホーミングミサイル
両肩アーマーに内蔵されているミサイル。各アーマーに3発装備。
マイクロミサイル
両脚の12連装ミサイルコンテナに搭載されているミサイル。
ツインビームガトリングガン
本機の主力武器。左腕を覆う様にシールドと共にマウントされている。同型のものが二連装に強化されており、瞬間火力が上がっている。またこの改装に併せて全く使用されていなかった支持用フォアグリップアームが撤去されている。
シールド
ツインビームガトリングガンに付属している実体盾。

必殺技[編集]

フルオープン・アタック/総攻撃/全弾発射
ヘビーアームズの全火器を一斉発射する。F完結編では、上記の射撃武装を全改造することで追加されるマップ兵器。しかし、強力である反面、弾数1、使用すれば全ての武器弾数がゼロになるという文字通りの全弾発射であるため、使いどころを考える必要がある。ただし、他の武装を使用する事で攻撃力が低下してしまう事は無いので、武装をある程度使い切った後に使用するのが良いと思われる。近年のシリーズではフルオープン・アタックや総攻撃という名称。またマップ兵器でなく射程の長い高威力の必殺技として扱われている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

全ての武器の弾数が1.5倍になる
第2次Z再世篇

機体BGM[編集]

「RHYTHM EMOTION」
後期オープニングテーマ。『α(DC)』『D』『第2次Z再世篇』に於ける選曲。

関連機体[編集]

ウイングガンダムゼロ
全ての「ガンダム」の母体となった機体。

資料リンク[編集]